Home / Wi-fi / ビジネスマン必見!Wi-Fiが遅い・つながらない場合の対処法

ビジネスマン必見!Wi-Fiが遅い・つながらない場合の対処法

普段利用しているwi-fiですが、その仕組みなど詳しく知っている方は少ないかと思います。

そのため、wi-fiの速度が急に遅くなったり、つながらなくなったりすると、どう対処すれば良いか分からなくなりますよね。

今回はそのような方のために、wi-fiの基本知識とwi-fiが遅くなったり、つながらなくなった場合にとるべき対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

wi-fiの基本知識

wi-fiとは無線LANの規格の一つ

wi-fi(ワイファイ)はパソコンやスマホ、タブレットやゲーム、テレビなどのネットワーク接続に対応した機器を無線でつなぎ、LANに接続する技術のことを言います。

一昔前まではパソコンでインターネットとなれば、LANケーブルをつなげて行わないといけなかったと思いますが、今では何もつなげなくてサクサクとインターネットを楽しめていますよね。

このwi-fiを自宅や職場で利用する際はwi-fi機器と電波の送受信を行ってくれるwi-fiルーターが必要になります。wifiルーターを設置することであらゆる機器が快適に使うことができるので、とても便利で快適な生活を送ることができるようになるのです。

例えば、wi-fiを設置することでパソコンやスマホのインターネットがつながることはもちろん、画像や動画・音楽を機器同士で共有することもできますし、PS4などのネットワーク対応のゲームで世界中のプレーヤーと遊ぶことができるようになります。

さらにパソコンやスマホから写真をプリントしたり、テレビやレコーダーの操作など様々な機能を使うことができるようになるのです。

近年は、飲食店やデパートなど多くのお店でもwi-fiに接続することができ、快適にインターネットなどを楽しむことができるようになっています。

wi-fiの仕組み

とても快適に使うことができるwi-fiの仕組みはどのようになっているのでしょうか?

wi-fiは上記で説明した通り、フレッツ光などの固定回線を有線でつなげることなくインターネット接続ができる技術のことを言い、モバイル回線よりも圧倒的に回線速度が速いことを誇る技術です。

また、wi-fiは無線の電波に侵入されないようにセキュリティ面でも強化されているので、安心して使うことができるようになっています。

その仕組みは暗号化方式の技術を取り入れていることでセキュリティが強化されているのです。

wi-fiでのインターネット接続にはwi-fiルーターが必要

wi-fiでインターネット接続するためにはwi-fiルーターが必要になります。

wi-fiルーターは電波を飛ばすための機器で、通信業者と契約することで、無線の電波を飛ばしてパソコンやスマホを使うことができるようにすることができます。

wi-fiルーターには3LDK向けや4LDK向けなどもあったり、配置によっては電波を受け取ることができない場所がでてきたりすることもあるので、ルーター選びはとても大事となっています。

wi-fiルーターを設置したのが、業者の方だった場合、よく分からないままwi-fiが使えるようになるので、遅くなったり、つながらなくなったりするとどうして良いのか分からなくなってしまいます。

そのようなwi-fiのトラブルにはどのように対応すれば良いのでしょうか?確認していきましょう。

①wi-fiルーターに問題がある場合

さてwi-fiの速度が遅くなったり、つながらなくなってしまった時、まず原因として考えられるのがwi-fiルーター側の問題です。wi-fiルーターには一体どんな原因が考えられるのでしょうか?

接続端末が上限に達している・接続端末が多すぎる

wi-fiにつながらなくなった時に起きている原因の1つに、接続端末が上限に達してしまっていることが考えられます。また、速度が遅くなってる原因も接続端末が多すぎることが考えられます。

wi-fiルーターには同時に接続できる台数に制限があります。wi-fiはとても便利だからと何でもかんでもwi-fiに接続しておこうとしてしまうと思います。

しかし、その制限に達した時、接続したはずの機器が接続できなくなっていることがあるのです。自宅や会社にあるwi-fiルーターは一体どのぐらい接続できるのか説明書を確認することで解決できます。

是非、一度説明書に目を通してみてください。

ファームウェアのバグ

wi-fiルーターの問題として考えられるのがファームウェアのバグです。ファームウェアとは、wi-fiルーターの基本的な制御を行うために機器に埋め込まれたソフトウェアのことです。

このファームウェアのバグを解決させるためには、ファームウェアを更新することで対応することができます。

ルーターの寿命・故障

wi-fiルーターに問題がある中で寿命や故障が原因の場合があります。接続端末の上限も超えていなかったりファームウェアの更新も行ったのに、なにも反応しないとなれば寿命あるいは故障が考えられます。

その場合は、新しいwi-fiルーターに変えましょう。やはり機器にも寿命はやってきます。とくにwi-fiルーターのように毎日のように動いている機器はいつ寿命がきてもおかしくはありません。

wi-fiルーターがうまく動いていない時は本体の寿命が近かったり、故障している可能性がありますので、チェックしてみてください。

②端末側に問題がある場合

まずは他の端末でもつながるか確認する

wi-fiがつながらないと分かった時、みなさんはすぐにwi-fiルーターに原因があると考えてしまいがちです。

しかし、wi-fiルーターを確認して問題がないとしたら、そのような時に考えられるのが端末の方に問題があるということです。

まずはwi-fiを使おうと思った端末がうまくつながらない場合は、他の端末はwi-fiがつながっているか確認するようにしましょう。その際に他の端末もwi-fiにつながらなかったら、wi-fiルーターの問題となります。

