Home / Skype / Skypeの画面共有の手順とSkype for Businessでの共有・制御の仕方

Skypeの画面共有の手順とSkype for Businessでの共有・制御の仕方

Skypeは世界中で使われているインターネット電話サービスの一つで、日本でも多くの人が利用しています。

企業でも利用するケースが増えてきており、面接をSkypeを行ってコスト削減を図ったり、複数の支社同士がSkypeを使ってミーティングをするなど、個人利用にとどまらない勢いでSkypeの利用者が増えています。

Skypeは無料で使用することができ、簡単にほかの人と通話をしたり、チャットができるソフトウェアとして活用されています。

そこで、Skypeにある一つの機能である、画面共有について紹介していきます。

スポンサードリンク

skypeで画面共有すると便利な場面2つ

Skypeではただ音声だけの通話をするのではなく、自分のPCの画面を見てもらいながら通話することができます。
この機能は様々なシチュエーションで役立ちます。

PC操作で困ったとき

PC操作で困ったとき、PCに詳しい人がいたらSkypeで画面共有することで、簡単に意図を伝えやすくなります。

わからないことはどう説明していいかわからないことも多いので、実際に画面を見せて、相手側の指示で操作して確かめる方が非常に効率がいいです。

作業を見せたいとき

絵をかいていたり、曲を作るなど、何かを作っているものを見せたいときにも便利です。そのため、絵などのファイルを渡して、共有された画面を見て具体的な評価を得るといったことも可能です。

作業の過程を見せたり完成品を見せたりするなど、シチュエーションはたくさんあります。

また、画面のみの共有だけではなく、デスクトップに流れる音声も共有が可能となっているため、同じ音楽を聴きながら一緒に作業したり、話したりと、実際に面と向かって話している状況に近づいた通話が可能です。

音声の共有は画面共有とはまた別途設定が必要ですが、手順は下記に示している画面共有と同じで、ページ下部の「+(デスクトップ版)/…(ストア版)」の「システムサウンドを共有しています」をクリックするだけです。

画面共有をする方法

windowsの場合

windowsのSkypeは、デスクトップ版とストア版の二種類が存在します。

デスクトップ版とは、カンタンに言うと従来のソフトウェアと同じexe形式のものです。公式サイトに行ったりダウンロードサイトに行って入手できるものとなります。

ストア版は、windowsストアから入手できるソフトウェアになります。

デスクトップ版とストア版で操作が違うので分けて紹介します。

デスクトップ版での共有方法

  1. 音声通話を開始します。
  2. 通話が開始されたら、[+]となっているボタンをクリックし、[画面を共有]をクリックします。
  3. ダイアログボックスが表示されるので、[開始]をクリックすると、自分の画面全体が相手に共有されます。

ストア版での共有方法

  1. 音声通話を開始します。
  2. 通話が開始されたら、[…]となっているボタン(通話終了ボタンの隣)をクリックします。
  3. いくつか項目が出てくるので、[画面とサウンドを共有]をクリックします。
  4. ダイアログボックスが表示されるので、[開始]をクリックすると、自分の画面全体が相手に共有されます。

両方とも、PCに複数のディスプレイが接続されているときは、どのモニターを共有するか選択するウィンドウが表示されます。

通話中に表示される通話ウィンドウにある、[共有オプション変更]をクリックするといつでも共有する画面の範囲やディスプレイを変更することができます。

デスクトップ版ではこれらに加えてPCから出る音声をミュートするかどうかも切り替えができますが、ストア版ではこれができないので今はデスクトップ版のほうが扱いやすいです。

macの場合

  1. Skype通話を開始します。
  2. 通話が開始されるとウィンドウ下部に[共有アイコン]が出てくるので、それをクリックして[画面共有]をクリックします。
  3. どこを共有するかを指定するダイアログウィンドウが出てくるので、[画面全体を共有]をクリックします。
  4. ディスプレイを複数接続している場合は、ディスプレイを選択するウィンドウも出てくるので、どのディスプレイの画面を共有するかも選びます。
  5. [開始]をクリックすると相手に画面が共有されます。

macもwindowsもネットワーク環境が弱いと相手に映像がいかないので注意してくださいね。通信速度が速くて、PCのスペックもあると自動的に高画質で相手に映像が届きます。

