Home / Windows / WindowsUpdateの削除方法と削除する際の注意点

WindowsUpdateの削除方法と削除する際の注意点

皆さんは、「WindowsUpdateの削除方法」をご存知でしょうか?Windowsパソコンを使っていれば、定期的に行われるWindowsUpdateですが、削除方法となると良くわからないという方も多くいらっしゃるはずです。今回は、そんなWindowsUpdateの削除方法と削除する際の注意点を詳しくご紹介していきたいと思います。

Windowsパソコンを使っている方なら、WindowsUpdateの削除方法を知っておいて損は無いはずです。あまり頻繁にWindowsUpdateを削除するという機会は無いかもしれませんが、この機会にWindowsUpdateの削除方法を覚えておきましょう。きっといざという時に役に立つはずです。

そもそも、WindowsUpdateって何?と思われる方も多いかもしれません。WindowsUpdateは、WindowsのOSの脆弱性や不具合などを解消するために、定期的に行われるOSのアップデートのことです。Windowsのパソコンを使っていると、画面にWindowsUpdateという通知が出てきたりしたのを見たことはありませんでしょうか?

このWindowsUpdateを行っておかないと、WindowsのOSの脆弱性や不具合などに対応できません。そんなの無視すれば良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、WindowsUpdateは非常に重要なアップデートです。きちんと行っておかなければ、大きな被害を受けてしまう危険性があるからです。

WindowsUpdateでは、悪意のあるウイルスやスパイウェアに対するセキュリティ面での脆弱性を解消するためのアップデートも含まれています。最近では、ウイルスやスパイウェアによる個人情報の流出と言った被害も増えてきています。これらの被害を防ぐためにも、きちんとアップデートを行っておく必要があるのです。

誰もが知っている大企業でも、ソフトウェアやOSなどのセキュリティ脆弱性をつかれた被害が多く出ています。皆さんもニュースでそういったことを耳にされる機会も多いと思います。それは他人事ではなく、皆さんも被害にあう可能性は十分にあります。

しかし、場合によっては一度このWindowsUpdateを削除してしまうということも必要になってくる場合があります。今回はその「WindowsUpdateの削除方法」を詳しくご紹介していきますので、普段Windowsパソコンを使う機会があるという方は、是非ご確認いただければと思います。

スポンサードリンク

WindowsUpdateの更新プログラムを削除する前の事前知識

まず、WindowsUpdateの更新プログラムを削除する前に、WindowsUpdateの更新プログラムを削除することによるメリットや懸念点などをきちんと知っておきましょう。WindowsUpdateの削除によって改善する点もありますが、削除する際の注意点もありますので確認してからWindowsUpdateの削除を行うようにしましょう。

更新プログラムが原因の動作不安定を解消できる

まず、WindowsUpdateの削除によって何のメリットがあるのか?をきちんと整理しておきましょう。WindowsUpdateを削除するなんて必要あるの?そんなこと必要無いのでは?と思っている方もおおくいらっしゃるはずです。しかし、実際にWindowsUpdateの削除をすることによるメリットを受けられる場合があります。

WindowsUpdateの削除が必要になってくる場合としてあげられるのが、WindowsUpdateの更新プログラムが原因となっておきてしまっている不具合・動作不安定を解消したいという場合です。

WindowsUpdateは、たしかにウイルスやスパイウェアに対するセキュリティ面の脆弱性を解消したり、WindowsOSの不具合を解消するのに重要なアップデートとなっていますが、時としてWindowsUpdateの更新プログラムをインストールすることによって、パソコンに不具合が起こってしまうという場合があるのです。

皆さんはそういった経験をされた方はいらっしゃるでしょうか?WindowsUpdateの更新プログラムは基本的には、WindowsOSの不具合を解消するという意味合いのアップデートになりますので、それが起因となってしまう不具合というのはあってはならないことです。

しかし、皆さんがお使いのパソコンの環境や他のソフトウェアやプログラムとの兼ね合いから、WindowsUpdateの更新プログラムをインストールすることによってパソコンに不具合が起こってしまう場合があります。WindowsUpdateの削除はそういった場合に必要となってくるのです。

一度パソコン内のWindowsUpdateの削除をすることで、更新プログラムを削除することが出来ます。更新プログラムを削除すれば、それが原因と考えられる不具合も解消されるというわけです。面倒な作業だと思われる方もいらっしゃると思いますが、快適にWindowsパソコンを使っていくためには必要なことなのです。

WindowsUpdateの更新プログラムを削除する際の注意点

WindowsUpdateの削除によって、更新プログラムが原因と思われるパソコンの不具合を解消できるというのは分かっていただけたと思いますが、それでは次にWindowsUpdateの更新プログラムを削除する場合の注意点をみていきましょう。注意点をきちんと確認しておかないと、後で困ってしまうこともありますのでしっかり理解しておきましょう。

WindowsUpdateの更新プログラム削除の注意点として知っておいていただきたいのは、そもそもWindowsUpdateを削除するということは、不具合等のどうしようもない理由が無ければ基本的に行わないほうが良いということです。前述したように、WindowsUpdateは基本的にWindowsOSの動作改善のために行われるアップデートです。

WindowsUpdateの更新プログラムを削除するということは、その重要なアップデートを削除してしまうということです。そのままパソコンを使い続けることは、もちろんセキュリティ面でのリスクも大いに伴いますので、きちんとそれを理解したうえで更新プログラムの削除を行いましょう。

Windows Updateの更新履歴は削除できる?

