Home / Android / 通信料金を節約しよう!テザリングができない時の3つの対処法

通信料金を節約しよう!テザリングができない時の3つの対処法

スマートフォンやタブレットといった携帯デバイスが一般的になり、スマートフォンを介してWi-Fi対応のデバイスをインターネットへ接続できるデザリングはかなり使い勝手の良い機能ではないでしょうか。

良くある使い方として、ノートパソコン等をご利用の方がメールの添付ファイルがスマートフォンでは細かくて見にくい場合に、パソコンでそのファイルを確認するためデザリングを利用してネット接続するといった利用方法があり、他にもいろいろと便利な使い方があります。

このように便利なテザリングですが、動作環境やテザリングを行うデバイスの状況によって利用出来ない事があります。

本記事ではそういったテザリングが利用出来ない状況となった時にどういった対処方法があるのかをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

テザリングの種類は1つだけじゃなかった

基本的にはWi-Fi しか対応していないデバイスをインターネットに接続させる為に、テザリングをご利用される方が多いのではないかと思いますが、その他にもテザリングとしての機能を持っています。

それではどのような種類のテザリングがあるのかをご説明致します。

 Wi-Fiテザリング

テザリングの機能をご存じの方であれば、この機能をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

先にも触れておりますが、Wi-Fiしか対応していないデバイスをインターネットに接続する為に利用するもので、言い方を変えるとモバイルWi-Fiルータと同じような機能という事になります。

iOSとAndroidにて設定手順が若干異なります。iOSでは[設定]から[インターネット共有]をタップして設定をオンにしていただき、Androidでは[設定]から[無線とネットワーク]をタップして[デザリングとポータブルアクセス]を選択し、[ポータブルWi-Fiアクセスポイント]をオンにして下さい。

少し待っていただくとWi-Fiデバイスから設定したWi-Fiネットワークが検知できる筈ですから、適切なネットワークへ接続して下さい。

なお、最初のネットワーク接続時にはパスワードが必要となりますので必要に応じて入力して下さい。

 USBテザリング

USBテザリングは、先にご説明差し上げましたWi-Fiテザリングとは異なりスマートフォンと有線(USB)を利用して接続して利用する形態となります。

実際には各種の携帯デバイスがWi-Fiをほぼ実装している現状を鑑みると、ノートパソコンの様にUSBインターフェイスを持っているデバイスを利用する場合や通信デバイス(キャリア通信サービスを契約しているスマートフォン等)への充電しながら通信するといった場合には活用できるのではないでしょうか。

手軽さという観点ではWi-Fi接続に分がありますが、充電を行いつつ通信したいという場合やWi-Fiが安定していない環境(他からの通信干渉等)であれば、利用する価値があるのではないかと考えます。

なお必ずUSBケーブルを持ち歩く必要があり、実質ノートパソコンでの利用が主になるのではないかと考えられる事と、充電も並行して行う場合にはバッテリーの電力消費量が多くなりますので、平行利用時は電池残量にご注意下さい。

Bluetoothテザリング

このテザリング方法は電力消費が少ない事が特徴のテザリングとなりますが、通信速度という観点ではデメリットを考慮する必要があります。

これは接続方法によるもので、通信の担うデバイスとの間をBluetoothで接続する事ため、その通信速度がインターネット側の通信速度の限界になる点がデメリットと言えます。

消費電力が少ないというメリットを活かす為にあまり通信速度を必要としないアプリケーションでの利用であれば問題は生じにくいと考えられますので、オンライングームといった高速広帯域の通信が必要となるものでは利用しづらいのではないでしょうか。

またBluetooth接続で必要となるベアリングをネット接続前にデバイス間で確立させておく必要がありますので、利用時にはBluetoothでの接続が出来ている事を確認して下さい。

次ページ:デザリングができない!4つの主な原因

テザリングができない!4つの主な原因

3つのテザリングについてご説明させていただきましたが、実際には設定したつもりでもテザリング出来ないといった事はよくあります。

テザリングに関する設定等を確認していけば原因はすぐ分かる事なのですが、突然使えないとなるとやはり焦ってしまうこともあるかと思います。

以下のどういった原因でテザリングが利用出来ない状況になるかをご説明します。

事前にこういった原因でテザリングが利用出来なくなると把握しておけば、いざという時にも焦らず対応可能となる筈です。

ネットワーク設定の不備

各種のモバイルデバイスの初期設定ではテザリングを利用するのに必要な設定はオフになっていますので、テザリングを利用する場合には設定変更が必要となります。

この点を確認せずにテザリングが利用出来ないと判断される事のない様にご注意いただければと思います。

また、一度設定を行っていても機内モード等を利用した際には初期設定に戻っている可能性もありますので、テザリングを利用する際には必要となる設定が行われているかを確認してください。

