Home / Wi-fi / 快適な通信のために!Wi-fiツールアプリを活用しよう

快適な通信のために!Wi-fiツールアプリを活用しよう


我々の生活は、今ではすっかり日常生活において、スマートフォンの利用が欠かせない生活となりました。いつでもどこでもインターネットに繋ぐことが出来るスマートフォンでは、ちょっとしたスキマ時間に動画視聴をしたり、インターネット通信が必要なオンラインゲームを行うことが可能です。

ですが、そんなインターネット通信をするには、キャリアと契約した際のデータ使用量を消費しながら通信を行うことになり、契約したデータ通信量を使い切ってしまうと、通信速度が圧倒的に下がってしまいます。

そこで役に立ってくれるのが、無料でインターネットに接続することが出来る、フリーWi-Fiスポットという存在です。これを提供している企業はたくさんあり、提携している企業もたくさんあります。

例えば街のファーストフード店やカフェはもちろんのこと、駅構内や空港でもフリーWi-Fiスポットは増えてきております。ですが、都度フリーWi-Fiスポットを調べるのではあまりに非効率的です。

そこで使うのが、Wi-Fiツールアプリです。ここでは、そんなWi-Fiツールアプリについて、ご案内していきます。

スポンサードリンク

Wi-fiについて


それではまず、そもそもWi-Fiとはどういったものなのか、ということについてからご案内していきます。普段何気なく使い、当たり前に使える機能となっているWi-Fiですが、そもそもどういったものなのか、というところから、Wi-Fiツールアプリを使うことでのメリットとは何なのかについて、ご案内致します。

Wi-fiとはどういうものなのか

Wi-Fiとは、スマートフォンを初めとするネットワーク接続に対応した、あらゆるデバイスを無線でLANに繋ぐことが出来る技術のことを言います。つまり、無線でインターネットに繋ぐことが出来る技術です。

そのデバイスは様々で、スマートフォンやタブレットはもちろん、パソコン、テレビ、プリンター、コンシューマーゲーム機器等、家庭にあるあらゆるデバイスをインターネットに繋ぐことが出来ます。

通信規格は、IEEE(アイトリプルイー)802.11a/b/g/n/acと種類が存在し、それぞれの対応したデバイスを接続することが出来ます。例えば、IEEE802.11a/b/g/nに対応しているデバイスは、ルーター側で高速通信を行える802.11acに対応していたとしても、それに接続することが出来ません。最近ではこの高速通信を可能にした802.11acへの接続が出来るデバイスが増えてきておりますが、以前のスマートフォンやタブレットに関してはこの通信規格に対応していないことがあります。

また、このWi-Fiを使うには通常、ルーターと呼ばれる機器が必要です。インターネット回線事業者が提供しているモデムと、インターネットに繋ぎたいデバイスの間に入り、信号を切り替えるような役割を果たしてくれます。モバイルWi-Fiルーターの場合は、中にsimカードを挿入することで、モデムを通さずにsimカードによって直接インターネットに接続することが可能です。

基本的なつなぎ方

続いて、Wi-Fiへの基本的な繋ぎ方についてご案内していきます。Wi-Fiにはそれぞれ、SSIDと呼ばれる名前が割り当てられております。いわば、Wi-Fiの住所のようなものです。このSSIDは、自分の好きな名前に変えることが出来ます。

そして、インターネットに繋ぎたいデバイス側から、Wi-Fiの設定を行います。Wi-Fiの設定はデバイスによってことなりますが、基本的にはWi-FiのスイッチON/OFFがありますので、これをONの状態にします。すると、デバイスは接続可能な、Wi-Fiという技術で電波を飛ばしているSSIDを探します。そこで、自分のルーターから発信されているWi-FiのSSIDを見つけ出し、それを選択します。

すると、パスワードの入力を求められますので、ルーターに記載されているパスワードもしくはご自身で決めた任意のパスワードを入力することで、Wi-Fiに繋ぐことが出来ます。

Wi-fiツールアプリとは

これまでにご案内してきたWi-Fiへの接続方法は、どれもご自身でルーター等を用意した場合の接続方法でした。ですが街なかには、フリーWi-Fiスポットと呼ばれる、公衆無線LANが存在します。これらのフリーWi-Fiには、誰もが無料でWi-Fiに接続し、インターネットを活用することが出来ます。

