Home / sim / これだけは知っておきたい!格安SIMの基本

これだけは知っておきたい!格安SIMの基本

昨今ではスマホやタブレットを使う人がほとんどとなりました。
スマホを持ち歩く理由は、外出先でもインターネットを自由に使える利便性でしょう。
そして、このスマホの普及に伴って各携帯会社の価格競争が激化しています。

そんな中、インターネットなどの通信サービスだけを安く提供する格安SINカードというものが新たに生まれました。
この存在はすぐに話題となり、多くの人が注目しています。
しかし、その仕組みやメリットやデメリットがまだよくわからないという声も聞かれます。
そこで、格安SIMをどのようにして使うのか、どのSIMカードが一番メリットがあるのかを検証してみましょう。

スポンサードリンク

格安SIMとは?

格安SIMという言葉をご存知でしょうか?
最近いろいろなところで耳にする言葉ですが、どんなものか良くわからないという方も多いと思います。
そこで、格安SIMについて、できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

皆さんがお使いのスマホは、ドコモやauなどといった携帯電話会社から発売されていますね。
この携帯電話会社の通信回線を使って、インターネットなどの通信サービスを提供している会社を「携帯キャリア」と呼びます。
携帯電話を作っているのは、ドコモやauという携帯電話メーカーになります。
ドコモやauは携帯電話メーカーと「携帯キャリア」を兼ね揃えている、ということになります。

さて、この「携帯キャリア」から通信回線を借りて、「SIMカード」という小さなICカードを使い、OCNやBIGLOBEなどのプロバイダが通信サービスを提供するようになりました。

OCNやBIGLOBEなどのプロバイダは通信回線を持っておらず、通信料や月額使用料金のみを各自で設定するため、携帯キャリアのように維持費やサポートの設備費が不要です。
このSINカードは、本来の携帯キャリアよりもかなり安いい費用で通信サービスを提供することができるため、「格安SIM」と呼ばれているのです。

そもそもSIMカードとは?

では、そもそもSIMカードとは何なのでしょうか?

簡単に言えば、SIMカードはスマホや携帯電話の身分証明書変わりみたいなものです。SIMカードにはIMSIと呼ばれる固有の番号が割り当てられており、この番号と電話番号を結びつけることで通信ができる状態を作っているのです。

初めてスマホを購入した時には、お店の人が新しいSIMカードをセットしてくれるはずです。この時に入れるSIMカードは、携帯キャリアのSINカードということになります。今まではそれを当たり前のようにそのまま使っていた人がほとんどだと思います。
それが、新しく格安SIMカードが出てきたことで、実はこのSIMカードを抜き差しすることができるという事実がわかりました。

そう、SIMカードを抜き差しすると、登録されている電話番号が他の携帯端末で使えるようになったり、ひとつの携帯端末で複数の電話番号が使えるなどの特徴があるのです。
でも、そんな話、知っていましたか?
格安SIMが出てくるまではそんなことを考えもしなかった人も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。使わなくなったスマホの本体がブックオフなどで安く売られているのはそのためなんですね。

さて、このSINカードですが、実はいくつかの規格があります。

通常使われているのは3種類で、標準サイズと呼ばれるminiSIMは25㎜x15㎜の大きさです。2008年くらいには多かったこのSIMカードですが、最近ではあまり使われなくなりました。
microSIMは、miniSIMよりさらに小さくなったもので、15mmx12mmになっています。2012年くらいから多く使われています。
nanoSIMは、12,3mmx8mmです。最小ですね。比較的、iphoneで多く使われています。

格安SIM

では、格安SIMについて検証していきましょう。
携帯キャリアでのSIMカードは、スマホなどを購入した時にお店の人がその場で入れてくれたものですね。
それを当たり前のようにみな使っていたのですが、昨今、スマホを安く使えるようにと大手プロバイダなどが開発したのが格安SIMというシステムです。

有名なところで言えば、OCNやBIGLOBEです。この二社はインターネットプロバイダとして、大手と言われています。
このようなプロバイダがドコモやauといった携帯キャリアから通信回線を借用する形で、インターネット回線を確保しスマホなどの端末にSIMカードで通信ができるようなサービスを始めたのです。

