Home / Android / simとは?simフリースマホのメリットやandroid搭載sim端末について紹介!

simとは?simフリースマホのメリットやandroid搭載sim端末について紹介!


最近、携帯電話、スマートフォンを取り巻く環境が激動してきています。今までは大手通信事業者数社のシェアがそのほとんどを占めていたのですが、ここのところ、MVNO、いわゆる格安スマホと言われるものを展開する事業者の躍進が話題となっているのです。そして、その格安スマホ事業者が提供しているものの多くがsimフリーのスマホです。

この記事ではそもそもsimとは何なのか、そしてsimフリースマホはいったいどんなもので、どんな良いところがあるのかを説明したいと思います。また、android搭載のsimフリー端末も購入しやすくなったことから、このような端末が大手キャリアで取り扱っている端末と違う点や優れている点についても紹介したいと思います。

スポンサードリンク

simとは

一言でいうと今現在爆発的な普及を見せているスマートフォンのデータ通信等を行うために必要なICチップカードのことです。一般的にはスマートフォンで最近話題のsimフリー等、交換などに使われますが、他にも従来から存在するガラパゴス携帯やタブレット端末でも利用されています。LTEや3Gなどに代表されるデータ通信には必ずこのカードがなければいけません。

また、同様に音声通話にも必須となります。また、カードにはスマートフォンやタブレット、ガラパゴス携帯電話を契約した人の個人情報や電話番号も含まれています。SIMと一言でいっても大きくわけて3種類存在し、最も一般的でサイズの大きい標準タイプ、中くらいのサイズのマイクロタイプ、最も小型化されたナノタイプがあります。

これらは利用するスマートフォンやタブレットなどの端末によって利用されるカードは異なります。サイズさえあれば異なる端末でも必ずできるというわけではなく、通信規格もあわなければ一つのsimを複数の端末で使用、または一つの端末で複数のカードを差し替えることはできません。

simカードというのはSubscriber Identity Moduleの単語のそれぞれの頭文字をとったものであり、日本語に訳すると加入者識別モジュールとなります。simは国によって規格が異なる場合もありますが、一般的に日本で使われているのはUIMというタイプです。これはUser Identity Module Cardの頭文字をとったものです。

またはUSIMと表現される場合もあり、これはUniversal Subscriber Identity Module Cardであり、国際的な加入者識別モジュールと訳されます。何れも日本ではあまり呼ばれることはありません。

MNVOとは

近頃普及してきた格安タイプのものあり、これはMNVOといい、Mobile Virtual Network Operatorの頭文字をとったもので、日本語に訳すと、仮想移動体通信事業者。つまり自社でデータを通信する仕組みを開設・運用することなく、自社のブランドでスマートフォンなどの通信するサービスを提供する企業のことです。

とはいっても格安といっても提供しているのはキャリアと呼ばれる大手のデータ通信会社です。このことから利用できる範囲、つまりデータの送受信や通話などは今までの一般的なキャリアと大差ありません。企業向けのテストはかなり前から行われていましたが、日本で、一般的な消費者向けにMVNOがサービスを提供しはじめたのは2010年からになります。

日本通信b-mobileという事業者から始まりましたが今やMVNOに乗り換える人も爆発的に普及しています。b-mobileはドコモの通信網を使っており、それまではスマートフォンやタブレットをパッケージ化して販売していた常識を覆しました。

これは市場に大きな影響を与え、現在ではイオンや楽天など誰もが知っている大手の企業からの参入も進んできています。それから4年が過ぎ、2014年にはケイ・オプティコムからmineoと呼ばれるauの通信網を使ったMVNOが登場しました。さらに2017年にはソフトバンクのデータ通信網を用いたサービスを開始するなど、従来からの3大キャリア、ドコモ、au、ソフトバンクすべてがMVNOに対応することになりました。

MVNOが始まった最初の頃はSIMといえばデータ通信のみでしたが、現在では音声通話に対応したものや、ショートメールサービスに対応したSIMも登場し、プランも多種多様になってきています。例えば容量無制限や特定アプリのデータ通信が使い放題になったりするサービスなどが存在します。

simフリースマホとは

冒頭で挙げたようにMVNO、いわゆる格安スマホと言われるものを展開するスマホ事業者が提供しているものの多くがsimフリーのスマホです。ここではsimフリーとは何か、そしてsimフリーのメリットを紹介したいと思います。

simフリーとは

simフリーとは、スマートフォンやケータイ、タブレットなどには必ずついているsimカードと呼ばれるICチップカードについて、事業者を縛られることなくフリーに使えるということを指しています。このカードは3GやLTEといったモバイル用の電波を受信してデータ通信や音声電話をするのに必要なものであり、同時に電話番号などの契約者情報が入っている重要なものです。

そして、これまで大手事業者が主に展開してきたスマホについては、使えるカードが自分の事業者のもののみに限定、つまりロックしていたのです。この状態では、例えば他の事業者と契約したとしても、そのスマートフォンをそのまま新しい事業者が提供するsimカードを差して使うことはできないので、新たに端末を購入しなおさないといけませんでした。

この状況が変わったのが、前述したMVNOの登場からです。MVNOは安さを売りに大手通信事業者のシェアを切り崩してきました。その際に売りにしていたのがsimフリーです。こういった端末ならどの業者を選んでも良いので大手通信業者に限らず選んでもらえる可能性が高まります。

simフリーのメリット

主なメリットとして、

・気軽に通信業者を変えることができる
・多くの種類の端末から選ぶことができる
・海外で現地事業者が提供するプリペイド型のカードを使える

の3点が挙げられます。

気軽に通信業者を変えることができる

まず第一のメリットは通信事業者を気軽に変えることができるというものです。契約を新たに結びなおした際に端末を買い替えることなくこれまでの端末を使い続けることができるので、より安いプランなどを検討しやすくなります。また、端末の差異購入にあたってデータの移動や設定のしなおしなどわずらわしい作業が付いて回らない、というのも大きなメリットとして挙げられるでしょう。

