Home / Windows / WindowsUpdateに失敗する原因と解決方法

WindowsUpdateに失敗する原因と解決方法

a0002_003670

普段、1日の仕事やネットサーフィンを終えて、WindowsのOSをインストールしているPCをシャットダウンしようとすると、「コンピューターの電源を切らないでください。更新プログラムをインストール中」というメッセージが出ますね。

それは、Windows Updateがこれから実行されますよというメッセージです。しかし、Windowsユーザーの中には、このWindows Updateが正常に実行されず、PCの起動・終了時に毎回更新プログラムを実行しようとする画面が表示されて、何が原因なのかなと思っておられる方もいらっしゃるのではないしょうか?

今回は、そんなWindows Updateが失敗する原因について、いくつかの場合に分けて特定するとともに、その解決方法について、元エンジニアの筆者が、PC初心者の人にでもわかり易く丁寧に説明していきます。

もし、あなたの使用するPCが正常にWindows Updateの更新を行われなかった場合、この記事を参考にしていただき、解決に向かうと同時に、PCが普段からスムーズな動作になることを願っています。

スポンサードリンク

Windowsアップデートが失敗している状態とは

a0001_014262

そもそもWindows Updateが失敗している状態とは、どういう症状なのでしょうか?

まず、Windows Updateの概要について説明すると、コンピューターにインストールされているソフトウェアの機能を向上させるためや、セキュリティ対策に必要な重要なソフトウェア(例えば、Windows OSに標準的にインストールされているWindows Defender)の更新プログラムのことです。

簡単に言えば、必要に応じてソフトウェアを今までより使いやすくする機能が搭載されたプログラムや、コンピュータウイルスからPCを保護してくれるようにセキュリティの強化を行う便利な機能を持つプログラムをコンピューターが自動的にスケジュールを決めてインストールしてくれる機能です。

そういう機能が更新されずに失敗しているかどうか見極めるためには、コントロールパネルを見ることによって、一目瞭然です。

※なお、筆者のPCに搭載されているOSはWindows10です。その他のWindows7やWindows Vista、Windows8/8.1でWindows Updateをご利用の場合は、Microsoftのこちらのページをそれぞれご参照ください。

① スタート画面をクリック
② 「設定」ボタンをクリック
③ 「更新とセキュリティ」をクリック
④ 「Windows Update」をクリック

通常の状態であれば、「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されます。しかし、失敗している状態であれば、「一部のプログラムが更新できませんでした」などといった表示がされていれば、お使いのPCが完全にアップデートできていないということがわかります。

もう一つの例は、冒頭の説明でも行いましたが、PCの電源を起動した直後や、シャットダウンの直後にPC本体がWindows更新プログラムを実行しようとした場合に、「Windows更新プログラムの構成に失敗しました。」と表示されて、更新されずに起動・終了した場合です。

アップデート失敗を放置しているとどうなる?

では、updateを放置したままにしているとどういう症状が起こるのでしょうか?

どうやら、筆者がネットで調べてみた結果、updateを放置したままだと、updateするファイルがどんどん溜まっていき、その更新プログラムの容量も日々増えることから、結局更新プログラムのインストールさえもなかなか進まず、時間だけが過ぎて無駄な時間を過ごすことになりかねないようです。

具体的な症状として、更新プログラムの確認を行うのに数時間程度かかる見込みです。現在では、その症状を修正するファイルも配布されているようですが、PCの完全な復旧には至らない為、PCから更新を行うように指示があれば、その都度こまめに更新プログラムを実行して、性能を維持していくことが大切であると考えます。

Windows Updateが失敗する原因

mba15_gori_tp_v

では、実際にupdateが失敗する原因がいくつかあるようなので考えてみましょう。

① インターネットの接続が行われているかどうか
② 更新プログラムを受け入れられるだけのCドライブの容量があるかどうか
③ ファイルやフォルダが一部破損していないか。

このような例がいくつか存在していないかトラブルシューティングやアンインストールを実行して、不具合の原因となっているプログラムを削除してみることが必要です。

Windows Updateを実行する場合の環境

a0001_014256

基本的には、OSがWindows Vista、Windows7、Windows8/8.1、Windows10で更新プログラムをインストールできます。但し、WindowsXPは、最近になってMicrosoftのサポートも終了したため、それ以前のOSでの更新プログラムの適用は、ユーザーの自己責任のようです。

Windows Updateが失敗した時の解決方法

Windows Updateが失敗した時には、以下の解決方法がございますので、そちらを参考にしてください。

① トラブルシューティングから解決する。
② セーフモードで起動して解決する。
③ 「エラー 80070308」が発生した場合の解決方法
④ Windowsの復元を利用して解決する
⑤ 「ディスククリーンアップ」を活用して解決する
⑥ インターネット接続、周辺機器機を確認する
⑦ 「クリーンブート」を実行する
⑧ Windows Updateがおわらない場合の解決方法
⑨ 日付・時刻設定の確認をする
⑩ セキュリティレベルの設定を確認する
⑪ ウイルス対策ソフトの設定を確認する

