Home / 有機el / 話題の有機elディスプレイの特徴とは

話題の有機elディスプレイの特徴とは

有機ELディスプレイという言葉を最近よく耳にする、と感じている人も多いでしょう。最近は有機ELディスプレイを採用しているテレビも増えてきていますので、家電量販店に行けば有機ELディスプレイ採用のテレビも販売されていますし、テレビCMも放送されています。

しかし、有機ELディスプレイのテレビはまだまだ一般に普及するには大きな課題があります。それは価格の高さであったり、ディスプレイの大きさであったりです。

そのため、まだまだ有機ELディスプレイ採用テレビの普及は先の話になると考えられていますが、最近では有機ELディスプレイはスマートフォンディスプレイに採用されてきたりもしていますので、少しずつ有機ELも身近な存在になってきているといえるでしょう。今回は有機ELに関して解説していきます。

有機elとは

有機ELとは有機エレクトロルミネッセンスの略で、電流を流すと発光する物質の性質を応用した技術です。この技術を使用した有機ELディスプレイは液晶のようにバックライトを用いて発光させるのではなく、ディスプレイ自体が発光します。

そのため、有機ELディスプレイを採用したテレビはバックライトを内蔵しなくてもいい分、スペースを必要としません。そのため、液晶テレビよりも薄く軽く製造できるうえに、省電力であるというメリットがあります。

有機 elって?

有機ELの最大の特徴が前述した自然発光という特徴です。バックライトで光を照射させる仕組みの液晶とは違い、有機ELは電流を流すと発光する物質を使用していますので、有機ELを採用しているディスプレイは映像が液晶よりも遥かに鮮明に映し出されます。

特に後述しますが「黒の表現力」は液晶では絶対に表現できない「真実の黒」を表現できますので、有機ELディスプレイに映し出された映像は液晶よりも深みを持った映像を映すことを可能とします。

有機elの発光原理を知ろう

自然発光が特徴の有機ELですが、有機ELの発光原理とはいったいどのようなものかを解説していきます。まず有機ELとは有機半導体材料を用いたLEDです。

発光の仕組みは、基盤の上に発光性質を持った物質を設置し、その物質を陽極、陰極で挟みます。その後、この陽極、陰極に電流を与えることにより正孔、電子が発生して発光物質を刺激し、発光物質が自然発光するという仕組みです。

様々な分野で採用されてきている有機EL

有機ELは現在、様々な分野で採用が始まってきています。有機ELを採用することにより光源を設置するスペースを必要としませんので、その分の製品の厚みを軽減し、エネルギーの消費を抑えることができます。現在、代表的な有機EL採用の商品は以下です。

有機elテレビ

先ほどから何回も例を出していますが、有機ELディスプレイのテレビは有機EL採用製品の代表といえるでしょう。現在は高画質の液晶テレビが主流ですが、今後、有機EL技術が進化していけば、間違いなく一般家庭にも有機ELディスプレイのテレビが普及していくはずです。

しかし、現在の有機ELディスプレイのテレビは前述したように、まだまだ一般家庭に普及するには課題も多いため、とりあえずは企業やイベント会場などで使用されていくと考えられます。

スマートフォン

スマートフォンのディスプレイにも近年は有機ELディスプレイが採用されてきています。特にスマートフォンに求められているのは画質、薄さ、そして軽さですので、この部分を追求していくとなるとやはり有機ELに辿りつきます。

また、省エネという点でも有機ELとスマートフォンの組み合わせは相性がよく、メリットを得ることができます。

有機elのメリット


有機ELは液晶とは根本的な違いがあります。そもそも現在主流の液晶ディスプレイは、カラーフィルターをバックライトで照らして色を映し出しています。ディスプレイに色を映し出す際、液晶シャッターを開いたり閉じたりして色を調整させていますので、シャッターの隙間から光が漏れてしまい、色が薄かったり、黒色に深みが持たせられなかったりなど、綺麗に映ることは映るのですが、バックライト発光のデメリットも随所に表れてしまいます。

有機ELは自然発光する物質が使用されていますので、色の鮮明さにかけては液晶とは比較にならないほどのメリットが享受できます。ここでは有機ELのメリットを詳しく解説していきます。

