Home / Wi-fi / スターバックスでWi-fiを使うためには

スターバックスでWi-fiを使うためには

ITの発展とともに、我々の仕事スタイルも次第に変わってきました。これまでは、オフィスという場所にとらわれて仕事をすることが当然の世の中でしたが、通信やITが発展することで、仕事をする場所を選ばなくても良くなってきました。

いわゆる、ノマドワーカーと呼ばれる仕事スタイルが、一般化してきました。それは、スペックの高いノートパソコンが安価で購入できるようになり、またその種類も豊富になったことや、タブレット端末で仕事を仕上げることが可能になってきたからです。さらに、インターネット通信のインフラが次々と整ってきたことも、その理由の一つです。

今では、スターバックスを代表とするカフェでノートパソコンやタブレットにBluetoothキーボードを接続し、オフィスから取引先までの道のり、ちょっとしたスキマ時間、取引先や営業先からの情報をオフィスまでのカフェでまとめ、それを提出することも可能になりました。

それどころか、個人事業者同士やフリーランス同士で会議を行う場所としても、スターバックス等のカフェが利用されるようになりました。なぜスターバックスを代表するカフェでの作業が一般化してきたのかというと、その落ち着いた雰囲気やコーヒーだけではありません。

フリーWi-Fiという、無料でインターネットに繋ぐことが出来るサービスが発展し、様々なスターバックスで利用可能になったからです。スターバックスでWi-Fiを利用することにより、これまでよりもビジネスは加速していくようになりました。

ノートパソコンがあれば、ふと立ち寄ったスターバックスでWi-Fiを利用しインターネットに接続し、作業を行い納品までをすることが出来るようになったからです。そこで、ここではスターバックスでWi-Fiを使う方法について、ご案内致します。

スポンサードリンク

基本情報


まずは、スターバックスで使うことが出来るWi-Fiの基本的な情報からご案内して参ります。料金や運営会社、セキュリティの問題等に関して、見ていきましょう。

料金

ではまず、スターバックスでWi-Fiを利用する際の利用料金についてです。スターバックスが発信しているWi-Fiは、基本的にフリーWi-Fiです。つまり、提供しているスターバックス店舗であれば、全て無料でインターネットに繋ぐこと出来るのです。

通常、インターネットにデバイスを繋げるためには通信料金が必要となりますが、スターバックスでは無料でデバイスをインターネットに繋ぐことが出来ます。さらに、このスターバックスのフリーWi-Fiは、日本全国ほとんどのスターバックスで利用可能です。また、日本を飛び出した海外でも使うことが出来ます。そのため、海外出張や海外旅行に出かけた際にもスターバックスのフリーWi-Fiはインターネット通信の強い味方となってくれます。

利用可能な店舗

続いて利用可能な店舗についてですが、これは上記でもご案内したように、日本全国ほとんどのスターバックスで利用することが可能です。スターバックスを見かけたら、Wi-Fiがあると思っても良いほどです。利用可能な店舗には、「Free Wi-Fi」と書かれ、お馴染みのWi-Fiをマークが書かれたステッカーが貼られています。

北は北海道、南は沖縄まで、非常に幅広く利用可能店舗があります。そしてまだ利用できない店舗でも、需要がある限りは次々と利用可能になっていくでしょう。

運営会社

スターバックスでのフリWi-Fiを利用可能にしている運営会社は、『株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス』という、本社を東京都にかまえる日本の企業です。こちらの企業は、スターバックスだけでなく、あらゆる地下鉄やファースト・フード店でのWi-Fi利用の実現を目指しており、こちらの企業が手がけるフリWi-Fiスポットは次々に増えております。

通信のインフラを構築し、快適で安心なインターネット通信を行えるようにという社長の想いの基、2007年に設立された企業です。設立から10年程ですが、今では日本最大規模数のフリWi-Fiスポットの提供に成功しています。