画面共有を終了する方法

 

画面共有中は、先ほどの手順で出てきた[画面を共有]が[共有を停止]に切り替わっているので、これをクリックすると共有を停止することができます。

次ページ:複数人に共有する場合

複数人に共有する場合

windowsもmacも先ほどと同じ画面共有の手順を行うことで通話に参加している全員に共有することが可能です。

グループで通話を開始します。1対1の通話に誰かを招待する形でも構いません。複数人に画面を共有するのに特別な手順はいりません。簡単ですね。

複数の画面共有は別アプリを使うべき?

Skypeは複数人で同時に画面を共有することもできます。

複数人が画面を共有している場合、一つの画面が通話ウィンドウ全体に表示され、そのユーザー以外の画面は下側に小さくほかのユーザーアイコンと一緒に並んで再生されています。

この小さくなっている画面共有しているユーザーをクリックすると、大きく表示されていた別の人の画面共有と入れ替わり、しっかり見ることができます。

同時に複数画面を見る必要がなければほかの画面共有アプリは必要ないと思います。

画面共有のためだけに別アプリを使ってしまうと、Skype中に画面共有したいとなったときに、アプリを切り替えないといけなくなり少々面倒になってしまうので、手軽さを考えるとSkypeでいいでしょう。

Skype for Businessで画面共有する方法

Skype for Businessとは

企業などの大きな団体が使えるSkypeで、私たちのような一般の人たちが使うSkypeとは別物となっています。

グループ通話(Skype for Businessではオンライン会議といいます)が、skypeでは通常20名しか追加できないですが、Skype for Businessでは最大で250名まで追加できるようになっています。

また、管理者が従業員のアカウントを管理できるようになっており、Officeアプリにも統合されています。

ただし、通常のSkypeとは違って有料で、ユーザー一人につき一か月220円かかります。

これら以外にもセキュリティ面の強化など通常のSkypeにはない機能も備わっています。

画面共有のやり方

  1. 会話ウィンドウの下側にある[発表]または[共有]をクリックします。
  2. 何を共有するのかを選択できますのでデスクトップ/ウィンドウ/プログラムの共有など目的に合わせてクリックしてください。

画面の共有を停止する場合は、[発表の停止]をクリックします。

名称は変わっていますが、普通のSkypeとやることは同じです。画面共有のやり方は以上で、シンプルでわかりやすいようになっています。

複数のモニターでも共有できる

通常のSkypeでは複数のディスプレイを接続していた場合、どれか一つのディスプレイしか共有することができませんでしたが、Skype for Business1では複数のディスプレイを同時に共有することができます。

2台以上のディスプレイを接続していると、[デスクトップを表示]タブに接続中のディスプレイが表示されます。
ここで共有するディスプレイを選択できるようになっており、共有したディスプレイだけを選択することができるようになっています。

制御の受け渡しも可能

Skype for Businessは他の通話参加者にPC操作の制御を受け渡しすることができるようになっています。

制御の受け渡しとは、端的に言うと画面のコントロール操作の権限譲渡です。権限を譲渡されたユーザーが権限を譲渡したユーザーのデスクトップ全体または特定のウィンドウ・ページでの操作が可能となります。

制御の受け渡し方法は至ってシンプルで、ウィンドウ共有中の画面上部にある(「現在共有中です」の隣)「制御を渡す」をクリックし、権限を譲渡したいユーザーを選択するだけです。

制御の受け渡しを終了したい場合は、画面上部の「制御を渡す」をクリックすると「制御を取り戻す」というタブが出現するのでそれをクリックすれば権限が戻ってきます。

通常のSkypeにこのような機能はありませんが、この機能を使えば、リモート操作でプログラムを制御したりすることができます。

次ページ:オンライン会議のメリットを存分に活かそう

オンライン会議のメリットを存分に活かそう

Skype for Businnesを使うことで得られるメリットはたくさんあります。

特にビジネスだとミーティングで人を集めるコストなど様々なコストが存在するので、そのコストを削減するシチュエーションなどを紹介していきます。

Skype for Businessが入ってる端末ならどこでも会議ができる

 

