Home / Mac / Macユーザー必見!Skypeの基本設定や使用方法を徹底解説!

Macユーザー必見!Skypeの基本設定や使用方法を徹底解説!

皆さんは、オンラインで知り合った友人や、離れた相手とチャットや通話をしたいとき、どんなサービスを使いますか?

LINEやカカオトークなど、便利なインターネット電話ができるサービスはたくさんありますが、PCからゆっくりと腰を据えて会話することが多い方は、マイクロソフトがサービス提供している「Skype(スカイプ)」を使ってみるのはいかがでしょうか?

Skypeは、インターネットが繋がる環境があれば、どこでも簡単に始めることができ、グループ通話やファイルの共有などがスムーズに行える便利なインターネット電話サービスです。

無料で始めることができ、個人でも法人でも幅広いシーンで利用できるところから、サービスの登場時から人気を集めています。

本記事では、「Mac」にSkypeを導入する方法、基本設定や始め方、さらにビジネスで使用できる「Skype for business」についてご紹介します。

スポンサードリンク

Skypeとは

「Skype(スカイプ)」とは、マイクロソフトが提供している「インターネット電話サービス」です。インターネットがある環境であれば、Skypeを通じて離れた相手と場所を選ばずに通話ができるサービスです。

登録も無料ででき、通話料金も無料。国際電話も無料で行うことができるため、初期費用が掛からないことも嬉しいポイントです。

通話だけではなく、ビデオ通話、チャット機能や画面共有、ファイルの送受信などが行えるので、個人利用はもちろんのことビジネスシーンでも多く利用されています。

近年では、就職面接や企業セミナー等でも「Skype」を導入する企業が増えており、これからのインターネット利用には欠かせない存在となっています。

SkypeをMacにインストールしてみよう

まずは、お使いのMacPCに「Skype」をインストールしてみましょう。

今回は、公式HPからSkypeをPCにダウンロードして使用する方法をメインに紹介します。ブラウザ上でも使用は可能ですが、安定して使いたいならインストールタイプの使用をオススメします。

値段や必要なものは?

Skypeの通話やアカウント設定は無料で行うことができます。

必要なものは、インターネット回線に繋がれたパソコンやスマートフォン、通話にマイク付きのヘッドフォン、イヤホンがあれば誰でも利用ができます。iPhoneなどを購入すると、マイク付きのイヤホンが付属されているので、それでもOKです。

ビジネスでの利用を想定した「Skype for business」では、月額料金が220円から発生しますが、個人や小規模な組織での運用では、無料の範囲でも十分使用できます。

①まずはインストールから

  1. Skypeの公式サイト[https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-mac/]にアクセスして、「Skype for Mac」をダウンロードします。
  2. 「dmgファイル」がダウンロードされるので、ダブルクリックで解凍します。
  3. 解凍できれば、Skypeのアイコンをアプリケーションフォルダに、ドラックします。ここまで完了できれば、Skypeのダウンロードは完了です。
  4. アプリケーションフォルダにある「Skypeアイコン」をダブルクリックして起動してみましょう。無事に起動ができたら、Skypeを使用するためのアカウント設定を行います。

②アカウントを作ろう

  1. Skypeアカウントの作成には、「電話番号」または「メールアドレス」のどちらか必ず使用します。通常はメールアドレスで問題ありませんので、まずはメールアドレスとパスワードを入力して、次へ進みます。
  2. 名前の入力を求められますので、入力します。ハンドルネームでも設定は可能です。Skypeでの表示名は後で変更することができます。
  3. 入力し終えて次を選択すると、登録したメールアドレスに「本人確認コード」が送信されますので、メールをチェックします。電話番号を登録した場合はメッセージが届きます。
  4. 確認コードを入力して次へをクリックします。
  5. 読み込みの後、問題がなければアカウントの作成は完了です。お疲れ様でした。

【Skypeアカウント設定で必要なもの】

  • 名前(ハンドルネームでも可)
  • メールアドレス、または電話番号
  • パスワード

③音声通話の設定を行おう

最後にもう一仕事、音声通話の設定を行いましょう!

アカウントの設定が完了したら、自分の環境で問題なく通話ができるのか、Skypeのテスト通話で通話チェックを行いましょう。このときにお手持ちのマイク付きのイヤホンやヘッドセットをパソコンに繋ぎます。

マイク付きイヤホンの場合

iPhoneなどを購入した際についてくる、「マイク付きイヤホン」を使用する方は、普段と同じ「ヘッドフォン」が側の端子に挿入してください。Lightning端子の場合も、普段通りの端子に差し込めばOKです。

マイクとスピーカーの端子が分かれているヘッドセットの場合

使用するMacPCによっては、一般販売されているヘッドセットの端子が使用できない場合もあります。入力端子のコードが分かれているタイプのヘッドセットでは、マイク端子とスピーカー入力端子の双方を差し込む必要があります。

先端がUSBプラグになっているタイプも発売されているので、自分のMacPCに合わせた端子がついているヘッドセットやイヤホンを選びましょう!

