Home / IT / 最近流行りのメッセンジャーについてと、Webメールの上手な使い方

最近流行りのメッセンジャーについてと、Webメールの上手な使い方

 

とても便利な機能の多いメッセンジャーは多くの人が利用しています。メッセンジャーがとても便利で、たくさんの人が利用していますが、そもそも何のことなのか、どういったことが便利なのか、いまさら聞くことができないという人も多くいます。そんな方に機能と便利さをお伝えします。

さらに今回はwebメールに役立つスキルについてもご説明いたします。

スポンサードリンク

メッセンジャー

まず、メッセンジャーは、人気SNSFacebookにアカウント登録してある人が使えるものです。そのアカウント登録者が使えるメール機能です。

メッセンジャーが多くの人に利用され人気がある理由の一つに、アドレスが要らないといったことがあります。Facebookにアカウント登録をしている人ならだれでも利用しているため、誰とでもやり取りをすることができます。

メール

パソコンや一般的な携帯電話などのメールの場合、相手先のメールアドレスが必要となります。しかし、この機能を利用すれば、アカウント登録をしている人であれば誰でもやり取りをすることができます。相手の電話番号や連絡先は知らないものの、Facebookでつながっている人に直接連絡したいといった時にもとても便利です。

また、グループを作成して、全員に共通する連絡をしたいという場合にも便利です。サークル仲間や、同じ案件で仕事を共有している場合、メッセンジャーでグループを作成します。そうすると、そのグループにメッセージを送ると、そのグループに登録されているメンバー全員に送られます。一度のメッセージですべての人に行くので、とても便利です。

また、一般的なメールと同じようにデータや写真、文書などを添付して送ることもできます。一般的なメールの場合、携帯やスマートフォン、パソコンなど登録されているものでなければ確認することができないこともありますが、メッセンジャーであれば、携帯やスマートフォン、パソコンのどこで利用していても、アカウント登録はインターネット上にされているため、アカウントのパスワード、IDを入力し、自分のアカウントに入ることができれば、どこでもそのメッセージを見ることができます。

また、この機能の良いところは他にもあります。送ったメッセージを開いたか開いていないかが送った方で確認することもできます。送ったメッセージを相手が開いたら、既読の文字が出ます。既読が付けば、相手がメールを開いて目を通したか通していないかが分かります。

グループメッセージ

グループメッセージを送る場合にも同じで、相手が既読していれば既読がでます。グループの場合は何人も登録者がいるので、〇人既読といった表示となります。

グループに自分のほかに10人登録していれば、10人既読となれば、全員がチェックしたことになります。仕事上の連絡やサークルの連絡などで利用するのにとても便利です。サークルや、仲の良い仲間たちとグループを利用すれば、日常の連絡はもちろんのこと、思い出の写真などを送り、共有して見るといったこともできるのでオススメですメッセージにいろいろなイラスト、絵文字なども使うことができます。この機能を使って、簡単なミーティングをするという会社もあります。

社員全員がグループ登録して、営業先から戻るときに今から戻りますと送れば、社員全員が、どれくらいに戻ってくるのかを把握することができます。また、日ごろの予定などもそれぞれが上げることによって、情報を共有することもできます。また、いろいろな問題が上がった時に全員でメッセージにてミーティングをすることができます。この機能を使うことで、全員が会社内にいなくても、ミーティングや情報共有をすることができます。

ビジネスでも広く活用することで、効率化、売り上げ向上につなげることもできる有効なツールとなります。飲食店などで、普段あまり入荷することのない食材が入荷した場合に興味のある常連顧客をグループで一斉にメッセージを送ることで、いろいろな情報をダイレクトに提供することもできます。顧客も常連顧客のみの特別感があるため、通常のメールマガジンなどより、かなり効果的となります。通常のメッセージ機能のほかにも、さまざまな便利な機能があります。

音声通話

音声通話もそのひとつです。同じようにFacebookにアカウント登録されている人であれば、利用することができる機能で、相手の電話番号を知っていなくても、音声通話することができます。日本在住者のみならず、世界中の人とすることができるため、とても便利な機能です。相手が出ない場合にも、不在着信のように着信が電話と同じように残るため、掛けられた側も、電話が来たことが分かります。

また、メッセージにおいても、音声通話にしても、相手と最終的な連絡をいつしたかという月日が表示されます。当日の場合は時間が出るので、これを活用している人も多くいます。基本的によく使う機能は、この機能ですが、いろいろなゲーム機能もあります。少し時間があるときにゲーム機能を開いて、自分の好きなゲームで遊ぶこともオススメです。

 

