Home / iPhone / 格安simを利用したい!iPhoneのsimロック解除についてわかりやすくご説明

格安simを利用したい!iPhoneのsimロック解除についてわかりやすくご説明

今やスマートフォンは我々の生活に必要不可欠な存在として認識され始めてきましたね。毎日使って、毎月高額な利用料金を支払わなければならないのでそのことに悩みを抱えているユーザーが数多く存在すると思います。毎月利用料金を支払うスマートフォンだからこそもっとお得に使いたいと思うことは当然です。

そこで近年注目されているのが格安simです。すでに格安simを利用しているユーザーも少なくないはずです。格安simは使用するために様々な手続きを行う必要がありますが、格安simを利用することで今までの利用料金と比べて嘘のように格安でスマートフォンを利用できるかもしれない、とても優れたサービスです。

今回は格安simを利用する上で必ずと言っていいほど発生するsimロック解除についてiphone 5sとiphone 6、そしてこれらより古いiphoneについてご説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

simロック解除について

iphoneは日本で大人気のスマートフォンとして活用されていますが、とても高価な機種ですので長く使っていきたいと望む人も少なくありません。近年のスマートフォンはかなり高性能ですので、OSのアップデートをしっかりと行っていれば、ある程度の年数であれば十分に耐えられる能力を持っています。

引き続き同じ携帯電話会社で使うのであれば特に問題になりませんが、他社に乗り換える際にはsimロック解除の手続きをする必要が出てきます。

大手の携帯電話会社で購入したスマートフォンやタブレットには、契約した携帯電話会社が提供する回線プランでのみ使えるようにする仕組みが導入されております。つまり、契約した携帯電話会社のsimカードしか使えないsimロック機能が搭載されているということです。

よって格安simを利用したい場合は携帯電話会社が設定したsimロック機能を解除してもらわなければなりません。また、simロック解除を行うことによって、海外に行って、現地のキャリアの回線を使いたい時に、現地のキャリアが提供しているSIMを端末に挿入する事でデータ通信や通話が行えるようになります。

携帯会社別simロック解除サービスの特徴

auのスマートフォンのロックを解除する場合、2015年5月よりも前に発売された機種では応じてもらえません。

ドコモの機種であればあまり細かい決まりがありませんので、楽に乗り換えを済ませることができるでしょう。2015年5月よりも前に発売された一部の機種のロック解除にも応じてくれます。しかし、ドコモの場合も解除のやり方によっては解除手数料が発生しますから、気を付けてください。

ここで気になってくるのが、一番最初にiphoneの提供を開始したソフトバンクです。ソフトバンクで購入したスマートフォンのまま他社に乗り換える際には、必ずロックを解除しなければなりません。MVNOではドコモ系かau系の回線を利用していますので、ソフトバンクのロックがかかっている機種では引き続き使えないからです。

ソフトバンクのiphone6はロックの解除手続きに応じてもらえない機種ですので、乗り換えで使うとなれば新しいスマートフォンを購入する必要が出てくるでしょう。パソコンや店舗で解除手続きを受け付けており、店舗で行うと解除手数料が発生します。

このように、元々どこの携帯電話会社でどのような機種のスマートフォンを使っていたかにより、ロックの解除やMVNOの対応が異なってくることをよく理解する必要があります。auやソフトバンクユーザーは特に注意が必要です。

古いiphone

日本で発売されていた古いiphoneは、キャリアロックを外すことができません。そのため、一部の携帯電話会社で発売されていたモデルを特定のMVNOで利用するためには、割高なファクトリーアンロックサービスを利用するしか方法がないことが一般的でした。また、中古携帯買取店においても利用できる幅の少ないこの携帯電話会社のiphoneは安く買い取られてしまうという欠点もありました。

しかし、2017年春からは状況が一変し、全ての大手携帯電話会社がそれぞれにキャリアロックがかかったiphoneで使うことのできるsimを提供するようになりました。そのため、以前購入したキャリアロックのかかった端末でもMVNO会社のサービスと適合すれば、再びそのままの状態で月額料金を抑えて、利用できる方法が増えることになりました。

古いiphoneを使いこなすには?

そこで、古い端末を上手に使うための注意点は大きく分けると3つあります。

まず1番目に、同系列ということが重要なポイントです。以前からこの端末を提供していた大手携帯電話会社は3つありましたが、それぞれのsimを用いてMVNOのサービスを提供する会社のものと契約する必要があります。それを間違うと不正なsimというエラーメッセージが端末に出ることになり、正常に使うことができません。
また、多くのMVNOのサービスを提供する会社では、音声通話ができる大手携帯電話の代用としても十分活用できるものを提供していますが、最近サービスを開始したシェア第3位の携帯電話会社が提供するsimを用いたものは、現時点でデータ専用しか契約をすることができません。

しかし、携帯電話会社と直接契約するよりは安い価格設定になっています。その月額料金は、月間1GB880円、3GB1580円、7GB2980円、30GB4980円です。さらに、月間容量を使い切っても200kbpsの接続が可能です。まだ、他のMVNOのサービスと比較すると割高な部分もありますが、選択肢は確実に広かったことになります。

2番目に古いiphoneをMVNOで使う際にOSを最新版にアップデートできない場合があります。OSをアップデートできないと新しいアプリが利用できず、セキュリティにも不安を感じる方が多いかもしれません。しかし、上手に使えば、ある程度安全性を確保しながら快適に使うことも可能です。

