Home / Skype / Skypeで英語力が伸びない人の5つの共通点とは?Skype英会話の使い方講座

Skypeで英語力が伸びない人の5つの共通点とは?Skype英会話の使い方講座

Skypeを使った英会話サービスも増えてきて、今では、自宅にいる時や、ちょっとした隙間時間に英会話のレッスンを受けることができ、英会話に励む方も増えました。

しかし、オンラインに限らず、英会話をこなしても、なかなか英語力が上がらないと悩んでいる方が多いのではないのでしょうか?

今回は、Skype英会話のメリット・デメリット、Skypeで英会話が伸びない人の共通点をご紹介します。

スポンサードリンク

Skypeを使った英会話の5つのメリット

Skypeは世界中のどこへでも無料で電話や複数の同時チャット等が出来る非常に便利な通信コミュニケーションツールです。

それを利用した英会話学習は、場所や時間が決められていた従来の英会話教室といった枠にはまらない非常に自由度が高い学習環境を提供できるものです。

特に時間という観点では、従来の英会話教室では深夜といった時間には対応不可でしたが、日本以外の国に居る講師と連携する事で日本時間に縛られる事が無くなったという点は大きな改善点ではないでしょうか。

以下にSkypeを利用した英会話学習のメリットをいくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

1.とにかく安い

Skypeは無料の通信コミュニケーションツールとなりますので、ヘッドセットとインターネットへ接続できるネットワーク環境であればSkype同士で無料通話が可能です。

英会話の学習には講師の顔を見ながら表情という点も重要な学習部分となりますので、カメラを利用したオンラインチャットのような学習形態でもカメラとモニター、ヘッドセットが準備出来ればアプリケーションをダウンロードするだけで利用可能となります。

このSkypeを利用するアプリケーションも無料ですから、日本国外の英会話講師との英会話学習に掛かる費用以外には不要と考えて問題はありません。

2.いつでもどこでも英会話が可能

インターネットを介して世界中の英会話のスキルを持つ講師と自在に繋がれるSkypeを利用した英会話学習となりますので、ノートPCであってもスマートフォン、タブレット等でもアプリケーションとヘッドセットがあれば、時間と場所を限らず、いつでもどこでも英会話の学習を外国人講師と行えます。

こういった自由度の高い学習環境は非常に幅広く利用される事になり、今までは日時や場所等の制限から英会話を学習したくても出来なかった方も、オンラインで生の外国人講師との英会話を楽しめます。

3.先生を選ぶことができる

また、基本的に英会話教室では同じようなレベルの生徒を担当する講師が予め決められている事が多いので、個人的な好みで講師を選択する自由というものはあまりありませんでした。

Skypeを利用する英会話の学習環境では、登録されている講師を自在に生徒側が選択できる様です。教え方の上手下手は勿論ですが、個人的な好みやノリの良し悪し等、生徒目線でいろいろな講師と出会えるのも魅力のーつと言えます。

こういった事は学習する側からすると後述するモチベーションにも大きく影響しますので、学習意欲を保つという意味では非常に良いのではないでしょうか。

4.基本的に教材が無料

Skypeを利用した英会話学習では基本的に教材には費用が掛かりません。これも従来の英会話教室とは大きく異なる点ですが、なぜ無料で提供できるのでしょうか。

それは、その教材の版権は発行しているオンライン英会話の会社に所属するため、その教材が学習対象者に広まる事でその教材を利用しているオンライン英会話に暗黙的に誘導できるためだと思われます。

また、昨今のインターネット利用環境の普及に伴う業界の競争激化から一歩抜け出す為の経営戦略的な考えもあるのではないでしょうか。

各教材はいろいろと面白いトピック等が各会社での観点でまとめられていますし、無料である点を活かして学習者は比較・検討を行う事も出来ますので是非利用されてみる事をお勧めします。

5.マンツーマンレッスンが基本

従来の英会話教室ではやはり同じレベルのグループに対して講師が付いてレッスンが進むという形が一般的であって、別途費用を支払う事でマンツーマンでのレッスンを行うといったオプション的なものでした。

Skypeを利用したオンライン英会話では、基本的に講師と学習者のマンツーマンでのレッスンが基本となりますので、この点は大きなメリットだと考えらえます。

先ほど講師も学習者側が選択できる事も良い点として上げましたが、気に入った講師とマンツーマンで英会話レッスン出来れば、集中してやらないといけない状況になる事になりますので、英語力の付き方もかなり違ってくるのではないかと考えます。