近年はデータの容量も増えているので、端末を変えるとなるとかなりの手間が掛かってしまうからです。

多くの種類の端末から選ぶことができる

多くの種類の端末の中から選ぶことができるのも魅力の一つです。大手通信事業者の展開するスマホはそれほど種類が選べませんが、こういったフリーの端末は安いものから高いものまで、さまざまなメーカーがさまざまな仕様のものを販売しています。

例えば3Dでの表示が多くあるゲームを頻繁に、そして快適にプレイしたい場合はそういった性能が高いものを選べますし、さまざまなアプリをインストールし画像や動画も大量に保存して使いたいならば容量の大きいものを選ぶのも良いでしょう。また、逆にシンプルに使いたい場合などは必要最低限の性能の物を選べば掛けるコストをかなり低く抑えることも可能です。

また利用料金についても、さまざまな事業者がさまざまなプランを展開しているので、利用用途に合わせて必要最低限のものを選べるというメリットもあります。

海外で現地事業者が提供するプリペイド型のカードを使える

さらに、出張や観光などでよく海外へ行かれる方にとってもこういった端末は強い味方となります。なぜならば、海外でも現地事業者などが提供するプリペイド型のカードを挿入すれば普通に使えることが多いからです。これは端末ごとレンタルしたり、国内通信業者の海外サービスを使う事に比べればかなりの節約につながります。

購入しやすくなったandroid搭載のsimフリー端末

大手家電量販店やPCショップなど様々な場所で、android搭載のsimフリースマートフォンやタブレットを購入出来るようになりました。このような端末が大手キャリアで取り扱っている端末と違う所は、大手キャリアが提供しているSIMだけでなく、その回線を借りて回線事業を展開しているMVNOが提供するSIMを使う事が出来る点です。

海外に出張や旅行に行く場合には、現地の通信キャリアのSIMを使うケースが多いでしょう。そのような時にも、simフリー端末は重宝します。各メーカーから多数のスマートフォンが発売された事で、大手キャリアが取り扱っているスマートフォンとの差がほとんど無くなってきており、大手キャリア向けの端末よりも安く購入出来る事が消費者にとっては魅力となっています。

多種多様なアプリを利用可能に

MVNOは、消費者のニーズに合わせて、格安SIMとsimフリーのandroidスマートフォンをセットにして格安スマホとしても販売を行っており、多くの消費者が大手キャリアのスマートフォンや回線プランから乗り換えを行っています。
OSにandroidを採用している事で、ユーザーは多彩なアプリをアプリストアから入手する事ができ、それらをインストールする事で数多くの機能を追加する事が出来ます。

アプリのジャンルで人気が高いのが、ゲームアプリやSNS専用のアプリ、オンラインストレージアプリやファイルマネージャーアプリです。日常的に使うアプリとしては、ブラウザアプリやメールクライアントアプリなどがありますので、パソコンで行っている事をスマートフォンで操作しやすい環境を構築するには、このようなアプリの選び方が重要になってきます。

用途に合った物を選ぼう

android搭載のsimフリー端末の最近の流行としては、デュアルSIM・デュアルスタンバイと呼ばれる2つのSIMを端末に挿入して同時に待ち受けが出来る状況にする事が可能な機能です。この機能を搭載した機種は2万円半ば以上の機種に多いですが、大手キャリアの通話定額プランを契約したSIMとMVNOのデータ通信専用プランを契約したSIMを端末に挿入しておく事で、月額料金を大幅に抑えるといった使い方が行えます。

端末を選ぶ時には、ユーザーの用途に合った物を選ぶ必要があります。ゲームアプリで遊ぶ事が多いのであれば、高速なSoCを搭載し、内蔵ストレージやメインメモリーが大容量の物を選ぶと良いでしょう。一方で、メールや通話やSNSがメインという場合は、ハイスペックモデルでなくても、ミドルレンジ以下の端末を選択する事が可能です。

ミドルレンジモデルでも、8コアのプロセッサを搭載したSoCを採用していたり、3GBのメモリーを搭載していたりしますので、アプリやブラウザなどを快適に動作させるには問題ありません。

カラーリングやアクセサリーも豊富

メーカーによっては、色々なカラーリングを用意している事があります。このカラーリングの選び方としては、ユーザーが好きな色を選ぶのが一番良いでしょう。毎日使う事になりますので、好きな色の端末を購入すれば、ユーザーにとって満足が高いです。

大手キャリア向けのスマートフォンには、スマートフォンケースなどアクセサリーが数多く販売されていますが、MVNOなどから発売されているsimフリースマートフォンにもアクセサリーが展開されています。但し、ユーザー数が多い端末ほどアクセサリーの種類が豊富である傾向が強いですので、端末を購入する時には、どのようなアクセサリーが使えるかどうかを確認して選ぶ事も重要です。

オンラインショップや実店舗で取り扱う量販店モデルが増加した事で、ユーザーにとってはスマートフォンを選びやすい環境が整っています。

まとめ

このように、simフリーのスマホにはこれまでのロックされた端末にはない良いところがたくさんあります。また、android搭載のsimフリー端末も購入しやすくなり、simフリー端末に多様なアプリ機能やカラーリング、アクセサリーを施すことができ、simフリー端末の活躍の幅が広がってきています。

これからスマートフォンを新規に契約、または機種変更しようとされている方は、一度選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画をAndroidでダウンロードする方法

ここ数年で、大きな盛り上がりを …