Home / Windows / WindowsのZip周りをマスター!Windowsでzipを作成・解凍する方法

WindowsのZip周りをマスター!Windowsでzipを作成・解凍する方法

複数ファイルを一つのファイルにできる、大容量ファイルを分割できる、ファイルにパスワードを設定できることなどから、Windowsでのzip圧縮・解凍の需要はまだまだ健在です。

本記事ではWindowsでのzip圧縮・解凍方法についてご説明いたします。WindowsXP以降、Windowsの標準機能でzip圧縮・解凍が可能となりましたが、できることが限定されており汎用性はありません。専用アプリを別途インストールした方がなにかと便利です。

スポンサードリンク

1.Windowsでファイルを圧縮してzipファイルを作成する方法

zipファイルの作成は、WindowsXP以降であれば、Windowsの標準機能で簡単にできます。

zipファイル作成方法

1.目的のファイルを右クリックします。Ctrlキーを押しながらファイルを左クリックすると、複数ファイルを選択できます。
2.メニューから「送る」→「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択します。

winzip_1

3.圧縮前のファイルと同じ場所(上記例ですとデスクトップ)に、zipファイルが生成されます。

winzip_2

この方法は、XP以降であればどのWindowsでも同じです。

なお、下記はWindowsの標準機能ではできません。

  1. zipファイルにパスワードを設定すること
  2. 分割ファイルを作成すること

これらを実施するには、圧縮・解凍ソフトを別途ダウンロード、インストールする必要があります。
圧縮・解凍ソフトはいろいろありますが、手ごろなものを2つほどご紹介しておきます。

Laplus(ラ プラス)

Lhaplus

  1. 対応OS:WindowsXP、Vista、7、8、10
  2. 圧縮:可能
  3. 圧縮(パスワード付):可能
  4. 解凍:可能
  5. ファイル分割:不可能

右クリックメニューから実行でき、簡単で扱いやすいソフトです。zip以外にも多数のファイル形式に対応していますので、入手した圧縮ファイルの解凍にも使え便利です。

Explzh

Explzh

  1. 対応OS:WindowsXP、Vista、7、8、10
  2. 圧縮:可能
  3. 圧縮(パスワード付):可能
  4. 解凍:可能
  5. ファイル分割:可能

起動後、ウインドウに目的のファイルをドラッグ&ドロップしての圧縮・解凍ができる他、右クリックメニューからの圧縮・解凍も可能です。ファイル分割にも対応しています。

商用目的の場合はライセンス料が必要です。このアプリは32bit版と64bit版があります。お使いのWindowsにあったものをご使用ください。

では、ここから先はこれらのアプリをインストール済という前提で進めます。

2.Windowsでzipファイルを作成する時にパスワードを設定する方法

Laplus、Explzh、どちらでも可能です。

Laplusでの方法

1.目的のファイルを右クリックし、「圧縮」を選択します。
2.メニューから「.zip(pass)」を選択します。

lhaplus_1

3.任意のパスワードを入力し、「OK」を押します。

lhaplus_2

4.圧縮ファイルが生成されます。
5.このファイルを解凍しようとするとパスワードの入力を求められます。

Explzhでの方法

1.目的のファイルを右クリックし、「送る」を選択します。
2.メニューから「Explzh」を選択します。

explzh_1

 

3.「指定したファイルは書庫ではありません。圧縮しますか?」→「はい(Y)」を選択します。
4.圧縮形式の選択とパスワードの設定をします。ここではzipを選びました。さらに、「暗号化」にチェックを入れて「OK」を押します。

explzh_2

 

5.任意のパスワードを入力します。「パスワードをマスクしない(M)」にチェックを入れておくと、入力値がそのまま表れますが、外しておくと”*”となります。状況に応じて使い分けしてください。
※「ワンタイムパス生成(G)」で、パスワードを自動生成できます。予め、パスワードをマスクしない(M)にチェックを入れておいてください。
※「暗号化方法」は、ここではZip2.0互換(デフォルト)とします。
6.「OK」を押します。
7.ウインドウが開きます。「ファイル(F)」→「名前を付けて保存」を選択し、zipファイル名を付けて保存します。

explzh_3

8.圧縮ファイルが生成されます。

3.Windowsのコマンドラインからzipファイルを作成する方法

「7-zip」というアプリをインストールすることで、コマンドライン(コマンドプロンプト)からzipファイルの生成が可能です。
あらかじめ、7-zipをインストールしておいてください。
7-zip

【方法】

1.コマンドプロンプトを起動します。
2.”7z.exe”があるディレクトリまで、cdコマンドで移動します。7-zipのデフォルトのイントール先はc:¥program files¥7-Zipです。
3.コマンドを入力して実行します。
7zip_1

