Home / Wi-fi / 認知度上昇中!UQコミュニケーションズとWiMAX・UQmobileを徹底解説!

認知度上昇中!UQコミュニケーションズとWiMAX・UQmobileを徹底解説!

現在多くのデータ通信サービスやスマートフォンサービスが熾烈な競争を展開しているなかで、UQコミュニケーションズは多くのユーザーから支持を得ています。近頃は駅や電車の広告もよく目にするようになり、認知度が急激に上昇している企業の一つだと言えるでしょう。

今回は、そんな今勢いに乗っているUQコミュニケーションズと、その代表的なサービスである「WiMAX」と「UQmobile」について徹底解説していきます。UQブランドが多くのユーザーに支持されている理由を解き明かしていきます。

スポンサードリンク

UQコミュニケーションズとは

沿革

UQコミュニケーションズとは、高速データ通信サービス「WiMAX」とスマートフォンサービス「UQmobile」を提供している通信事業会社です。

認知度と満足度の高さが特徴で、”コミュニケーションズ”の名前の通り、この会社は人と人との繋がりを重視し、快適なモバイル環境の提供に成功しています。

UQコミュニケーションズは2009年よりWiMAX事業を開始して、世界で初めてOFDMA技術を実用化しています。OFDMAとは、同一の周波数の電波を複数のユーザーで共有する多元接続方式の一種です。

また2015年にはUQmobileブランドによるモバイル事業を開始。安心で快適かつ高品質なスマートフォンをリーズナブルで分かりやすい料金体系で提供しています。さらに2016年には国内最速となる下り最大440Mbpsの超高速通信を達成するなど、日本のモバイルデータ通信市場をリードしている会社です。

理念

UQコミュニケーションズの親会社はKDDIですが、それ以外の多様な分野から人材が集まっており、ダイバーシティに優れた会社と言えます。

また「モバイルインターネットで社会と世界を豊かに」という理念のもとで、スマートワークプロジェクトによる働き方改革をはじめ、社員一人ひとりの人材育成にも熱心な会社です。

UQコミュニケーションズでは経営理念である「UQスピリット」に基づいた経営を行っており、経営方針を示す年度計画を発表する場で全社員に共有され、部門レベルから個人レベルに至るまで、目標や方針を設定します。

さらに「UQスピリット」の浸透活動も並行して行っており、職場単位でのミーティングをはじめ経営層とのダイレクトミーティング・全社アンケートの実施・社外講師による講演会など多彩な方法で「UQスピリット」の浸透を図っています。

そしてもちろん、人事評価も「UQスピリット」に基づいて行い、社員のクオリティを高め、それをお客様に還元して社会にも貢献できる環境づくりを目指している会社です。

高速データ通信サービス「WiMAX」

WiMAXのサービス内容

高速データ通信サービス「WiMAX」については「オープンデバイス」「オープンネットワーク」の理念のもと、日本のデータ通信市場を切り開き、今では配線不要のワイヤレスサービスとして一般的に認知され定着しています。

例えば、家電量販店やインターネットプロバイダーサービスなど様々な事業体が、WiMAXネットワークを活用した独自のサービスを展開しています。

今後はより一層の高速化を目指し、キャリアアグリケーション技術とMIMO技術の同時利用によって、通信速度は下り最大速度が440Mbpsからさらに下り最大1Gbpsへの実現に向けて技術開発を行っています。

これだけの速度があれば、インターネットの閲覧も非常に快適に行えますし、映像データのダウンロードなどもしっかり行えます。

そして、1ヶ月の通信制限がないので、いくらでもインターネットを使い放題となっています。しかし、3日間で10Gを超えるデータ通信があった場合は、その翌日の18時頃から翌々日の2時頃まで速度制限がかかります。

ただ、通常スマートフォンなどの1ヶ月の通信量が5Gや7Gのプランとなっていることを考えると10Gというのはかなり大きいですし、速度制限後は通常通り使用できるようになります。また、通信制限が入っていてもインターネットの閲覧くらいなら問題なくできます。

WiMAXのメリット

①外でも簡単に使える

WiMAXのモバイルルーターは携帯も可能であり、インターネットサービスをしっかり使えるため、非常に利便性が高いものとなっています。最大の特徴は外でも使用できる点であり、ワイマックスのルーターの大きさはスマートフォンより少し小さいくらいなので、持ち運びは非常に簡単です。

例えば、仕事で外から画像データや書類データなどを送る必要がある方はパソコンの場合は必ずインターネットに接続しないといけませんが、どこでも施設内にインターネット環境があるとは限りません。

また、スマートフォンで送ろうとする場合は1ヶ月の使用制限があるので、すぐにデータ使用量の上限に達してしまうなんてことになりかねません。そういった仕事上の問題を、この移動型のルーターは解決してくれます。

また、タブレットを使って外で電子書籍を見たり映像サービスを楽しむ、携帯ゲームを通信モードで遊ぶなど多岐にわたるニーズに応えられます。

通信可能エリアも非常に広くなっていますし、エリア外になってしまった場合でもルーターによってはauのLTEの電波に切り替えて使用できるので安心です(LTEの電波を使用された場合は、使用した月のみ1,005円加算されます)。

②すぐに始められる

また、WiMAXは手軽に始められ、登録したその日から使うことができます。通常インターネットを始めるには回線工事が必要になることがほとんどで、工事の費用や時間を要します。しかも、賃貸住宅の場合は工事するにあたって管理者に確認をするということも必要となります。