反対に、他の端末はwi-fiがつながるとなれば、考えられるのは端末に問題があるということです。

そもそもwi-fi接続を切ってしまっている

使いたい端末がうまくwi-fiにつながらない場合はいくつか理由があります。まず考えられるのが、端末のwi-fi接続を切ってしまっていることです。

どうやってもつながらないと思っていても、実はなんらかの理由でwi-fi接続を切ってしまったままになっていることがあります。

つながらないと思った際は、一度wi-fi接続がちゃんと整っているか確認することを行いましょう。

一度端末を再起動してみる

端末の誤作動が原因で見た目は通常と変わらなくても、原因を作ってしまっている可能性があります。

wi-fiにうまく接続されないと感じた場合は、一度端末を再起動してみることをおすすめします。再起動を行うことで端末は正常に動くようになるので、wi-fiに接続されることがあります。

また、wi-fiがうまく接続されない場合は、ネットワークを一度切断して再接続も行ってください。

ネットワークの切断は、wi-fiルーターのSSIDやパスワードを再入力しなくてはいけなくなるので、面倒くさいと感じてしまいがちです。

ただ、この再接続でつながるケースはとても多くあるので、端末側に問題がある場合は行うことをおすすめします。

それでもうまく接続されない場合は一度ネットワークから削除して再設定を行うことも検討してみてください。

セキュリティソフトが干渉している

次に考えられるのがセキュリティソフトが接続不可の状態にさせてしまっていることです。

セキュリティソフトには2種類あり、パソコンにインストールされているセキュリティソフト、そしてインストールしないセキュリティソフトがあります。そしてwi-fi接続を妨げてしまう原因を作っているのは、パソコンにインストールされているセキュリティソフトと考えられます。

どうしてパソコンにインストールしたセキュリティソフトが原因でwi-fi接続ができなくなるのでしょうか?

その理由はセキュリティ効果を高めることであらゆるものを保護してしまい、接続の際に干渉が起きてしまっているからです。

ただwi-fiに接続されないと思っていても、セキュリティソフトに原因があるなんて知らなかったら気づきません。そのためまずはセキュリティソフトがパソコンにインストールされているのか確認してみてください。

そしてインストールされている場合は、一時的にセキュリティソフトの機能を停止させましょう。機能を停止したことでwi-fiが正常に接続されるようになったら、セキュリティソフトに問題があると考えられます。

端末の処理速度が落ちている

端末の処理速度の低下により、wi-fiにうまく接続されなかったり、接続されていても遅かったりすることがあります。

よく複数のアプリを起動していることで端末の処理速度が遅いと感じることはありませんか?

端末にも処理能力には限度があるので、そのキャパを超えてしまうと当然処理速度は遅くなってしまいます。つまりインターネットも遅くなりますし、wi-fiにつながっていてもスムーズに行うことができません。

端末の動作が遅くなった場合は、バックグラウンドで動いている使っていないアプリを停止しましょう。パソコンも同様に、常時起動しているソフトやアプリを停止させます。

それでも遅かった場合は処理能力が不足してしまっているので、買い替えをおすすめします。

端末そのものの故障

wi-fiがうまくつながらないという時に上記のことを試して、も何も起きない時は端末の故障が考えられます。その場合も買い換えることを検討しましょう。

③電波、回線、その他に問題がある場合

wi-fiがつながらない、遅い理由にはwi-fiルーターや端末以外に原因がある場合もあります。

ルーターと接続端末が遠い

まず考えられるのがwi-fiルーターと接続端末の距離が遠いことで影響があると考えられます。

wi-fiルーターは優れていたとしても、やはり距離が遠いと電波を送りづらくなり、接続端末に届きにくくなります。また障害物で電波を遮ってしまう場合も、うまく接続されないことがあります。

コンクリートや鉄は特に電波を遮る障害物となるので、なるべく距離をとらずに障害物がないところでの接続を行いましょう。

家電製品などが干渉している

皆さんはwi-fiを使う時に同時に家電製品を使っていることはありませんか?

自分が使っていなくても家族が家電製品を使っていると電波干渉が起こることがあります。特に電子レンジやコードレス電話を使うと起こることがあるのです。

家電製品の多くはwi-fiと同じ2.4GHz帯の周波数帯域の電波を発しているので、wi-fiに干渉してしまうのです。そうなるとうまく接続できなくなってしまいます。

また、近隣の家でも2.4GHz帯の電波を使用していると電波干渉が起きてしまう可能性があり、接続が不安定になってしまうことがあります。

ルーターと端末の相性が悪い

電波干渉もない、wi-fiルーターと接続端末も近くにある、wi-fiルーターも端末も壊れてない。でもつながらないという時は、wi-fiルーターと端末の相性が悪いと考えることができます。

人間でも相性があるように、機械同士も相性があります。この場合はどちらかを替えることをおすすめします。相性悪い同士だとどうしてもうまくいきません。

どうにもならない場合は、サポートセンターへ相談!

自分ではどうにもできないと察した場合は、サポートセンターに問い合わせましょう。

やはり、wi-fiがあるのとないのでは大きく違います。wi-fiルーターが壊れているのかもしれない、端末が壊れているかもしれないとすぐに買い換えるのではなく、もしかしたら見逃している原因があるかもしれません。

サポートセンターはその手の故障や不具合の対応に関してはプロフェッショナルですので、どうにもならない場合は彼らに相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?wi-fiが遅かったりつながらなかった場合の対応をお伝えさせていただきました。

やはりネット初心者の方にはハードル高いwi-fiの不具合。詳しい方でもどうしたら良いか頭を悩ます問題なので、是非自分ではうまく対応できない場合はサポートに相談することを検討しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

iPhoneとプロジェクターを接続するには?モバイル型からスマホケース型までご紹介!

新型iPhoneも続々と発表さ …