Skype for Businessはwindows,mac,iOS,Android,ブラウザ(Webクライアント)で使用することができ、事実上ブラウザが使えるほとんどの端末で使うことができます。

やろうと思えばチャットのみの会議も可能ですし、急用の場合はスマホからも会議が行えるようになっており、かなり柔軟性が高いです。

出張費を削ることも可能

場合によってはミーティングや面接を行うためだけに支社や本社などに出張に行ったりする場面があると思います。

そういう場合にオンライン会議の機能を使うと、わざわざ出張しなくてもミーティングに参加することができますし、面接も行うことができます。

仮に大阪から東京への出張と考えると、一回で3万円近く削減できます。

会話内容をレコーディングすることが可能

Skype for Businessではオンライン会議の内容をレコーディングすることができ、会議の内容をそのままレコーディングし、議事録として残すことができます。

また後で情報を確認したり、コンプライアンスを実現するためにも企業などビジネスの場では重要な機能です。

リアルタイムでの資料の共有

また、会議中にリアルタイムで資料の受け渡しができるので、物理的に離れており(大阪と東京など)資料をすぐに手渡せない場合は、Skype for Businessを使うことでその問題が一瞬で解決します。

最大10000人への配信が可能

プレゼンテーションでも活用しやすく、1対他の場合、最大で10000人に同時配信することができます。

大規模な企業でのキックオフミーティングや、公開プレゼンなど使い道はかなり多いといえる機能です。

会議内容をeラーニングとしても活用できる

会議内容はすべてレコーディングできるので、会議で何かセッションを行った時など、有益な情報資産がある場合はこれを活用して、新人研修に役立てたり、組織の情報資産として利用することができます。

スマホで画面共有をする場合

スマホにもSkypeアプリが用意されており、PC版と同じように通話をすることができます。そんなスマホのSkypeアプリでの画面共有について話していこうと思います。

そもそもスマホではできる?

パソコン→スマホへの画面共有はできても、パソコン←スマホへの画面共有はできません。

そのため、どうしても移動中に参加したい、などの希望があれば、利用は限定されてしまいますがスマホからの参加も可能です。

しかし、現時点では画面を共有することはできなくとも、カメラで撮影した映像をリアルタイムで共有することはできるようになっています。

スマホはカメラの性能がかなり良いので身内同士でライブ配信したりするといいでしょう。

ただしwi-fiじゃないときは通信制限に注意してください。映像を共有するということは、リアルタイムで動画を配信するということと全く同じなのでかなりの通信量を消費します。

さらにスマートフォン本体への負荷も大きく、バッテリー消費も激しいので注意してください。

もしスマホで画面共有しながら通話やチャットをしたいなら

DeNAが公開している「Mirrativ」というアプリであれば、Skypeと同じようなカメラ映像の共有、スマホの画面を共有することができます。

共有する表示中のアプリも種類を問わず可能で、何でもできるようになっています。

このアプリは以前は画面の共有のみで音声通話はSkypeなどの他のアプリを通じて行っていましたが、最近では個のアプリ単体で音声通話もできるようになっています。

さらにチャットもできるので、スマホに限定するなら今使うべき画面共有アプリでしょう。

skypeと同時並行で画面共有アプリを使うのがおすすめ!

画面共有アプリなら「Mirrativ」を同時並行で使うのがおすすめです。

機能だけに絞れば「Mirrativ」ですべて解決しますが、Skypeで通話しながらMirrativで画面共有するのがいいと思います。

というのも、Skypeのほうが通話・チャットの機能性能は格段に上なので、画面共有のみMirrativで行い、それ以外はSkypeに任せてしまえば、機能を使い分けれて便利だと思います。

まとめ

個人であれば通常のSkype、20名以上の企業であればSkype for Businessがいいでしょう。

ですが、20名以上の企業でも通常のSkypeも使用している企業はあります。シチュエーション例でいうと、採用面接に応募してきた受験者との面接です。

そういう場合は通常のSkypeを使っている企業も多いので、用途に合わせて使い分けるのがベストでしょう。


スポンサーリンク