例えば、個人情報を管理したり、古いブラウザーでパスワードの入力などを極力避けることが挙げられます。
ブラウザーアプリの中には、古いOSにも対応したセキュリティの高いものがあります。そういったものを代用して利用する方法を検討することも有効です。さらに、ネットラジオや音楽のストリーミング再生用に使用したり、簡単なナビゲーションとして活用する方法などを検討すれば十分古い端末でも有効利用ができます。

3つ目は、元々のsimを提供している携帯電話会社とMVNOのサービスを提供している会社は全くの別会社です。そのため、契約者への対応は、ほぼ全てMVNOの会社が責任を持って対応してくれることとなっています。しかし、サポート体制は様々です。そのため、ある程度きちんとした会社と契約をしないとなかなか電話に繋がらないやメールでの返答が遅いなどの問題につながる場合があります。

契約前に契約予定のMVNOの会社に問い合わせをしてサポート面などをさりげなく調べてから契約することが意外とお勧めです。

最後にキャリアロックのかかった古いiphoneはもちろんのこと最新のものでもMVNOで利用できる幅は確実に広がりつつあります。先入観によって大手携帯会社との契約を優先させるのではなく、自分にあった通信契約をすることこそがより快適に安く利用する原点になるのではないでしょうか。

iphone 5sの場合

iphone5sは、大手携帯電話会社から発売されていましたので、simロックがかかっている状態の物が大半です。もし、ハードウェアが対応していて、他のキャリアの回線を使いたいのであれば、iphone5sのsimロックを端末を提供している携帯電話会社で解除をしてもらう必要があります。
iphone5sのロック解除も、端末を販売しているキャリアに申しこめば、解除を行ってくれます。解除をしてもらう事が出来れば、他のキャリアのsimを使う事が可能になります。

iphone5sは人気機種であり、ユーザーは中古ショップで購入する事があります。そのようなケースにおいてもキャリア向けのiphone5sであれば、ロック解除を行う事で様々なsimを使えるようになります。但し、注意するべき事があり、中古ショップで購入した端末が、利用制限がかかっている赤ロムで無い事を確認しておきます。
赤ロムの場合、simロック解除の手続きが出来ない場合があるからです。また、携帯電話会社の回線を利用しているかどうか、端末購入日から6ヶ月が経っているかなど様々な条件が課せられている事がありますので、必ず、これらを確認してから手続きを行う必要があります。

simロックの解除の条件は、先ほど示しましたように携帯電話会社毎に異なりますので、利用している端末のキャリアがどのような条件でsimロックの解除に応じてくれるのかを直接携帯電話会社に確認しておいた方が確実でしょう。
ユーザーが所有しているキャリア向けの端末の中には、格安simを使うのにsimロックを解除しなければいけないケースがあります。そのようなケースに対応する為にも、各携帯電話会社のsimロックの解除の条件と手続きの仕方を確認し、確実にsimロックが解除されるようにしていきます。

キャリア向けのiphone5sは、simロック解除をしなくても同じキャリアの回線をベースにしている格安simであれば、そのまま、利用する事が出来ます。月額利用料金を安くする目的でキャリアを変更するのであれば、MVNOが提供している格安simを利用すれば、simロック解除の手続きをする手間を省く事が可能です。
キャリア向けのiphone5sはsimロックがされていますが、オンラインショップで入手出来る海外版はsimフリー端末ですので、キャリア向け端末のようにロックを解除しなくても、色々な回線業者が提供するsimを使う事が可能です。

しかし、端末の入手性は、キャリア向けの端末の方が高いですので、直ぐに使いたいのであれば、キャリア向けの端末を入手して、必要に応じてロックを解除したり、格安simを使ったりする方が一般的です。

世界中で人気が高いiPhone5sは、現在でもユーザーが多い機種であり、近年では多数の格安simサービスが登場しています。出来るだけ携帯電話にかけるコストを抑える為にも、格安simとsimロックの解除は効果的な手段であり、多くのユーザーに役立つ手段となります。

iphone 6の場合

ドコモとソフトバンクのロック解除の手続き自体は割と簡単ですのであまり気にする必要はないものの、auのiphone6を格安simが使えるMVNOで引き続き利用したい場合には注意する点があります。iOS8がインストールされているauのiphone6だと、MVNOが利用できません。利用を検討するならOSのアップデートを行ってください。

auのiphone6自体は利用できるMVNOが大半ではあるものの、最新のOSにアップデートしたとしてもMVNOで有名なmineoで契約した場合、テザリングの機能が使えない問題に直面します。テザリングとは、スマートフォンをWi-Fiルーターとして使用し、Wi-Fi接続ができる別のスマートフォンやパソコン、タブレットを繋いで各デバイスでインターネットを楽しむことができる便利な機能です。

この機能を利用するなら、mineoではなく、UQモバイルを選ぶことをおすすめします。但し、mineoに比べるとUQモバイルは回線の品質で評判が良い代わりに、プランの種類が少ないため、利用状況によってはやや割高なイメージが強くなることを覚悟しておきましょう。

auのiphone6s以上であれば、特に問題なくMVNOのサービスを利用できます。ただ、ドコモに比べるとauのiphoneを始めとするスマートフォンをそのまま使えるMVNOは極端に少ないですから、ロック解除の手続きが必須になります。
店舗で解除手続きをすると解除手数料として税抜3000円を支払うことになりますので、できれば解除手数料が無料になるパソコンやスマートフォンから手続きを行いたいところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スマートフォンの利用料金を安くして様々なことにお金を回し、より毎日の生活を充実したものにしてください。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …