Home / Wi-fi / スターバックスのWi-Fi設定方法と繋がらない時に確認したい4つのコト

スターバックスのWi-Fi設定方法と繋がらない時に確認したい4つのコト

ノマドワーカーが自分のパソコンを広げて、コーヒー片手にカタカタ作業する姿が見られるスターバックス。もう既に、ここで作業するのは、日本人にとってなじみ深いワークスタイルになったのではないでしょうか。

美味しいコーヒーと快適な空間が揃っていて、しかも長時間居られるのは、コ・ワーキングスペースとはまた違った便利さがあります。

とはいえ、スターバックスのサービスを利用していても、スターバックスのWi-Fiを使ったことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。

スターバックスとしても、自前のWi-Fiをお客様に利用してもらい、より多くサービスを利用してもらいたいとの狙いがあります。ですので、最近スターバックスのWi-Fi環境は劇的に良くなりました。

しかし、wifiの有無や接続方法について店内に案内がある訳ではないので、初めてスタバに行くと少し戸惑うかもしれません。

この記事ではそのような方のために、スターバックスでWi-Fiを設定する方法と使用する上での2つの注意点、スターバックスのWi-Fiに繋がらない時に確認したい4つのコト、そして、他店のWi-Fiと比べた時のスターバックスのWi-Fiの特徴について紹介していきます。

スポンサードリンク

スターバックスでWi-Fiを設定する方法

2016年10月から、スターバックスのWi-Fiは事前準備なしで利用できるようになりました。Wi-Fi自体は以前からあったのですが、メールアドレスの事前登録や、SNSアカウント認証が必要で、接続が少し面倒くさいものでした。

でも今はこれがなくなって、利用者規約に同意するだけで利用できるようになったのです。ちなみに、スターバックスのWi-Fiは「at_STARBUCKS_Wi2」という接続を使います。もちろん、Wi-Fiは全て無料で利用できます。

以下、スターバックスのWi-Fi設定方法をパソコン、携帯端末に分けてそれぞれ説明していきたいと思います。

パソコンでWi-Fiを設定する方法

  1. スタバ店内に入って注文を終えたら、テーブルにPCを出して電源を入れます。
  2. ホーム画面が出たら、メニューからネットワーク接続を検索し、「at_STARBUCKS_Wi2」を選びます。
  3. すると、自動的にブラウザが立ち上がります。画面は「Free Wi-Fi at_STARBUCKS_Wi2」という接続案内ページに飛んでいるはずです。
  4. 画面中央付近に、「インターネットに接続」という緑のボタンがあるので、それをクリックします。次に、利用規約の合意を求めるページに飛びます。この利用規約に合意すると、ネットワーク接続は完了です。最後にスターバックスの公式HPが出てくるはずです。

android端末、iPhone端末でWi-Fiを設定する方法

スマートフォンから接続する場合でも、基本的にはパソコンで設定する場合と同じ手順です。

ただ、スマートフォンの場合は、ブラウザの起動が手動になるので注意が必要です。

スターバックスのWi-Fiに繋がらない時に確認したい4つのコト

1.Wi-Fiを利用できる店舗かどうかを確認する

まず、利用している店舗が、スターバックスWi-Fiを利用できる店舗なのか確認しましょう。その場合は、そもそもネットワーク検索で「at_STARBUCKS_Wi2」が出てきません。

この情報は、スターバックス公式HPの「エリア検索」のページから確認できます。

ちなみに、スターバックスの店舗は全国で約1200ほどありますが、Wi-Fi環境の整備率は95%を超えています。つまりほとんどの店舗でWi-Fiが使えます。ネットワーク環境がある店舗には、店先にステッカーが貼ってありますから、それもチェックしてみてください。

<スターバックス公式HP> http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

2.Wi-Fi接続をオフにする

それでも解決しなければ、一旦Wi-Fi接続をオフにしてください。そしてオフにしてから、もう一度接続を試みてください。これで接続できる場合がほとんどです。

3.1時間経ったら再度接続が必要

また、一度繋がったのに途中で切れてしまう場合があるかもしれません。実はスターバックスのWi-Fiは、1時間を限度に接続が切れるようになっています。

そのような場合は、ネットワーク検索から再度接続しなおす必要があります。手順は同じですが、一度利用規約に同意していれば、そこはスキップできます。

4.店舗が混雑するとWi-Fi接続が切れることも

それでも困ったことに、1時間経っていないのにWi-Fi接続が切れることが往々にしてあります。30分経ってないのに、いきなり回線が切れたりすると非常に困りますよね。

では、このような時はどうしたら良いでしょうか。

そのような時は、訪れる時間帯がまずいかもしれません。あなたがいる、その店内はどの時間帯に満員になるでしょうか。

店内でスターバックスWi-Fiを使ってる人が多すぎると、個人ルーターの無線やキャリアの無線など、多くの電波が飛び交い、互いに干渉するため、繋がりにくくなり、回線が切れてしまうことがあります。

その場合は、客足が落ち着く時間に店に行くと、ネットワークが繋がりやすくサクサクになります。席を移動して、スポットに繋がりやすいところを見つけるのも良いでしょう。

特に観光地や、都市の中心街だと、電波の干渉度が強いみたいですね。

スターバックスのWi-Fiを使用する上での2つの注意点

おしゃれな雰囲気のスターバックスで美味しいコーヒー片手に仕事に取り組む。憧れますよね。スターバックスのWi-Fiを活用すれば、できる仕事の幅はかなり広がります。しかし、スターバックスのWi-Fiを使用する上で注意しておきたいことがあります。