構文の説明をしておきます。上記画像の最上段です。
EドライブのZipというフォルダの中にあるtest.txtというファイルを、同じフォルダ内にziptest.zipという名前で圧縮しました。

  1. 7z.exe a e:¥zip¥ziptest.zip e:¥zip¥test.txt

・7z.exe : 実行ファイル名
・a : 圧縮の指示(add)
・e:¥zip¥ziptest.zip : 圧縮後のファイル名(ziptest.zip)と保存場所(e:¥zip)
・e:¥zip¥test.txt : 圧縮前のファイル名(test.txt)とその場所(e:¥zip)
“a”を忘れがちなので注意しましょう。

4.Windowsのコマンドラインからzipファイルを解凍する方法

解凍は、圧縮時の”a”を”x”に変えてやります。
EドライブのZipというフォルダの中にあるziptest.zipというzipファイルを、同じフォルダ内に解凍しました。

7zip_2

構文の説明をしておきます。上記画像の最上段です。

  1. 7z.exe e:¥zip¥ziptest.zip -oe:¥zip¥

・7z.exe : 実行ファイル名
・x : 解凍の指示
・e:¥zip¥ziptest.zip : 圧縮ファイルの場所(e:¥zip)とzipファイル名(ziptest.zip)
・-o : 解凍する場所の直前に記述します。oはアルファベットの「オー」です。
・e:¥zip¥ : 解凍する場所
“x”を忘れがちなので注意しましょう。また、-oの直後にスペースは入れません。

5.Windowsで大容量のzipファイルを作成する時に分割する方法

Explzhを使うと、大容量のファイルを分割して圧縮できます。
大容量ファイルを小分けにしてメール送信する時などに便利です。相手側のサーバーに負担をかけずに済みます。また、一枚の書き込みメディアに入りきらないようなファイルでも、分割してやることで書込みができるようになります。

【方法】

1.目的のファイルを右クリックし、「送る」を選択、メニューから「Explzh」を選択します。
2.「指定したファイルは書庫ではありません。圧縮しますか?」→「はい(Y)」を選択します。
3.ウインドウが起動しますので、「ツール(T)」→「ファイルを分割(I)」を選択します。
bunkatsu_1

4.分割の設定画面が開きます。「分割サイズ」で1ファイルあたりの容量を直接指定できますが、「メディアサイス」を選択すると、CD-Rなどの代表的書き込みメディアの容量が選べ、便利です。
下線部に、処理後のファイル数が表示されていますので参考にしてください。

5.「OK」を押すと、分割ファイルが作成されます。この場合では4つのファイルになりました。解凍時は、すべてを同じフォルダに入れた上で、フロッピーのアイコンをダブルクリックします。

bunkatsu_3

6.Windowsでzipに圧縮した時に文字化けする原因と解決方法

zipファイルでの文字化けは、圧縮側と解凍側で「エンコード(文字コード)」が異なることが主な原因です。

文字化けとは

文字化けとは、ファイルやWebページ等に記載している文字が、意図しない記号などに置き換わってしまう現象を指します。
Webページを閲覧していて、訳の分からない記号の羅列が表示され驚かれたことがあるかも知れません。

文字コードとは

Webページが文字化けしてしまった場合、IEなら「表示」→「エンコード」で、Unicode(UTF-8)や日本語(Shift-JIS)など、いろいろ変えてみると正しい表示になります。これらUnidode(UTF-8)や日本語(Shift-JIS)などのことを「文字コード」や「エンコード」と呼びます。
コンピュータでは、”あ”や”A”などの各文字にはIDに相当する数字が振られていて、ファイル等のデータ内ではこの数字で記憶されています。アプリ等で表示する際、この数字に対応した文字に変換して表示することで、ユーザーは文字を読むことができます。
UTF-8やShift-JISとは、この「変換表」の種類のことです。同じ数字でも変換表が違うと、意図しない文字が表示されてしまいます。これが文字化けの現象です。

対処

文字化けを防ぐには、解凍側の環境を考慮した圧縮が必要ということが言えます。一般的な文字コードはUTF-8なので、これで圧縮してやれば、解凍側の環境に依らず、文字化けが防げることになります。

    【文字化けしないための対処】

  1. 1.フォルダ名・ファイル名を半角英数にする
  2. 2.UTF-8で圧縮できる圧縮・解凍ソフトを導入する

1.は、半角英数でのフォルダ名・ファイル名表示で問題ないのであれば、最も簡単で確実な方法です。
2.については、上記でご紹介したExplzhおよび7-zipが有効です。

