Home / 未分類 / 有機ELテレビって?特徴と最新商品紹介

有機ELテレビって?特徴と最新商品紹介


私達の生活に欠かせないテレビ。現在はテレビ離れが進んでいるとはいっても、やはり情報や娯楽の多くはテレビから得ている。という人も多いのではないでしょうか。

そもそも、テレビ離れが進んでいるとはいっても、テレビ自体を見ないというよりは、テレビ局のコンテンツ自体に魅力を感じなくなっているだけであり、ネットを通じて映画やその他のコンテンツは視聴している。という人は多いのが現実です。

近年のテレビは、簡単にネットにも接続ができますし、ホームシアターとしてテレビを楽しむ人も増えてきています。また、今後の主流となる4K規格のネット動画も増えてきていますので、テレビの重要性は今後も継続して増していくことと思います。

現在、テレビ製造業界も更に技術の向上が著しく、高画質、軽量化、薄型化が今まで以上に進歩しています。特に注目されているのが有機ELテレビです。

有機ELテレビは、現在主力である液晶型とくらべ、更に薄く、軽く、高画質です。今の液晶テレビでも充分に綺麗なのですが、それを上まわるという有機ELテレビの特徴やメリット、そしてデメリットに関しても紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

有機ELテレビとはなにか。

そもそも有機ELテレビとはなにか。ですが、まず有機ELとは「有機エレクトロ・ルミネッセンス」の略語です。

そして有機ELテレビは、特定の有機化合物に電圧をかけると自身で発光するという有機ELの特徴を利用し、従来の液晶とは違い、バックライト発光ではなく、ディスプレイそのもを発光させるという特殊な技術を用いています。バックライトで発光させている液晶とは違い、色ムラが出にくく、高解像度の映像が楽しめます。

また、有機ELテレビは前述したように、液晶のようなバックライト発光ではない分、構造が非常にシンプルです。そのため、バックライトや放電させるために必要な部分が無用のため、液晶よりも薄く、軽く製造することができます。

現在、スマホよりも薄いテレビも製造されており、壁に絵画のように掛けて使用できる有機ELテレビも既に販売されています。

近年出回っているテレビの種類

現在、家電販売店に足を運ぶと、様々な種類のテレビが販売されています。有機ELテレビはもちろん、ハイビジョンや4Kなど、色々ありすぎてどれがどれだか解らない。といった人も多いでしょう。近年出回っているテレビは、大体以下の通りです。

フルHDテレビ

まずは一般的に出回っているテレビの代表格。フルHDテレビです。フルハイビジョンテレビとも呼ばれています。

フルハイビジョンの特徴は解像度の高さです。数年前まではこれよりも解像度が低いハイビジョンテレビが主流でしたが、現在は1920×1080の解像度をもつフルHDが主流です。2Kテレビとも呼ばれていますが、2Kとは2000、すなわち解像度が1920で約2000なので2Kと呼ばれているのです。

4Kテレビ

フルHDの次の規格として現在販売が進められているのが4Kテレビです。4Kの意味は、先ほど書いた意味と同じです。つまり解像度が約4000ということですので、フルHDよりも更に高画質でテレビを視聴できます。

恐らく、いま家電量販店にテレビを購入しにいくと間違いなく4Kテレビを薦められるでしょう。しかし、注意が必要なのが、4Kテレビ単体では4Kの映像を見られるだけで、4Kの放送は受信できない。という点です。4Kの受信には別途チューナーなどが必要なので注意が必要です。

有機ELテレビの特徴

上記に挙げた2つの規格。それよりも更に新しい規格が有機ELテレビです。正直、4Kですらいまだに次世代感があるほど高画質、高価格なテレビですが、有機ELテレビはそれらとは一線を画す次世代型テレビとなります。

主な特徴は、先に書いたようにとにかく薄くて軽い、そして高画質ということです。液晶テレビはどうしてもバックライトを取り付けますので、後付の発光になります。そのためバックライトを内蔵させるために、薄型といっても限界があります。

