Home / Wi-fi / Wi-Fi中継器の選び方とは?おすすめWi-Fi中継器3選

Wi-Fi中継器の選び方とは?おすすめWi-Fi中継器3選

中継器は、親機から発信されているWi-fiの電波を中継して親機だけでは届かない場所まで通信を届ける機器です。

自宅やオフィスでも親機から離れた場所や遮蔽物が多い場所だと通信速度が落ちてしまう場合がありますが、中継器を利用することでこの問題を解決することができます。

本記事では中継器の基礎知識と選び方、代表的なメーカー毎のオススメ中継器をご紹介していきます。

これから中継器を利用していきたいとご検討の方は、本記事を参考にしながら中継器を選んでいってください。

スポンサードリンク

Wi-Fi中継器とは

Wi-Fi中継器とは、親機から発信されるWi-fiの電波を中継してより遠くまで繋ぐための機器です。

自宅でWi-fiを利用している場合でも、親機から少し離れた部屋やお風呂の中などは壁で電波が遮られてしまい、Wi-fiが繋がりにくい状態になることがあります。

このような状況の場合、中継器を利用することで家の中のどこにいても快適な通信速度でWi-fiを利用することができるようになる場合があります。

Wi-Fi中継器のメリット

Wi-Fi中継器のメリットは、上述のように自宅やオフィスなど特定空間においてこれまでWi-fiが繋がりにくかった場所でも快適な通信速度を得られるようになることです。

良好な通信速度を得ることで、下記のようなメリットを享受することができます。

  • 家の中のどこにいても通信が必要な活動を快適に行える
  • お風呂の中でもスマートフォンをいじれる
  • どこでもパソコン作業を快適にできる

インターネットブラウジングだけでなく、スマートフォンやパソコンを快適に利用するためには通信速度を良好な状態に保つことが必要です。

Wi-Fi中継器を利用することでそのいずれの活動においてもメリットを得ることができます。

また中継器自体は価格はそこまで高いものではありませんので、特定の場所でネット接続が悪く困っているのであれば一度中継器の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

Wi-Fi中継器のデメリット

Wi-Fi中継器を利用するに当たって発生する可能性があるデメリットは下記の通りです。

  • 部屋のシンプルさが乱れる
  • 通信速度が半分になる

まずは部屋にあまりものを置かない人や、デザインや空間設計に強いこだわりを持っている方は中継器を設置することで違和感を感じる場合があるかもしれません。

中継器は小型でどこにでも設置することはできますが、良い通信速度を維持しようと思えば最適な設置場所に設置するべきです。

この時の最適な設置場所が部屋の目立つ場所などの場合、どうしても目立ってしまいますので何かしら工夫をして生活の質が落ちないように注意する必要があるでしょう。

また下部で詳述していきますが、Wi-Fi中継器には接続方式が複数のものがあり、通信速度を落とさないためには「デュアルバンド接続方式」の中継器を選ぶことが必要になります。

もし通常の接続方式を選んでしまった場合は、中継器を通してやりとりするデータの通信速度は通常速度の半分程度となってしまいますので注意しましょう。

中継器の選び方

中継器を選ぶ際には、通信速度を維持するために最適な規格と部屋の状況に合った接続方式の中継器を選ぶことが大切になります。

主に下記の点を考慮しながら中継器を選んでいくと良いでしょう。

  • 「デュアルバンド接続方式」対応のモデルを選ぶ
  • 親機の通信規格・通信速度以上のスペックのモデルを選ぶ
  • 部屋の状況に合った電源との接続方式のモデルを選ぶ

それぞれの点について下記で具体的に見ていきましょう。

「デュアルバンド接続方式」対応のモデル

「デュアルバンド接続方式」とは、親機と中継器の接続と、中継器と子機の接続を別の帯域で行う接続方式です。

通常の一つの帯域で二つの接続を行うとその分帯域が狭まり通信速度が半分になってしまいますが、「デュアルバンド接続方式」のモデルを利用することで基本的には親機の通信速度そのままの速度を維持することができるようになります。

中継器を選ぶ上で最も大切なことになりますので、必ず「デュアルバンド接続方式」に対応しているかはチェックするようにしましょう。

親機の通信規格・通信速度以上のスペック

親機のスペックが高くても、中継器のスペックがそれより劣っている場合は中継器のスペックまでの通信速度しか実現することはできません。そのため、中継器を利用する際には必ず親機以上のスペックのモデルを選ぶようにすると良いでしょう。

スペックの比較は主に通信規格と通信速度で行うと安心です。通信規格の場合は下記を参考に古い/新しいを判断すると良いでしょう。

  • 11n/g/b:古い通信規格
  • 11ac/n/g/b:新しい通信規格

「11ac/n/g/b」であれば古い通信規格であっても接続が可能になりますので、親機が古い通信規格を採用している場合でも中継器は新しい通信規格を選んでおくと安心です。

電源との接続方式

中継器の電源との接続方式には主に下記の二種類のものがあります。

  • 電源に直接差し込むタイプ
  • コードを通じて電源に差し込むタイプ

直接差し込むタイプはコードがない分スッキリ見えますが、中継器を電源に直接差し込むため電源付近のスペースが埋まってしまいます。

電源付近のスペースがあまり確保できない場合などは、コードタイプの接続方式の中継器を選ぶようにすると良いでしょう。

次ページ:中継器の設置場所

中継器の設置場所

Wi-Fi中継器を設置する場所は自分で探すことになりますが、下記の2点の最適解を見つけるように探すと良いでしょう。

  • 親機と中継器の距離が短く、かつ遮蔽物が少ない
  • 中継器とインターネットに接続したいエリアの距離が短く、かつ遮蔽物が少ない

また中継器のメーカーはそれぞれ設置場所を探すためのアプリを提供しており、実際に設置場所を探す際にはアプリを活用しながら探すようにすると大変便利です。

おすすめ中継器3選

中継器はBUFFALOやELECOM、NECなどのメーカーが有名です。それぞれのメーカーの一番オススメしたい中継器をご紹介していきます。

BUFFALO「WEX-1166DHP」

BUFFALO社の「WEX-1166DHP」は通信速度に優れた中継器です。現時点での最高速度である866Mbpsに対応しており、デュアルバンド接続方式のため快適な通信速度を維持することができます。

また可動式のアンテナが付属しているため、設置した場所から最適な通信を設置するのにも向いています。

ELECOM「WTC-1167HWH」

ELECOM社の「WTC-1167HWH」は使いやすさに優れた中継器です。電源に直接差し込む接続方式の中継器ですが、シンプルな形状とカラーで電源周りの混雑さを感じることはありません。

またWPSボタンも用意されていますので、中継器をセットアップするのも非常に簡単です。通信速度も866Mbpsまで出すことができますので、快適なネット環境を構築することができます。

NEC「W1200EX」

NEC社の「W1200EX」は日本らしい質実剛健な中継器です。通信速度も867Mbpsまで出すことができ、シンプルなデザインは部屋に置いても違和感を覚えることはありません。

また人感センサーも搭載されており、近づくとランプがつく機能がつくモデルもあります。

まとめ

中継器を上手に活用することによって、自宅やオフィスのどこにいても快適なインターネット環境を利用することができるようになります。

通信規格や通信速度、接続方式など普段聞きなれない言葉が多く出てきますが、言葉が難しいだけで基本的な概念はとてもシンプルです。

中継器をお選びになる際は、こちらの記事を参考にあなたのお部屋やオフィスにあった中継器を選んで頂き、良好な通信環境を構築できるようにしていきましょう。


スポンサーリンク