そういった公衆無線LAN、フリーWi-Fiスポットは、会員登録が必要なものや、都度利用規約に同意する必要がある場合がほとんどです。そのため、あまりスムーズに行うことが出来ません。そして、どこにフリーWi-Fiスポットがあるのかを事前に調べておく必要があります。フリーWi-Fiを使うことが出来る場所や店舗には大抵、ステッカーで表示をしておりますが、一目でわかるような目立つものではないため、中々見つけづらいといった問題もあります。

Wi-Fiツールアプリとは、そういった街なかにあるフリーWi-Fiスポットを探し出してくれたり、都度会員登録や利用規約への同意が必要な場合でもシームレスに接続を行うことができる、大変便利なアプリです。

こうしたWi-Fiツールアプリを一つ、お手持ちのスマートフォンにインストールしておくことで、外出先での通信にお困りの時にはかなり頼りになります。

Wi-fiツールアプリを使うメリット

では最後に、Wi-Fiツールアプリを使うことでのメリットについてご案内致します。Wi-Fiツールアプリは、上記でもご案内した通り、フリーWi-Fiスポットを自動で検索してくれる便利アプリです。そのため、毎月のデータ使用量上限を低い契約で抑えることが出来ます。

つまり、Wi-Fiツールアプリを上手に活用することで、通信費を抑えることが出来るのです。通信費を抑えることが出来る上、さらに、データ使用量制限を気にする必要がなくなります。そのため、より自由な通信を実現することが可能になります。こういった点が、Wi-Fiツールアプリを使う上での最大のメリットと言えます。

おすすめアプリ①Japan Connected-free Wi-Fi

では続いて、おすすめのWi-Fiツールアプリである『Japan Connected-free Wi-Fi』について、その特徴や使い方を詳しくご案内していきます。

Japan Connected-free Wi-Fiの特徴

まず初めにご紹介するオススメのWi-Fiツールアプリは、『Japan Connected-free Wi-Fi』です。こちらのWi-Fiツールアプリの特徴は、何と言っても数多くあるフリーWi-Fiスポットのアカウントや利用登録を、一つのアカウントで管理できるという点にあります。これが出来ることで、すぐにデバイスをインターネットに接続したい時にはとてもスムーズになります。

政府主導の下、日本への海外旅行者向けに開発されたアプリですが、日本人でもそのアプリの恩恵を受けることが出来ます。各コンビニや各駅等で提供されているフリーWi-Fiへ、このアプリを使うだけでよりスムーズに接続することが出来るのです。ちなみに現在サポートしているフリーWi-Fiスポットは、150,000スポットあるそうです。

Japan Connected-free Wi-Fiの使い方

では続いて、このWi-Fiツールアプリの使い方についてご案内致します。こちらのアプリは、GoogleplayストアからもAppStoreからもどちからからもリリースされておりますので、まずはそちらからダウンロードとインストールを行いましょう。「japan」と入力するだけで、予測変換で最上部に表示されます。アプリのダウンロードとインストールが完了したら、次はこのWi-Fiツールアプリの利用登録を行います。

利用登録はとても簡単で、メールアドレスと氏名、性別を入力し、利用規約に目を通したらそれに同意するチェックボックスがあるためそちらにチェックを入れ、画面下部にある「次に進む」をタップして下さい。これで、『Japan Connected-free Wi-Fi』を使えるようになりました。

使えるようになったら、位置情報(GPS)をオンにし、画面下に複数あるメニューの中から「探す」を選択します。すると、さらにメニューが現れるので、一番左にある「Wi-Fiスポット」を選択します。すると、画面に地図が現れる、周辺のフリーWi-Fiスポットが表示されます。近くのフリーWi-Fiスポットを選択すると、SSIDと住所が表示されるので、接続できるWi-Fiの範囲内まで近づきます。

すると、Wi-Fi設定の中に表示されているSSIDが表示されます。そしたら、そのSSIDを選択して下さい。するとアプリが自動でSSIDとWi-Fi接続の確認をしてくれるので、あとは「conect」というボタンを押下するだけで、フリーWi-Fiに接続することが可能になります。

