Home / テレビ / 安く済ませる!室内アンテナで地デジを見る3つのメリット

安く済ませる!室内アンテナで地デジを見る3つのメリット

既に一般の地上波放送は地デジ(地上波デジタル放送)に切り替わって、以前に比較して綺麗で鮮明な映像を視聴する事が可能となっています。

マンション等の集合住宅では予め室内で地デジ用のアンテナ線を接続するポートが準備されている事も多いので、あまり意識せずに地デジ向けのアンテナ線を接続されている方も多いのではないでしょうか。

本来、地デジを視聴する際に屋外アンテナを準備する必要がありますが、屋外への設置については専門の業者への作業依頼が必要となり、設置する機器を購入する費用と屋外型アンテナの設置工事費用が掛かる事なります。

この工事費用を負担せずに済ませる事が出来るのが屋内アンテナとなります。

屋外型アンテナの購入費用とその設置工事に関する費用が掛からないというメリットはあるのですが、いくつかデメリットも発生する事になります。

本記事では、そのメリットとデメリットを上げて、どういった点に気を付けて屋内アンテナを準備するべきかをご説明させていただきます。

スポンサードリンク

室内用アンテナで地デジを見る3つのメリット

 

室内アンテナは電波をきちんと拾える環境であれば、設置に関する工事費用といったものは不要ですし見た目にも良い製品がありますので非常に良い選択肢だと言えます。

アンテナとしての性能というよりは利用する場所に電波がどの程度届いているかという環境的な要因に依存しますが、他にも室内アンテナを選択するメリットがありますので、以下にご紹介させていただきます。

室内用アンテナって?(アンテナの説明)

まずは室内アンテナとはどういったものなのかを簡単に触れさせていただきます。

通常、テレビを視聴する際には屋外に設置されているアンテナにアンテナ線(同軸ケーブル)を接続して、そのアンテナにて受信したテレビ放送の電波を受像機(テレビ)に映像と音声にて再生しています。

その屋外に設置されたアンテナを屋内に設置するものが室内アンテナとなります。

基本的に屋内アンテナは屋外設置アンテナより小型となり可搬性や設置場所の自在性といったメリットがある反面、屋内という条件から電波の受信時に屋外に比較して障害物が多くなるというデメリットがあります。

では、最初に屋内アンテナにはどういったメリットがあるのかをご説明させていただきます

メリット1:費用が安<済む

地デジの屋外アンテナは設置に際して事前調査や実際の設置工事の際に関連する部品が必要になったりするケースで工事そのものの費用と追加費用等が発生します。

一方、屋内アンテナに関しては設置工事が不要となりますのでそういった出費が必要なくなるという大きなメリットがあります。

メリット2:設置まで時間が掛からない

アンテナエ事は専門の業者が施工する事になりますからその工事日程調整で利用者側と業者との間で調整が必要となります。

利用者側にあまり時間が無い場合には、テレビは既に購入していてもアンテナ線が接続できずに地デジの視聴がしばらくの間出来ないといった問題が発生する可能性があります。

その点、屋内アンテナはそのような調整が不要ですからそういった問題が起きる事もありません。

メリット3:部屋のレイアウト変更に無理な<対応

屋内アンテナは可搬性に優れていますので、テレビと一緒に移動する事が可能です。

屋外アンテナからのアンテナ線の接続ポートは一般的には壁に据え付けられます。

したがって、テレビの設置場所変更時にはそこからアンテナ線を引き回す必要があり、カーペット等で隠せる場合でも若干膨らむような事になると見た目的にあまり良いものではないかなと感じます。

アンテナ線を引き回すといった事が屋内アンテナにはありませんから、移動に際しての自由度は高くなるのではないでしょうか。

室内アンテナで地デジを見る際の2つの注意点

 

前項にていくつかの屋内アンテナのメリットをご紹介しましたが、その利用時にはいくつかの注意事項があります。

以下にその注意事項をご説明させていただきます。

電波が室内のものに悪影響を与える可能性がある

屋外設置のアンテナと比較して屋内アンテナはメリットとともにいくつかのデメリットがあります。

屋内である事は必然的にアンテナ以外のもの(家具等)が数多く置かれている事になりますので、それらが電波を受信する際に何かの悪い影響を与えてしまう可能性があります。

この点では他の建物以外には基本的に障害物が存在しない屋外設置のアンテナに比較してデメリットとして考えなければいけません。

また、大きさという観点でも屋外設置アンテナに比較して、可搬性等を考慮して小型にせざるを得ない点でも受信できる範囲が小さくなるというデメリットを受け入れる必要があります。

