Home / Wi-fi / Wi-fiの接続方法と、おすすめのルーターをご紹介

Wi-fiの接続方法と、おすすめのルーターをご紹介

今回はWi-fiの接続方法についてご説明をいたします。

また、Wi-fiルーターを契約したことがない人にとっては、どこの会社と契約してどのような端末を購入すれば良いのか迷ってしまうと考えられます。そこでおすすめの通信会社や端末について紹介をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

Wi-fi

従来はパソコンでインターネットに接続する場合は、情報を通信するためにLANケーブルと呼ばれる電話線に似たケーブルを利用していました。今でもデスクトップパソコンやノートパソコン、テレビなどでLANケーブルが使用されています。1本のLAN回線で複数の機器を繋ぎたい場合には、スイッチングハブを使用して分岐させる必要があります。

最近は、従来型の有線LANケーブルを電波を利用した無線通信に置き換えた無線LAN(Wi-fi)が利用され、電波が届く範囲内であればLANケーブルを繋がなくてもインターネットが利用できます。無線LANはスマートフォンやタブレット端末、モバイルパソコンなどで利用可能です。

有線LANにしか対応していないデスクトップパソコンでも、USB接続または無線LANカードをPCIスロットに挿入することで、無線LAN通信が利用できるようになります。

無線LANの規格であるWi-fiでは2.4GHzまたは5GHzの電波を使用します。無線LANルーターと呼ばれる装置により、有線の回線で送られるインターネットの電気的な信号が電波信号に変換されます。電波が届く範囲内で、各端末に搭載されている受信機と送信機によってインターネットの通信を行います。

Wi-fiの種類

Wi-fi通信を利用する際は、端末の側でパスワードを設定する必要がある場合と、パスワード入力が不要で自由に利用できる場合があります。

パスワードが不要なケースは、ショッピングセンターや公共施設、観光施設などで誰でも自由に利用できる無線LANサービスです。パスワード入力が不要なサービスは限られていて、家庭や職場、学校など無線LANを利用する場合には、各無線LANルーターに設定されているパスワードを端末に入力しなければ利用できないようになっています。

現在は多くの無線LANルーターから電波が発信されていますが、各ルーターには独自のIDが設定されているので、端末がキャッチした電波がどのルーターからの電波なのかを簡単に確認することができます。

パスワードが必要な場合

家庭や職場などの無線LANに接続する場合には、事前に設定を行う前に各ルーターのIDとパスワードを確認しておく必要があります。

電波が届く範囲内で無線LANの送受信機が搭載されている機器を起動して、Wi-fi設定を行えば無線LANでインターネットが利用できます。設定方法は機器によって異なりますが、基本的な流れはインターネットの接続に関する設定画面を開いて無線LANの項目に進みます。受信可能な電波のID一覧が表示されるので、利用するルーターのIDを探します。電波の信号が強い順番に表示されるので、利用する無線LANルーターは一番上のIDである場合が多いです。

無線LANルーターのIDを選択するとパスワードの設定画面が表示されるので、事前に調べておいたパスワードを正確に入力します。パスワードが一致すればすぐにインターネットが利用できるようになります。最初にパスワードを入力しておけば記憶されるので、2回目以降に再度パスワードを入力する必要はありません。モバイル無線LANルーターでも基本的な設定方法は同じです。端末に入力するパスワードは、ルーターに貼られているシールなどに記されています。

パスワードが不要な場合

無線LANルーターによっては、ボタンを押すだけでパスワード入力不要で簡単に設定することができる機能が付いている機種があります。無線ルーターのメーカーと接続する機器のメーカーを一致する場合には、簡単設定機能でパスワードを入力しなくても設定することができます。

例えばNEC製の無線Wi-fiルーターと端末(パソコンやスマートフォン・タブレット端末など)を利用する場合には、端末側にプリインストールされている設定用のアプリが利用できます。

端末を設定して電波の受信ができる状態にしておき、設定用のアプリを起動します。アプリの指示に従ってルーター本体の設定用のボタンを操作すれば、自動的に端末にパスワードが転送されて無線LANが利用できるようになります。この方法が利用するためには無線ルーターと端末が同じメーカーである場合に限られますが、煩雑なパスワード入力作業が不要なので便利です。

ショッピングセンターなどであれば、パスワードを設定しなくても無線LANが利用できる場合があります。この場合も初期設定をしなければ、インターネットに接続することができません。設定方法は各サービスによって異なりますが、イオンモール内の無線LANサービスであれば、初回にのみメールアドレスを入力する必要があります。イオンモールの無料Wi-fiの設定方法ですが、最初にブラウザを起動してどこかのサイトにアクセスします。するとサイトの内容が表示されずに、イオンモールの設定画面が表示されます。