以下紹介していきます。

1.セキュリティが保護されていない

1つ目はセキュリティが保護されていないこと。沢山の人が使う回線なので仕方ないのですが、個人情報やクレジットカード情報が他人に読み取られる可能性はあります。

つまり、回線が快適だからといって、Amazonや楽天などでショッピングすると、個人情報入力の時に危ないことになるかもれません。安全を万全にしたいなら、止めておいた方が無難です。

無線LANが暗号化されていないので、入力した情報が漏れるかもしれませんからね。その場合は自前のWi-Fiで、かつ保護されている回線を用意してください。

キャリアのWi-Fiは接続できるのか

そもそもスターバックスの無線LANが保護されていないなら、キャリアの無線LANを使えば良いじゃないか、という話になります。

そして、キャリアの回線も普通に接続できますから、そちらを使うのも実際アリです。むしろ、キャリアの回線があるなら、それを使ったほうが安全ですので推奨します。キャリアの回線は暗号化で保護されていることが多いのです。

ただ、スターバックス独自の無線LANに比べると、接続可能な店舗は少なくなるのがデメリットです。それでも70~90%以上の店舗はカバーしているので、あまり困ることはないと思います。

具体的には、au・Softbank・docomoのWi-Fiが多くの店舗で使用できるみたいです。

利用可能な店が一番少なくて全店舗の70%程度なのが、SoftbankのWi-Fi。逆に、docomoのWi-Fiをカバーする店は90%を超えます。

2.スタバのWi-Fiは途切れやすい

2つ目は、回線が途中で切れるかもしれないこと。

これは特にフリーランスの仕事をしていると深刻なんですが、作業途中に回線が切れると、最悪、それまでの作業データが飛びかねません。

一応、1時間で切れることにはなってますが、作業に集中している場合は、途中で切りたくないですよね。また仕事で使うソフトは容量を食うので、スターバックスのWi-Fiでは動きが遅くなることもあります。

そのような理由から、スターバックスでは、個人情報を入力することのない作業やすぐ終わる軽い作業をやるか、もしくはネットサーフィン・動画視聴を楽しむに留める、というのが上手い使い方でしょう。

スターバックスのWi-Fiは別会社が運営している

無線環境を提供しているのは、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスというところで、多くの大企業でも導入されている信頼性のある会社です。そのため、Wi-Fiが繋がりにくいことを店員さんに文句言っても仕方がありません。

スターバックスのWi-Fiで問い合わせる場合は、「at_STARBUCKS_Wi2サポートセンター(電話/0120-921-074)」に電話するか、スターバックスの公式HPから問い合わせメールを出しましょう。

他店のWi-Fiと比べた時のスターバックスのWi-Fiの特徴

マクドナルドと比較した場合

スタバと同じくWi-Fi環境があるマクドナルドと比べるとどうでしょうか。

まず、マクドナルドは、事前にネットワーク環境を使用する為の登録が必要なのが、違いとしてありますね。

ネット接続できるデバイスがないと、つまり、元々別のWi-Fiがデバイスに繋がっていないと、そもそもマクドナルドでは登録すらできないので、自宅で別途登録作業をしないといけません。

その点、スターバックスはお店に来て、その場で無線LANに繋げられるので、大変便利ですね。また、マクドナルドでWi-Fiを使える店舗はまだ少ないです。都市圏や観光地以外では、順次拡大中というところです。

その点でも、スターバックスの方が全国展開しているので、便利です。

他のコーヒーショップチェーンと比較した場合

スターバックスと同じような業種では、コメダ珈琲やタリーズコーヒーがありますが、それらと比べるとどうでしょうか。

コメダ珈琲と比較した場合

コメダでは事前登録が必須です。その上、店舗数で見るとコメダ珈琲は約760店舗、その中でもコメダWi-Fiが使えるのは300店舗無いくらいですので、あまり期待は持てないかもしれません。使えるお店があればラッキーという感じです。

タリーズコーヒーと比較した場合

タリーズコーヒーではスターバックスと同じく、利用規約さえ同意すればその場で使えるみたいです。ただ、タリーズコーヒーは店舗数660で、その内タリーズWi-Fiが使えるのは約400店舗なので、まずまずと言ったところですね。

混雑でWi-Fiが切れるリスクが低い

コメダ珈琲もタリーズコーヒーもスターバックスほど混雑している印象はないと思います。そのため、混雑で回線が切れるというリスクはスターバックスほど高くはないはずです。

もし、スターバックスが近くになくて、それでもWi-Fi環境を探しているなら、これらのお店を探してみるのもアリです。しかし、無料Wi-Fiである限り、、セキュリティリスクは常にありますから、そこが心配な人は自前のWi-Fiを使用することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スターバックスでWi-Fiを設定する方法と使用する上での2つの注意点、スターバックスのWi-Fiに繋がらない時に確認したい4つのコト、そして、他店のWi-Fiと比べた時のスターバックスのWi-Fiの特徴について紹介してきました。

昨今では、フリーランスやリモートワークなど、オフィスではなく、自分の好きな場所で仕事に取り組む人が増えてきています。スターバックスはそのような人達にとても人気が高い場所です。

スターバックスのWi-Fiの使用方法を知っておけば、マイクロソフトでの単純な書類作成だけでなく、幅広い仕事をこなすことが可能になります。しかし、セキュリティリスクや混雑により回線が切れるリスクを考慮した上で使用するようにしましょう。

スターバックスWi-Fiを活用してワークライフをより充実させましょう。


スポンサーリンク

Check Also

simフリーとモバイルwifiルーターを併用しよう

インターネットが一般に普及し若 …