しかし、有機ELは独自にパネルが発光する技術が採用されているため、余計なスペースが必要なく極限まで薄くできます。また、バックライトでは表現できなかった深みのある黒色が高精度で再現、さらには液晶テレビの弱点である残像もなくなっており、映像によりリアルさが増しているのが特徴です。

有機ELテレビの欠点・弱点

次世代の更に次世代ともいえる有機ELテレビですが、現在のテレビの特徴、機能を全て凌駕している万能機ではありません。ここでは有機ELテレビの弱点や欠点を取り上げていきたいと思います。

値段が高い

まず一番の弱点ともいえるのが値段です。現在、液晶テレビは10万円台で50インチ以上の高性能な機種を手に入れられます。妥協すれば、10万円を切ることも可能でしょう。有機ELテレビは、どんなに安い販売店で購入しても20万円以上はかかります。

これは有機ELテレビの最安の機種であり、それなりの機種になると60万〜100万円以上は購入に必要になるでしょう。まだまだ有機ELテレビは手軽に購入できるレベルではないようです。

日光で見えづらくなる

有機ELテレビを使用している人から聞かれる声の一つに、「日光で見えづらくなる」という意見があります。これはどういうことかというと、身近な例を挙げるなら、スマホを思い浮かべてもらえると解りやすいでしょう。

スマホの画面には有機ELが採用されています。つまり有機ELテレビも原理はスマホと同じです。スマホを直射日光の当たる場所で使用すると、とても見えづらいと思われた人も多いと思います。有機ELテレビも、まさにあのような状態になるのです。これは有機ELの明るさ。最高輝度が液晶よりも劣ることが原因です。

この問題は、現在の有機ELテレビの技術不足によるところが大きく、解消にはもう少し時間がかかりそうですので、有機ELテレビ購入を検討している人は、テレビの配置場所にはそれなりに気を使った方がいいでしょう。

寿命が短い

有機ELテレビは液晶テレビに比べて寿命が短いと言われています。平均的なスペックとしては、有機ELテレビが約3万時間なのに対し、液晶は約6万時間と倍の寿命を誇ります。有機ELテレビは寿命が近くなると、発光の機能が衰えてくると言われています。発光の機能が衰えるということは、画質が落ちていくということです。

画面サイズが大きい

有機ELテレビの現在の最小モデルは55インチです。55インチといえばそれなりの大きさです。テレビを快適に視聴できる距離の目安は55インチの場合、2メートルといわれています。部屋の広さでいうと、10畳以上は必要となります。

そうなってくると、それなりに広い部屋に住んでいない限り、有機ELテレビを気軽に楽しむことができないということになります。この部分に関しても、これからの技術進歩を待つ必要があります。

画面の焼き付けが起こる可能性がある

有機ELディスプレイの弱点として、画面の焼き付けというものがあります。有機ELテレビは、有機EL素子に電圧を当てて発光させることにより、映像を表現しているのですが、この素子に長時間、電圧がかかりすぎると、劣化により焼き付けという症状が発生します。

この焼き付けは長時間、同じ画面を流し続けることによって発生しますので、画面を一時停止にして1日中放置などは控えた方がいいでしょう。

有機ELテレビの魅力

ここまでは有機ELテレビのデメリットを挙げていきましたが、有機ELテレビには既存のテレビにはない魅力も多く、有機ELテレビならではのメリット、特徴もあります。

ここからは有機ELテレビの魅力に関して紹介していきます。

画質が非常に良い

有機ELテレビの魅力としてまず最初に挙げられるのが、やはり画質の美しさです。有機ELテレビは、画素自体が発光する仕組みになっていますので、液晶のようなバックライトを当てて映像を表現しません。

つまり、光を完全に消去した状態で画素自体を発光させるので、黒色の表現力が液晶とは比較になりません。「真実の黒」を表現できる。といわれています。

画面が薄くて軽い

有機ELテレビの最大の特徴とも言えるのが薄さと軽さです。有機ELテレビは、液晶テレビと製造技術が根本的に違いますので、どんなに薄型と呼ばれる液晶テレビよりも薄く製造することができます。