しかし、WiMAXの場合は工事不要で即日使用できるようになります。そのため、工事費用も工事確認も必要ありませんし待たずにすぐに使えるようになります。工事が必要ないという点は、特に引越しの多い方にはとても嬉しい点でもあります。

納得の速度とリーズナブルな料金

WiMAXは、誰でも納得の速度とリーズナブルな料金が魅力です。

毎月の通信量が7GB未満で、容量よりも速度を重視する場合は、Flatツープラスというプランが適しています。料金は月額4千円を切りますし、固定回線より快適になる可能性もあるので、まさに贅沢なモバイル通信環境が実現します。

7GBでは足りない、あるいはもっとインターネットに浸りたいのであれば、通信量無制限のFlatツープラスギガ放題が期待に応えてくれます。

1ヶ月間使いたい放題で月額は4,880円(税別)の固定金額と、料金は4千円をやや上回るものの高速通信環境を屋外に持ち出せるので、3日間で通信量が10GBを超えなければ快適性が続きます。そして、今なら2年間は500円の割引があり4,380円(税別)で使用できます。

しかも、auのスマートフォンを利用していれば、auスマートバリューという割引プランが組むことができ、携帯の通信費に1ヶ月934円の割引が適用されます。

一般的な光回線だとプロバイダ契約が別になるため、平均すると5,500~6,000円くらいかかるのですが、WiMAXの場合はプロバイダ料金込みなので上記の金額だけで使用ができます。

ルータータイプなら、パソコンの利用が今まで以上に快適になるので、利用の可能性や夢が広がる結果に繋がるでしょう。

スマートフォンサービス「UQmobile」

「フリー素材 スマホ」の画像検索結果

UQmobileのサービス内容

スマートフォンサービス「UQmobile」は、スマートフォン市場においては携帯大手3社が業界をリードする中で展開されており、必要なものを無駄なくセットにした「あなたにピッタリくるスマホ」を提供しています。

大手携帯3社や格安スマートフォン事業者とも異なる新たなサービスを展開することによって、安心で快適かつ高品質なスマホライフの実現を目指しています。

例えばスマートフォンの基本料金に加えて音声通話・データ通信・厳選アプリなど無駄なくセットした「ぴったりプラン」などは、初めてスマートフォンを使用する方やお得に使い続けたいヘビーユーザーの方をターゲットにすることで、お客様の多彩なニーズにしっかりとマッチしたサービスとして提供されています。

また、「UQmobileポータブルアプリ」を利用することで、節約モードに切り替えてSNSをデータ消費ゼロで楽しめるほか、データ残量の確認や契約内容の照会・変更を簡単にすることが可能です。このように、お客様の目線に立ったきめ細かいサービスも展開しています。

この他にも、UQmobileブランド発からSIMフリーや中古スマホに至るまで、端末の購入をサポートするお得な「マンスリー割」を導入することで、お客様がより一層積極的にスマートフォンを日常で活用できるように促進しています。

プランに合わせて安く使える!

UQmobileのプランは分かりやすく、名前はプランSからLまでなので、まるでファストフード店のポテトを選ぶ感覚で決められます。さらに金額は約2千円から3千円と5千円までですから、予算に合わせた最適な快適性が実現できます。

各プランの特徴

プランSを例に挙げると、月額料金は2千円程度であるにも関わらず、通信量の上限は2GBで最大60分の無料通話も付くのが魅力的です。2年間続くという利用条件こそありますが、使い始めから長く快適に使えるのは大きなポイントです。

これがプランMになると、通信量は大幅アップの最大6GBに変わり、無料通話は倍の120分まで増加します。プランLでは何と、14GBと180分までそれぞれの上限が引き上げられますから、ヘビーユーザーにもおすすめです。

しかも、通話のプランにおしゃべりプランを選ぶと、5分以内の国内通話が回数制限なく無料になります。1回の通話時間が長い人は無料通話のぴったりプラン、短時間で回数が多ければ、後者のおしゃべりプランが有力な選択候補に挙がるでしょう。

こんな人におすすめ

いずれにしても、通話が快適になるのは間違いありませんから、後は通信量に応じてプランを検討することになります。

毎日メールをチェックする程度であれば、最も安いプランSの選択が経済的な負担を最小限にするでしょう。

軽くニュースサイトを見たり限定的にチャットアプリを使うなら、プランMの選択が現実的です。

頻繁に情報サイトを開いたり、暇潰しでまとめサイト等に目を通す人には、間違いなくプランLがおすすめといえます。

しかし、これらのプランはあくまでも、UQコミュニケーションズが提供する低料金プランに過ぎません。高画質の動画やゲームアプリには高速回線が不可欠ですが、こういったサービスもユーザーのニーズに応えて提供を行っています。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

人と人との繋がりを重視し、快適なモバイル環境の提供を行っているUQコミュニケーションズだからこそ実現可能である質の高いサービス内容を感じ取ってもらえたことかと思います。

UQmobileもWiMAXも非常に柔軟性の高く使いやすいサービスのため、格安スマホを使ってみたい人や、即日で簡単にwi-fiの利用や設定をしたいという方はUQコミュニケーションズのサービスの利用も考えてみて下さい。

また、実際に始めてみようかと考えた時に、本当に自分の使いたいことができるのか、自分の使いたい場所で使用できるのかが心配な方は、レンタルできるサービスもやっているので、契約前にしっかり確認して始めることができます。

お得な料金体系やサービス内容をしっかり理解したうえで、予算内で実現可能な最大限の快適なインターネット環境を整えましょう。


スポンサーリンク