Home / sim / SIMフリー携帯でWifiをお得に利用する方法とおすすめモバイルルーター

SIMフリー携帯でWifiをお得に利用する方法とおすすめモバイルルーター

SIMフリー端末を利用する最大のメリットは、大手キャリアを利用することに比べて価格が安く抑えられる点です。最近CMで盛んに放送されていて、乗り換えている人も多いいのではと想像します。

CMや周囲のひとが「大手キャリアの月額金額より随分安いぞ!」と謳っているものの、SIMフリーについての知識がなく、そのまま大手キャリアとの契約を続けているという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、SIMフリー端末の特徴、契約方法、スマホからの乗り換え方法、SIMフリー端末で使用するモバイルルーターのおすすめ商品についてご紹介します。

スポンサードリンク

SIMフリー端末のメリット

機種変更しても同じ電話番号

大手通信会社キャリアでの、携帯電話購入契約ではなく、その他の購入方法のSIMカードと携帯電話やスマートフォンの端末の事を言います。2014年より大手通信会社3社がSIMフリー化を義務としたので、2014年以降の端末であればSIMを入れ替えて違う機種を使うことができます。

それ以前だと、機種変更をする際は電話番号が変更されてしまったり、もともとの電話番号を維持するためには追加料金が課されてしまったりとデメリットがありました。

電話番号は、クレジットカードの登録など様々なところに使用しているため、変更されると携帯電話以外でも多くの手続きが必要となります。

しかしSIMカードには電話番号が記録されているため、SIMフリー端末では電話番号を変える必要がありません。

大手から格安まで、豊富な機種と契約プラン

具体的には家電量販店や、UQモバイルなど新規SIMフリー販売店舗、インターネットで販売しているスマートフォンの事をSIMフリー端末といい、様々な場所で購入出来ます。

今までインターネットでスマートフォンを販売していたのは大手通信会社ばかりでしたが、最近ではSIMフリー格安会社が出たことにより、多種多様の物が豊富にインターネットでも販売されるようになりました。

大手通信会社の様に月額契約のものがあり、様々なオプションがあります。またSIMは使い切り物もあり契約不要な極端な物もあります。大手通信会社の機種はとても高く、高スペックな物が主流です。高額なものはローンを組んで購入できます。

対して、SIMフリー格安会社の機種は大幅に安くなっています。大手キャリアに比べて、自分に合ったプランを設定できることも特徴です。通信料を極力削ったり、データ量を減らしたりすることが自由に設定可能で、大幅に大手通信会社の月額使用料より安くなります。

さらにUQモバイルなど新規SIMフリー販売店は通信費が低くなっています。新規SIMフリー販売店は大手通信会社の通信アンテナを大量に買い取っています。例えば飛行機の席を旅行会社が抑えるようなやり方ですので、通信費も大幅に安くなるといった仕組みです。

SIMフリー端末のデメリット

大手キャリアの独自サービスが使えない

SIMフリー端末と、大手通信会社のスマートフォンで、見た目も機能も全く同様のものがあります。端末同士の機能の違いはありませんが、大手通信会社の独自のサービスはSIMフリー端末では使えません。

代表的には、キャリアメール(ドコモメールなど大手通信会社のメール)、auウォレット、auクラウドなどが挙げられます。

料金プランについても、家族間の無料通話や自分割などの様々な大手通信会社独自の割引サービスも使えません。

SIMフリー端末の発足当時は、SIMフリー端末にお財布携帯サービスやデザリングサービスが無かったようですが、現在は補填されています。現在はキャリアメールの使用不可以外の差は実質無いと言えるでしょう。

SIMフリー端末とSIM契約機種の2台持ちのメリット・デメリット

SIMフリー端末は、SIMカードを挿入していない状態でもWifiにつなげることができます。以下でその方法を説明します。

インターネットが使用可能になりますので、インターネットで可能なメールやSNS、動画の視聴も出来ます。グループ通話もラインやFacebook、SkypeなどのSNSでの通話は可能ということです。