色々あるログイン方法

この『Japan Connected-free Wi-Fi』への利用・ログイン方法はたくさんあります。メールアドレスや氏名だけでなく、既に登録しているSNSアカウントやGoogle+とも連携することが出来るのです。

そして、FacebookやLINEとも連携することが出来るため、既に何かアカウントを所有している方は、接続がよりスムーズになります。検索すると、フリーWi-Fiスポットは意外と身近に多く存在します。Wi-Fi機能が搭載されているデバイスだけを購入すれば、データ利用だけであればsimカードの契約は不要になる時代もそう遠くはありません。

おすすめアプリ②タウンWi-fi

では続いてのオススメWi-Fiツールアプリである、『タウンWi-Fi』について、同じように特徴や使い方等をご案内致します。

タウンWi-fiの特徴

タウンWi-Fiの特徴は、なんと言っても自動でフリーWi-Fiに接続してくれる点です。初めにアプリ内でユーザー登録をしておけば、アプリがフリーWi-Fiを自動で検知し、接続を行ってくれます。

そのため、都度アプリを起動して、Wi-Fiに接続するといった手間を省くことが出来るのです。よりスムーズな接続が可能です。さらに面白い特徴として、フリーWi-Fiを設置してほしい場所をリクエスト出来るという点です。リクエストが多い場所から、順次交渉を行ってくれるそうです。時の経過とともに、フリーWi-Fiスポットが次々と増える未来に、期待を持てます。

タウンWi-fiの使い方

ではタウンWi-Fiの使い方についてご案内致します。こちらのタウンWi-Fiも、先程のJapan Connected-free Wi-Fiと同様にGooglePlayからもAppStoreからもどちらからもリリースされておりますので、まずはタウンWi-Fiのダウンロードとインストールを行いましょう。

無事インストールが完了しアプリを立ち上げると、近くにあるおすすめのフリーWi-Fiスポットを表示してくれます。それらのフリーWi-Fiに接続するために、画面下部にある「自動接続をはじめる」という項目があるので、それをタップして下さい。すると、性別と生年月日の入力を求められますので、それを入力して下さい。これで晴れて、自動接続が可能になります。

マップは表示されませんが、位置情報(GPS)をオンにしておくことで、接続可能なフリーWi-Fiスポットが出てきます。例えばセブン-イレブンの場合、初めにセブン-イレブンのフリーWi-Fi接続設定を行う必要があります。これは、アプリ内から行うことが出来ます。その登録が済むと、全国のセブン-イレブンで提供されているフリーWi-Fiに接続することが可能になります。

マンションやアパートのオーナーに交渉できる

上記では、店舗や駅構内等の、フリーWi-Fiを設置してほしい場所をリクエスト出来る点が面白い特徴だと述べました。このリクエスト出来る機能は、さらに良い方向へ向かっているのです。

店舗や駅構内等以外にも、なんと自宅があるマンションやアパートにもリクエストをすることが可能になったのです。住んでいる皆でリクエストを送ることで、自宅がフリーWi-Fiスポットになることも夢ではありません。

こうなるといよいよ、インターネットの利用契約が不要になる時代もそう遠い未来ではないのかもしれません。

その他の公衆Wi-fi


ではここで、先程まではオススメのWi-Fiツールアプリについてご紹介して参りましたが、世間に多く存在する便利な公衆Wi-Fi(フリーWi-Fi)について、ご案内致します。これを抑えておくことで、通信費をより抑えることが可能になります。

スターバックス

まずは、スターバックスで使えるフリーWi-Fiのご紹介です。ここからカフェでインターネットに接続し仕事をするスタイルが出来上がっていったと言っても過言ではありません。スターバックスは、日本全国に1,283店舗あります。その中で、スターバックスのフリーWi-Fiを使うことが出来る店舗はなんと、1,231店舗です。ほぼ100%と言ってもよいほどの驚きの普及率です。

フリーWi-Fiを使えるスターバックスの店舗には「Free Wi-Fi」と書かれWi-Fiマークが描かれたステッカーが目印として貼ってありますが、これだけ普及していれば、どこのスターバックスに入ってもフリーWi-Fiを使えると思ってまず間違いないでしょう。