画質が圧倒的

有機ELの最大のメリットとも言えるのが画質の圧倒的な鮮明さです。試しに家電量販店などに赴き、有機ELディスプレイ採用テレビを見てみるとその映像の迫力に驚かされると思います。とにかく有機ELは画質が圧倒的に鮮明です。

液晶も現在は高画質テレビなどを発売しており、現在の市場はそちらのタイプが主流ですが、有機ELと比較してしまうとやはり画質は見劣りしてしまう部分があります。これは何度も説明しているように、自然発光とバックライト発光の違いが大きく関係しています。

液晶の場合、どうしてもバックライト発光のため色の再現性にばらつきが出てしましいます。その点、有機ELのような物質自体が発光する仕組みであると、自然な色が再現できますので、映像に深みが与えられます。そのため、有機ELの方が液晶よりも画質は鮮明になるのです。

画面が薄い・軽い

有機ELは液晶のようなバックライトを設置する必要がないため、ディスプレイ自体を薄く、軽く設計できます。有機ELディスプレイ採用テレビによっては、ディスプレイの薄さが僅か3mm程度とスマートフォンよりも薄く設計できていますので、有機ELディスプレイのテレビは設置場所を選びません。

壁にかけて使用することもできますので、インテリアの一つにもなります。今後、有機ELディスプレイ採用テレビが普及を進めるにつれ、テレビは壁掛けというスタイルが当たり前になっていく可能性もあります。

バッテリーの持ちが良い

有機ELは液晶よりも省エネであると言われており、スマートフォンなどのバッテリーは有機ELディスプレイを採用すると、通常の液晶ディスプレイに比べて30パーセントも省エネが実現できるとされていますので、バッテリー持ちが何かと話題になるスマートフォン業界でも今後、有機ELディスプレイを採用したスマートフォンが当たり前になっていくでしょう。

また、テレビも同様で有機ELディスプレイは理論上、液晶ディスプレイの10分の1の消費電力で済むという研究結果がでています。しかしこれはあくまで理論上の話であり、現在の技術では有機ELディスプレイ採用テレビの場合、ディスプレイをある程度大きくしなければなりません。

そしてその大きなディスプレイに自然発光する有機ELを設置し、その上にカラーフィルターを装着することで有機ELディスプレイはカラーの映像を映しだしています。

この時、カラーフィルターを通過する際に輝度が大きく低下するといわれており、その輝度をカバーするためにより大きな電力を使用しなければならない、というデメリットが現在の有機ELディスプレイにはあります。

しかし、この問題点もいづれはクリアされるはずですので、そうなってくると理論上の消費電力10分の1が現実になり、有機ELディスプレイの大きなメリットとなるでしょう。

視野角が広い

視野角というのは、ディスプレイの綺麗な映像がどれくらいの角度でも見られるのかを示す指標です。液晶ディスプレイは基本的にバックライトを発光源としており、パネルを通して映像を映しだしますので、映像には直進性がでてしまいます。

そのため角度を変えて映像を見るとカラーの彩度が薄くなるというデメリットがあり、複数人でテレビを鑑賞する際は外側の人は映像が見づらいという欠点がありました。

しかし、自然発光でコントラストの低下が極めて低い有機ELディスプレイですと、視野角は180度になりますので、どの角度でテレビを見ても綺麗な映像が楽しめます。

映像に深みがでる

有機ELディスプレイの画質は圧倒的であると書きましたが、その一因となるのが黒色の表現力です。液晶ディスプレイの場合、黒色を表現する際もバックライトの光がうっすらと色に残ってしまいますので、深みのある黒色を表現するのは不可能です。

しかし、有機ELディスプレイは自然発光の強みで余計な光が放出されませんので、特に光の干渉で表現が変化しやすい黒色の美しさは目を見張るものがあります。

そのため、真実の黒を表現できる有機ELディスプレイは、より深みのある映像を引き出すことが可能となります。

有機elのデメリット


有機ELのメリットを書き続けてきましたが、液晶と比べてデメリットももちろん存在します。ここからは有機ELのデメリットの部分を書いていきます。

値段が高い

液晶テレビも最初の頃はそうでしたが、有機ELディスプレイ採用テレビも価格が高いというのが特徴です。

一昔前は液晶テレビやプラズマテレビの価格も随分と高額で、1インチあたり1万円という時代がありましたが、その後のテレビ大量生産時代を迎えて液晶テレビの価格は暴落していきました。
現在は32インチのテレビが3万円台で普通に購入できたりしていますので、有機ELディスプレイ採用テレビも、いづれは大量生産、低コストの時代が来るとは考えられています。そうなってくると値段もだいぶ落ちてくると予想されますが、その時代はもう少し先の話になりそうです。