Explzhの場合

ユーザー側では特に何もしなくても、PCデフォルトの文字コードで表現できないフォルダ名・ファイル名がある場合、自動的にUTF-8に変換してくれます。

7-zipの場合

圧縮時に設定してやることで、UTF-8での圧縮が可能です。(7-zipはコマンドライン上からだけでなく、ウインドウズ上(GUI)からでも使用できます)
【方法】

1.圧縮するファイルで右クリック→「7-Zip」→「圧縮…」を選択します。
2.「ファイル圧縮」ウインドウが開きます。
3.「パラメータ(P)」欄に、”cu=on”と入力し、「OK」を押します。

なお、この設定は一度やっておけば、次回以降も有効です。

7.Windowsでzipが解凍できない原因と解決方法

まれに、zipファイルが解凍できない時があります。原因として

  1. 1.WindowsがZipファイルをZipファイルと認識していない
  2. 2.圧縮方法が特殊である
  3. 3.そもそもが不完全なファイルである

が考えられます。それぞれの対処を説明します。
1.は稀な例ですが、以前に圧縮・解凍ソフトをインストールしていて削除した場合などに起こり得ます。
【対処】Windowsのファイル関連付けを設定し直す、圧縮・解凍ソフトを再インストールする
2.は、Windows標準の圧縮・解凍ツールを使っている際によく起こります。
一口にZipファイルといっても圧縮方法は様々なのですが、Windows標準の方式は”Zip2.0″と呼ばれるもので、これしか対応していません。他の圧縮方法でZip化された圧縮ファイルには対応できません。
【対処】別の圧縮・解凍ソフトをインストールする。Explzhが様々な形式に対応しており便利です。
3.は、WebからダウンロードしたZipファイルなどでよく起こります。
【対処】正しいファイルを再入手する。

8.Macと互換性のあるzipファイルをWindowsで作成する方法

圧縮ファイルのMac⇔Windows間のやり取りでは、文字化けが頻繁に発生します。
これは、MacとWindowsの文字コードの認識違いによるものです。Windowsでのデフォルトの文字コードは”Shift-JIS”なのですが、Macでは”UTF-8″です。ここはどうしようもありませんので、特別な対処が必要となります。

Windows側での対処

Windowsで文字化けしないZipファイルをMac上で作成する方法は多くのWebサイトで紹介されており、専用のMacアプリもあるのですが、逆についてはユーザー数の違いによるものなのか、これといった方法も、専用アプリもないようです。
従って、Windows側の対処としては

  1. 1.UTF-8形式で圧縮する
  2. 2.フォルダ名・ファイル名を半角英数にするか、特殊な文字は使わない

くらいしかありません。UTF-8形式での圧縮なら、先ほどご紹介したExplzhや7-zipが有効です。
Windows標準の圧縮ツールだと、確実に文字化けを起こすことになります。Macだけでなく、他OSとの圧縮ファイルのやりとりにには使わないようにしましょう。
また、2.については日本語を使ったとしても、UTF-8の範疇内であれば正しく表示されると思いますので、あまりにも特殊な文字を使わないことが重要と言えます。
これで、最悪の場合でもフォルダ名・ファイル名くらいは正しく表示されるはずです。

Mac側での対処

Windows側に上記の配慮をしてもらっても、Mac側でファイルを開くと、肝心の中身が文字化けしている…ということもあり得ます。また、文字自体は読めても、Windows側で入れていた改行がなくなって長ーい一文…となっていることもあります。
若干不公平感がありますが、Macユーザー側はいざという時に備えてアプリをインストールしておく方が無難です。

MultiTextConverter

MultiTextConverter
MultiTextConverterは、MacOS用のアプリです。テキストファイルに限られるものの、文字化けを解消することができます。
詳細な使い方は、こちらを参照ください。
文字化けをスッキリさせるMac用テキストコンバーター(週刊アスキー)

まとめ

Windowsでzipファイルを作成・解凍する方法をご紹介しました。
自PC内のみでの圧縮・解凍なら何も気にしなくてよいですが、大抵の場合は他のユーザーにメール送信したり、Webやメディアに書き込んで配布というパターンが多いと思います。
圧縮・解凍でよく起こる問題はなんといっても「文字化け」ですので、送り側においては一般的な圧縮をし、受け側では多少特殊なファイルが来ても問題なく解凍できるよう、準備しておくことが重要と言えます。
Windowsの標準ツールは手っ取り早いものの、対応している文字コードや圧縮形式が非常に少ないため、多様性という面ではかなり劣ります。専用のアプリを早めにインストールしておくことをお勧めします。


スポンサーリンク

Check Also

ワード2016の特徴と互換性について

Microsoftのワードと言 …