音声通話で接続チェックをしよう

  1. 自分のアカウントの画面が開いたら、「連絡先」の項目をタップすると「Skypeテスト通話」というアカウントがありますので、こちらに通話をしてみましょう。
  2. アカウントのアイコンにマウスオーバーして、通話アイコンをクリック。または、アカウントアイコンをダブルクリックして、詳細ページの右上の電話アイコンをクリックします。
  3. 音声ガイドに通話が繋がるので、10秒ほどマイクに向かって話します。
  4. その後、話しかけた自分の音声が相手にどう聞こえるか再生されるので、正しく再生されていたら、Skypeが正しくセットアップされている証拠です。

Skypeの基本操作を学ぼう

Skypeがパソコンにダウンロードできたら、次はプロフィールの設定や通話相手の追加方法を見ていきましょう。

Skypeでは通話をしながらチャットをしたり、画面共有ができたりと便利な機能が多く備わっています。この項目では、Skypeの基本的な操作方法を紹介します。

プロフィールを設定しよう

自分のアカウントを自分らしく設定しましょう。

プロフィールの設定項目はたくさんありますが、必須ではないので自分好きな範囲で設定しましょう。最低限設定しておきたい項目は以下の2点です。

アイコンの設定

自分のプロフィールアイコンを設定しましょう。アイコンのカメラアイコンから好きな画像をアップロードして設定できます。

ムードメッセージの設定

自分の近況や情報を表示するのに便利なのは、「ムードメッセージ」です。ここに入力した文章は、友達などに表示される文章になるので近況報告や自分の簡単な紹介をするのに便利な項目です。

プロフィールの設定は、全体公開か連絡先に追加した人のみに公開するのか、範囲を設定することができます。個人情報を公開したくない方は、設定する項目を選定しておきましょう。

通話相手を追加しよう

プロフィールができたら、実際に友達を追加してみましょう!

友達を追加する方法は、追加したい相手の「フルネーム」「スカイプ名」「メールアドレス又は電話番号」のどれかを、知っておく必要があります。

  1. 左横のメニューから「連絡先」の画面を開き、左上の「連絡先を追加」をクリックします。
  2. 上記のいずれかの情報を検索バーに入力すると、ユーザーのアカウントが表示されます。
  3. 追加したい相手を見つけたら、左側に丸い緑に十字がついたアイコンをクリックして、相手に「連絡先追加のリクエスト」を送ります。
  4. リクエストを相手が承認してくれたら、相手と友だちになり、連絡先に追加されるようになります。

自分が、相手からリクエストを受け取った場合は、相手を確認してから承認してあげましょう。自分が知らない誰かと勝手に繋がったりはしないので、安心です。

電話を使おう

Skypeで連絡先の相手と会話をするのは、とっても簡単です。自分から誰かに電話を掛けるときは、上記の音声案内と同じ手順でOKです。

  1. 「連絡先」を選んで、友達のアイコンが表示されている画面を開きます。
  2. 通話したい友達のアイコンにマウスオーバーして、通話アイコンをクリックすれば、相手にコールを掛けることができます。

かかってきた電話を取るには?

相手から電話がかかってきた場合は、Skypeの画面上に電話を掛けてきた友達のアイコンが表示され、コール音が流れます。画面に表示されている「応答」のボタンをクリックすれば、電話に出ることができます。

今は出れないという時は、着信を「拒否」することもできますが、最初のうちはあまり使うことはないでしょう。

チャットと通話を一緒に行おう

通話中に、文章やメッセージを残したいときに使えるのが、「チャット機能」です。

通話前なら、最初にチャット画面が開くので問題はないのですが、通話中にチャット画面を使用する方法を紹介します。

  1. 通話画面の真ん中、又は下部の当たりに丸いアイコンが幾つか並んでいると思います。
  2. その中の丸に十字が付いているアイコンをクリックして「IM」「インスタントメッセージ」をクリックすればチャットができるようになります。

バージョンによっては、「吹き出しマーク」のアイコンをクリックでもチャットを使用することができます。

グループ通話をしてみよう

複数の友達と同時にグループの会話を楽しみたい時は、「グループ通話」機能を使います。通話だけではなく、チャットもグループのメンバーで共有できるので、とても便利な機能です。

  1. グループ通話を行うには、まずは「グループ」を設定して、グループに友達を追加していきます。この時グループに追加できるのは、自分の連絡先に表示されている友達のみになりますので注意です。
  2. 連絡先の画面を開いて、画面の上に表示されている「メモ帳」のボタンをクリックします。
  3. すると、新しいグループの作成画面が出てきますので、ここで追加する友達やグループの名前を設定することができます。
  4. 右上に表示されたアイコンから、全員に向かって電話を繋ぐことができます。無料版では、最大25人まで、同時通話が可能となっています。