通話はアプリを使ったグループ通話は無料で可能ですが、一般電話としてはSkype等で通信契約をしない限り、グループ通話以外のサービスは不可能です。

メリット

ここではSIMフリー端末とキャリア及びSIM契約機種の2台持ちの場合と、SIMフリー端末1台の場合の2種類のメリットデメリットを説明します。

SIMフリー端末とSIM契約機種の2台持ちの場合

●データーを家ではSIMフリー端末を使用する事で、モバイル端末とデータの使い分けが出来て、端末のデータ使用料の負担が抑えられます。

●同様にバッテーリーの消費や劣化を抑えられます。

●メールやSNSのアカウントを分けて使用すれば、外出時モバイル端末での確認の負担のが楽になります。

●ゲームなどのデータが重い物も相互で負担出来て、無理なく使用できます。

SIMフリー端末1台で使用する場合

●SIM契約が要らない。

●Wifiの契約はSIM契約機種に比べ、データ通信量が多いので、通信料を気にせず使えます。

●通信速度が速く、通信も比較的安定していて快適に使えます。(エリアなどによります)

デメリット

SIMフリー端末とSIM契約機種の2台持ちの場合

●パソコン専用などのモデムがあれば併用出来ますが、無い場合はルーターを契約し、用意しなければなりません。

●充電の頻度が増えます。機器自体も増え邪魔になります。

SIMフリー端末1台で使用する場合

●外に持ち出す場合は、モバイルルーターが必要になります。

●電話機として使うのが不便です。Skype等の有料サービスを利用しないと一般通話は使えません。

モバイルルーター、主要3社の特徴を比較

モバイルルーターは現在、大手3キャリアのものとその他SIM格安会社のものに分けられます。そのなかから以下で、主要UQ WiMAX・Y!mobile・docomoの3社それぞれについて通信速度、容量、料金を比較してみましょう。

通信速度

通信速度は速い方が良いですよね。通信速度が遅いと、待っている間にストレスが生じたり、急ぎの用件への対応が難しくなったりしてしまうため、とても大事な要素です。

モバイルルーターの取り扱いの事業社(3社)ごとに比較し、早い順に記載します。

①UQ WiMAX 440 Mbps   ②docomo 375 Mbps   ③Y!mobile 187Mbps

となっていて、1番速いとされているのはUQ WiMAX です。

ただ、この公表されている速度は理論最大速度値ですので、これがこのまま通信に反映される訳でもありません。実測すると上記3事業者の通信速度は20~30Mbpsと大差はありません。このカタログ数値より大事な事は、速度の制限の数値です。

3事業者(その他の業者も同様)のモバイルルーターでは通信制限を設けていて、一定の通信データ量を超えると、通信速度の制限がかけられます。

モバイルルーターの取り扱いの事業者(3社)の制限条件を記載します。(無制限プランと30GBプランにて)

●UQ WiMAX  3日間で10GBを超えると夜間のみ(18時~26時)1Mbpsに減速されます。

●Y!mobile 3日間で10GBを超えると夜間のみ(18時~26時)1Mbpsに減速されます。

●docomo   1か月間の中で30GBを超えると、その月間は128kbpsに減速されます。

上記のような制限の条件があります。WiMAXとY!mobileは条件が一緒です。この条件とは具体的に言うと、動画をPCなどで視聴すると1時間で約1GBですので、1日に3時間20分以上動画を視聴すると超えてしまいます。同様に、docomoの場合ですと、1日に1時間までなら視聴可能です。

ですが、制限を超えてしまってからの通信制限が大きく異なります。docomoの場合は、30㎇超えてしまったら翌月まで24時間ずっと128kbpsに制限されてしまい、この数値では静止画を見るのでも時間が掛かってしまします。

くらべてWiMAXとY!mobileは3日間で10GBを超えると夜間のみ(18時~26時)1Mbpsという制限は掛かりますが、1MbpsならYouTubeやLineゲームなら視聴、使用可能で、制限中の3日間に10GBを超えなければ解除されます。