設置する際に気を付けるべきこと

室内アンテナを設置する際にはいくつか注意すべき点があります。

先に触れているデメリットにも関連しますが、やはり電波をより良く受信させるという点を考慮して設置場所を考える必要があります。

また、特定のチャンネルでは受信状態が良くない、また特定の時間では受信状態が悪<なるといった事も想定されます。

具体的にどういった点に注意すべきかを以下にご説明させていただきます。

建物の立地条件

まず、室内アンテナをご利用いただく部屋(建物)の立地条件がどういったものなのかを考える必要があります。

地デジの電波を受信する為に窓側に設置するとしても、隣に大きなビルが建っていると電波がそのピルに遮られる可能性も考える必要があります。

また、ほとんどの場合は壁際にテレビを設置される筈ですから、その壁が外壁になるのかいくつかの部屋を介して外壁なのかという点も考えるべきです。

可能な限りアンテナから屋外までの障害となるものが少なくする必要があります。

特に隣家で自室の室内アンテナの付近に高出力の電子機器(電子レンジ等)が設置されているとその利用時には影響を受けて地デジの電波が入りにくいといった事も考えられます。

特定の時間帯に電波の受信状態が悪くなるといった場合には、設置場所を変更する事も考えていただく事をお勧めします。

建物の構造

入居している建物の構造にも電波の透過性に一定の影響を与えます。

鉄筋コンクリート等の大きい建物の場合には、壁側に比較的大きい金属の構造体が入っていますのでそれにより電波が届きにくい状況になる事も想定されますし、柱付近であればその影響が出やすいといった事も考えられます。

但し、鉄骨構造でも壁が比較的薄い建物等であればそれほど影響は受けない事もあります。

建物の構造が電波の受信状態に影響を与える場合には、アンテナ自体もしくはテレビの配置を変更していただく事が望ましいのではないでしょうか。

次ページ:室内アンテナを選ぶ際に考慮したい2つのポイント

室内アンテナを選ぶ際に考慮したい2つのポイント

室内アンテナを選択する際に個々の利用者にとっての重要点は異なりますが、共通して重要と言える内容をまとめさせていただきました。

これらの点はきちんと考慮していただくことで、室内アンテナの低価格である点と手軽さというメリットを最大限に活かして、デメリットを低く抑える様にしていただければと考えます。

価格・デザイン

基本的に屋外アンテナの設置を避けて室内アンテナを選択される場合には、やはりコスト面が影響している事が多いのではないでしょうか。

先に触れさせていただきましたが、室内アンテナは屋外アンテナに比較してコストメリットは大きい事がありますのでその点を活かせる環境であれば、地デジ向けの屋内アンテナのご利用はお勧めでさるものです。

また、壁からのアンテナ線接続について見た目があまり良くないと感じられる方であれば、テレビとデザイン性に優れた室内アンテナをセットで配置して、見た目を良くするといったメリットもありますので、屋内アンテナは適した選択であるとも考えられます。

アンテナとしての性能

また、アンテナの感度(受信性能)といった面でもより受信感度の高いものを選択すべきです。

屋内アンテナは屋外設置アンテナより良い状態で電波を受信できる場合は少なくなりますので、製品としての受信性能が高くないと地デジの視聴が出来ないといった状況にもなりかねません。

価格的なバランスも考える必要がありますが、可能であれば受信感度(性能)の高い屋内アンテナを選択していただく事をお勧めします。

まとめ

地デジを視聴する際に屋内アンテナを利用するメリットとデメリットをご紹介させていただき、実際に視聴する際の考慮事項についてご説明致しました。

屋外アンテナは初期費用が大きくかかりますが、その後は安定した受信感度がある程度担保されます。

一方、屋内アンテナは初期費用があまり掛からない反面、実際の利用される時にアンテナの受信感度が周囲の環境に影響を受けやすいといった事があります。

本記事のご説明内容をご理解いただき、屋外・屋内どちらのアンテナがご自身にとって利用しやすいかを考慮いただき、適切にご判断下されば幸いです。


スポンサーリンク