Home / Wi-fi / 最近よく耳にするuqについて、サービス内容と共にわかりやすくご説明

最近よく耳にするuqについて、サービス内容と共にわかりやすくご説明

近年uqという言葉を有名なタレントやキャラクターを起用したCMや街中の広告でよく見かけますよね。はたしてuqとはなんなのでしょうか?そのサービス内容についてご紹介します。

また毎月の通信制限にお悩みの方や、毎月の携帯料金に頭を抱えている方に無線ルータと格安simのメリットとデメリットを簡単にご紹介している記事となっているので、それらをお考えの方も是非目を通してみてください。

スポンサードリンク

uqとは

uqとはKDDIグループのuqコミュニケーションズ株式会社がサービス展開している電気通信事業の総称です。一般的にuq WiMAXというポケットwifiと、uq mobileというau 4G LTEを利用した仮想移動体通信事業の2つを指します。

uq WiMAXとは

青いムックとガチャピンのコマーシャルでおなじみだと思いますが、サービスの内容としては無線ルータです。

uq WiMAXの無線ルータは従来のプロバイダに比べるとメリットが多く、ネット生活に大いに役に立つものです。ポケットwifiの特性を活かして家の中でも外出先でも快適にインターネットを使用することが出来ます。通信速度も下り最大440Mbpsでとても速く、地下鉄、地下街、空港でも利用でき、対応エリアも年々広がってきているのでストレスフリーでインターネットを楽しむことが出来ます。

uq WiMAXはau 4G LTEと合わせると人口カバー率が99%超になります。万が一、自分の家で利用しづらかった場合は、家に小型基地局を設置することも出来ます。月々料金が決まっているため、月の途中で追加料金を支払う必要はありません。

uqmobileは、auと同じようなプランを格安で利用することができますし、データ通信量を気にせずに使えるプランもあります。auの端末をそのまま利用して格安SIMを使いたいという人にピッタリな格安SIMです。

設置方法について

従来のプロバイダですと、契約してから開通するまでに何日か待たされますし、工事の人が訪問してその間立ち会わなければなりません。また、解約の際も同じく工事の人がやってくることになります。プロバイダを変更するとなると、そのたびに工事代がかかってしまいます。

しかし、uq WiMAXは最短で当日にルータとUSIMカードが到着し、そのUSIMカードをルーター本体に差し込むとすぐに利用出来ますので回線工事が必要なく、即日開通ですぐにインターネットを使用できます。wifiを使用するため有線LANなどの配線がなくても複数の端末でインターネットを楽しむことが出来ます。

通信料について

料金は月間通信料が7GBまでのプランで3696円/月、ギガ放題という月間通信データ量の上限がないプランだと4380円/月です。

つい最近までは3日間で3GBを超える通信を行うと翌日は128KBに減速させるペナルティがありましたが、現在は3日間で10GB以上使ってしまうと速度の制限がかかるというレベルまで緩和されました。これは延々と動画を見続けるなどしない限りは制限がかからないレベルで、他の無線ルータを提供している業者と比べても一際緩い制限となっております。

契約をする際も、オンラインショップで商品、料金プランを選択し、自分の情報を入力して月々の支払い方法を選択して新規で申し込みをすると、申込内容と今後の手続きの説明が来ますので、それに従えば申込みは完了します。

uqに直接申し込む以外にも複数のプロバイダでも取り扱っており、そちらの方がキャッシュバックキャンペーンを展開しているので、得することが多いですので是非調べてみてください。

インターネット環境の形成

ノートパソコンとかスマートフォンであれば無線LAN環境を作るのは容易で、SSIDとパスワードを本体から書き出して、それぞれの機器に登録するだけですぐインターネット環境が成立します。

また、デスクトップパソコンのように有線の環境が必要な場合はオプションでクレードルを購入して(キャンペーンで無料でもらえるケースもあります)、クレードルに無線ルータを固定し、その機器をLANでつなげば完成です。ノートパソコンであっても有線の方が通信速度が速いことが多く、情報漏洩リスクを考慮すると有線の方が安心です。

なお、室内に設置するときは窓から離れた部屋の真ん中あたりだと電波が届かない場合があるので、アンテナマークを見て電波がきちんと届くところに固定するべきです。

外出時の無線ルータ

無線ルータの優れているところは、外出時に持ち歩くことでスマートフォン・タブレットなどのデバイスのアクセスポイントを自ら持ち歩いていることになる、つまりデバイスのデータ消費量を減らせることです。

最近流行のMVNOスマホはデータ使用量を抑えると月々の料金が大きく下がりますので、データ通信は無線ルータ中心として、電波が届かない場所のみスマホでの通信を行う、という運用にするとデータ使用量をミニマムにしてスマホにかかる経費を抑えられます。

3大キャリアは駅でのwi-fi導入を進めていますが、MVNOユーザーはその電波を使うことができませんので、無線ルータによる通信がもっともお勧めです。

外出時に威力を発揮するとご説明しましたが、スマホに負けている部分がちょっとだけ残っています。それは地下鉄で使う場合です。

駅の中では双方同じくらいの通信条件ですが、今のところは駅と駅の間、走行中は無線ルータは圏外となります。

スマホを見ると地下鉄で走行中であってもwi-fi電波受信のマークがあたかも電波をバッチリ受信しています、の如く表示されていますが、無線ルータは圏外のマークが出ている場合は全く通信できない状態となります。ですがこれに関しては時間が解決すると考えられます。

uq WiMAXの欠点

uq WiMAXの欠点として、バッテリーの持ちがあまりよくない、というのがあります。省電力モードに切り替えて長持ちさせる方法もありますが、その分電波は弱くなりますし、あまりお勧めできません。