メールアドレスを入力する欄が表示されるので、連絡用のアドレスを入力して進みます。利用条件が表示されるので、「同意する」をクリックまたはタップすれば、インターネットが使えるようになります。その後の利用時にはメールアドレスの入力が不要です。

パソコンやゲーム機、タブレット端末など、最近ではWi-fi接続でインターネットに接続できる機器が爆発的に増えていますし、自宅の内外を問わずこれらの機器をインターネットに接続できるような環境を構築すれば、格段に利便性は向上します。

スマートフォンを利用して

スマートフォンを持っていれば、インターネット共有機能を利用して、これらの機器をいつでもインターネット接続できるようになりますが、スマートフォンのインターネット共有機能ばかり利用していると、スマートフォンのデータ通信量がすぐに尽きてしまいますし、スマートフォンのバッテリーもすぐになくなってしまうため、本格的に利用するのには向いていません。

もしもいつでもどこでもインターネットに接続できるWi-fi環境を構築したいと考えるのであれば、Wi-fiルーターを契約し、利用するのが絶対的におすすめといえます。
加えて、スマートフォンのデータ通信量の節約にも利用できるため、ルーターを持つことで多くのメリットを享受できると考えられます。

オススメのWi-fiルーター

ワイモバイル

初心者におすすめの会社・端末として真っ先にあげられるのが、ワイモバイルと契約してWi-fiルーターを持つこととなります。

ワイモバイルはソフトバンクモバイルのサブブランドということで、通信の品質は最高レベルですし、全国にあるワイモバイルのショップで契約手続きをしたり、サポートを受けることができるので、初心者でも非常に利用しやすくなっているのです。

またプランの種類も豊富なので、目的に合わせて適切なプランが選びやすくなっていますし、「データプランS」であれば月々の通信料が1980円からとなっているので、リーズナブルに運用することもできます。端末については、最新機種の一つである「Pocket WiFi 601ZT」という端末がコンパクトな上に選択できるプランも多いので、おすすめとなります。

加えて、もしもワイモバイルのスマートフォンを利用しているのであれば、セット割引が適用されてお得な料金での運用が可能となりますし、Wi-fiルーターのプランをデータプランで契約すれば、基本使用料が無料でYahoo!JAPANのプレミアム会員になれる「Yahoo!プレミアムfor Y!mobile」という特典も利用可能となります。

Yahoo!プレミアム会員になれば、ヤフーショッピングストアを利用した際に獲得できるTポイントが爆発的に増えるので、ヤフーショッピングストアを利用することが多い人に特におすすめができます。

楽天モバイル

ワイモバイル以外の会社で言いますと、もしもすでに楽天のIDを保有していて、普段から楽天市場を利用してよく買い物をしているのであれば、楽天モバイルと契約してルーターを持つのもおすすめとなります。楽天モバイルは今話題の格安SIMサービスを提供しているMVNOの中でも屈指の人気を誇っていて、初心者にも優しいサービスをいくつも展開しているので、まだ格安SIMを利用したことがないという人でも安心して利用できます。

サービスの契約や端末の購入などについてはインターネットを通しての手続きが基本ですが、楽天モバイルは日本全国にオフィシャルショップを展開しており、実店舗でサービスの契約や端末の購入ができますし、インターネットで端末を購入した場合でも、SIMと端末をセットで購入した場合には初期設定を済ませて送付してくれるので、安心して利用し始めることができます。

また選べるプランも豊富で、高速通信容量が全くない代わりに月額利用料金が525円から、というプランもありますし、一方で月額5450円で一ヶ月あたりの高速通信容量が30GBという大容量のプランも用意されています。セット購入できる端末についても複数種類用意されているので、自身の目的に応じて端末の選択ができますし、「HUAWEI E5577」という端末であれば、一括購入の端末代金が9800円とリーズナブルなので、初期費用を抑えて利用し始めることができます。

なお、楽天モバイルを利用する最大のメリットとして紹介したいのが、毎月の通信料金の支払いや端末代金の購入に楽天スーパーポイントを使えること、毎月の通信料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まること、そして楽天モバイルを契約してれば楽天市場などを利用した際にさらにお得に買い物ができることとなります。

楽天スーパーポイントを保有している場合には1ポイントを1円分として支払いにあてることができますし、毎月の通信料金1000円毎に1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
また楽天モバイルの契約者であれば、楽天市場などの買い物で貯まるポイントが随時プラス1倍となるので、普段から楽天市場で買い物をすることが多い人にとっては絶対的なお得なサービスだといえるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はWi-fiの接続方法と、おすすめのWi-fiルーターについてご紹介いたしました。

購入される際は自分の使用目的に合ったルーターを選びましょう。

Wi-fiは非常に便利なので理解して使いこなしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

ローソンで無料Wi-fiに接続する方法と注意点

公衆の無料Wi-Fiが利用でき …