Windows Updateでは、更新履歴というものがパソコン内にログとして残っています。あまり無いとは思いますが、Windows Updateの更新履歴したいという場合もあるかもしれません。そもそもWindows Updateの更新履歴が削除出来るかというと、答えとしては削除することが出来ます。

削除方法は以下になります。

(手順1)Windows Update を停止
コントロールパネル

管理ツール

サービス

Windows Update を停止する

(手順2)ログファイルを削除
パソコン内の「C:\Windows\SoftwareDistribution」というフォルダを削除

(手順3)Windows Update を開始
コントロールパネル

管理ツール

サービス

Windows Update を開始する

WindowsUpdateの更新プログラムを削除する方法

では実際にWindowsUpdateの更新プログラムを削除する方法をご紹介していきます。きちんと手順を理解して、落ち着いておこなっていきましょう。

更新プログラムを削除する手順

1.「スタート」メニューを表示する
2.「コントロールパネル」を開く
3.「プログラム」の項目を選択する
4.「プログラムと機能」の中の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックする
5.削除対象の更新プログラムをクリックし、「アンインストール」をクリックする
※管理者のパスワードを求められる場合がありますの、求められた場合はパスワードを入力しましょう

更新プログラムが削除できない場合

上記の手順でもWindowsUpdateの更新プログラムを削除出来ない場合があります。会社などの組織のパソコンの場合には、グループポリシーによってWindowsUpdateの更新プログラムが管理されている場合があり、その場合は個人でWindowsUpdateを削除することが出来ない場合があります。

その場合は、組織のシステム管理者に問い合わせをしましょう。また、それが原因で無い場合はマイクロソフトのサポート窓口へ問い合わせが必要となってきます。

更新プログラムの削除は成功したが、自動的に再インストールされた場合

上記の手順でWindowsUpdateの更新プログラムをしても、またすぐに自動的に更新プログラムがインストールされてしまう場合があります。その場合は別途パソコンの設定を変更する必要があります。

1.「スタート」メニューを表示する
2.「スタート」メニューの検索窓に「更新プログラム」と入力する
3.「Windows Update」を選択する
4.「更新プログラムの確認」をクリックする
5.インストールしたくない更新プログラムを選択し、「更新プログラムを非表示にする」をクリックする

更新プログラムを削除できたか確認する

WindowsUpdateの更新プログラムを削除したあとは、きちんと更新プログラムを削除できているか確認することが必要となってきます。

1.「スタート」メニューを表示する
2.「コントロールパネル」を開く
3.「プログラム」の項目を選択する
4.「プログラムと機能」をクリックする
5.「インストールされた更新プログラムを表示」を選択する
インストールされた更新プログラムの中に該当の更新プログラムが無ければOKです。

WindowsUpdateの不要なファイルを削除する

WindowsUpdateではインストール時に多くのファイルをパソコン内にインストールしています。不要なファイルは削除してしまった方が良い場合もあります。無駄なプログラムを残しておいても、メモリ領域を圧迫するだけなので必要に応じて削除してしまいましょう。

Windowsのディスククリーンアップの実行方法

WindowsUpdateの不要なファイルを削除する方法としては、>Windowsのディスククリーンアップすることで不要なファイルを削除することが出来ます。

1.「スタート」メニューを表示する
2.「スタート」メニューの検索窓に「クリーンアップ」と入力する
3.「ディスククリーンアップ」を選択する
4.「ディスククリーンアップ」が起動するとどのドライブをクリーンアップするか選択画面になります
5.Cドライブを選択します
6.「システムファイルのクリーンアップ」を選択する
7.削除する項目にチェックを入れ、OKボタンをクリックする
8.確認ダイアログで「ファイルの削除」をクリックする
9.PCを再起動する

Windows Updateやストアのキャッシュ削除方法

Windows Updateではパソコン内にキャッシュファイルが作成されます。こちらのファイルも不要であれば削除してしまいましょう。

(手順1)Windows Update を停止
コントロールパネル

管理ツール

サービス

Windows Update を停止する

(手順2)キャッシュファイルを削除
パソコン内の「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」というフォルダ内のファイルを削除

まとめ

皆さん、WindowsUpdateの削除方法と注意点はいかがでしたでしょうか?基本的にWindowsUpdateは必要なアップデートですが、時としてWindowsUpdateによるパソコンの不具合が起こる場合があります。その際には、この方法でWindowsUpdateの削除を行いましょう。


スポンサーリンク

Check Also

windows10のフォントを見やすくして快適に使う方法

Windows10を利用されて …