Home / sim / 海外用プリペイドsimとは?おすすめブランドもご紹介!

海外用プリペイドsimとは?おすすめブランドもご紹介!

海外旅行をする際、気になるのがスマホでのインターネットです。
auやソフトバンク・ドコモのsimでも海外で使うことができますが、実は大きなデメリットがあったりします。
かといって今の時代インターネットなしではやっていけません。

そこで海外旅行の時に役立つ海外用のプリペイドsimを紹介していきます。

スポンサードリンク

海外用プリペイドsimとは

海外用プリペイドsimとは

そもそもプリペイドsimというのは、使用容量や機関が決まっている使い捨て感覚で使えるsimとなっています。

普段使い慣れているsimは契約が必要なものなので、取得に少々手間がかかりますが、プリペイドしsimであれば契約不要で使うことができ、そのプリペイドsimを購入し、スマートフォンに差し込むだけで利用できます。
海外用プリペイドsimというのは、日本以外で提供されているプリペイドsimのことを指します。

日本でも使うことが可能で、auやドコモなどでもプリペイドsimは提供されていますが、主に海外からの旅行者が利用しないとメリットがないので注意が必要です。

逆に言うと日本から出て海外にいったとき、その国でプリペイドsimを購入すれば通信費用をかなり抑えることができます。

なぜ通信費用を抑えられるかは後述します。

入手方法

国内で入手

海外で使えるプリペイドsimは日本でも簡単に購入できます。
現地で購入する必要がないので、現地の言葉でやり取りする必要はありませんので安心できます。

その代わり、現地で買うより高くつきますが、現地に着く前に入手が可能なので、海外旅行に慣れていない人は日本で購入してから行くと安心できるでしょう。

今の時代インターネットさえあればなんとかなる時代ですから、インターネットが使える使えないだけでかなり違うと思います。

現地で入手

当然インターネットが普及している国・地域であればプリペイドsimは販売されています。
当然、日本で購入するよりも安く購入できることが多く、地域や店によっては日本で買うのと比べると半額近い価格で購入できるところもあるので現地の言葉が理解できる人はあらかじめ調べておくといいでしょう。

海外用プリペイドsimのメリット

 なにより通信費が安い

実はauなどのキャリアのsimは海外でもそのまま使うことができますが、通信料金がびっくりするぐらいかかってきます。
なぜかというと、当然現地ではauの回線がありません。
その代わりに、現地の通信業者と自動契約されることで、利用者は何も気にせずインターネットを活用することができます。

その代わりに、現地で利用したインターネット通信料金がそのままかかってきます。
実は通信時に発生するパケット料金はびっくりするぐらい高いです。
1パケット当たりだいたい0.2円かかる計算ですが、あまりイメージがわかないと思います。

もっとわかりやすくいうと、1GBあたり約830万パケットです。これに0.2をかけてみましょう。恐ろしい金額になると思います。

海外で利用した場合国によりますが、海外でも対応できるプランに加入していない場合、このような恐ろしい金額がそのまま請求されます。

まだイメージがわかない人のために、どれだけやばいかというとYoutubeでHD画質の2分動画を見たら数万円~十万円請求される、ツイッター開いただけで数千円選球されると思ってもらうといいでしょう。

ですので、海外に行くときはその国で使えるプリペイドsimを購入して使うようにしましょう。
そうするとパケット料金を気にせず、そのプリペイドsimの容量範囲内であれば好きに使えます。

せっかく海外旅行を楽しんだのに、日本に帰ったら高額請求されたって落ちは最悪です。気を付けましょう。

 契約が不要なので入手しやすい

入手しようと思えばAmazonなどの通販サイトで手に入るのも魅力です。
プリペイドsimは、simカード単位で使用できる容量が決まっているので契約も必要なければ解約する必要もありません。

これがなかなかの強みだと思います。
通常であればどのプランを契約するかをインターネットで申し込んだり、お店に直接行って契約する必要があり、短期間で使いたいだけであれば少々面倒です。
しかも2年縛りなどの条件もあったりするので気軽に申し込めません。

auなどのキャリアは海外でもパケット使い放題となるプランを提供しているところもありますが、一日当たりの使用できる通信料がびっくりするぐらい少なく、auだと24.4MBで通信が制限されます。GBではなくMBなので、持ち歩いているだけで何割か使い切ってしまいますし、マップも全然見れないと思います。

国や地域によってはコンビニやドラッグストア・自動販売機などでも売っているので本当に手軽移入種が可能です。

なので、海外に行くときは必ず海外用のプリペイドsimを購入してから行くか、現地につき次第すぐに入手できるようにしておきましょう。

海外用プリペイドsimのデメリット

 端末が一つしかなかった時、日本からの電話に気づけない

プリペイドsimには電話番号は存在しないので、当然電話をすることができません。
端末が一つしかないとなると、プリペイドsimと差し替えたメインのsimカードは使っていない状態になります。

つまり、もし日本から電話がかかってきた場合、電話番号が登録されているsimは使っていないわけなので出ることができません。

なので、1万円以下でもいいので格安のスマートフォンを一つ買っておくと保険になるでしょう。
そちらにプリペイドsimを刺して利用すると安心できるでしょう。

simを挿していると勝手に通信料が発生してまずいんじゃないかと思うかもしれませんが、ローミングという設定があり、これを音声通話のみに切り替えると電話でのみ通信が発生するようになります。
電話のみといっても通信料は高いままなので、長電話はしないようにしましょう。

 simカードは小さいので紛失しやすい

一つの端末でsimカードを付け替える場合、元々入れてあったsimカードはなくさないようにしましょう。
simカードは小さく、さらに薄っぺらい(1mmもない)ため衝撃にも弱いです。
ですので、管理はしっかりするようにしましょう。
もし旅行中に壊れてしまったらお店までもっていって交換する必要があるほか、交換にまた料金が発生するので注意が必要です。