スタバで提供されるWi-fiとは

スターバックスで提供されているWi-Fiとは、上記の企業が提供しているフリーWi-Fiであり、無料で利用できる通信インフラです。スターバックスに立ち寄れば、通信制限を気にすること無くインターネットにデバイスを繋げ、作業を行うことが可能になります。ちなみに、接続する際のSSIDは「at_STARBUCS_Wi2」となっております。

しかし、これはスターバックスのフリWi-Fiサービス公式でも掲げていることですが、Wi-Fiの利用だけでの立ち寄りは、本来の使い方ではありません。飽くまで、スターバックスのお好きな飲み物でリラックスしながら、さらに無料でWi-Fiを使えるというサービスです。

そのため、スターバックスで提供されるWi-Fiとは、スターバックスを利用する延長線上にあるサービスだと認識して下さい。

スタバWi-fiのセキュリティ

スターバックスで利用できるWi-Fi、「at_STARBUCS_Wi2」は、実は暗号化されておりません。これだけ聞くと、何やらセキュリティに問題があるのかと思ってしまいそうですが、これは無駄を省いたと言っても良いでしょう。

なぜなら、誰もが自由に使えるフリWi-Fiで、そのWi-Fi通信を暗号化したところで皆同じ通信インフラを使うことになるので、意味が無いのです。そのため、スターバックスで提供されているWi-Fiが、特段セキュリティに脆弱性があるという訳ではありません。これはスターバックスに限ったことではありませんが、フリWi-Fiを使う以上、自分以外の人間に通信状況を傍受される可能性は当然あります。ですので、クレジットカード情報やインターネット上での決済を行うことはあまりおすすめしません。

もし行うならば、そういった面もきちんとカバーしているセキュリティアプリやソフトをインストールし、それらが動作している状態で行う方が好ましいでしょう。「at_STARBUCS_Wi2」に関しては、間違いなくスターバックスで利用可能なフリーWi-Fiですので、繋げただけでウイルスに感染するといった危険性はアリませんので、安心してご利用下さい。

そして出来れば、インターネットで決済やクレジットカード情報等を扱う上でのセキュリティアプリやソフトをインストールしておきましょう。

スタバの接続方法

ここまでは、スターバックスで提供されているフリーWi-Fiについての基本的な情報についてご案内して参りました。ではいよいよ、スターバックスでのフリーWi-Fi接続をしていきましょう。

①まずは、「at_STARBUCS_Wi2」を探そう

スターバックスで提供されているフリーWi-Fiを利用するためには、以前までは事前の利用登録が必要でした。しかし今では、店舗内でブラウザを立ち上げ、設定を行うだけで、インターネットへの接続が可能となりました。

そして、そのログインをするためには、まずはスターバックスで何か飲み物でも頼み、店内の落ち着く場所に座りましょう。そしてWi-Fiのスイッチをオンにし、「at_STARBUCS_Wi2」というSSIDを探しましょう。無事見つけることが出来たら、それを選択して下さい。

②ブラウザを立ち上げよう

「at_STARBUCS_Wi2」への選択をし、接続されたことを確認したら、次にブラウザを立ち上げましょう。すると、スターバックスのフリーWi-Fiへ接続する画面が表示されます。その画面に表示されている、「インターネットに接続」を選択して下さい。

すると、画面が移り変わり、利用規約が表示されますので、これに同意して下さい。

③スターバックスで快適なインターネット通信を楽しもう

同意すると、晴れてスターバックスのフリーWi-Fiを利用することが可能になります。あとは、インターネットに接続して作業を行ったり、動画や音楽を楽しんだりと、自由に使うことが出来ます。

フリーWi-Fiにデータ使用量制限はありませんので、好きなだけ活用することが出来ます。コーヒーを楽しみながら、インターネットに接続して休憩をしたり、仕事をすることが可能です。

スタバのWi-fiがつながらない原因

上記では、スターバックスのフリーWi-Fiに接続する方法についてご案内致しました。ですが、このフリーWi-Fiに上手く接続できないことがあります。その原因について、見ていきましょう。