携帯キャリアが最初からスマホに入れているSIMカードよりはかなり安く運営できるため、プロバイダ側は格安でSIMカードを販売することができます。その結果が今のようなスマホ格安戦争となっているのです。

スマホ端末と通信サービスが別になった計算なので、この格安SIMを使って中古で購入したスマホ端末を使用できるようにするなど様々な使い型ができるのが魅力ですね。安くスマホ端末を手に入れ、格安SIMで通信サービスを受ければかなりの節約になります。
では、実際にはどのようサービスがあるのかを紹介しましょう。

音声通話SIM

音声SIMとは、いわゆる携帯キャリアが使用しているSIMと同じ性質を持つもので、通話とデータ通信が可能なSIMのことです。
これまでのスマホと同じように、070、080、090の携帯電話番号を使えるSIMなので、これまでとの違いはそれほど感じないでしょう。
ただ、仕事で通話が多い人などにはあまりお勧めできません。通話が多い場合には、通話料が高くなってしまうことがあるからです。
しかし、一般的には、ほとんどの人にとっては格安SIMにした方がスマホにかかる料金はかなり安くなります。

070、080、090の電話番号の利用を希望する場合は、音声SIMで申し込みましょう。
通常のスマホを使う時と同じで電話だけでなくその他にもネット、様々なアプリを使うこともできます。
もちろんメールも可能です。110や119などの緊急通話もできますので、携帯キャリアのSIMと機能は同じだと言えますね。

データ専用SIM

この音声SIMと比べて、データ専用SIMはネットやメール、アプリも使えますが唯一電話番号を使っての通話はできません。
電話番語を使っての通話は、というのは、最近よく使われているLINE通話などは可能なので、アプリを使っての通話はできるのです。
昨今ではLINE、Skypeなどのほかにも、050から始まるIP電話アプリなども使うことができますね。
通常はあまり通話をせず、ネットだけで十分だという人にはお勧めのSIMです。

格安SIMのメリット

さて、格安SIMについてはなんとなくおわかり頂けたでしょうか?
では、格安SIMに変えることでどんなメリットがあるのか、それを探っていきましょう。

格安SIMに変えることの最も大きなメリットは、とにかくその名の通り安くスマホが使えるということです。
現在、スマホの月額料金はどれくらいかかっていますか?
多くの人が7000円以上はスマホ代に覚悟しているのではないでしょうか?

そのスマホの月額料金がなんと、2000円くらいになります。
しかも、使える機能はほとんど変わらないので、ぜひこの機会に格安SIMを考えてみても良いですね。

また、今までのドコモやauなどの携帯キャリアの場合はほとんどが2年契約などという契約期間の縛りがありました。
格安SIMは、1年後に契約を解除しても違約金は発生しません。

このことはとても重要で、これまで途中で他の機種に変えられなかったというジレンマから解放されるのです。
とりあえず1年使ってみて、他に乗り換えたくなったらそれもできるというわけです。
これだけのことができても、通話の品質やデータ通信のレベルが落ちるわけではないので、格安SIMは絶対にお勧めです。

月額料金が安い

月額料金が最も安いのはデータ専用SIMです。
データ専用の格安SIMは、500円から1000円ほどの月額料金で使用することができます。
データ専用SIMを選択した人たちはほとんどこれくらいの金額のデータSIMを利用しています。

スマホで070、080、090を使って通話をしたい人は音声データSIMを選ぶ必要がありますが、それでも通常の携帯キャリアSIMに比べるとかなり安い金額で使用することができます。
毎月のスマホ代が2000円ほどになるのですから驚きですね。音声SIM、データ専用SIMにも、使い方によって選べる様々なプランがあります。

最低利用期間が短い

格安SIMのメリットの2つ目に契約期間の縛りがないことが挙げられます。
通常の携帯キャリアでは、1年ごとに自動更新される契約となっていて、その更新月以外で解約をすると、違約金が発生します。
1万円もの違約金を払うことに抵抗感があって他社への乗り換えを断念する人がほとんどでしょう。

しかし、格安SIMの場合は1年くらい使えば解約に違約金は発生しないので、気軽に使うことができます。
また、月額料金は何年使っても変わらないので、安心なんですね。

通話品質は変わらない

でも、これだけ安くなると、通話品質に問題があるのではと考える人もいるでしょう。
それがそんなことはないのです。
格安SIMであっても、通話品質は、携帯キャリアSIMの場合と全く変わりません。
何故なら、通常の携帯電話会社の通信回線を正規に利用しているからです。