スマホと同じやり方で充電できますので、長時間出歩くときは充電バッテリーを携帯することをおすすめします。

uq mobileとは

uq mobileの最大の特徴は格安simの中では数少ないau回線を利用した事業者(MVNO)であるということです。ですので、auユーザーはSIMロック解除の必要がなくスムーズにMNP移転ができます。

uq mobileは無料通話とインターネット通信がセットで格安にてご利用いただけるサービスです。安くても品質には特に問題ありません。au 4G LTEに対応しているので、全国エリアで高速通信が使用できます。

また、人口カバー率99%超なので安定した高速通信が利用でき、さらに、顧客満足度88%という信頼の証があります。

格安simとは

格安simとは格安simカードの略で、これはガラケーの時代から現在のスマホの時代までずっと使われています。

simカードにはそれぞれのsimカード独自の番号を持っていて、スマホにカードを挿入できる箇所があるのでそこに差し込むことによって、端末と使用者を識別しています。

このsimカードを知らない方も多いと思いますが、それは実際に見たことがないということが原因だと考えられます。見たことがないのはスマホの場合、スマホを購入した店舗のスタッフが自分でsimカードを挿入してしまうからです。

そこで格安simについてなのですが、格安simとは大手通信キャリアではなくて、MVNOという会社が提供しているsimカードのことで大手キャリアのsimカードをそのまま使用するのと比べて通信料金が格安になります。

しかし、通信料金が格安になるメリットを有している一方で、もちろんデメリットも発生します。それは通信速度が大手キャリアと比べて遅くなってしまうことや、大手キャリアが提供するサービス・保証を受けられなくなってしまう可能性があることです。

また一番大きなデメリットとして挙げられるのが通話料金が非常に高くついてしまうことです。

uq mobileはそれらの点で、他の格安simと比較して非常に魅力的な特徴を有していますのでこれから以下にご紹介させていただきます。

 

料金について

スマホ・SIMとのセット購入でデータ容量が二年間2GB/月で、二年間最大60分/月の通話、もしくは5分以内の国内通話し放題で1年間1980円、データ容量が二年間6GB/月で、二年間最大120分/月の通話、もしくは5分以内の国内通話し放題で2980円、データ容量が二年間14GB/月で、二年間最大180分/月の通話、もしくは5分以内の国内通話し放題で4980円となっています。

これらの通話時間の違いによってプランが分けられていて、前者をおしゃべりプラン、後者をピッタリプランと呼んでいます。2つのプランは毎月入れ替えることができます。プランを申し込んでから、無料通話よりもかけ放題がいいと思ったときはすぐに変更ができます。

さらに、余ったデータ容量は翌月にくりこし出来ます。

この他には、データ通信のみのデータ高速プランデータとデータ無制限プラン、データ高速+音声通話プランとプラントデータ無制限の+音声通話プランがあります。データ高速プラント名のつくプランは月間データ容量は3Gまで、データ無制限は最大通信速度は500kbpsで月間データ容量は無制限です。

uq mobileのメリット

では、メリットはどこにあるでしょう。まず、au、docomo、SoftBankでもかけ放題プランやデータ定額プランはありますが、uqmobileに乗り換えることで大幅に通信費を節約できます。

おしゃべりプランとピッタリプランはデータ容量が2Gで1980円です。大手携帯キャリアの月津T機の料金が平均約6000円から7000円ほどですので、月々の支払いが3分の1ほどになります。

次に、他の格安SIMと比べてもトップクラスの通信速度を誇るところです。通信速度の公表値だけということではなく、実際に通信速度を計測してもauと変わらない速度を叩き出しています

さらに、昼夜の時間帯を問わず通信速度が安定して早いことでも知られています。ですので、普通にスマートフォンを使っている限りは通信で困ることはありません。

データ通信容量が無制限のデータ無制限プランがあることも他社にはないアピールポイントです。最高速度500kbpsですが、データ容量を気にせずに使うことはできます。データ量に制限がないので、外出先で動画の視聴やゲームをプレイを頻繁にされる方におすすめのプランです。

SMSのオプションが無料でついてくるのもいい点です。SMSを普段よく使って友人と連絡を取り合っている方には嬉しいサービスです。

iphoneで格安sim!?

こちらではiphone SEとiphone 5sを独自に販売しています。大手携帯キャリア以外ではiphoneの取扱のあるところは限られています。大手携帯キャリアと同様に格安SIMでiphoneを分割購入することも可能です。格安SIMで、iphoneを分割購入したいなら有力な候補になりえます。

uq mobileのデメリット

uqmobileのデータ通信はau 4GLTEのみの対応となっています。ですので、3G回線を利用することはできません。

余程のことがないとつながらないという状況があるとは考えられませんが、僻地などでは注意が必要です。

もうひとつは、契約期間に制限があることです。ピッタリプランとおしゃべりプランは2年間の、データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランは1年間の最低利用期間が設けられています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事ではuqから、uqが行っているサービス内容であるuq WiMAXとuq mobileについてご説明いたしました。

毎月の通信制限にいらいらしていらっしゃる方の気持ちが私には痛いほどわかります。私もそのうちの一人でした。

毎月請求される携帯料金におびえていらっしゃる方の気持ちも私には痛いほどわかります。私もそのうちの一人でした。

この記事を書くにあたってuqについて調べると興味を持ってしまい、uq WiMAXとuq mobileの契約を行いました。笑

 


スポンサーリンク

Check Also

ローソンで無料Wi-fiに接続する方法と注意点

公衆の無料Wi-Fiが利用でき …