Home / Windows / WindowsでKeynoteを使えるようにするための手順

WindowsでKeynoteを使えるようにするための手順

presentation

Windows上で使用するプレゼンテーション用ソフトはPowerPointが定番ですが、Mac上でのみ使用できるKeynoteはテンプレートやエフェクトが豊富で、Windows上でも使用できたら、という要望も多いようです。

Keynoteの特徴の一つに、シンプルで直感的な操作があります。余分な機能をあえて増やさずに、いかにもAppleらしいスマートなインターフェースはとても使いやすく魅力的です。直感的でわかりやすい操作感(スワイプや指でひねるなど)もいかにもという感じで魅了されます。

ふたつ目の特徴は、アニメーションが得意であることです。スライドの切り替わりにアニメーションを使用すると、プレゼンテーションを見る人々に強い印象を残すでしょう。美しいアニメーションが作れるということで、PowerPointではなくKeynoteを選択するユーザーが多いといいます。

スポンサードリンク

WindowsパソコンでもKeynoteを使える!

そんなWindowsパソコンユーザーにはうらやましくても使えないと思われていたKeynoteですが、実はMacマシンでなくても、iCloudにログインすればWindowsパソコンからもkeynoteを使用することができるのです。豊富なツールを使ったプレゼンテーションデータの作成・編集を行うことができます。

ただし、iCloudにログインするには、AppleIDが必要です。また、iCloudにログインした後の操作方法はどのようなものなのでしょうか?以下、その方法について解説します。

Appleアカウントの取得方法

Apple製品のユーザーであれば、必ずAppleIDを取得しますが、Windowsユーザーの場合は、AppleIDを取得していない場合が多いと思います。AppleIDの取得方法は以下の通りです。もし、既にAppleIDをお持ちの方は、読み飛ばしてください。

①icloudのサインイン画面を開きます

https://beta.icloud.com を開きます。

20160914_01

②Apple IDを作成します

画面下部の「Apple IDをお持ちではないですか? 今すぐ作成 」 ←下線の部分をクリックします。[Apple IDを作成]画面が表示されますので、各項目に入力します。特にパスワードは文字列の条件がありますので、注意が必要です。

20160914_02

以降、表示されるメッセージに従って操作を行い、OKをクリックすると、AppleからApple IDに設定したメールアドレス宛にメールが届きます。メール本文内の「今すぐ確認」をクリックすると、アカウントが有効になります。

iCloudにログインしkeynoteを起動する

①iCloudにログイン

iCloudのサインイン画面でApple ID・パスワードを入力し、丸で囲まれた→をクリックすると、iCloudの初期画面が表示されます。

keynoteのアイコンをクリックします。

20160914_03

②iCloud Driveにアップグレード

keynoteを使用するためには、iCloud Driveにアップグレードする必要があります(初期状態では容量5GBまで無料)。「アップグレードする」をクリックすると、「Keynoteへようこそ」の画面が表示されます。

20160914_04
[次へ進む]をクリックすると、初めてiCloud Driveにアクセスした場合は、基本的設定を要求する画面が表示されますが、特に設定せずに[Keynoteを起動する]をクリックします。

③Keynoteが起動します

Keynoteが起動し、各種の処理が行えるようになります。画面上の[+]をクリックし、新しいプレゼンテーションを作成しましょう。最初にテーマ選択の画面が表示されますので、いずれかのテーマをクリックし、[選択]をクリックします。

20160914_05

テーマを選択すると、プレゼンテーションの編集画面が表示されますので、各種のツールを使用してプレゼンテーションを作成します。

20160914_06

WindowsパソコンでiCloud上のkeynoteを使用した場合の機能制限

WindowsパソコンでKeynoteを使用する場合の機能制限には、次のようなものがあります。

①アニメーション

文字をクリックすると動き出すなどの一部のアニメーションの機能は、使用できません。

②PowerPointとの互換性

PowerPointのデータをKeynoteで編集することはできますが、Keynoteで作成したプレゼンテーションデータは、PowerPointでは編集できません。また、Keynoteのエクスポート機能を使ってPowerPoint形式で出力した場合、レイアウトの表示が崩れる場合があります。

まとめ

WindowsパソコンでもApple IDを取得すれば、iCloud内のKeynoteを使用して各種のプレゼンテーションデータを作成・保存することができます。iCloudへのログインは簡単で、すぐにKeynoteを使用することができるようになります。

今まで、あきらめていたWindowsパソコンのユーザーも、これでKeynoteを活用してインパクトの強いプレゼンテーションデータを作成することができるようになりました。
ただし、一部制限機能がありますので、注意が必要です。

・一部のアニメーション機能は使用できません。
・PowerPoint上ではKeynoteのデザインがそのまま使用できない場合があります。

しかし元々、Mac上でしか使用できなかった有料ソフトのKeynote、これを無料で使用できるのですから、とてもお得だと思います。PowerPointにはない、美しいスライドを作成するのなら、Keynoteがぴったりだと思います。

一方PowerPointは機能が豊富でKeynoteより複雑な資料を作成するのに適しているようです。さらにKeynoteよりも印刷に強いといいます。つまり、直観的な操作で美しいスライドを作るならKeynote、複雑なデータでプレゼン資料を作成するのならPowerPointと、用途に合わせて使い分けることができます。

いずれにしても、今までWindowsパソコンでは使えなかったKeynoteが無料で使用できるようになり、今後プレゼンテーションデータを作成するツールには選択肢が増えたということです。


スポンサーリンク

Check Also

windows10のフォントを見やすくして快適に使う方法

Windows10を利用されて …