電波強度の問題

スターバックスは、店舗によってその規模は様々です。1階フロアだけの店舗もあれば、2階フロアまである店舗もあります。ですが、発信元は変わらず1店舗につき1つです。そのため、フリーWi-Fiの電波が出されている場所からあまりに遠くの席に座ってしまうと、電波強度が弱くなってしまい、接続できないといったことが起こります。

そういった時は、1階フロアに降りてみたり、座席を変えることで、電波強度が安定した強度に保たれ、接続が行えるようになります。是非試してみて下さい。

制限時間を超えているかも

スターバックスのフリーWi-Fiには、実は1時間という制限時間が設けられています。そのため、1時間をすぎて接続を行おうとすると、その接続は切断されてしまいます。作業に集中していると、つい時間を忘れてしまうものです。

そういった時には、一度Wi-Fiの接続を切り、再度接続し、ブラウザを立ち上げ利用規約に同意することで、また1時間利用することが出来ます。これも見落としがちな原因ですので、利用する際には、その利用時間にも気を付けましょう。

Free Wi-fiを使う際は注意しよう


最後に、スターバックスでのフリーWi-Fiに限らず、フリーWi-Fiを使う際全般に注意すべきことに関して、ご案内致します。新たなサービスやインフラの登場は、新たな犯罪と被害の温床ともなるので、十分に注意して利用するようにしましょう。

理由①プライベート情報を傍受される危険性

フリーWi-Fiは、正しくは公衆無線LANです。つまり、大勢の人間が同じ無線LANに接続している状態ですので、その中に情報を傍受しようとしている人が紛れていても、おかしくはありません。

特に、フリーWi-Fiは通信が暗号化されていないため、誰でも通信を行うことが可能です。その中に攻撃者が紛れ込んでいると、様々なアカウント情報や、いわゆる個人情報、フリーWi-Fiに接続してのインターネット決済を行った際のクレジットカード番号や銀行情報を傍受されてしまう可能性があります。

こういったことにより、アカウントの乗っ取りや個人情報、企業情報の流出が起こるのです。攻撃者は、フリーWi-Fiに接続したデバイスの通信を傍受し、必要な情報を集めます。そこで必要な情報が集まったら、パスワード等を解析します。ここで、セキュリティアプリやセキュリティソフトを起動している状態でないと、デバイス内のパスワードを含む全てのデータにアクセス可能になってしまいます。

そのため、フリーWi-Fiを利用する際には、無料でも良いので必ずセキュリティアプリやセキュリティソフトのインストールをしておきましょう。

理由②公式SSIDと似たSSIDに接続してしまっている危険性

世の中には、人を騙そうとする人がいます。そういった方がよく使う手法は、公式に発表されているSSIDとよく似たSSIDを発信することで、自分が発信している電波を掴ませ、通信をしてもらうことによって、情報を傍受しようとする手法です。

駅構内や電車内で接続できるWi-Fiを見つけても、無料でインターネットに接続できるからと言って、絶対に利用しないようにして下さい。そして、スターバックス等のフリーWi-Fiスポットを設けている場所での通信でも、接続しているSSIDが本当に合っているのかを、必ず確認して下さい。もし違うSSIDに接続してしまっている場合、あなたの個人情報やアカウントを抜き取られてしまう危険性があります。

まとめ


いかがでしたでしょうか。このように、スターバックスで提供されているフリーWi-Fiはとても便利なもので、誰でも簡単にアクセスすることが出来ます。ですが、そこには危険も潜んでいます。自分で出来る防衛策は、お金を払ってでも行ったほうが良いでしょう。

そして、スターバックスで提供しているフリーWi-Fiは、飽くまでスターバックスの利用が前提です。ですので、当たり前のことではありますが、スターバックスのフリーWi-Fiを使う際には、何か飲み物等をオーダーした上で、フリーWi-Fiというサービスを利用するようにしましょう。

スターバックスに立ち寄った際には是非、スターバックスが提供しているフリーWi-Fiを活用してみて下さい。


スポンサーリンク

Check Also

ローソンで無料Wi-fiに接続する方法と注意点

公衆の無料Wi-Fiが利用でき …