Home / Twitter / TwitterのIDの設定・確認・変更方法

TwitterのIDの設定・確認・変更方法

日本で月間にログインしたユーザー数は3500万人を超えていると言われるTwitter。様々なSNSサービスがありますが、その中でも140文字で「なう」を表現するTwitterは、そのSNS界の王様と言っていいでしょう。

その特色は色々ありますが、手軽さと利用者の多さから、発信した情報が広まる速さと伝わる範囲の広さは、他のSNSとは全く異なります。その為、これまでも様々な社会現象を産み出してきました。

その使い方は個人としての利用に留まらず、ビジネスシーンで活用されるケースもあります。企業が既に開設しているオフィシャルサイトと連動させる形で、新商品や新サービスをPRし、Twitterがその売上に大きな役割を果たしているケースも少なくありません。

 

また、Twitter内での検索方法を駆使することにより、有効なマーケティングデータとして活用するケースもあります。また、地方自治体で災害情報などを発信する際にTwitterを活用することもあります。Twitterは、時には自分の命を守るツールとなる可能性もあるのです。

このように、Twitterはプライベートでも、ビジネスでも、様々な形で活用されています。この記事をご覧の方の中にも、既に利用している、という方も多いでしょう。

 

でも、まだ利用したことがないという方も、Twitterの世界に思い切って足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。一部では、Twitterについて様々な問題点について指摘されていますが、正しい対応をすればきっと、新たな発見と出会いに充実した日々を送ることができるに違いありません。その利用方法をご紹介します。

スポンサードリンク

IDを初期設定

Twitterを利用するために、まず最初にしなければならない作業は、当然のことではありますが、自分がTwitterで使用するIDを初期設定することです。

まずはパソコンやスマートフォンのブラウザでhttps://twitter.com/にアクセスしてください。そして右上にある「アカウント作成」をクリックします。そして「呼び名(ニックネームも可)」「メールアドレス」「パスワード」を設定します。これらは、後で変更することも可能ですが、誤解からトラブルを招いたりすることで、セキュリティ上の問題が生じる可能性もあります。また自分自身のTwitterにおけるURLにもなりますので、設定は慎重に行う必要があります。

設定できないID

Twitter上でIDは、「https://twitter.com/(自分のID名)」という形で外部に公開されます。当然のことながら、既に他の人が登録しているIDは使用できません。既に登録済のIDを新たに登録しようすると、警告が出ますので、その場合は、別のIDを考えるしかありません。

アルファベットや数字の他、アンダーバー「_」も使用可能ですので、工夫してみることをオススメします。決める際、有名人がどのようなIDを使用しているのかを参考にするのも良いでしょう。

ローマ字で名前を書くと、文字数が多くなりすぎるので、巧く省略してイニシャルのようになっていたり、「kun」や「chan」をつけて、ニックネームにしてみたりといった様々な工夫があるようで、ID自体が可愛らしくなっていたり、オシャレな雰囲気だったり、カッコよかったりするケースもあります。また、メールなどで絵文字を使う機会がある方で、文章中に「T_T」「OwO」などといった絵文字を使ったことがある方もいることでしょう。

アルファベット、数字、アンダーバー「_」で構成する絵文字であれば、TwitterのIDの一部として使用可能ですので、取り入れてみるとオリジナル性の高いIDとなることでしょう。

但し、注意すべき点もあります。

他のユーザーから返信をもらう際、そのIDの文字数も140文字という文字数制限の中に含まれますので、IDが長すぎると返信に使用可能な文字数が少なくなってしまい、相手に不親切な印象を与えることになるかもしれません。あまりIDが長くなりすぎないように、工夫することも必要でしょう。10文字程度が目安になるかもしれません。

退会したらその人のIDは使えるか

何らかの理由でTwitterの退会手続きを取った場合、手続き後30日間はそのIDとこれまでのツイートは保護されます。

「一度はやめることにしたけど、やはりTwitterを続けたい」という場合、この30日間内であれば、同じIDでTwitterを再開することもかの王です。しかし、その30日間を過ぎて、その保護がなくなると、そのIDを他の人が利用することが可能になってしまいます。

