Home / Windows / Windowsメディアプレイヤーの基礎知識と活用方法

Windowsメディアプレイヤーの基礎知識と活用方法

WindowsメディアプレイヤーはWindows3.1の頃からあり、Windowsユーザーにはなじみの深いアプリです。OSの進化と共に各機能がさらに充実し、より便利になってきています。 ただ、長らく存在してるものだけに、「なんとなく」使われている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、Windowsメディアプレイヤーの基礎知識と、活用方法についてご説明いたします。なお、このページでは最新バージョンのWindows Media Player12に限っての説明となりますので、ご了承願います。

スポンサードリンク

1.メディアプレイヤーの基礎知識

Windowsメディアプレイヤーは、MicroSoft社提供のメディアプレイヤーで、Windowsに標準装備されています。現行の最新バーションはWindows Media Player12で、Windows7以降に標準搭載されています。主な機能としては、

  1. 音楽CD、WAV、MP3などの音楽ファイルや動画の再
  2. 音楽CDのPC取込
  3. 音楽や動画、データのCD/DVDへの書き込み

などがあります。対応フォーマットは非常に多く、特に12以降ではQuickTime(.mov)やMP4にも対応するようになりました。以前は、これらのファイル再生に専用プレイヤーが必要だったのですが、Windows Media Playerに一元化できるようになり、より便利になっています。

1.メディアプレイヤーの起動方法

Windowsのバージョンによって、プログラムへの辿りつき方が若干異なります。

【Windows7】

「スタート(左下のWindowsアイコン)」または「スタート」→「すべてのプログラム」で、”Windows Media Player”を探します。簡単に見つかると思います。

アイコンを右クリックして、「タスクバーに表示する」を選ぶと、タスクバーに登録されます。また、デスクトップへドラッグすると、デスクトップにショートカットができ、次回以降の起動が便利になります。

【Windows8/10】

「スタート」→「すべてのアプリ」で”W”の項目まで下へ辿り、「Windows アクセサリ」を開くと”Windows Media Player”が見つかります。

10s

ここでアイコンを右クリックして「スタート画面にピン留めする」や「タスクバーにピン留めする」を選ぶと、スタート画面やタスクバーにWindowsメディアプレイヤーが登録され、次回以降の起動が便利になります。

2.メディアプレイヤーが見つからないとき

「スタートメニュー」や「すべてのプログラム」の内容はパソコンによってまちまちで、上記の方法で見つからない場合があります。その際は下記で対処します。

【Windows7】

「スタートメニュー」を押し、直上の「プログラムとファイルの検索」で、”Media Player”と入力すると、一番上の「プログラム」欄に表示されます。

7_a

【Windows8/10】

スタートメニュー横の検索バーに”media”等と入力すればすぐに見つかります。

10_a

3.CDに書きこむ方法は?

【注意】この作業は、パソコン搭載/外付けに関わらず、CD-RまたはDVD-Rに書き込み機能のついたディスクドライブが必要です。あらかじめ、ディスクドライブに書き込みメディアを挿入しておいてください。

1.Windows Media Playerを起動し、「書込み」タブをクリックします。同時に、書き込みたいデータを左メニューから表示させておきましょう(画面例では音楽データを開けています)

kakikomi1

2.画面右端の▼をクリックし、「オーディオCD」または「データCDまたはDVD」を選択します。CDプレイヤーでの再生が目的であれば、「オーディオCD」を選択するのが無難です(メディアはCD-Rを用意することになります)。

kakikomi2

※CDプレイヤーでのデータCDの再生は、上手くいかないだけでなく故障の原因ともなります。

3.メディアに書き込みしたい曲を、「ここに項目をドラックして書込みリストを作成します。」のところへドラッグします。アルバム丸ごとでも、曲個別でも可能です。

kakikomi3

4.書き込みリストから曲を取り除くには、「リストから削除」を選択します。Shiftキーを押しながら操作すると、複数項目を選択できます。

kakikomi4

5.曲順を並べ替えしたい場合は、曲名をドラッグして上下してください。

kakikomi5

6.準備が整ったら、「書込みの開始」をクリックしてください。

kakikomi6

7.書込みが始まります。中止する場合は「書込みのキャンセル」をクリックします。場合によっては、メディアは使用不可となります。

2.メディアプレイヤーを使って音楽CDをパソコンに取り込む

最近はCDプレイヤーよりMP3プレイヤーやスマホで音楽を聴く機会の方が多いので、こちらの方がよく使うかもしれません。

1.CDからリッピングする方法

リッピングとは、DVDやCDのデータを、そのままの形あるいはデータ形式を変換して、データとしてパソコン内に取り込むことを指します。この作業を行うアプリは「リッパ-」と呼ばれます。Windows Media Playerもリッパ-ということになります。