やる気の入り方が違ってくると理解力も変化するのは当然の事ですので、このマンツーマンでのレッスンは学習効率の観点からも非常に良いです。

Skypeを使った英会話の4つのデメリット

skypeを活用したオンライン英会話についてのいろいろなメリットをご紹介しましたが、逆にどういったデメリットがあるかも併せて考えておく必要があります。

基本的には学習者自身の気持ちに左右されやすい自己学習であり、オンラインで繋がる講師からは原則として学習時間のみでのコミュニケーションになりますので、学習者の想いを汲み取るという事も難しい事となります。

また、学習者が講師の伝えたい事を正しく理解しているかどうかの見極めも直接会っている訳ではないので判断する材料が少なく、結果的に双方がコミュニケーション不足に陥る懸念もあるのではないかと考えられます。

その他にも考えられるデメリットを以下にご説明します。

1.モチベーションを保ちにくい

インターネットを介して英会話講師とマンツーマンで学習が進められる点は先にメリットとしてご紹介しましたが、それはあくまでも学習者本人のやる気に依存するものでもあります。

オンライン英会話は基本的に講師とのマンツーマンでのコミュニケーションで英会話力を向上させていくので、学習者自身が「英語で会話できるようになりたいと思う気持ちが無いと折角の外国人とのコミュニケーションが上手く活かせません。

従来の英会話教室では、仲間やこの人には負けたくないといった本人のやる気とは別の要因で英会話の実力が付く場合もありますが、マンツーマンではそういった事も起こり得ませんので、一度モチベーションが下がってしまうと持ち直すにはかなりの努力が必要になってしまうと考えらえます。

2.講師の質にバラつきがある

Skypeを利用した英会話では、時間等が学習者側の都合に合わせてある程度は自由に決められる事もあり、対応する講師の登録数はかなり多くなります。

そのため、講師の英会話を教えるスキルが均一でではない点も懸念となります。

質の高い学習により、英会話の実力を効率的に向上させる講師もいれば、そうとも言い切れない講師も一定数は存在しますので、学習者が講師を選ぶ際にはどういった評価がされているのか、自身が実際に学習した感覚というものを考え合わせて、ご自身にマッチした講師から良い指導を仰ぐ事が重要です。

3.フィリピン英語が多い

日本語にも方言があり、標準的な日本語とは若干違うクセのある日本語というものがありますが、英語にもそういった地域的な特徴というものがあります。

例を上げるとオーストラリアで使われている英語では日本で学習する英語の発音とは明らかに違うもの、アメリカ英語では「エイ」という発音が「アイ」になっていたりします。

同様の特徴はフィリピンにおいてもある程度は存在する為、Skype英会話における講師の国籍割合で比較的多いフィリピン人講師から英会話を学習する際には、地域的な特徴をそのまま受け継いでしまう可能性があります。

但し、この事は学習者が英語における地域的特徴をどのように考えるかによって判断が異なりますので、ご自身がどういった点を重要に考えてSkypeでのオンライン英会話を行うかをよくお考え下さい。

4.ネット環境が必要

Skypeはインターネットを経由したP2P通信を利用した通信アプリケーションとなりますので、ネットワークが利用できない環境では利用する事が出来ません。

一般的な公共施設などでは無料で利用可能となるネットワーク環境も準備されつつありますが、そういった環境ではどうしてもセキュリティ面の懸念がありますので、可能であれば有償のネットワークサービスに加入していただく事をお勧めします。

現在では以前ほどネットワーク環境を整備するコスト及び利用コストは高くありませんし、マルチメディア配信サービス等に包括された形でインターネットを利用できるネットワーク環境が整備されるという事もありますので、それほど敷居が高いものではないのではないでしょうか。

Skype英会話で伸びない人の5つの特徴

これまではSkypeを利用したオンライン英会話学習のメリットとデメリットをご説明してきましたが、やはり読者の皆さんが最も気になる点はオンラインでの英会話学習をしてもなかなか身につかない原因かと思います。

ここではSkypeを利用した英会話学習において、やってみたけど自身が思うほど英会話の実力が付かなかった、もしくは続けて努力しているつもりだがなかなか思うような実力が付かないといった方にはどんな特徴があるのかを考えてみます。