そのIDを他の人が利用して、何らかのトラブルを起こした場合、そのトラブルに対するクレームが、既にTwitterの使用を止めている自分に及ぶ、ということは、あり得ない話だとは言えません。

これまで自分が使用していたIDを他の方が利用する、という事態は極力避けるべきで、その為には対策を講じる必要があります。

まずIDを登録する時は、慎重にそのIDを決める必要があります。

誰でも思いつくような簡単なIDを使用した場合、退会後にこうしたトラブルに巻き込まれる可能性はゼロとは言えません。自分のイニシャルをそのままIDにするような場合は、特に注意が必要ではないでしょうか。

また、ビジネスでTwitterを使用する際、イベント等で一時的にIDを取得した際には、こうしたトラブルは損害賠償等の損失を伴う可能性もありますので、特に敏感になる必要があります。

Twitterを使用しなくなる、というだけなのであれば、退会の手続きを取るのではなく、フォロワーしか見ることができない鍵アカウントに設定した方が安全です。こうすることで、フォロワー以外のユーザーがそのTwitterを見ることはできませんし、他にユーザーにIDを使われてしまうというリスクも避けることが可能となります。

アカウントを持ち続けるのに、特別なコストは全く発生しませんので、こうした対策を講じることをオススメします。

IDの確認方法


Twitterを主にスマートフォンで利用している、という人も多いでしょう。そのスマートフォンを機種変更する際は、利用するTwitterアプリに自分のIDを設定しなければなりません。その際に、IDを忘れてしまった、などという経験はありませんか。

IDは前述の通り、URLを確認すれば、「https://twitter.com/(自分のID名)」と表記されますので、そこですぐにわかるかと思います。また、タイムラインで自分のツイートを見ると「@(ID名)」で記述されていますので、その記述でも確認可能です。

また、誰かからフォローされたり、返信をもらったり、リツイートされたりすると、登録しているメールアドレス宛に通知メールが届きます。このメールには必ずIDが書かれています。このメールを保存しておくことが大切です。

また、Googleなどで検索すると、TwitterのIDを確認するツールを提供しているところもあります。こうしたサービスの中には便利なものもありますが、中にはTwitterの情報を盗み出して、アカウントを乗っ取ろうとするものも存在しますので、その利用については慎重になるべきではないでしょうか。

マイページ

ブログを新規で開設し、そのブログとTwitterを連動させたい場合、多くのブログツールでTwitterのマイページを登録する必要が生じるケースがあります。

また、ブログやWebサイトを運営している人が新たにTwitterを始める場合、「Twitterを始めましたので、良かったらフォローしてくださいね」などと呼びかけるケースもあるのではないでしょうか。その際に紹介するTwitterのURLがマイページということになります。

何度か紹介している「https://twitter.com/(自分のID名)」というURLが自分のTwitterにおけるマイページとなります。

このマイページはWebサイトやブログのトップページと同じ役割を果たします。有名人が自らのTwitterでの発言についてニュースになる場合、紹介されるTwitterの画面もこのマイページであるケースが多いです。

マイページにはこれまでのツイートはもちろん、自らの紹介文なども掲載される他、ヘッダー部分に画像も入れることができるようになっています。

Twitterでは、このマイページ自体が自分自身のコンテンツとなります。フォロワーを増やしたい方は、このマイページに掲載する画像や紹介文にも工夫を凝らし、多くの人々の注目を集める工夫をすることも大切ではないでしょうか。

本部からのメール

前述の通り、フォローされたり、返信をもらったり、リツイートされたりすると、Twitter本部から登録しているメールアドレス宛に通知メールが届きます。また、自分がフォローしているユーザーの属性から推測する形で、「このアカウントをフォローしてみてはどうでしょうか?」というお誘いのメールがTwitter本部から届くケースもあります。