【リッピングの手順】

1.Windows Media Playerを起動し、CD/DVDドライブに音楽CDを挿入します。さらに、左のメニューバーからCD/DVDドライブを選んで、曲情報を表示させます。

ripping1

2.リッピングの前に取込の設定をしておきます。メニューバーの”>>”をクリックし、「取込の設定」→「その他オプション」を選択します。

ripping2

3.「オプション」ウインドウが開きますので「音楽の取込み」タブをクリックします。

ripping3

4.オプションウインドウで、各種設定を行います。
〇取り込んだ音楽を保存する場所

ripping4

デフォルトでは、C:\Users\(ログインユーザー名)\Musicとなっています。変更する場合は「変更(H)」ボタンをおして任意の保存場所を指定してください。

取込の設定

形式(F)

ripping5

取り込む音楽のファイル形式を指定します。一般的には、MP3が無難かと思います。

「取り込みの設定」欄について

CDの取り込みを自動的に開始する(R)
チェックを入れておくと、CD/DVDドライブに音楽CDを入れた途端に書き込みが始まります。便利なようですが、単に再生したいだけの時も勝手に取りこんでしまうので、チェックを外しておくことをお勧めします。

取り込み後にCDを取り出す(E)
チェックを入れておくと、CDの取込が終わると同時にドライブが開き、CDを排出するようになります。

音質(U)
取り込みの音質を、スライドバーで設定(4段階)します。右へ行くほど高品質になりますが、それだけ容量も大きく(CD一枚あたり、最小サイズ57MBに対して144MB)なります。通常用途なら、最小サイズでも問題ないと思います。

設定が終わったら、「適用(A)」→「OK」、または「OK」ボタンを押します。なお、これらの設定は自動的に保存されます。次回以降変更したい場合は、都度設定しなおしてください。

5.トラック番号(#)の左にあるチェックボックスのオン/オフで、取り込む曲を選択します。一番上のチェックボックスのオン/オフで、全曲のチェックオン/オフができます。

ripping9

6.メニューバーの”>>”から、「CDの取込み」を選択すると、取込が始まります。

ripping8

 

7.「取込の状態」欄に、現在の状況が緑のインジケータバーで表示され、終わると「ライブラリに取込済」と表示されます。

ripping10

8.エクスプローラから「ミュージック」を開くと、ファイルができています。

ripping11

3.音楽ファイルの種類

ここで、上記の取込設定で出てきた音楽ファイル形式について、簡単に説明します。

1.WindowsMediaオーディオ

WindowsMediaオーディオ(WMA)は、MicroSoft社が開発した圧縮音声フォーマットのことで、データを圧縮することでデータ容量を下げたものです。圧縮すると音質は下がりますが、聴覚での音質はCD並みと言われています。(ファイル名).wmaの形で表されます。

2.WindowsMediaオーディオ プロ

WindowsMediaオーディオ プロは、スタンダードのWindowsMediaオーディオと比べ、圧縮による音質劣化が小さいといわれていますが、実使用上ではほとんど変わりありません。(ファイル名).wmaで表示されるので、見ただけではWindowsMediaオーディオとの区別は付きません。

3.Windows Media オーディオ(可変ビット レート)

WindowsMediaオーディオ(含むプロ)が固定ビットレート(1秒当たりのデータ量(=ビットレート)が一定)であるのに対し、Windows Media オーディオ(可変ビット レート)は、ビットレートをファイルの場所場所で変更することができます。データ変動の激しい箇所ではビットレートを高く、穏やかな個所では低くできるので、高品質な圧縮ができます。こちらも(ファイル名).wmaで示され、上記2者と見ただけでは区別がつきません。

4.Windows Media オーディオ ロスレス

上記3種類のWindows Media オーディオが非可逆圧縮(元に戻せない)のに対し、Windows Media オーディオ ロスレスは可逆圧縮(元に戻せる)となっています。ただし、圧縮率はそれほど高くなく、1/2~1/3程度となります。表示形式はこちらも(ファイル名).wmaです。

5.MP3

MP3は現在、世界で最も普及しているオーディオ圧縮形式で、(ファイル名).MP3の形で表される音楽データです。上記WindowsMediaオーディオ3種より音質は劣るものの、多数の機器に対応しています。容量も小さ目ですのでよほどのことがない限り、この形式を選んでおくのが無難と言えます。

