Home / iPhone / 格安simをiPhoneで使うなら!おすすめポイントまとめ

格安simをiPhoneで使うなら!おすすめポイントまとめ

携帯電話を持っている人のほとんどが今やスマートフォンの時代です。スマホの中でも特に人気が高いのがiPhone。スマートなデザインとシンプルなUIで操作性が高く、またシェアが高い事から身近な人同士で操作を教え合えるなど、iPhoneユーザーである事には大きなメリットがあります。

iPhoneのデメリットとしてあげられるのは、その価格の高さ。auから最近発表された格安料金プランもAndroidの一部機種のみ対応で、残念ながらiPhoneを使うには従来通りの料金プランを選択するしかない状態です。

なんとか通信費を節約したい!と思っても、どうして良いのかわからずついそのままにしている、という方も多いのではないでしょうか。本記事では大人気のiPhoneをお得な格安simで利用する方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

格安simがお得

皆さんは毎月の携帯代、いくら支払っていますか?

iPhoneユーザーの場合、機種代を含めると大体7000円から通話かけ放題を始めとする様々なオプションをつけたりデータ容量の大きなプランを選択している場合などは1万円を超えているという方も少なくないのではないでしょうか。

ちなみに私の携帯代はiPhoneとiPadを合わせて毎月2000円前後です。かけ放題プランではないので、通話時間によって多少前後しますが、電話をかけることはあまりないので、多い月でも2300円を超えることはありません。その話をすると皆さん一様に驚かれます。

大体周りの人と比べると4分の1くらいの携帯代ですから、「どんな魔法を使っているの?」なんて聞かれることも度々あります。

その実は魔法でもなんでもなく、格安simと呼ばれるものを契約しているだけなのです。docomoやau、softbankのショップで契約するよりも初めは少しだけ手間がかかりますが、利用できるエリアや通話品質などの使用感はほとんど変わらず使えます。

最初の手間だけで毎月の携帯代が4分の1程度まで抑えられるとしたら、とてもお得だと思いませんか?

例えば、格安simの場合は通話の待ち受けとデータ通信3GBの一番シンプルなプランの場合は、大体1600円前後で料金設定をしている会社が多いです。毎月の携帯代が7000円かかっている人の場合、毎月5400円の節約になるというわけです。1年にすると64800円、ちょっとした国内旅行に行けてしまう金額です。

格安simがどのくらいお得か長いスパンで見るとより実感できますよね。

simカードとは

格安simと言われても、そもそもsimって何?と思われる方も多いのではないでしょうか。simとはsimカードの略称です。

simカードという名前を聞いたことがない、という方も、携帯ショップで機種変更をするときに、ショップの店員さんが古い携帯から小さなカードを抜いて、新しい携帯に差し込んでいるところを見たことがあるのではないでしょうか。その小さなカードがsimカードなんです。

simカードはスマホや携帯電話を使って、通話や通信をするためのもので、これがないと携帯電話もスマホも単体での通信を行うことが不可能です。

格安simを利用する上でsimカードの詳しいメカニズムを知る必要はありませんが、simカードと呼ばれている事、スマホや携帯電話がインターネットや電話回線に接続するためのパスポート、というようなイメージを持っていただければ十分です。

通常のsimカードと格安simの違い

通常の携帯ショップで扱っているsimカードと格安simカードには、カード自体の違いは特にありません。格安simを取り扱っている会社はdocomoやau、softbankから電波の一部を借り受けてユーザーにサービスを提供しています。

電波自体は同じものを利用していますので、simカード自体も同じものになっています。格安simを契約したのに、手元にやってきたsimカードにはdocomoと書いてある、といった具合に、特に見た目の違いはありません。

格安simのメリット

1.料金が安い!

格安simのメリットといえば、上に紹介した通り、料金が安くなるということに尽きます。会社によって格安simでも料金プランは異なりますが、一例として、auと格安simの老舗であるiijmioでなるべく同じ条件下で料金をシミュレーションしてみましょう。

・auの場合
通話基本料(スーパーカケホ) 1700円
データ定額3(3GB)     4200円
LTE NET 300円
合計(税抜き)        6200円

・iijmioの場合
音声通話オプション     700円
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円
通話定額オプション(3分以内) 600円
合計(税抜き)        2200円

一例として最もシンプルなプランで、特別な割引サービス(光回線とのセット割など)や機種代は考慮しない状態でシミュレーションを行ってみました。それぞれの環境や機種代、下取りの有無などによって料金は変動しますが、一つの例としてご覧下さい。

今回のシミュレーションでは毎月4000円の節約が見込める結果となりました。年間にすると約5万円。5万円あれば色々楽しいことができそうですよね!

2.乗り換えが気軽にできる!