7SPOT

こちらのフリーWi-Fiはk、セブン-イレブンで使えることはもちろん、イトーヨーカドー等を含む、セブン&アイホールディングスが運営している店舗 に設置されているフリーWi-Fiです。そのため、コンビニとは限らずに、スーパーに行った時にも使うことが出来るのです。

そしてその普及率は、驚きの98%です。回線速度もそこそこ確保されているため、これを使えるように登録をしておけば、月々のデータ通信費は圧倒的に抑えることが可能になるでしょう。

街Wi-Fi

最後にご紹介するのが、街Wi-Fiです。これは、今はまだ多くの場所で使えるようになっている訳ではありませんが、企業が提供するフリーWi-Fiではなく、自治体が提供するフリーWi-Fiであるという点が大きな特徴です。

これは、来る2020年に開催される東京オリンピックに向けて、海外から多数やってくる方々に向けて、日本の通信インフラを整えることでより自由に通信を行ってもらおうという目的で発足され、発展をしている途中です。

これにより、よりリアルでタイムリーな日本の様子をFacebookやTwitter等で発信してくれるようになることが期待できます。この通信インフラが整うまでにはまだ少し時間がかかりそうですが、自治体がフリーWi-Fiを提供するようになれば、日本における通信は非常にスムーズなものとなります。

公共のWi-fiを使う時の注意

最後に、フリーWi-Fiを使う上での注意点について、いくつかご案内して結びとします。やはり便利な機能や事には危険がつきものです。ですがそれらは知識を身に付けることで、自衛することが可能になります。その自衛の参考となれば、幸いです。

第三者に情報を傍受される危険性

フリWi-Fiの大きな特徴として、誰でもその電波を拾い、インターネットに接続できるという点があります。これが最大のメリットでもあるのですが、同時に最大の脆弱性でもあるのです。

誰でも拾える電波ということは、その中に悪意を持った攻撃者が潜んでいてもおかしくはありません。攻撃者は、同じWi-Fi通信上にあるデバイスからの必要な情報を解析し、個人情報やクレジットカード情報等を傍受します。これを未然に防ぐためには、やはりセキュリティアプリやセキュリティソフトを導入することが必要です。

どこで攻撃者に遭遇するかわかりませんので、十分に警戒しましょう。

提供元が不明なWi-Fiには接続しない

フリーWi-Fiスポットは、上記でご案内したように全国に複数存在します。そして、接続できるWi-FiはSSIDというWi-Fiの名前を表示して、フリーWi-Fiであることを教えてくれます。ですが、ここで注意が必要です。

なぜなら、本当に似た同じようなSSIDに変更したWi-Fiを飛ばしている攻撃者が、潜んでいる危険性があるからです。接続できるWi-Fiを探す時、似たようなSSIDがあった場合は注意しましょう。通信速度が遅いからといって、決して他の信用が出来ないフリーWi-Fiに接続をしないで下さい。上記と同じような手口で、個人情報を抜き取られてしまいます。

お金を払ってでもセキュリティはしっかりとしよう

個人情報を抜き取られると、何が困るのかと思われる方もいるかと思います。ですが、個人情報の中には例えば、インターネット上で決済を行ったときの銀行口座情報や、クレジットカード番号や情報を抜き取られる危険性もあるのです。これを抜き取られると、意図せぬところで勝手に決済をされてしまい、気が付いたときには莫大な金額を請求される危険性が有ります。

そうならないためにも、セキュリティアプリやセキュリティソフトには、お金を払ってでも安全なものを活用し、自分の情報は自分で守りましょう。無料で通信を使えるのですから、自衛だけでも有料で行いましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。このように、フリーWi-Fiとは街なかでインターネット通信をする時には非常に便利な通信インフラです。そしてそれを自動で検索し、登録をワンストップで行ってくれたり、自動で接続を行ってくれるWi-Fiツールアプリは、とても役に立つアプリです。ですが、フリーWi-Fiにはその便利さと同時に、危険も潜んでいます。

自己防衛をしっかりと固めた上で、Wi-Fiツールアプリを上手に使い、月々の通信費を抑えてみては、いかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

ローソンで無料Wi-fiに接続する方法と注意点

公衆の無料Wi-Fiが利用でき …