Home / テレビ / テレビをネットに繋げよう!スマートテレビの機能と各社の特徴全4つ

テレビをネットに繋げよう!スマートテレビの機能と各社の特徴全4つ

スマートテレビには従来のテレビ機能にインターネット機能が加わっています。

ですからiPhoneなどと同じように、スマートテレビとインターネット回線さえあれば従来のテレビ番組やビデオオンデマンドに加えて、YoutubeやSNSなどのやり取りをテレビ画面の中でできるようになります。

そこで今回はスマートテレビの機能と各社の特徴全4つについてご紹介していきます。

携帯電話やタブレットが非常に普及しているため、まだスマートテレビの認知度や必要性が比較的低いかもしれませんが、様々なものがインターネットに接続される「IoT」が今後さらに普及していくことが予想されますから、乗り遅れないように知識を整理しておきましょう。

スポンサードリンク

スマートテレビとは

スマートテレビには従来のテレビ番組に加えて、外付けハードデイスクやインターネット回線を接続することができるので、より多くの種類の映像をテレビ画面で視聴できるようになります。

この機能により大容量録画をテレビ画面で再生することができますし、インターネット接続画面をテレビ画面に映すことができますので、Netfloxやhuluなどのネット配信動画も従来のテレビと同じ感覚で視聴できます。

スマートテレビを販売しているメーカー

スマートテレビは「スマホのテレビ版」と理解しても良いでしょう。

iPhoneやアンドロイドでOSが異なるのと同じように、スマートテレビもメーカーによってOSが異なります。各テレビメーカーが従来のテレビ機能に付加価値をつけたスマートテレビに力を入れているなか、Appleもスマートテレビに注目してApple TVを販売しています。

映像の綺麗さ、という点ではテレビメーカーと比較して劣る部分もありますが、現時点ではほとんど差が分からない程に画質も改善されています。

また、iPhoneやiPadとの連携がしやすい点は大きなメリットですから、Wi-fi環境が整っていればiPhoneやiPadで撮影した動画や写真を即座にテレビの大画面で視聴することができます。

プロバイダ契約必須

スマートテレビはインターネット回線を使用するので、当然プロバイダ契約が必要ですし、使用する通信料が大きいことも知っておきましょう。

プロバイダはNTT東日本のFLET’S 光をはじめとし、BIGLOBE、So-net、 niftyなど数多くあります。

特に戸建ての場合はインターネット使用量と契約料金を正確に把握することにより、どのプロバイダと契約するかを吟味することで費用削減につながります。

例えば、携帯会社ドコモと携帯電話を契約している方は、ドコモのインターネット回線を契約する方が割引額が大きくなる場合があります。

逆に、集合住宅の場合、最初から一括でインターネット回線が契約されていることも多いので、よく確認して無駄な契約はしないように注意しましょう。

スマートテレビでできること6つ

従来のテレビの機能とは、ただ単に視聴する機能に限られていました。

しかし、スマートテレビの機能はスマートフォンの機能と同じように、私たちから情報を発信することができるので、テレビ画面を用いてその場にいない人達とゲームやSNSのやりとりを実施することも可能となるのです。

ウェブサイト閲覧

スマートテレビにはOSが搭載されているので、スマホやパソコンと同じようにテレビ画面でウェブサイトを視聴することができます。

アプリのダウンロード

スマホやパソコンと同じようにアプリをダウンロードすることもできます。ゲームのコントローラー型のリモコンも販売されているので、利用するアプリによって使用するリモコンを選ぶことで操作性が向上するので重要です。

次ページ:動画のオンデマンド配信

動画のオンデマンド配信

インターネット回線を用いてできる機能の特徴は、オンデマンドによる動画配信サービスです。

従来のテレビ機能の場合、放送時間を事前に確認、録画予約をする、後で時間を見つけて視聴する、という3段階の行動が必要でした。しかし、オンデマンドを利用すれば、番組のジャンルを問わず好きな番組を好きな時間に探して見ることができるのです。

これまでもオンデマンド機能はありましたが、一般的にはパソコン・タブレット、スマートフォンを利用して視聴していましたので、比較的小さな画面で利用することがほとんどでした。