以上11項目を下記にまとめましたので、そちらの中からどれが該当するのかをまず把握した上で、解決方法を探ってみてください。

1.トラブルシューティングから解決する

Windows Updateで更新プログラムの検出、適用に失敗することがあり、その都度エラーが表示されます。ただそれを何回繰り返しても適用ができず、エラーになり、エラーコードをつてに原因を追及しても、余程の技術が無ければ、その後の対処方法もはっきりとわからないです。

そうしたトラブルに対して「トラブルシューティング」を使用すると、一気に解決してくれます。また、その原因の詳細の意味が分らなくても、このトラブルシューティングを使用すれば、原因を究明してくれ、解決に向けて導いてくれることが多いです。

筆者のOSは、Windows10なので、Windows10でのトラブルシューティングを表示させるまでの操作方法を紹介します。

① スタートボタンを右クリック
② コントロールパネルを選択し、クリック
③ 「システムとセキュリティ」カテゴリをクリック
④ 「セキュリティとメンテナンス」のカテゴリの内、
「コンピューターの一般的な問題のトラブルシューティング」をクリック
⑤ 「トラブルシューティング」をクリック
⑥ 「システムとセキュリティ」のカテゴリの内、
「Windows Updateで問題を解決する。」をクリック。
⑦ その後は、コンピューターの指示に従って、ウィザードを実行する。

以上7点を順に行っていくことによって、トラブルシューティングによって、コンピューター内部で起こっている不具合を解決することができます。

2.セーフモードで起動して解決する

Windowsでは、一般的に通常で起動する方法と、セーフモードで起動する場合があります。セーフモードとは、Windowsの機能を少数に限定し、必要最小限のシステム環境でPCを起動することを言います。

例えば、「セーフモード」のみの機能や「セーフモードとネットワーク」、「セーフモードとネットワークとコマンドプロンプト」といった機能で起動する場合が、セーフモードと呼ばれるものです。

セーフモードは、Windows10以前のOSの場合は、電源ボダンで起動後、F8キーを連打すれば、セーフモードでPCを動作させることができたのですが、Windows10になると、PCを動作させている状態からセーフモードに切り替えなければいけないようです。

以下の順で、セーフモードに切り替える操作方法を説明していきます。

① 「スタート」ボタンをクリック
② 「設定」をクリック
③ 「更新とセキュリティ」をクリック
④ 「回復」をクリック
⑤ 「PCの起動をカスタマイズする」の内の「今すぐ再起動」をクリック
⑥ 「詳細オプション」をクリック
⑦ 「スタートアップ設定」をクリック
⑧ 「再起動」をクリック
⑨ 「スタートアップ設定」画面でテンキーにより、セーフモード有効にするをクリック。
⑩  画面が切り替わったのち、通常の画面と同様パスワードを入力。
⑪ 起動後、左隅にセーフモードと切り替わっていれば、セーフモードで起動できています。
⑫ 通常のモードでWindowsを起動する。

以上で、エラーが解消されていれば、更新プログラムのダウンロードを行ってみてください。

3.「エラー 80070308」が発生した場合の解決方法

a0002_003817

一見、この暗号だけ見ても、いまいち、よくわからないというのが本音ではないでしょうか?PCに長けているユーザーなら、一目瞭然でしょうね。筆者も、エンジニアになる前にこのエラーに出くわしてしまい、最初はチンプンカンプンでしたが、調べてみると、少しずつ理解できるようになりました。

このエラーコードについてネットでいろいろ調べてみた結果、OSがWindows7のユーザーの間で起こっているようですね。現在、筆者のPCはWindows10に更新してあるため、このようなエラーは起こりませんが、一応念のため、まだWindows7の方に向けて、解決方法をご紹介します。

① Explorerを起動
② HKEY_LOCAL_MACHINE\Componentsをアドレスバーに記述し移動
③ ファイルの名前が「PendingRequired」、種類が、「REG_DWORD」を削除
④ 再度更新プログラムを実行

これにより解決するのではないかと思います。

4.Windowsの復元を利用して解決する

この方法は、システムの復元ポイントを作成して、更新プログラムのエラーが発生する前の状態に戻せば、PCを正常に戻せるという狙いで行います。

但し、あんまり繰り返して実行しすぎると、更新前の状態に戻れなくなり、復元ポイントが表示されないようになることや、ハードディスク内に保存していた最近インストールされたプログラムやドライバが消去されてしまう可能性がある為、お薦めはしていない方法です。

