Home / テレビ / 弱小電波を強化せよ!地デジブースターの効果と選ぶポイント3点

弱小電波を強化せよ!地デジブースターの効果と選ぶポイント3点

現在、家庭でテレビを見ている際に、ノイズが走ったり、特定のチャンネルを観ることができなかったりした経験はないでしょうか?視聴しようとしていたテレビが見られないとなると、残念な気持ちになりますよね。

テレビが正しく映らない原因が電波受信の微弱のせいだったり、複数のテレビでの視聴である場合、ブースターを導入することで解決できる可能性があります。

テレビはもはや人々にとって、なくてはならない重要な家電です。ぜひブースターについての知識も持っておきましょう。

スポンサードリンク

地デジブースターとは

アンテナ関連のことを調べていくと分配器と同じくらい出て来るのが「ブースター」という言葉です。

直訳では「後押しするもの」という意味ですが、アンテナの付属品としてとらえた場合は「増幅器」を指しています。これはテレビ信号を増幅することができるというものです。

現在、ブースターと分配器を併設している人も多いのではないでしょうか?

今後、地デジアンテナを設置する人の中には、ブースターの存在が必要なのかどうか迷われる人もいると思います。なるべく付属品などにお金をかけず、アンテナだけでテレビを快適に楽しみたいですよね。

役割

地デジ電波は全国に送られており、どこの家庭でも問題なく地デジを視聴することができます。

しかし、電波の発信所からの距離が遠く離れていたり、自宅と発信所の間に高層ビルや山があるなどの条件下では、電波がうまく受信できないこともあります。

このような受信環境が良くない時に役立つのがブースターなのです。ブースターは微弱なで電波を増幅する役割を持っています。

効果

ブースターは、電波をうまく受信できない場合でも視聴可能なレベルにまで引き上げ、補強することができます。

「テレビの映りが悪い」「特定のチャンネル画映らない」「画面にモザイクがかかる」などの症状がある場合には、ブースターの設置を検討してみても良いでしょう。

注意点

ブースターを使う時には電波を強くし過ぎないように注意をすることが必要です。強すぎると電波はひずんでしまうため、逆に視聴がしにくくなるからです。

ブースターが正しく接続できているのに視聴しにくいという場合には、電波が強くなりすぎている可能性があります。

測定方法

ブースターの効果を確認する方法は、「雑音(ノイズ)指数測定」です。ノイズとはいっても、実際の音声ではなく、「電気信号のランダムな動き」のことです。

アンテナでもテレビでも、常に弱いノイズが発生していますが、放送の電波が強い場合はこのノイズはかき消されます。ブースターの効果が出ていれば、ノイズ指数が低くなるというわけです。

一般の人がブースター効果を確認するには「テレビが正しく映るかどうか」を見るだけでも十分だと言えそうです。

野外用と屋内用

ブースターには野外用と屋内用があります。戸建てで使用されるのが野外用、マンション、アパートなどの集合住宅で使用されているのが屋内用となります。

中には集合住宅でも屋内用が使われている場合もありますが、入居者が個人で設置できるのは屋内用のみとなります。

戸建てでも集合住宅でもブースターが重要とされているのは、アンテナに近い場所につける方がノイズの軽減ができるからです。

どんな場合に設置すべきか

地デジブースターが必要となるケースは2つあります。「複数のテレビを地デジで観たい」「アンテナとテレビの距離が離れている」場合です。

複数のテレビを地デジで観る場合は、電波をそれぞれのテレビに分配しているため、電波が弱まり、増幅するのにブースターを必要とするのです。

しかし、分配することで確実にブースターがに必要だとは限らず、もとの電波の強さによって異なります。

アンテナとテレビの距離に関しては、具体的な長さは明確ではありません。もともと電波が届きにくいエリアもあるからです。

どちらの原因にしても、ブースターの必要性はテレビの映り具合で決めましょう。

複数のテレビを設置

複数のテレビを視聴するためには、分配器を使用する必要がありますが、それと同時にブースターの設置も必要となります。分配器で電波を分配することで電波が弱くなってしまうためです。

ブースターで電波を増幅させて補うことをお勧めします。

発信地の電波が微弱

もともと発信地の電波が弱い地域もあります。この場合はブースターが必要となるでしょう。

地デジの受信電波が弱く感じる

それまではどうもなかったのに、急にテレビの映りが悪くなったと感じる場合には、受信電波が弱くなったことも考えられます。

ブースターを利用することで、受信電波を増幅して、綺麗な映像を視聴できる可能性があります。

特定チャンネルが視聴できない

特定のチャンネルに限って視聴ができないという場合も、電波が弱くなっていることが考えられます。この際もブースターの設定で解決できるでしょう。

建物の障害

近くに大型ビルが建設されてから、テレビの映りが調子が悪くなったということもよく聞きます。この場合もブースターの設置で元通りの綺麗なテレビ映りを取り戻すことができるでしょう。

次ページ:地デジブースターを選ぶポイント

地デジブースターを選ぶポイント

テレビの映りが悪く、困っている人も多いでしょう。特に複数台のテレビを所有する家庭にとっては大きな問題となっています。屋内用、野外用の製品など、ブースターの選び方のポイントをまとめてみました。

ブースターの性能

「雑音指数」「利得」という2つの性能を重視しましょう。

利得とは受診した受信信号をどれだけ増幅できるのかを示す数値のことです。当然ながら、数値が大きい方が受信状態を改善させる効果が期待できます。

雑音指数はどの程度、ノイズの影響を受けるかという数値のことです。雑音指数は小さいほどノイズの影響を受けることなく増幅させることができるのです。

設置場所に合った製品

テレビブースターには屋内用と野外用があります。

野外用ブースターは屋内用と比べて、効果が高いメリットがありますが、野外用ブースターは基本的にアンテナ付近に設置することから、専門業者に設置を依頼することになるため、工事費用がかかります。

BS、CSへの対応

受診できる周波数やチャンネルは製品によって異なります。

最近の傾向としては、BS、CSも視聴したいという人が増えているので、ブースターが対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

おすすめブースター3選

最近では地デジテレビが増えてきたことから、地デジブースターの存在も多く知られてきました。また、販売されているブースターも各社が様々な特徴を掲げて、力を入れています。

では、お勧めのブースターをいくつか紹介しましょう。

DXアンテナ GCU433D1 CS/BS-IF・UHF増幅モデル

このアンテナのGCU433D1を使用してから、受信状況がはるかに良くなったという口コミが多く寄せられています。屋内、野外でも使用可能で、CS、BSにも対応しています。

ブースター製品の中でも高い人気を得ている製品です。

日本アンテナ VRB33SU BS・CS/UHF/V-Low・FMブースター 家庭用卓上ブースター

縦置き、横置き可能の卓上ブースターで、室内用ブースターとして高い評価を受けています。機能面にも人気があり、受信強度を感じる人が多いようです。

こちらもBS、CSに対応しています。

マスプロ電工 UBCBW35 BS・110°CS・UHFブースター

こちらのブースターはCS、BSにも対応しているばかりか、4K、8kテレビにも対応可能なブースターです。

性能についても高い評価を得ているので、今後8KKテレビの購入を考えている人にはお勧めの製品と言えそうです。

まとめ

地デジテレビが当たり前の時代となり、また一家に数台のテレビを所有する現在、視聴環境を整えるために必要不可欠な地デジブースターですが、まだまだどんなものを選んだら良いのかわからない人も多いでしょう。

時代と共に、販売される製品も増えておりポイントを押さえて、正しく選択することで快適なテレビライフを楽しみたいものです。


スポンサーリンク