この条件と理論最大速度値を用いて比較したら、docomoを選ぶのは難しいですね。

通信容量

通信速度の章で通信制限量を記載しましたが、こちらでは上記のプランでの最大通信容量記載します。

●UQ WiMAX 通信容量は無制限 ・但し、3日間の合計が10GBを超えると通信制限がかかります。

●Y!mobile 通信容量は無制限 ・但し、3日間の合計が10GBを超えると通信制限がかかります。

●docomo  通信容量は30㎇ ・1か月間の中で30GBを超えると、その月間は通信制限がかかります。

1か月の通信容量は上記のようになっています。WiMAXとY!mobileは無制限と宣伝していますが、実質的には無制限にというのは少々無理がありますね。個人的にはdocomoヒカリサービスなどで有線系のルーターでのwifiは文句なしに無制限なので、通信制限には少し納得が出来かねます。

料金プラン

モバイルルーターの取り扱いの事業者(3社)ごとに下記に記載します。

条件は ・新規契約 ・無制限/30GBプラン ・2年間の契約 ・税込み価格

●UQ WiMAX ・端末料金 0円 ・事務手数料 3,240円 ・毎月の通信料 4,604円  ・キャッシュバック(GMOとくとくBB)-30,900円・2年間の合計費用 82836円 ・実際の1か月間の費用 3,452円

●Y!mobile ・端末料金 62,208円 ・事務手数料 3,240円 ・毎月の通信料 3,541円  ・2年間の合計費用 150,432円 ・実際の1か月間の費用 6,268円

●docomo ・端末料金 20,736円 ・事務手数料 3,240円円 ・毎月の通信料 9,828円  ・2年間の合計費用 259,048円 ・実際の1か月間の費用 10,827円

と上記のように差があります。この差はdocomoとWiMAX、Y!mobileのsimフリー端末のスマホと一緒で、通信料の差がとても大きいのが特徴です。

docomoとWiMAXの差は月額にて7,375円、比率にして70%も安いという結果ですが、WiMAXの(GMOとくとくBB)-30,900円のと機種が無料なのが今だけのサービスでしたら、Y!mobileの月額費用 6,268円と同じ位となりますので、注意が必要です。それでもdocomoとの差は42%の値引きとなります。

モバイルルーターの選び方

今回はUQ WiMAX、Y!mobile、docomoの3事業者で比較しましたが、通信速度、通信容量、制限速度の規定、使用料金を総合的に比較したうえで判断しますと、UQ WiMAXのポイントが高くなります。

受信使用範囲もUQ WiMAXは広く問題ありませんが、確認の上での契約をおススメします。また契約にはプロバイダがサービスしています。エリアや通信サービスは変わりませんが、契約料金のサービスなどが変わるため、確認が必要です。

スマートフォンを持つことの明確なメリットが無い人は、wifi+simフリースマホ(SIMカード無し)のセットでも良いのではとも感じます。UQ WiMAX3,452円/1月の料金だけで、PC+タブレット+SIMフリースマホが使用出来、お得とも感じます。一考の価値はありますね。

まとめ

今回はsimフリー端末のやモバイルルーターの使用と比較について調べました。結果は大手通信会社と格安sim販売業者と価格の差は歴然でした。またデメリットも少なく、乗り換えない理由が見つからない位でした。

今後は加速的に、端末の販売は格安SIM販売業者となり、大手通信会社は通信網の充実に、力をシフトするものと思えます。安くなったとはいえ、iPhoneなどはそれでも高級品ですので、扱いの長けた販売員が揃う事が望まれ、その他のスマートフォンも営業努力で普及率が上り、サポートも充実しつつ、普及する事を願います。

とはいえ、月々の通信費が減る事は、その分他の事にお金を使えるという事ですので、景気回復や他のエンターテイメントが発展するのであれば、大変有意義であるとともに、喜ばしい事であります。


スポンサーリンク

Check Also

キャリア別、iPhoneSIMフリー解除の条件・方法まとめ

iPhoneを購入する際、大抵 …