6.WAV

WAVは、圧縮を全くしていない音楽ファイルで、(ファイル名).wavの形で示されます。非圧縮のため容量が大きく、取扱いには注意を要します。

7.形式によるデータ容量の違い

音楽CDの一枚当たりのデータ容量は700MBです。これを取り込んだ場合、WAVではそのままなので700MBです。一方、最も圧縮率の高いMP3では最小サイズで57MBと、約1/12となります。用途によりますが、音質によほどこだわる場合を除き、容量は小さい方が無難だと思われます。

4.メディアプレイヤーが正しく動かないとき

最後に、WindowsMediaPlayerが正しく動かない時の対処について説明します。

1.トラブルシューティングを実行

1.コントロールパネルを起動し、「システムとセキュリティ」→「セキュリティとメンテナンス」(Windows7では「全てのコントロールパネル項目」)から、「トラブルシューティング」を開き、右側のメニューで「すべて表示」を選択します。

2.「Windows Media Playerの設定」→「次へ」で、トラブルシューティングが始まります。

tsh3

3.「この修正を適用します」または「この修正をスキップします」を選択し、「詳細情報の表示」をクリックすると、トラブルシューティングレポートが表示され、問題の箇所がわかります。

tsh4

2.メディアプレイヤーを再インストールする

Windows Media PlayerはWindowsの機能の一部として扱われているため、再インストールは「Windowsの機能の有効化または無効化」から行います。
【方法】
1.コントロールパネルを起動し、「プログラム」→「プログラムと機能」を開きます。

install1

2.左側のメニューから、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

install2

3.「Windowsの機能」ウインドウが開きますので、下へくだって「メディア機能」ツリーを開き、「Windows Media Player」のチェックを外せばアンインストール完了です。

install3

4.Windowsを再起動します。
5.再起動後、上記1.2.と辿り、3.で先ほど外したチェックを再び入れれば再インストール完了です。

3.最新のメディアプレイヤーにする

1.Windows Media Playperを起動し、「整理」→「オプション」を選択します。

update1

2.「オプション」画面から「プレーヤー」タグを選択し、「自動更新」欄の更新密度を変更します。

update2

3.ネットワークのバッファー処理の値を多くする

ストリーミング再生(ダウンロードしながら動画など再生すること)が途中で止まったりしてうまくいかないときは、「オプション」ウインドウから「パフォーマンス」タブをクリックし、「ネットワークのバッファ処理」を設定します。

buffer1

バッファ処理時間を長く取るとより多くの容量をダウンロードしてから再生するため、動画が始まるまでの時間は長くなりますが、途中で途切れることは少なくなります。あまり多くしても逆効果ですので、適宜設定してみてください。

4.ビデオの再生設定を変更する

動画の再生がスムーズにいかないときは、「オプション」ウインドウから「パフォーマンス」タグを選択し、「ビデオの再生」欄を設定してみましょう。

buffer2

「WMVファイルのDirectXビデオアクセラレータを有効にする」にチェックを入れると、状況が改善されることがあります。音飛びがするときは、「フレームを脱落させ音声と映像の同期を保つ」にチェックを入れてみてください。

4.コーデックパックをダウンロードし対策する

コーデックとは、メディアやネットワーク経由でデジタル信号化(暗号化)されたデータをMediaPlayerで再生(復号)する際の「暗号解読ツール」といった感じのものです。

「コーデックが見つかりません」と言ったエラーが出る場合はこの「暗号解読の方法」をMediaPlayerが知らないということになりますので、コーデックパックと呼ばれるものをダウンロードして、MediaPlayerに教え込んでやります。

こちらのサイトから、様々なコーデックパックを入手することができます。導入するにはダウンロードしたファイルを実行します。複数のコーデックを、まとめてインストールできる “ コーデックパック ” の紹介。中にはウイルスの感染源になるような悪質なものもあるようですので、セキュリティソフト等を活用して慎重にご利用ください。

まとめ

Windows Media Playerの基礎知識と活用方法についてご紹介しました。世の中には様々なメディア再生用アプリがありますが、よほど特殊な用途でない限り、Windows Media Playerで事足ります。以前は何かと使い勝手の悪かったアプリですが、最近はどんどん改善され、対応ファイル形式も増えました。音楽に動画に、ぜひ活用してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

wordのテンプレート機能と変更履歴機能で文書をきれいに書こう!

企画書や報告書の作成でword …