Home / Windows / Windows10をクリーンインストールする方法と注意点

Windows10をクリーンインストールする方法と注意点

imarip0i9a7464_tp_v

Windows10の無料アップグレード期間内にUSBメモリーまたはDVD等にWindows10のインストール用媒体を作ってある場合は、無料アップグレード期間終了後も、いつでもアップグレードすることができます。

Windowsのインストールには、既存の「Windows OS」のシステム環境を引き継ぐ「上書きインストール」と、フォーマットしたハードディスク等の記録媒体に対して、新しくインストールする「クリーンインストール」の2種類があります。

Windows10の無償アップグレードを既に行い、その後、Windows10を安定的に動作させるためにクリーンインストールを検討する場合も多いと思います。ここでは、クリーンインストールの方法と注意点について解説します。

スポンサードリンク

Windows10のクリーンインストールの前の準備

各種ドライバの準備

まずはじめに、各種ドライバを準備します。Windows10のクリーンインストールを行う場合、今まで使用していたWindowsOSの環境で使用していた各種ドライバに関して、Windows10のクリーンインストール後に再インストールが必要となります。

Windows10のクリーンインストールを実行する前に、各パソコンメーカーのホームページから必要となる各種ドライバを準備します。

「BIOS」の起動順位を確認します

Windows10のクリーンインストールを実行する場合は、そのインストールメディアを使用します。インストールメディアの作成先として、USBドライブまたは光学メディアを指定します。

Windows10のクリーンインストールを実行する前の準備として、インストールメディアを作成したUSBドライブまたは光学メディアから起動できるように、「BIOS」の起動順位の確認を行う必要があります。「BIOS」の起動順位を確認する手順は、パソコンにより異なりますので、取り扱い説明書を参照するなどして確認しましょう。

現在のシステム環境をバックアップします

次に、以下の手順で現在使用中のシステム環境をバックアップします。

既存のシステム環境で保存されている個人ファイルや個人フォルダなどのデータは、外付けハードディスク等の外部記録媒体にバックアップします。現在のシステム環境で使用しているソフトウェアにおいても、クリーンインストール後に再インストールが必要となります。以上の点を注意して、各種のバックアップ作業をしておくことが必要です。

Windows10のインストールメディアを作成します

Windows10のインストールメディアを作成します。Microsoftから公開されている「MediaCreationTool」を使い、Windows10のISOをダウンロードしたり、USBインストールメディアを作成することができます。ダウンロードした「MediaCreationTool」を実行すると、まずライセンス条項が表示されます。

次にインストールメディア (USB/DVD/ISO) を作成したい場合は「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択します。OSの言語、エディション、Bit数を選択します。32bit版と64bit版両方を選択可能ですが、インストールメディアの容量は大きくなりすぎますので、4GB以下に納めたい場合は、32bitか64bit、どちらか一方を選択するようにしましょう。
 
USBメディアを作成するか、DVDメディアを作成するか、を選択します。DVDメディアを作成する場合、後から自分でDVD-Rに焼く必要がありますので、USBメモリがおすすめです。4GB以上の、空のUSBを用意し、USBメモリのドライブを指定します。 「次へ」を選択すると、ダウンロードが始まります。インストールメディアが作成されます。

Windows10のクリーンインストールの実行と実行後の設定

Windows10のクリーンインストールの実行

以下の手順でWindows10のクリーンインストールを実行します。

作成したインストールメディアをお使いのお使いのパソコンに接続及び挿入してから、パソコンを再起動します。同時にお使いのシステム環境でインターネット接続を有効にしておきます。次にキーボード上のいずれかのキーを押します。Windows10のインストール画面が表示されますので、[次へ]をクリックします。

[今すぐインストール]をクリックし、[プロダクトキーがありません]をクリックしてください。お使いのシステム環境に対応するWindows10のエディションを選択してから、[次へ]をクリックし、[同意します]にチェックを入れてから、[次へ]をクリックします。[カスタム]を選択すると、Windows10のインストール場所を設定する画面が表示されます。

表示されている既存パーティションの項目を一つずつ選択してから、[削除]をクリックし、表示されている全ての既存パーティションを削除します。[新規]をクリックしてから新規パーティションを作成します。Windows10のインストール場所を選択し、[次へ]をクリックします。以上の操作でWindows10のインストールが開始されます。

Windows10のインストール終了後の各種設定

Windows10のインストールが終了すると、Windows10のシステム設定に関する画面が表示されますので、各種の設定を行います。まずはWindows10のシステム設定を詳細に設定する場合は、[設定のカスタマイズ]をクリックします。またWindows10のシステム設定をカスタマイズせずに、初期値のまま設定する場合は、[簡単設定を使う]をクリックします。

次にパソコンの所有者に関する設定や、Windows10のアカウント設定に関する画面が表示されます。マイクロソフトアカウントを使用する場合は、設定しているメールアドレスおよびパスワードを入力して、[サインイン]をクリックします。Windows10のクリーンインストールの操作は以上です。


スポンサーリンク

Check Also

wordのテンプレート機能と変更履歴機能で文書をきれいに書こう!

企画書や報告書の作成でword …