現地で購入する場合、日本国外なので、信頼できるところかわかりづらい

日本だと、少し調べればたくさん情報が出てきますが、海外のプリペイドsim業者となると情報を見つけづらいです。

また、現地で口座を開設したり、クレジットカードの契約を求められるところもあるらしく、一概に安心とは言えません。
最悪の場合、端末が対応していなかったというオチも考えられるので、現地購入を検討する場合は必ず調べてから旅行に行って購入するといいでしょう。

こういったリスクがあるので、海外旅行が初めての場合は少しお勧めしづらいというものとなっています。

そういったリスクを気にする場合は、多少高くても日本で信頼できる、もしくは信頼できそうなところで購入して持っていくということが得策だと思います。

 

おすすめ海外用プリペイドsim一覧

 Three

イギリスであればThreeというところが安く販売しており、以下の価格で購入できます。

  • £10(約1500円):1GBのデータ、100分の通話、SMS3000通
  • £20(約3000円):12GBのデータ、300分の通話、SMS3000通
  • £25(約3750円):データ無制限、500分の通話、SMS3000通

イギリスなので英ポンド建てになりますが、日本で買うより非常にお得です。
しかもこれ、実はイギリス以外でも使うことができ、以下の国で使うことができます。

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チャンネル諸島、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、香港、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、マン島、イスラエル、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マルタ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、アイルランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、アメリカ

残念ながら日本は対象外なようですが、これだけの国に対応しています。

サイトは英語なのでブラウザの翻訳機能を使うか頑張って読むようにしましょう。

また、GoogleMapで地図確認にしか使わない場合は1GBで十分足りますが、通信料を使い切ってしまった時が不安だと思う方は£20の12GBのものを購入しましょう。
日本円にすると3000円程度ですが、この価格で12GBも使えるとなると普通に爆安だと思います。
日本だと12GBの場合もっとしますからね

ちなみに、日本のAmazonで売られていることがあるようで、「Three プリペイドSIM」と検索すると出てきます。

 mineo

日本の業者で、海外で使えるプリペイドsimを購入することができます。
このプリペイドsimはチャージ型となっていて、チャージした分だけ使うことができます。

あらかじめチャージしておくことで利用できるようになり、使い切った場合はまたチャージすることで再使用することができます。

ですが、先ほどのThreeと比べるとかなり高いですが、この海外プリペイドsimを利用せずにauなどのsimを使って海外でインターネットをするよりかはかなり安く済みます。

初期費用として3000円がかかります。
これはsimカード代金となります。
今後はこのsimカードを使いまわすことになるので、simカードを紛失しない限りカード料金はかかりません。

以下がデータ容量ごとの料金となります。

  • 30MB:650円
  • 100MB:1480円
  • 500MB:5480円
  • 1GB:9800円

かなり高く感じますが、日本で購入するのであればこれぐらいは許容しましょう。

このデータチャージに対応している地域は以下の通りとなります。

●中国 ●香港 ●台湾 ●韓国 ●タイ ●アメリカ(アメリカ本土・アラスカ・ハワイ)
●ヨーロッパ(ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オーストリア、イギリス、クロアチア、チェコ、オランダ、ベルギー、フィンランド、ハンガリー、ポルトガル、スウェーデン、スロベニア、ポーランド、デンマーク、ルーマニア、ブルガリア、アイルランド、スロバキア、リトアニア、ギリシャ、エストニア、ラトビア、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、スイス、ノルウェー、アイスランド、セルビア)

リスクはあるが従量課金制もある

こちらは制限なく使用することができますが、制限がかからないということは使った分だけ後から請求されてしまうということです。
こちらであれば、データチャージに対応している地域を含めて100ヵ国以上で使用することができます

料金は地域によって異なりますので、mineo公式サイトからご確認ください。
ほとんどの地域はZone1という扱いとなり、アフリカや中南米の一部がZone3となっています。

  • Zone1:1MBあたり32円
  • Zone2:1MBあたり92円
  • Zone3:1MBあたり858円

もしなにも知らずにZone3で使ってしまうとえらいことになるので、事前に調べておくことが必要です。

Zon3は主にインターネットがあまり普及していない地域だったりするところが多いです。

日本の業者がやっているので確実につかえるというメリットはあります。海外でのsimを入手する方法がよくわからないというのであればこちらに頼るのも一つの手だと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

結論から言うと海外に行く際はプリペイドsimを現地で購入する、もしくはThreeのプリペイドカードを買うの二択がベターじゃないかと思われます。

日本でも楽に購入できるプリペイドsimは存在こそしてますが、やはり海外ではかなり高いです。
Threeだとまるで日本で使っているかのような料金(12GBsimなら日本よりも安く)で利用できるのでかなり狙い目ですね。

Threeは一応Amazonでも在庫があれば手に入れることができるので、あった場合はぜひそちらを購入することを検討したほうがいいでしょう。

 


スポンサーリンク

Check Also

simロックとは?スマホの使用料を安くするために

スマホを購入するのであればおそ …