この事はこれからSkype英会話を始めてみようと考えている方には英会話学習に対する心構えという点で非常に参考となるはずです。

1.予習・復習をしない

これは英会話学習に限定した事ではありませんが、何かを学習して知識や実力を付けたいと考えた場合には指導を受ける時間以外にも振り返って正しく理解しているかを確認しておく事、学習範囲の教材に事前に目を通しておく事が望ましいと言えます。

こういった事はごく短い時間で対応できる事なので、普段の生活での隙間時間を利用して積み重ねていけますし、こういった継続的かつ繰り返しの行いにより、学習効率が向上していくといった良い結果に繋がっていくと考えます。

英会話のように実際に学習して自分で考えて会話した分だけ力が付くといった性質のものでは、ちょっとした時間での学習内容の振り返りや教材の事前確認等を行う事で、ご自身への認識定着に効果を発揮し、それらの長期的な継続により、実際の英語力を確実に向上させていけます。

2.分からないことを聞かない

日本人の美徳の一つとして上げられる事の多い「遠慮」という点がありますが、こと英会話学習においてはこの「遠慮」する事は学習の妨げにしかなりません。

講師に対して都度質問する事は迷惑を掛けるという考えが先行してしまい、分からない事が出た時には「後で調べよう」といった事で質問しないでいると、次第に分からない事が増えていってしまい、結果的に理解しなければいけない内容を正しく理解出来ないという状況になりかねません。

英会話の学習なのですから、分からなければその時点で講師に確認する、もしくは自身の理解した内容で正しいのかを確認すれば問題は解消されますので、「遠慮」ではなくその場で質問する事をお勧めします。

3.目的なくただおしゃべりをしている

メリットとしてご紹介した、学習者側が講師を選べるという点ですが、これは別の見方をすると講師と学習者という立場を踏まえての英会話学習を崩しかねない(友人として考えてしまう等)リスクを抱えるという事にも繋がる可能性があります。

インターネットを介しての英会話学習とはいえ、講師と学習者との心理的な距離感はある程度近い方がより効率的な学習が期待できるのですが、あまり近すぎるとそれは友人とのおしゃべりになってしまいますので、学習という観点からはあまり良い結果にはならないのではないかと考えます。

程よい緊張感がある学習環境でないと集中力も発揮できません。仲良くなることも大事ですが、何のために英会話をしているか、今一度振り返ってみるようにしましょう。

4.単語や文法の基礎がなっていない

英会話の学習を始めるといってもやはり最低限の知識(中学・高校で学習する程度にもの)は持っていないと講師とのコミュニケーションそのものが成り立たない可能性もあります。

基礎的な単語や文法は理解しているという前提がないと、Skype英会話の学習のハードルは高いと考えられますので、中学や高校での英語学習で出てくる単語や基本的な文法(肯定文や疑問文、現在形や過去形といったもの)まで前提知識として備えておく必要はあります。

そういった点を無視してSkypeを利用した英会話学習を始めてもあまり学習効果が期待できませんので、事前に学習者自身がどの程度の英語力があるのかを確認しておいた方が良いでしょう。

5.楽しんでいない

英会話の学習の動機付けはいろいろなものがありますが、やはりその動機が楽しいものでないと長続きするものではありません。学習者が辛いなと感じるペースや学習内容では、短期間では我慢できたとしても、途中で挫折してしまいます。

やはり、何かを学習する際にはその過程で楽しめる事を見つけていかないと継続する事は難しいのではないでしょうか。

特にSkypeでのオンライン英会話では、講師との適度な距離感を保ちつつも会話を楽しめるように学習者自身が段階的な目標を設定したり、英会話のレベルが上がると自分へのご褒美を考えてみたりすれば、学習そのものに楽しみを付け加える事になり、意欲も向上するのではないかと考えます。

Skypeで英会話を習うならおすすめのスクール4選

実際にSkypeを利用したオンライン英会話学習のサービスを提供している会社はいくつかありますが、よく名前が聞かれるところを4件ご紹介させていただきます。

各会社によって特色があるようですが、基本的にはSkypeを利用した時間と場所を問わない英会話学習をキーメッセージとしての広告を目にする機会が多いと考えます。

前述の通り、ネットワーク環境が必要にはなりますが、従来型の英会話教室とは違った利便性の高い学習形態となりコストも抑えられている様ですが、モチベーションは学習者本人のやる気にほとんど依存してしまうという欠点も持ち合わせていますので充分に検討される事を推奨いたします。