通話などが上手く機能しない場合の原因と対処法

Skypeを使用しているときに、相手の声が聞こえなくなったり、ノイズが混じったり通話が上手くできないときがあります。最初の疑われる原因と対処法を紹介します。

①インターネットの接続が不安定

Skypeの通話で不調が起きる原因の多くはこれになるのではないかと思います。

自分のネット環境だけではなく、相手のPCのネット環境も影響してしまうので、Wi-Fiを利用する、同時に接続するインターネット機器を減らしてみる等して、回線がパンクしてしまわないようにしてみましょう。PCの再起動もオススメです。

②Skype以外に他のアプリケーションがたくさん起動している

Skypeを調子よく動かすには、使用してるパソコンの負荷を減らしてあげましょう。

セキュリティソフトがスキャンをしている、開いたままのブラウザがたくさんある、等のバックグラウンドでPCの動きに負荷をかけている項目がある場合は、それを解消してあげるだけでPCのパフォーマンスが良くなります。

③どうしても状況が改善しない場合は

上記の方法や、他にも改善策を試してみたも状況が良くならない場合は、Skypeのコミュニティやお問合わせで、状況を相談してみましょう。知識が豊富なコミュニティーや専門のスタッフに、最終的には問い合わせをするのが一番です。

多くの場合は、ネット回線やPC負荷を減らすことで改善できることが多いので、焦る前にぜひ試してみてください。

Skype for businessとは?通常のSkypeとの違いは?

ここまで、無料で使用できる「Skype」の基本的な使い方などを見てきました。ここでは、企業や法人利用等のビジネスで使用する際に便利な「Skype for business」をご紹介します。

Skype for businessとは

無料で使用できるSkypeの機能を更にパワーアップさせ、ビジネスでの利用を想定した「有料プランのSkype」です。

会話可能人数が250人と大幅に増え、会議やプレゼンテーションで利用する方も多いPowerPointやWordなどのOffice製品のソフトと連携をしたことで、データ共有や保存がよりスムーズに行なえます。

グループや通話の内容を録画できるなどの、便利な機能も追加されています。選択するプランによって、使用できる機能が少しづつ異なるので、どのタイプのSkypeが自分にあっているのか、協議してぜひ導入してみてください。

通常のSkypeとの違いは

通常のSkypeと異なる部分は、主に以下の4点です。

  • 最大250人との会話が可能に。相手がビジネス版に未登録でもOK
  • Officeソフトと連携し、WordやPowerPoint等から会話を開始できる
  • セキュリティと管理がさらに強化に。認証とアカウント管理機能が充実
  • 月額料金が220円〜と低価格

「skype for business」の有料版には、幾つかのプランが容易されており、ビジネスでの利用度に合わせて、月契約か年間契約か選択することができます。

ダウンロードには、「Office 365のポータルサイト」「Macのダウンロードセンター」のどちらかからダウンロードができます。有料版の支払いは、クレジットカード、Skypeクレジットなどが利用できます。

Skype for businessの魅力と使用上の注意点

Skype for businessの魅力は企業向けの様々な便利な機能

「Skype for business」には、前述したような大人数やビジネスの利用に適した便利な機能が追加されています。

①通話の録音機能

特に便利なのが、「通話の録音機能」です。

有料プランでは、通話の内容を録音しておく機能があり、長時間の会話になり内容を確認したいときや、後で議事録を使用する場合に活躍します。

②Office製品との相性の良さ

多くの企業で導入されている、「Office製品」との相性がいいことも利点のひとつでしょう。

Macユーザーの場合は、WordやPowerPoint等のソフトが標準装備されていないので、月額契約でOffice製品のダウンロード版が一緒に契約できる「Skype for business」は、Macユーザーに非常にオススメできるポイントとなっています。

使用上の注意点

有料版の使用で注意する点は、無料版のSkypeアカウントの方を連絡先に追加して会話をするには、「有効化」の設定が必要というところです。

こちらは、有料版を使用するユーザーは一度は確認しておくことをオススメします。

有効化の設定には、Office365管理センターで「サービス設定」画面を開き「Skype for Business 管理センター」を開きます。

  1. 左側のメニューから「組織」を選択肢、タブから「外部通信」を選びます。
  2. 外部通信のタブ内にある下記の項目を2点変更します。下記の項目を変更して画面下の「保存」をクリックすれば、主な設定は完了です。
  • 「外部アクセス」の項目を「禁止したドメインを除いてオンにする」
  • 「パブリックIM接続」の項目を「他のユーザーに Skype for Businessの使用を許可して、組織外のSkypeユーザーと通信します 」を有効にする

この設定が反映されるまでには、タイムラグがあるのですぐに反映されるわけではないようです。急なコンタクトの追加でもうろたえないように、導入の際はまずこの設定を確認しておきましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

Skypeはインターネット環境とマイク付きのイヤホンがあれば、簡単に世界中の人とオンライン通話が無料で楽しめる電話サービスです。離れた場所に住む人とも、ビデオ通話やグループ会話を楽しめるので、一度設定しておけばいつでも通話を始めることができます。

無料版は気軽に導入・使用ができるので、今さら人に聞くなんて…と思っていた方も、ぜひこれを気に便利なSkypeを導入しみてくださいね!


スポンサーリンク