スマートテレビでオンデマンド配信を視聴できるとなれば、普段のテレビ番組を視聴する時と同じ臨場感を出すことができます。

例えば、スポーツ観戦の際にはオンデマンドで配信される映像を大画面で視聴することにより臨場感をアップさせることができますし、通常のテレビ番組では中継していないスポーツや試合を配信していることもあるのでメリットが大きいです

主なオンデマンドサービスには、Netflix, Amazon Prime Video, Huluなどが挙げられます。

Netflixは2015年から日本でサービス開始となった、アメリカ発のオンデマンドサービスです。Netflixでしか視聴できない番組もありますし、まずは1ヶ月無料体験ができるので簡単にオンデマンドを視聴することができます。

Amazon Prime Videoは通販会社Amazon Japan合同会社の動画配信サービスです。Amazon Prime VideoはAmazon Prime会員の特典として登録されています。

Amazon Prime契約によって通販で購入した品物の手数料優遇、音楽聞き放題、容量無制限のクラウドの使用、などが利用できるので、頻繁にAmazonを利用して通販購入する方でAmazon Primeに加入している方は、追加使用料金を支払うことなくAmazon Prime Videoの利用が可能です。

Huluでは全ての番組が月額料金で見放題となるオンデマンドサービスで、特に日本テレビ系列の人気番組が豊富です。

このように日本テレビに関わらず、民法各局がオンデマンドサービスを用意しており、好きな芸能人や好きな番組が多い局があれば、オンデマンドサービスの利用を検討してみましょう。

スマホなどのデバイスとの連携

スマートテレビを利用する際には、スマホがリモコンの代用として使用できます。

スマホを用いて放送中の番組や録画番組の中からまとめて好きな番組を検索することもできますし、スマホの中で番組表を見ることもできます。

また、スマホにスマートテレビで視聴した録画番組をダビングして、外出先で続きの番組を視聴することもできます。

ネットショッピング

ネットショッピングサイトをテレビ画面で視聴することが出来ます。

画像が大きいので取り扱われている商品を拡大して見やすいですし、家族全員で同じ画面を見ながら話し合うこともできます。

他家電との連携

他の家電とインターネット回線を接続するだけ、テレビ画面上に接続した家電に記録されている映像を映し出すことができます。

例えば、ビデオカメラで子ども達が遊んでいる姿を撮影したり、水族館や動物園などで動いている展示物を動画として映像に残すことも少なくありません。

これらの動画や写真を家族全員で視聴したいときには、スマートテレビとビデオカメラを接続することにより、ビデオカメラの中の映像をテレビ画面に映すことができるので家族全員で一緒に映像を視聴することができます。

各社メーカーのスマートテレビの特徴全4つ

テレビ リモコン チャンネル 操作 スイッチ 番組 ニュース お笑い 映画 tv アニメ スペース 余白 電化製品 家電 電波 電池 手

スマートテレビに力を入れている各社メーカーの特徴を知っておきましょう。

Panasonic

パナソニックは、Firefox TVを搭載しており、Firefoxのイメージ同様に通信速度が速い点が特徴です。

SONY

ソニーは、Android TVを搭載しておりインターネットサービスが利用しやすい点がメリットですが、通信速度がやや遅い点がデメリットです。

SHARP

SHARPはソニー同様Android TVを搭載しているのでインターネットサービスが充実していることに加えてAI機能が搭載されているので、より自分の好みのチャンネルを選択しやすくなっている点が特徴です。

LG

LGはweb OSという独自のOSを搭載していますが、元々は携帯会社HPの子会社の技術を使用しているので機能的には他のOSと遜色はないですし、AIも搭載されていますから操作性に問題はありません。ただし、ここで搭載されているAIは日本語が使えないので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスマートテレビの機能と各社の特徴全4つについてご紹介いたしました。

スマートテレビがあれば動画、ゲーム、音楽など多彩な内容をテレビ画面上で楽しむことができます。また、最新の画像技術により、大画面でも細やかで繊細な映像を楽しむことができます。

スマホなど、他の電子機器と連動させることで様々な映像をテレビ画面上で移すことが可能ですし、操作性も向上しているので音声認識機能が搭載されていれば細かな操作を覚える必要もありません。

またオンデマンドサービスを利用するとより視聴できる番組を増えますから、スマートテレビは生活パターンを増やしてくれるアイテムとして今後さらに普及していくことが見込まれます。

早めにスマートテレビの購入を検討して見てはいかがでしょうか。


スポンサーリンク