操作方法は、以下の通りです。
① スタートボタンを右クリックし、コントロールパネルを選択
② 「システムとセキュリティ」を選択
③ 「セキュリティとメンテナンス」をクリック
④ 「回復」をクリック
⑤ 「システムの復元を開く」をクリック

以下は、ウィザードに従って行えばいいのですが、注意点として、エラーを起こす原因となっている更新プログラムが実行されるよりも前の日付を選択し、それを復元ポイントにすることによって更新プログラムが実行される前の状態にPCを戻すことが可能になります。

5.「ディスククリーンアップ」を活用して解決する

PCを動かしていて、以前よりも動作が重いと感じてしまう時がないでしょうか。
そういう時に、Cドライブをディスククリーンアップすることによって、更新プログラムに悪さをしているプログラムやファイルを消去できる可能性があります。

① Explorerを起動
② PCを選択
③ Cドライブを右クリック、プロパティを選択
④ 「全般タブ」の「ディスクのクリーンアップ」を選択
⑤ どのドライブをクリーンアップするか選択(通常はCドライブ)
⑥ クリーンアップの処理が開始され、PCによっては、処理の完了の為、再起動が必要になる場合もあります。

6.インターネット接続、周辺機器機を確認する

まず、インターネットに接続できないPCでは更新プログラムを正常に行うことができません。

次にルーターに問題があり、接続速度が遅かったり、すぐに接続が切断されてしまったりする場合は、お使いのプロパイダに連絡する方が良いでしょう。

他に考えられる理由として、USBなどで接続している機器です。(HDD等があたります。)
電源が入ってない状態で、一度すべての周辺機器を外してみて、再びPCの電源を入れてWindows Updateを実行します。それでもエラーが出る場合は、現項目以外で問題があります。

7. 「クリーンブート」を実行する

クリーンブートとは、最低限のドライバやスタートアッププログラムを使用してWindowsを起動して実行する方法です。Vista以降のOSでプログラムを実行すると、ソフトウェアの競合を解消できるというものです。

操作方法は以下の通りです。
① スタートボタンを右クリック
② ファイル名を指定して実行
③ 「Msconfig.exe」と入力
④ システム構成ウィンドウで「サービス」タブをクリック
⑤ 「Microsoftのサービスを隠す」をチェック済にする。
⑥ 「すべて無効」をクリック
⑦ 「スタートアップ」タブをクリック
⑧ 「タスクマネージャーを開く」をクリック
⑨ クリーンブートを行いたいプログラムをクリックし、「無効」をクリックします。
⑩ 適用もしくはOKをクリックすると再起動するかどうか聞かれるので、再起動を選択
⑪ もう1度更新プログラムを実行

8.WindowsUpdateがおわらない場合の解決方法

更新プログラムの適用が終わらないという現象がWindows7を中心に起こっているようです。これを解決するには、上記のディスククリーンアップでの方法と、Windows Update Clientの最新版を利用することです。詳細は、MicrosoftのSupportページを参考にしてください。

9.日付・時刻設定の確認をする

日付や時刻が正しく設定されていないとWindows Updateが正常に実行されないようです。
日付と時刻を正しく設定しておいてください。

10.セキュリティレベルの設定を確認する

Internet Explorerのインターネットオプションでセキュリティレベルを中に設定することによって、Windows Updateの制限を解除できるようになるようです。

① ツールボタンをクリック、インターネットオプションを選択
② 「セキュリティ」タブの「信頼済みサイトをクリック」
③ 「サイト」ボタンをクリック
④ このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認を必要とする」のチェックを外す。
⑤ Microsoftのページを入力

11.ウイルス対策ソフトの設定を確認する

Windowsには、Windows Defenderというものがあります。これは、コンピューターのウイルスからPCを守るために標準搭載されています。しかし、例えばウイルスバスターのように、別のウイルス対策ソフトがインストールさせてあると、誤作動を起こす場合があります。一度ウイルス対策ソフトを停止させて、更新プログラムをインストールしてみましょう。

まとめ

どうでしたか?Windows Updateの更新には様々な失敗の理由が存在し、それによって、実行する処理の方法が変わってきます。

正直、筆者もまだエンジニアの端くれのような人間であり、知っているのも半分以上はありましたが、少しだけ知らない解決方法も知ることができたので、これだけの内容を理解すると、あなた自身もPCの初心者を卒業できるかもしれませんね。

Windows Updateは、日々更新されていくことになるので、この記事が役立つことも短期間かもしれませんが、その都度、自分でどの種類のエラーなのかを調べる習慣をつけると、PCスキルをちょっとずつ成長できると思います。今後も、あなたのスキルをどんどん上げて下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

windows10のフォントを見やすくして快適に使う方法

Windows10を利用されて …