Home / Twitter / とっても便利!twitter公式アプリをマスターしよう

とっても便利!twitter公式アプリをマスターしよう

みなさんは、Twitterの公式アプリを利用したことがありますか?スマートフォンにtwitter公式アプリをダウンロードしておけば、手軽にツイートをすることができます。

また、twitterの公式アプリを使いこなせているでしょうか。実は、意外と知られていない機能などがたくさんあるのです。この記事では、知っておきたいtwitter公式アプリの様々な機能や使い方について解説します。twitter公式アプリの使い方を覚えて、twitterを楽しんで使いましょう。

スポンサードリンク

まずはアカウント作成から削除まで

まず初めにtwitterのアカウント作成、各種設定、アカウント削除などについて説明します。事前準備としてGoogle PlayやApp Store から「twitter公式アプリ」をダウンロードしておきましょう。

アカウントを作成するには?

Twitterのアカウントは、メールアドレスと電話番号さえあれば、誰でも簡単に作成することができます。アカウント作成の画面に進むと「名前(ニックネーム)」「電話番号またはメールアドレス」「パスワード」を要求されますので、「Twitterをはじめましょう」の画面に進み、「ユーザー名を選択してください」を入力し、「新規登録」をクリックすることで利用が可能になります。

プロフィールを設定してみよう

Twitterのプロフィールを設定するとフォロワーを増やすことができます。プロフィールの変更画面に進んで、プロフィールを設定してみましょう。自己紹介、プロフィール画像、ヘッダー画像、場所、ホームページ、誕生日などを登録することができます。自己紹介では、自分の趣味などを書いておくといいと思います。

アカウントのプライバシーも保護しよう

他人にTwitterをしていることを知られたくない場合には、プライバシー保護の設定をしましょう。Twitterアプリから歯車マークをタップし、「プライバシーとコンテンツ」タップします。これから「メールアドレスの照合と通知を許可する」「電話番号の照合と通知」「アドレス帳の連絡先同期」を全てオフにすることで、プライバシー保護が可能になるのです。

アカウントが凍結しないようにするには?

Twitterの規約違反をした場合、アカウントが凍結されてしまうことがあります。短時間のうちに100回など大量のフォローを行った場合、アカウントが凍結されます。これは、Twitterよりツールを使ってフォローを行っているのではと疑われるからです。何件の集中アクセスを行うと凍結されるのか、公表していないのではっきりしたことはわかりませんが、1日に100人までなど、様々な説があります。

その他、大量のリムーブを行ったり、大量のアカウント作成を行ったりしても凍結されることがあります。1度であれば、アカウントが凍結されても解除することができるようになっています。また、6カ月以上など長期間アクセスしないとアカウントが凍結されることがあるようですので、凍結されないように気を付けて使いましょう。

複数のアカウントを所持してみよう

Twitterでは、複数のアカウントを所有することが禁止されていませんので、実際には多くの人が複数のアカウントを所有しています。同じメールアドレスで2個目のアカウントを登録するとエラーになりますが、別のメールアドレスであれば、2つ目のアカウントを登録することができます。

アカウントが凍結された場合だけでなく、用途ごとにアカウントを使い分けたい場合など、複数のアカウントを所持すると便利です。長くTwitterを使っていると、複数のアカウントが必要になってくることがありますので、便利な機能です。

アカウントを削除する方法は?

Twitterを使わなくなったら、削除した方がいいのですが、twitter公式アプリからは削除することができません。削除(退会)は、ブラウザーのTwitterから行う必要があります。パソコンだけでなくスマートフォンからもできますが、必ずブラウザーから行う必要があります。Twitterアカウントを削除すると今までの書き込みが全て削除されます。ツイートなどが直ぐに削除されてしまいます。

アカウントを復活する方法は?

それからアカウントの復活については、どうなるのでしょうか? 実は30日以内であれば、Twitterにログインするだけで、アカウントが復活できるのです。一旦削除された書き込みも復活しますので、消したけどやっぱりまだやりたいという場合は、30日以内にTwitterにログインしましょう。

Twitterの広告について

Twitterに表示される広告を削除する方法をご存知でしょうか? 好ましい広告もあるかもしれませんが、邪魔に感じることもあると思います。Twitter広告の削除方法について説明することにします。

twitterの広告の種類

Twitterアプリを使っていて、twitter広告が増えてきたなと思ったことはありませんか? twitterの広告は、企業が自由に投稿できます。これは、プロモーションツイートまたは広告ツイートと呼ばれています。
厳密には、Twitter広告は3種類あって「プロモアカウント」「プロモトレンド」「プロモツイート」があります。

プロモアカウント

Twitterのおすすめユーザーやタイムライン欄に表示される広告です。フォロワーを多く獲得したい場合や会社の認知度を高めたい場合などに使われます。

プロモトレンド

ハッシュタグについて表示している「トレンド」の上部に表示される広告です。常にタイムラインの横に表示されるため、非常に目に付きやすい位置に表示されるのです。

プロモツイート

他のフォロワーがツイートをしたかのように表示される広告です。他のフォロワーのツイートを確認する時に自然に目に入ってきます。

広告を非表示にする方法

全ての広告を非表示にすることはできないのですが、その都度ブロックすることで、広告を非表示にすることができます。その都度行う必要があるため少々面倒くさい方法になりますが、自分好みの広告表示だけにしていくためには、この方法が最適です。

パソコンからTwitterを利用している場合は、広告の右上の「v」を選択し、その後「〇〇〇さんをブロックする」をクリックすると当該ユーザーの広告を非表示にできます。