Wi-Fiパスワード

Wi-Fiを利用してインターネット接続を行う場合には、そのWi-Fiネットワークへ接続する際のパスワードが必要となります。

これは第三者が勝手に利用出来ないようにする為にも必要なものですが、このパスワードを変更した場合等には接続するWi-Fiデバイス側も変更しておかないと、Wi-Fi接続が出来ないといった状況になりますのでご注意下さい。

Bluetoothベアリング

Bluetoothでの通信はデバイス間のベアリングが必要となる事は先にご説明しておりますが、このベアリングが正しい状態でないとテザリングを行う事が出来ません。

テザリングが正しく動作しない場合には、Bluetoothのベアリング状態が正しいかどうかをノートパソコンのシステム設定で確認して下さい。

テザリングオプション契約

これはテザリングを行おうとする最初の段階で気付く問題です。

現在のスマートフォン等の契約は大手キャリアやMVNOからの格安SIMといった契約まで幅広く提供されていますが、その契約ではテザリング不可という種類の契約もあります。

当初の契約時にはテザリング対応については気にせずに契約してしまい、しばらくしてからテザリングを利用しようとすると正常に利用出来ない事が判明するといった形になります。

こういった契約の問題はデバイス設定で対応出来るものではありませんので、契約元にどういった利用契約なのかを確認して必要な機能が提供されるサービス契約に変更していただく必要があります。

次ページ:テザリングができない時の対処法

テザリングができない時の対処法

基本的には一度テザリングを設定しておけば再度同じ設定を行わなくてもテザリングは利用可能となる筈ですが、場合によってはそのままでは利用出来ない事もあります。

そういった際には以下を参考にご対応下さい。

ネットワーク設定

テザリングにてネットワークを利用する設定は、iPhoneの場合には[設定]をタップして[インターネット共有]がオンになっていればテザリングは利用可能となります。

Androidであれば、[設定]から[無線とネットワーク]をタップして[テザリングとポータブルアクセス]から[ポータブルWi-Fiアクセスポイント]で設定がオンであれば利用可能ですので、テザリングが利用出来ない場合にはこの設定を最初にご確認下さい。

Wi-Fi

Wi-Fiテザリングが利用出来ないといった場合に考えられるのは、Wi-Fiネットワーク接続に必要なパスワードが誤っている場合が多いと考えらえます。

この場合はWi-Fiのアクセスポイント側で設定しているパスワードと一致させる事でテザリングは利用可能となる筈です。

Bluetooth

Bluetoothテザリングが利用出来ない場合には、デバイス間のベアリングが何等かの問題で正常動作していない可能性があります。

Bluetooth自体のオフ・オンを行っても正常動作しない場合には、一度ベアリング情報を消去してベアリングし直すと正常接続できる場合があります。

テザリング使用時のデメリットに気をつける

テザリングは使い勝手の良い機能ではありますが、テザリングを使用する事でいくつかのデメリットがありますので、そちらにも触れさせていただきます。

電池の減りが早まる

テザリングは通常の使い方より通信する量が多くなりますので、それに伴う出力も大きくなります。

これは電池の電力消費が通常より多くなる事を意味しますので、デバイスの利用時間が利用者の方が意識している時間より短くなります。

これを意識していないと作業中にテザリングしているデバイスの電池切れが発生する事になりますので、注意いただく必要があります。

通信量の増加

テザリングに伴いデータ通信が増える事になりますので、通信上限量を設定しているご契約の場合にはその点も確認しておく必要があります。

通信量の上限設定のある契約の場合、上限値に達すると急激に通信速度が遅くなる場合がありますのでご注意下さい。

まとめ

モバイルデバイスでのテザリングに関してどういった種類があるのかと利用する際の注意といった点をまとめてご説明させていただきました。

現在は大手キャリアでの高速通信契約で高い料金を支払うより、MVNO等の格安SIMにてテザリングを利用した方が価格的なメリットと使い勝手が良いと感じるものも多く有ります。

こちらでご紹介したテザリングを活用いただいて、通信費用を抑える事をご検討いただければ幸いです。


スポンサーリンク