注意をしなければならないのは、こうしたメールが届くメールアドレスがスマートフォンでも利用するものであった場合、このメールが頻繁に届いてしまい、スマートフォンのバッテリー残量に影響を及ぼす可能性があるかもしれません。

特に携帯電話会社が提供するメールアドレスを登録している場合には、その影響はより大きなものとなる可能性が高くなります。

その対処方法ですが、スマートフォンでは使用しておらず、パソコンのみで利用しているメールアドレスがある場合は、そのメールアドレスを登録した方がこうした悩みを解消する方法と言えるかもしれません。また、この本部からのメールは設定をオフにすることも可能です。

代わりにTwitterのスマートフォンアプリにはプッシュ通知機能があり、返信やリツイートがあった場合の通知をそのプッシュ通知機能で受け取ることも可能ですので、スマートフォンでのTwitter利用が多い方はこうしたアプリの利用を検討した方がいいかもしれません。

但し、Twitter本部からのメールの中には、自身の使用方法について、何らかの注意・警告を伝える内容となっているものもあります。こうしたメールを見落とすことによって、Twitterが使用不可となるケースもあることを頭に入れておくべきではないでしょうか。

他のユーザーとのリプ

「リプ」とは「リプライ(返信)」の略です。タイムライン上に流れる他のユーザーのツイートに返信することで、リプを送る際のアイコンをクリックすると「@(相手のID)」が表示され、その後にメッセージをつけて送ることが可能です。また特定のユーザーに呼びかけをする場合も、「@(相手のID)」を利用すれば、リプと同様にメッセージを送ることができます。

このリプによって、相手と会話のようなやり取りも可能となりますが、一方で注意点もあります。このやり取りは自分と相手だけではなく、他のユーザーも閲覧可能な公開の場であるという点です。

そのやり取りの中に、第三者には知られたくない内容が含まれている場合には、その内容が原因で大きなトラブルに発展する可能性も少なくありません。TwitterにはDMという、第三者が閲覧できない形でメッセージのやり取りができる機能もあります。

リプではなく、DMを利用した方がセキュリティの面からも万全だというケースもありますので、その使い分けを工夫する必要がありそうです。。

IDの変更方法

TwitterでIDを変更したい場合、スマートフォン(iPhone、Android)の公式アプリでも、パソコン上からブラウザを利用する方法でも変更が可能です。

アプリから

公式アプリの「ホーム」画面から左上の自分のアイコンをタップし、「設定とプライバシー」⇒「アカウント」とタップすると、変更画面が現れます。この画面でIDの変更が可能となります。また、公式アプリ以外のアプリでもIDを変更できるものがあります。

プラウザから

パソコンのブラウザの場合、自分のアイコンは右上に出ます。このアイコンをクリックすると現れるプルダウンから「設定とプライバシー」を選択すると「ユーザー情報」という画面が現れます。

この画面で「ユーザー名」を変更し、「変更を保存」のボタンをクリックするとIDの変更が可能となります。なお、この内容は2017年8月時点でのものです。Twitter側の仕様変更により、やり方が変更となる可能性もありますのでご注意ください。

まとめ

小学生の頃、夏休みの読書感想文などで「400字詰めの原稿用紙○枚以上」などという課題に苦労した記憶をお持ちの方も多いでしょう。

そんな方にとって、Twitterの文字数制限である「140文字」は短くて簡単に思えるかもしれません。

でも、言いたいことを表現するのに、140文字では足りず、逆に苦労するかもしれません。
そんな苦労が「小学生の頃とは違うなあ」などと考えてしまうのも、Twitterの楽しさだったりします。そしてこの140文字に慣れると、短い文章であるが故の発信力の大きさに驚かされるのも、Twitterの大きな特徴です。冒頭で発信力の高さについて触れましたが、短い文章だからこそ、多くの人に伝わるということも言うまでもありません。

Twitterならではの表現方法というものも存在します。そんな特徴を楽しみながら、Twitterで様々な人達と繋がってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

twitterのやり方を基本から応用まで徹底解説!

twitterとは、140文字 …