格安simのメリットの2つ目は、乗り換えが気軽にできることです。これも通信会社によりますが、多くの格安simの会社はいわゆる自動更新の二年縛りを採用していません。

新しいiPhoneが発売になって、携帯会社を乗り換えるとお得に利用できそうだけれど、二年縛りの違約金が発生してしまうから、となかなか実行できない場合も多いのではないでしょうか。

格安simの場合、音声通話オプションが付いているものはほとんどの会社が最低利用期間を設定していますが、12か月や24か月などの期間が過ぎれば、いつでも違約金なしで解約できる場合がほとんどです。

3.料金プランがシンプル!

格安simのメリットの3つ目は、とにかく料金プランがシンプルで判りやすい、ということです。

データ通信容量も、かけ放題も、必要な場合のみ契約すればOKです。docomoやauで契約した場合、2年ごとに機種変更しないとかえって料金が高くなってしまう、なんてこともありますが、格安simの場合はまずこういった心配はありません。

もちろん、サービスを提供する会社にもよりますが、多くの格安simは、自分の必要なサービスを必要なだけ契約し、利用したサービスの分だけ料金を支払えば良い、というシンプルな仕組みを採用しています。合理的で格安simのとても良いところだと言えます。

こんな人には格安simがおすすめ

これまでの内容で、格安simは本当にお得であることをご紹介してきました。では、この格安sim、どんな人に特におすすめと言えるのでしょうか。

まず、格安simを契約するためにはクレジットカードが必要な場合がほとんどです。ですので、クレジットカードを持っていて、携帯代をクレジットカードで支払うことに抵抗のない人にはおすすめといえます。

また、一部の会社を除いて実際にショップがない場合がほとんどですので、契約には自分でインターネットを利用して申し込みを行い、郵送されてきたsimカードを自分でセッティングする必要があります。

各社マニュアルを丁寧に用意していますし、初期設定についてはiPhoneの場合はAPN構成プロファイルというものをインストールすれば手動で設定を行う必要はありませんので、普段スマホを使いなれている人であればそれほど苦労することなく行うことができます。

こういった設定を自分で行うことに抵抗のない人には格安simはおすすめといえます。

逆に、どうしてもインターネット上の申し込み手続きや、自分で設定を行うことに不安がある、という方はY!mobileやイオンモバイル、UQmobileなどの店舗展開が豊富な会社を選択することで、カウンターでの申し込みやサポートも期待できます。

そして、格安simの場合は最新iPhone本体の販売がない場合がほとんどで、料金には機種代が入っていないので、同じiPhoneを長くつかえばつかうほどお得になります。何よりも今使っているiPhoneを大切に長く使いたい、という方は料金面でのメリットが大きくなりますので、ぜひ格安simに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

格安simが使えるiPhoneとは

iPhoneを格安simで利用する場合、simロック解除という手続きが必要になる場合があります。もともとsimフリーのiPhoneを購入している場合を除いては、販売キャリアによってsimロックがかかっています。

このsimロックとは、例えばdocomoで販売したiPhoneはdocomoのsimカード以外は通信制限をかけている、ということです。

このようにiPhone本体を販売する時にかかっている制限のために今所持しているiPhoneを格安simで利用する際には様々な手続きが必要になる場合が出てくるのです。では、キャリア別に対処方法をご紹介しましょう。

docomoのiPhoneを持っている場合

docomoのiPhoneを持っている場合、格安simの多くがdocomo回線を利用していますので、特にsimロック解除手続きの必要なく利用できる場合が多いです。

au、softbank系の格安simを利用する場合は解除が必要になりますが、料金を払ってわざわざsimロック解除をするよりもdocomo回線が利用できる格安simを選択した方が良いでしょう。

auのiPhoneを持っている場合

auのiPhoneを持っている場合、docomoのiPhoneよりも制限が多く、少し複雑になりますが、利用はできますので落ち込まないでください。

auのiPhoneの場合はiPhone5c以降の機種で、au回線を利用した格安simの一部(UQmobile、mineoのauプラン)でsimロック解除をせずに利用が可能です。

docomo回線を利用した格安simの利用をする場合、iijmioのタイプAなど、au回線を提供している一部の格安simの利用をする場合はsimロック解除の過程が必要になります。simロック解除できるauのiPhoneの機種がiPhone6s以降の機種になります。

購入後180日以上経過している必要がありますので、お手持ちのiPhoneをよく確認し、ショップ、またはオンラインでの手続きを行いましょう。オンラインでの手続きはauユーザーに限られますが、無料で行うことができます。

ショップでの手続きは手数料として3000円のコストを負担しなければいけませんが、auユーザー以外でも可能ですので中古のiPhoneを入手した場合などはショップでの手続きを行う必要があります。