Webメールの上手な使い方

このサービスの上手な使い方は、大きく分けると7つあります。

その1

同じアカウントを使い回す方法です。スマートフォン、タブレット端末、パソコンなどから同時にアクセスすることも可能で、リアルタイムにデータを共有することができます。このサービスの多くが、一度送信した相手のアドレスを記憶する仕様のものが多いため、アドレス帳なども登録すればさらに詳しい情報をリアルタイムで共有することができます。そのため、送信毎にアドレスを確認する手間も省くことができます。また、アカウントとパスワードのみを入力すれば、何台でも同じアカウントを利用することができるため、利用端末や利用場所に制限がないことが使い勝手の良さにつながっています。上手な使い方の一例としては、海外と国内との情報共有を行い、時差を利用すれば効率的に24時間のメールの対応を行うことも可能になります。

その2

データの保存先を有効利用する使い方です。写真やその他のデータは、編集中のフォルダーに一時保存することでクラウドサービスのような使い方もできます。最近のこのサービスは10GB以上の保存領域を提供してくれるところも珍しくありません。そのうえ、アカウントを共有すれば誰でもそのデータの閲覧や共有が可能になります。さらに、編集中フォルダー内の保存期間が短い場合は、自分宛に添付ファイルとして送信することで、より保存期間を長く保持してもらう使い方もあります。また、コンピュータウイルスが気になる場合は、自動でウイルスチェックをしてくれるサービスを提供してくれるものも多いため、一度データをこのサービスにアップして確認してからあらためて利用する方法としても活用できます。

その3

プロバイダ契約のアドレスから転送して使う。プロバイダのサービス自体がwebメールを提供していることもありますが、通常1つのアドレスしか提供してくれません。しかし、webメールサービスを提供しているところは、無料のものなど様々なところがサービスを提供しています。そこで、プロバイダーのアドレスを追加費用を支払って追加するのであれば、無料のものを取得して、そこに用途別に転送して使う方法もあります。プロバイダーのアドレスとの認証作業が完了するとその他のものから送信したものでもプロバイダのアドレスから送信したものとして利用することが可能です。大元は、プロバイダーのものを使い、転送条件を追加して無料のものに転送するわけですから、相手にはプロバイダのアドレスが表示されるため、安心感を与えつつ、効率よく分散させることが可能になります。

その4

プライベート用と仕事用を使い分けて使う。プロバイダーのアドレスからの転送にこだわらない方は、無料のwebメールアカウントを複数所有してそこから直接送受信する方法もあります。プライベート用と仕事用など別々のアカウントを作成することでメリハリのある使い方もできます。3つ目の使い方にも使える方法ですが、利用する端末毎にアカウントとパスワードを別々に分散して保存すれば、覚える手間も省くことができます。もちろん正しくバックアップをしていないと、端末の故障の際にそのアカウントに接続できない状況が発生する問題は生じます。

その5

webメールを利用して古いOSを搭載した機種を有効利用する方法です。専用のソフトが必要なものなどは、OSのバージョンによってインストールできなかったり、正常に使えないこともあります。しかし、このサービスは、ブラウザーとインターネット環境があれば、ある程度古いものでも正常に閲覧などすることができます。仮に、標準ブラウザーのバージョンが低く過ぎて正常に動作させることができない場合でも、アプリストアで提供されているその他のブラウザーで代用できる場合も多いため、比較的有効利用しやすい環境にあります。

その6

webメールを利用してバッテリーを節約した使い方ができる。着信があるかを確認したい時だけアカウントとパスワードを入力すれば、バックグラウンドで通信を行わないため、利用端末のバッテリーの節約につながります。特に標準ブラウザーは、最初から省電力設計になっているものが多いため、バッテリーを有効利用しながら着信のチェックができる利点もあります。

その7

端末の保存領域が少ない時にこのサービスを利用する。全てのデータはサーバー上で管理されています。通常の送受信ソフトの場合は、ダウンロードしなければ閲覧できないため、容量の大きな動画や画像などは端末の保存領域を大きく消費します。しかし、このサービスを利用すれば、端末に負担をかけることなく閲覧することができます。そのうえ、このサービスの中には利用する端末に合わせてデータを圧縮するなど最適化したデータを提供してくれるものもあり、上手に活用すれば、保存領域の少ない端末や処理能力の低い端末でも比較的快適に利用できる可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はメッセンジャーの特徴についてと、そのようなWebメールに役立つ要素についてご説明いたしました。

これから何らかのアプリとつながったメールサービスが流行っていきますので、これらのことを利用してくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

ocnモバイルoneとは?他社のsimフリーサービスと比較するとどうか?

  今やすっかりお馴 …