寿命が短い

有機ELディスプレイが液晶ディスプレイに比べ明らかに劣っている部分が寿命の部分です。バックライト発光させている液晶ディスプレイとは違い、有機ELディスプレイは物質そのものが発光します。つまり、物質の発光回数の限度を迎えてしまうと画質が極端に悪くなります。

理論上、有機ELの発光寿命は1万5000~30000時間とされています。それに比べ、液晶の発光寿命は倍の60000時間とされています。

しかし、仮に30000時間まで有機ELディスプレイを使用した場合、30000時間ですと10年以上は使用できる計算になります。

液晶テレビでも一つのテレビを10年間使用した場合、液晶以外の部分で不具合が出てくる可能性もありますし、10年を一節目として買い替えをする人も多いようですので、そう考えると大きなデメリットとは言えないのかもしれません。

直射日光下で見づらい

有機ELが液晶に劣る部分としてもう一つ挙げられる代表的な例が、直射日光で画像が見えづらい、ということです。

もちろん、有機ELディスプレイのテレビを屋外で鑑賞するということはイベントぐらいでしかないですので、一般家庭では感じにくいデメリットです。

しかし、有機ELディスプレイ採用のスマートフォンを愛用している人や、有機ELディスプレイ採用のスマートウォッチを愛用している人にとっては大きな問題となりえます。

特に最近はジョギングやウォーキングの記録デバイスとしてスマートフォンやスマートウォッチを使用している人も多いですので、そのような人たちにはこの有機ELの直射日光下での見えづらさは大きなストレスとなっているはずです。

この原因は有機ELの「最高輝度」が液晶よりも低い、すなわち液晶よりも暗いということが原因となります。

直射日光のような強い光が当たる場合、ディスプレイはより明るく発光する必要が出てくるのですが、自然発光の有機ELではそこに限界があります。逆にバックライト発光の液晶の場合は最高輝度を人工的に変更できますので、明るさに関してはどうしても液晶に軍配が上がります。

しかしそれはあくまでも直射日光という特殊条件下での話ですので、通常使用では何ら問題はありません。

スポーツなどで頻繁に直射日光下でスマートフォンなどを使用する人で、そのような見づらさに大きなストレスを感じるという人は、液晶ディスプレイの製品かどうかを確認して購入した方がいいでしょう。

焼き付けの可能性

有機ELディスプレイは内蔵されている発光物質に電流を流すことによりディスプレイを発光させます。このとき、長時間の間、同じ画面を表示し続けていた場合に起きる可能性があるのがディスプレイの焼き付けです。

焼き付けは発光物質が長時間、発光し続けることで素子が劣化してしまい発生してしまう現象です。一度劣化した素子は修復不可能となりますので注意が必要です。

しかし、通常の使用などではよほどのことがない限りはこの焼き付けは発生しえない、と考えられていますが、画面の一時停止などをした状態で丸一日中ディスプレイを付けっ放しなどの行為は控えた方がいいでしょう。

まとめ

ここまで、有機ELに関して説明していきました。有機ELディスプレイ採用のテレビは現在はまだまだ高額で、一般家庭に当たり前のように普及していくのはもう少し先の話になると考えられています。

しかし技術の進歩は早いですので、想定よりも早く有機ELディスプレイの大量生産が始まるかもしれません。

有機ELディスプレイで映し出される映像はとても繊細で綺麗ですので、もし有機ELディスプレイ採用のテレビが一般化されてきた場合、現在よくいわれているテレビ離れも多少は改善されるかもしれません。

2020年の東京オリンピックも控えていますので、この数年でどのように有機ELが私たちの生活に影響していくのかが楽しみです。


スポンサーリンク