格安SIMのデメリット

これだけ便利な格安SIMですが、デメリットもありますので、使用する前にはきちんと把握しておきましょう。
格安SIMはSIMカードだけの使用料金になるので、本体となるスマホを用意しなければなりません。
現在、使っているキャリアのスマホがある人は、格安SIMに乗り換えるための注意点がいくつかあるので、確認が必要です。
その際にはドコモなどのキャリアメールが利用できなくなるので、その対策も考えなければなりません。

また、格安SIMはネット上での申し込みや手続きとなり、リアル店舗が少ないので、サポートを受けたい時の対応が問題となります。
そして、格安SIMは通話量が多い人にはお勧めできません。通話料金が高く設定されているためです。

キャリアメールが利用できなくなる

通常のドコモやauを使ってきた人は、ドコモのメールアドレス、auのメールアドレスを使用してきたはずです。
格安SIMにすると、このキャリアのアドレスが基本的には使えなくなります。
ドコモだけは別途の手続きをすることで、継続してドコモアドレスを使用することができますが、基本的に格安SIMではフリーアドレスを使うことになります。

メールアドレスが変更になると、友人や知人にメールアドレスの変更を伝えなければならないことや、会員制サイトによってはフリーアドレスでは登録できないところもあります。

店舗が少ない=手厚いサポートがない

リアル店舗があれば、何かの時に駆け込むこともできますが、格安SIMはネット上の店舗での契約となるので、いざという時の対応が遅れることがあります。電話をしてもなかなかつながらなかったりと、サポートの不完全さを心配する声もありますね。

通話料金が高い

格安SIMの場合、30秒で20円の通話料金の設定となっています。
何も考えずに長電話をすると、高額な請求が来てしまうので、注意が必要です。

ただし、昨今では格安SIMにもかけ放題のオプションをつけることもできますし、LINEなどの無料通話を使うなどすれば、長電話をすることはあまりないでしょう。
賢く使えば、問題はないということです。

格安SIMの種類

では、実際にお勧めの格安SIMを紹介しましょう。
様々なプランもあるので、自分に適した条件の格安SIMを選ぶことをお勧めします。

DMMモバイル

DMMモバイルは月額料金が最安値とされています。
音声SIMの場合でも、1140円からのプランがあるので、スマホ初心者やライトユーザーには最適の格安SIMと言って良いでしょう。

UQモバイル

テレビCMでおなじみのUQモバイルはかけ放題や無料通話付きプランなど、プランが豊富で選択肢が多いことが人気です。
au回線を使っているのですが、通信速度の速さと安定感に高い評価が集まっています。

楽天モバイル

楽天モバイルは2017年9月に「スーパーホーダイ」プランを開始しました。
これは、無制限の上に最大で1Mbpsを使用することができ、これに5分のかけ放題がセットになったプランです。
支払いに楽天ポイントが使えたり、口座振替対応も可能という点も人気があります。

BIGLOBE SIM

大手プロバイダが運営するBIGLOBE SIM は月額480円でYoutubeやAbema TVが見放題という特徴があります。
データを多く使う人には、WINAX2+と組み合わせることでかなりお得になります。

mineo(マイネオ)

マイネオはドコモとau回線のどちらも選べるのが特徴です。
家族や友人とパケットを分け合えるプランや、フリータンクなどのマイネオ独自のサービスが人気です。

まとめ

スマホの急激な普及とともに携帯キャリアの価格競争が展開されてきました。
そんな中で、SIMだけのサービスを提供するという格安SIMの存在が大きくクローズアップされるようになったのです。
多くの人々は、携帯キャリアの価格に不満を持っており、格安SIMへの注目が集まりました。
格安SIMもサービスを提供する会社が軒並み増えており、すでに価格競争が始まっています。
自分にとって、最適な格安SIMを見つけるため、様々な情報を集め、より快適なスマホ生活を満喫したいものですね。


スポンサーリンク

Check Also

SIMフリーのおすすめ5社徹底解説

最近SIMフリーを利用した安い …