1.DMM英会話

こちらはネット企業のDMMが運営しているオンライン英会話の学習プログラムとなり、世界約90ヵ国の講師が登録されている様です。

アジア圏から欧州圏まで幅広く講師が登録されていて、各講師の自己紹介動画も充実しているので講師を選ぶ時に参考にされると良いのではないでしょうか。

特に日本に居てはなかなか出会えない国の講師と会話する事でその国や地域の特徴なども一緒に学べるという事は非常に有益だと言えます。

学習教材が充実しているという評価が多くかつ教材費は無料という点と標準的なコースでは毎日1レッスン(25分間)としても月5,500円の費用負担となり、レッスン単価が非常に安い事が特徴です。

また、英単語を暗記する有料アプリケーションもDMMのオンライン英会話に受講すれば無料で利用できるという特典がありますので、非常に魅力的なオンライン英会話ではないでしょうか。

DMM英会話:http://eikaiwa.dmm.com/

2.Bizmates

こちらのオンライン英会話プログラムは一般的な英会話が出来るようになる為のものではなく、ビジネスシーンでよく英語を使うことになる方に対して適切なオンライン英会話と考えられます。

そういった方向性からか、学習開始時に学習者のレベルを確認する診断テストを行い、その結果から学習者に適切なレベルからレッスンが開始されます。

ビジネスシーンに即した英語コミュニケーション力を磨く事が出来る点が特徴でもありますが、英語初心者の方には中学生基礎英語からのレッスンとなりますので学習者のレベルは特に問題にはなりません。

学習プログラムに関しては教材のテーマが500ある中から選ぶ事も出来ますが、直近のビジネスシーンの課題に対しての解決策を探る「アシストレッスン」という学習プログラム以外の現実的テーマに関して資料の添削や実際の英語でのプレゼンテーションの演習等も対応できる様です。

Bizmates:https://www.bizmates.jp/

3.レアジョブ

こちらはフィリピン在住の英会話講師をメインとしている点が特徴です。

講師の選定基準は現地採用ではありますがかなり厳しいと考えられ、前述のデメリットでご説明した発音に関しての問題はほぼ気にならないといった評価が多く見られます。

但し、こちらの英会話プログラムでは担当となった講師に対しての評価が良いものと悪いもので大きく分かれており、講師のレベルにかなりのバラつきがあります。

月々の費用は標準的なコースで5,000円前後となりますので高いということはありませんし、講師も評価が高い方も居ますので、英会話の基礎がある方にとっては良い選択になるのではないでしょうか。

また、フィリピンという国の通信インフラ基盤は日本ほど整備されていない場所がまだ多く、台風などで通信が途切れてしまいオンラインレッスンが出来なくなる場合もある様です。

レアジョブ:https://www.rarejob.com/

4.Native Camp

こちらのオンライン英会話は、月4,950円を支払う事でレッスン受け放題となる事が特徴です。

講師はフィリピンの方がメインとなりますが、イギリス等のネイティブ講師も登録されていますので別途予約費用は掛かりますがそういった講師からも受講する事が出来ます。

基本的には受講し放題ですので、たくさん会話をしたい方には非常に有益なオンライン英会話であると言えますし、レッスン可能な講師を選択してすぐにレッスンを開始できるという点も良い点です。

教材に関しても一般的な英会話プログラム、ビジネス英会話、TOEIC対策等を準備していますので、積極的にレッスンを受けて実際の英会話を楽しみたいと考える方には非常に適しているのではないでしょうか。

Native Camp:https://nativecamp.net

まとめ

Skypeを利用したオンライン英会話プログラムをご紹介させていただきましたが、オンラインでの講師とのやり取りになりますので、どうしても学習者自身のやる気に依存する部分が大きくなり、そのモチベーションをどうやって維持するかが最も重要ではないかと考えられます。

講師と適切な距離感や緊張感を持ってレッスンを行う事と自身での英会話に対してのやる気を出す事、この2点がオンラインでの英会話にて実力を付けるポイントではないでしょうか。

英会話の理解が深まる事と同時に英語でのコミュニケーション能力が向上していきますので、外国映画を翻訳無しで意味を理解できる事や外国人とより深いコミュニケーションも可能となりますので、是非オンライン英会話にご興味を持っていただけますと幸いです。


スポンサーリンク