Home / Wi-fi / 新幹線でWi-fiにアクセスする方法と注意点

新幹線でWi-fiにアクセスする方法と注意点

出張を繰り返すビジネスマンにとってパソコンは必需品でしょう。同様に欠かせないのが「通信手段」ですが、出張でよく利用される新幹線でもWi-Fiを利用できるのはご存知でしょうか。

今回は新幹線でも仕事ができるようになる公衆無線LANサービスを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新幹線が提供する公衆無線LANサービス

pak86_ryokouhe15093120_tp_v

現在のところ、新幹線で公衆無線LANサービスを利用できるエリアは限られています。

・東海道新幹線車内(N700A、N700系のみ)
・東海道新幹線全駅
・名古屋駅のJR案内所、観光案内所、金の時計付近
・京都駅の八条口側案内所付近

東海道線であれば全駅で公衆無線LANサービスが利用でき、のぞみに乗ることで車内インターネットサービスも利用できます。これにより、移動中でもメールの閲覧や取引先とのやり取りも可能になります。

また東北新幹線の一部車両でも提供されており、サービスの拡大が見込まれています。

公衆無線LANサービスを利用するための準備

laptop-868816_1920

新幹線のWi-Fiを利用するためには、指定されている5社の通信会社との契約が必須です。「docomo-wifi」「NTTフレッツスポット」「HOTSPOT」「BBモバイルポイント」「UQ_Wi-Fi」の5社となっており、利用する前に各社のプランに加入しておきましょう。

その中でも利便性の高い3社について詳しく見ていきたいと思います。料金プランや加入方法は通信会社によって変わりますが、アクセス方法は変わりません。

通信会社との契約と月額料金

docomo-wifi

ドコモのスマートフォンもしくはタブレットをWi-Fi契約することで使用できるようになります。本体側の設定で「ON」にすれば、Wi-Fiでインターネット利用が可能。月額300円の費用が発生します。

NTTフレッツスポット

家庭用回線でフレッツ光回線を契約している場合、初期工事費用2000円と月額200円の利用料金を支払うことによって利用可能になります。契約していない場合は初期工事費用が2800円となり、月額900円の利用料金を支払えば、フレッツ光と契約していなくても利用できるようになります。

UQ_Wi-Fi

WiMAXオプションサービスの「UQ_Wi-Fi」と別途契約の必要があります。すでに契約中であれば登録料と月額料金が無料になり、モバイルWi-Fiとしても利用できます。

公衆無線LANサービスへのアクセス

Wi-Fiサービスにアクセスする方法は2種類あります。

パスワードとIDを利用してのアクセス

ネットワーク選択で該当するアクセススポットを選択するとIDやパスワードの入力が求めら、通信会社との契約によって発行された情報を入力すれば、インターネットに接続可能となります。オーソドックスなアクセス方法で、発行されたIDとパスワードはしっかりと管理しましょう

専用アプリを利用したアクセス

各社が用意する接続用アプリを利用したアクセス方法も存在します。こちらもアプリ上でIDとパスワードを入力することでインターネットに接続できます。

アプリ経由でプロファイルなどのインストール作業が必要になりますが、ログインIDやパスワードを次回以降は自動入力することができるため、利便性が高い方法となっています。

駅構内にある無料Wi-Fiへのアクセス

駅構内でのみ利用できる「JR-Central_FREE」は、東海道線全駅と名古屋駅・京都駅付近でアクセスできる無料Wi-Fiとなっています。

メールアドレスによる登録を済ませる必要があり、1日に何回でも利用できるようになります。しかし1回の接続で30分までの利用と、制限があるため注意が必要です。また「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」と「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」も存在し、こちらもメールアドレスの登録のみですぐに利用可能となっています。

新幹線のWi-Fiは快適に使える?

ozp85_iphonijirinagarairaira_tp_v

インターネットを利用するにあたって肝となる「通信速度」ですが、良い評判は皆無です。利用者が多いことによる回線不足で通信速度が遅くなり、動画視聴はまともにできません。

新幹線が使用しているWi-Fi容量が1車両あたろ最大2Mbpsとなっており、接続可能人数も120名前後となっています。多くの人が一つのアクセスポイントに集中するため繋がりにくい状況はもちろん、繋がっても低速となるため使い勝手が悪いと言わざるを得ません。

将来的に通信速度は速くなるのか

新幹線車内のWi-Fiサービスは高速走行に対応した通信方式を採用していますが、1車両あたりの通信速度が2Mbpsに限定されています。限られた範囲内での通信しかできず、そのためダウンロードや動画視聴などの利用は制限されることもあります。

非常に利用者が多い新幹線のWi-Fiサービスですが、現在のところ回線の強化に関する予定はないそうです。そのため新幹線でのWi-Fiは期待できませんので、快適にインターネットを利用したい場合は携帯電話の方が適していると言えます。


スポンサーリンク

Check Also

スターバックスでWi-fiを使うためには

ITの発展とともに、我々の仕事 …