不適切な広告は報告しよう

暴力や裸体などの不適切な広告が表示される場合は、Twitterにて不適切な広告の報告をしましょう。Twitterチームが確認して対応してくれます。Twitterでは一時期不適切な広告が多いと噂になったことがありました。これまで記述したようにTwitterでは自由に広告を表示できるという仕組みになっていますので、不適切な広告が表示される場合には、報告すると運営上も助かるというメリットもあります。

また、設定画面で不適切な内容を含むツイートなど表示させないようにする方法もあります。「設定とプライバシー」や「プライバシーとセキュリティ」の画面で、「ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する」をオンにするのです。

タイムラインに表示させたくない場合はブロックを

「プロモトレンド」などはタイムラインに表示される広告になりますので、ブロックをすることをオススメします。個々にブロックするのは少々手間がかかるかもしれませんが、タイムラインに常に残ってしまうので、少々面倒くさくてもブロックすることをオススメします。

タイムラインの表示設定を変更してみよう

タイムラインの表示設定は、「新着順」か「重要ツイート順」のどちらかを選択することができます。使いやすい方を選択できますので、設定方法などを説明します。

新着順か重要ツイート順か

twitterのタイムラインでは、表示順序の設定を「新着順」か「重要ツイート順」のどちらか設定することができます。この設定が可能になったのは、2016年2月の仕様変更からです。それまでは新着順のみ可能でしたが、2016年2月以降は、アプリの設定により「新着順」か「重要ツイート順」のどちらにするか選択できるようになったのです。どちらの設定が使いやすいのか、試して比べてみてもいいかもしれません。

iPhoneでの設定方法

できることは同じですが、iPhone とAndroid のアプリで設定方法が少し違います。iPhoneでタイムラインの表示順設定を変更するには、次のようになります。今後、画面のレイアウトなどが変更される可能性がありますが、実際の画面に従ってやってみるといいでしょう。

【iPhoneでのタイムライン表示順序設定】
1.プロフィールの右側にある歯車アイコンをタップします。
2.設定画面で該当アカウントをタップします。
3.「タイムラインの表示設定」をタップします。
4.「重要な新着ツイートをトップに表示」でオン・オフを切り替えます。

Androidでの設定方法

Androidで設定を変更するには、次のようになります。

【Androidでのタイムライン表示順序設定】
1.メニューアイコンをタップし、「設定」を選択します。
2.「タイムラインの表示順序」をタップします。
3.「重要な新着ツイートをトップに表示」をタップしてオン・オフを切り替えます。

2段階認証をして安全性を高めよう

Twitterでは、アカウントが乗っ取られて悪用されたというニュースを見かけることがあります。Twitterの不正アクセスを防ぐためには2段階認証を設定することが有効です。Twitterの2段階認証は、「ログイン認証」という名前で、Twitter公式アプリから設定が可能です。従来のパスワードに加えて、SMSメッセージに届く認証コードでログインできるようになります。

twitter乗っ取りは意外にも起こりやすい

twitter乗っ取りに関する事件はよく発生します。特に2段階認証が実施されるまでは乗っ取りに関する噂が多く流れていました。

有名なところでは、レディー・ガガ、くまモン、イギリス国営放送(BBC)、AP通信、セックス・アンド・ザ・シティの原作者などで乗っ取られたという情報があります。2013年5月の2段階認証の導入以降も乗っ取りが発生しているのです。twitter乗っ取りは、意外に起こりやすいので、気をつけてtwitterを利用しましょう。

設定を始めよう

それでは、twitterの2段階認証を実際に設定してみましょう。次の手順で設定することができます。少々面倒ですが、乗っ取られた場合に備えて2段階認証を設定してみましょう。

【twitterの2段階認証設定手順】
1.Twitter公式アプリで「プロフィール」をタップします。
2.メニュー画面下部にある「設定とプライバシー」をタップします。
3.「設定」の画面で「アカウント」をタップします。
4.「アカウント」画面で、「セキュリティ」をタップします。
5.「セキュリティ」画面で、「ログイン認証」をタップします。
6.「ログイン認証」画面が表示されますので、「OK」をタップします。
7.「ログイン認証の仕組み」画面で、「始める」をタップします。
8.「新しいパスワードを再入力してください」画面が表示されますので、パスワードを入力して「認証する」ボタンをタップします。
9.「電話番号を確認してください」画面で、「コードを送信」ボタンをタップします。
10.SMSメッセージが送信されるので、メッセージアプリで認証コードを確認します。
11.Twitterに戻って、「認証コード」を入力して「送信」ボタンをタップします。
これにて、ログイン完了です。次に「バックアップコードを取得」ボタンが表示されますが、これも紛失したときのため設定しておくとよいでしょう。

もし乗っ取られたら

Twitterアカウントが乗っ取られたら場合には、直ちにパスワードを変更しましょう。過去に使用したことのあるパスワードは利用しないでください。また、Twitterアプリでは、パスワードが残る可能性がありますので、パスワード変更はブラウザーのTwitterから行う方が確実です。Twitterのヘルプセンターでもこのような場合の対処法が掲載されていますので、参考にすると良いと思います。

twitter公式アプリ:まとめ

これまでtwitter公式アプリについて説明を行ってきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。twitter公式アプリでのアカウント登録方法、やっかいなtwitter広告、タイムライン表示設定、2段階認証などについて説明を行ってきました。twitter広告は幾つかの種類がありますが、ブロックすることで非表示にすることができます。

また、タイムラインでは従来の新着順だけでなく、重要度に応じての表示も可能です。アカウントを乗っ取られる可能性のあるtwitterでは2段階認証がオススメです。このように、twitter公式アプリをマスターすることで、より快適且つ安全にtwitterを利用することが可能になります。


スポンサーリンク

Check Also

TwitterのIDの設定・確認・変更方法

日本で月間にログインしたユーザ …