中古のiPhoneで購入から何日経過しているかわからない、いつ購入したか忘れてしまったなどの場合は下記のサイトからsimロック解除可能かどうかがわかりますので、端末のIMEI番号を確認して調べてみましょう。

au ネットワーク利用制限携帯電話器照会

※iPhoneのIMEI確認方法
1.「設定」アプリを起動
2.「一般」を選択
3.「情報」を選択
4.「IMEI」項目の15桁の番号を確認しましょう

au回線を利用した格安simの場合、テザリングという他のデバイスにデータ通信をおすそ分けする機能が利用できない場合があります。auのiPhone6s以降の機種をお持ちの場合、simロック解除をを行い、docomo回線を利用した格安simを利用する方法が一番シンプルで各種機能を制限なく利用できます。

現在auユーザーの場合はオンラインで無料でsimロック解除の手続きも可能ですので、できればsimロック解除はしておいたほうが後々売却することになっても有利になりますので、解除しておくことをおすすめします。

softbankのiPhoneを持っている場合

softbankのiPhoneを持っている場合、基本的にはsimロック解除を行わないと格安simは利用できません。iPhone6s以降の機種ではショップでsimロック解除を行えますので、解除の手続きをすれば問題なく格安simを利用できます。

ごく稀にsoftbank回線を利用した格安simもありますが、料金が割高であったり、音声通話オプションをつけることができないなどサービスもまだ不十分ですので、現在あえてsoftbank回線の格安simを選択するメリットはありません。softbankユーザーであればオンラインで無料でsimロック解除が行えます。

オンラインでの手続きが不安な場合は、3000円かかりますが、ショップでも手続きが可能ですので、格安simを利用する場合はsimロック解除を行いましょう。

新規購入の場合

現在手元に格安simで利用可能なiPhoneを持っていない場合は本体を購入する必要があります。一部の格安simではiPhoneを扱っていますが、最新機種の取り扱いがない場合がほとんどですので、格安simをiPhoneで利用する場合は本体を別途用意する方が無難です。

本体をどのように入手するかについては様々なルートがあります。保証など含めて一番安心して購入することができるのはもちろんApple社から直接simフリー版iPhoneを購入することです。

全国各地のAppleStoreで購入することが可能ですし、近くにAppleStoreがない場合は下記の公式サイトからオンラインで購入することができます。

Apple公式サイト

購入の際は少し割高になりますが、AppleCareという保証をつけておくことをお勧めします。iPhoneは日々持ち歩くことになりますので、落下による液晶割れや故障などのトラブルもつきものです。

また、機械があまり得意でない方はiPhoneの使い方に関するサポートが受けられることも嬉しい特典です。AppleCareを購入すれば、端末の補償と使い方などで困った時のサポートを2年間に延長できるので、長く大切にiPhoneを使いたいという方は是非AppleCareを一緒に購入しましょう。

simフリーのiPhoneは上記のようにサポートや補償をつけることもできて安心ですが、どうしても割高になります。もう少し安く本体を購入したい、という場合は中古のiPhoneを購入するという選択肢もあります。

中古といってもほぼ新品や新品未使用といったものも出回っています。程度の良いものであってもsimフリーのiPhoneを新品で購入するよりは割安になる場合が多いです。中古のiPhoneを購入する場合は、au以外のキャリアではユーザー以外のsimロック解除ができません。

docomoのiPhoneの場合はそのままdocomo回線を利用した格安simが利用できますが、softbankのiPhoneの場合はsimロック解除済であるか確認する必要があります。中古で購入する場合はdocomoのiPhoneを購入するのが一番安心できるので、「難しいことはよく分からない!」という場合はdocomo版のiPhoneを購入しましょう。

中古でiPhoneを購入する場合、ひとつネットワーク制限という項目に注目してください。以前の所有者が端末の分割を払わないままになっている場合などにキャリアがその端末を通信できないように制限をかけることがあります。

中古のiPhoneを販売しているサイトはほとんどがネットワーク制限について記載がありますので、購入画面をよく確認するようにしましょう。もしネットワーク制限の記載がない場合は、そのようなサイトでは購入しない方が安心です。

まとめ

Androidの性能が年々上がり、価格差や自由度から人気が高まってきているとは言えども、iPhoneの人気は不動です。毎年新しいiPhoneの発売日にはニュースになるなど、注目も高く、周りに使っている人も多いのが現状です。

端末代金も月々の利用料もAndroidに比べると割高になりがちなiPhoneですが、格安simを上手に利用すればガラケーと変わらない料金で利用することができます。

キャリアのショップで契約するよりは少しだけ手間がかかりますが、最初の契約さえしてしまえば普段は特に格安simと意識することなく自然に使うことができます。お得にiPhoneを利用したい!という方は、ぜひこの記事を参考にしてiPhoneで格安simデビューしてみてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

simフリースマホは普通のスマホとなにが違う?特徴と価格帯別おすすめ機種

最近は、当たり前のようにsim …