前述したように、わずか3.9mmという驚異的な薄さの有機ELテレビも発売されていますが、技術がこのまま進んでいけば、巻くことも可能なテレビというのも開発されそうです。

視野角が広い

有機ELテレビと液晶テレビの違いでもあり、液晶テレビの弱点でもあるのが視野角の範囲です。液晶テレビの場合、視聴角度によっては映像の色調が変わってしまい、見辛くなってしまうという欠点がありますが、有機ELテレビの視野角は非常に広く、テレビが観れる角度であれば180度、どの角度からでも綺麗な映像を楽しめます。

消費電力が小さい

有機ELテレビはバックライト発光ではなく、ディスプレイの画素そのものが発光する仕組みとなっています。そのため、液晶テレビほど電力を消費する必要がなく、理論上は液晶テレビの1割程度の消費電力で済むといわれており、非常に省エネ設計となっています。

音質が良い

有機ELテレビは音質にも注目が集まっています。ソニーはテレビ画面全体を振動させることにより、迫力のあるサウンドを提供。パナソニックは音響ブランドの技術を取り入れることにより、より精密な音質を追求するなど、各メーカーは画質の向上に合わせた音質の向上にも余念がありません。

各社の最新有機ELテレビ紹介

現在発売されている有機ELテレビはどのような種類があるのでしょうか。また、各メーカーでどのような違いがあるのでしょうか。ここでは各メーカーの最新の有機ELテレビを特徴と共に紹介していきます。

LG社 OLED65W7P

LG社の有機ELテレビは圧倒的な薄さがその魅力です。わずか3.9mmという常識を覆した薄さは、壁にかけるテレビというよりも芸術作品です。そして4Kの次の技術と目されるHDRにも対応。圧倒的な薄さと画質が特徴です。

SONY A1シリーズ

SONYの有機ELテレビの特徴を一言で表すなら、迫力のサウンドです。A1シリーズの有機ELテレビは、テレビ画面全体を振動させ、目の前の被写体から直接音が出ているかのような臨場感を味わえます。

また、画面が振動はしても映像視聴や耐久性には支障がないような設計になっていますので、安心して迫力のある映像、音を楽しめます。

パナソニック 4Kビエラ EZ950シリーズ

パナソニックビエラのポイントは鮮やかさです。ビエラには「ヘキサクロマドライブプラス」という特殊技術が採用されており、今までは解消できなかった黒浮き、黒つぶれといった問題をなくすことに成功、さらに高精彩で鮮やかな映像が楽しめます。

東芝 REGZA X910

東芝の有機ELテレビREGZA X910は、暗部と明部の階調表現力を有していますので、メリハリのある表現力が特徴です。有機ELテレビの最大の特徴である黒の表現力もただの黒ではなく、メリハリのある真実の黒を表現できるため、映像に深みを与え、リアリティをより向上させます。

まとめ

テレビ離れが進んでいる現在ですが、高精細な映像、迫力のあるサウンドには魅力を感じてしまうのではないでしょうか。

そもそも、テレビ離れが進んでいるとはいっても、テレビ自体を見ないというよりは、テレビ局のコンテンツ自体に魅力を感じなくなっているだけであり、ネットを通じて映画やその他のコンテンツは視聴している。という人は多いのが現実です。

近年のテレビは、簡単にネットにも接続ができますし、ホームシアターとしてテレビを楽しむ人も増えてきています。また、今後の主流となる4K規格のネット動画も増えてきていますので、テレビの重要性は今後も継続して増していくことと思います。

そして現在、テレビはより薄く、より軽く、そして高画質、高音質を各メーカーが追求してきています。それが有機ELテレビです。有機ELテレビでは、これまでは実現できなかった光を完全に消し去る技術により、より映像に深みを持たせ、且つ色彩のメリハリ、バランスのとれた映像が楽しめるのが最大の特徴です。

よりリアリティを求め、今よりも一つ上の娯楽を求める人には間違いない選択。それが有機ELテレビという選択ではないでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

仮想通貨の特徴と種類について概要説明

最近はテレビや新聞などのメディ …