Home / sim / simフリー端末のおすすめ機種と注意点 

simフリー端末のおすすめ機種と注意点 

昨今では、格安スマホ市場は年々拡大しており、多くのメーカーから新機種が続々と登場しています。初めて、スマホを購入する人にとって、格安スマホはどれを選んだら良いのか、かなり難しく感じることでしょう。けれど、格安スマホは、大手キャリアと違って、simフリーのスマホなので、自由度が高いのです。

大手キャリアは、対応している回線の問題があり、simロック解除をしなければ格安simで使用できない時が大体です。また、iphoneなどの端末も使いたいと思えば、simフリー版を購入しなければなりません。これに対して、格安スマホは基本的にsimフリー端末なので、どのsimカードでも組み合わせることができます。

格安スマホとsimカードを提供している通信事業者の組み合わせ方で、利用が可能となるのです。価格、性能、デザインの面から考慮して、自分好みのスマホライフを始めましょう。

スポンサードリンク

simフリースマホの基礎知識

simフリーのスマホとは、一体どんなものなのでしょうか?ドコモやau、ソフトバンクなどを大手キャリアと呼びますが、それらの会社のスマホとsimフリーのスマホとはどんな違いがあるのでしょうか?
また、格安とされているからくりはどんなものなのでしょうか?

ここでは、simフリースマホの基本的な知識と情報を探っていきます。

simフリーって?

スマホは、simカードを挿入することで使用できるようになっています。通常の大手キャリアでは、その会社のsimカードを使っていますが、このsimカードをキャリアの縛りなく好みのスマホに入れ替えて、使うことをsimフリーと言います。

キャリアの縛りを解くことで、料金は確実に安くなります。プランにもよりますが、ほとんどは3000円から5000円ほどは変わってくるはずです。

しかし問題は、すべてのキャリアのスマホが対応できているわけではないということです。ドコモユーザーであれば、simカードを購入し入れ替えるだけで、格安スマホとして利用することができます。

また、auユーザーは、au回線を使っているsimフリーの会社でならば、simカードを購入の上、差し替えて利用することができます。現実には、simフリーの会社は、ドコモ回線を使っているところが多く、au回線を使っている会社を探さなければなりません。

ソフトバンクユーザーにとって、simカードを利用するには、様々な条件があります。まずは、ソフトバンクのaimロック解除をすることからはじめなければなりません。ソフトバンクの端末のSIMロックを解除するには、大別すると2つの方法に分割することができます。

ソフトバンクでsimロックを解除する方法とsimロック解除アダプタ使う方法です。simロック解除は、2015年4月以前発売の機種はSIMロック解除不可で、2015年5月以降発売の機種は可能となっていますので、確認しましょう。

simロック解除アダプタで解除できるのは、基本的にiphoneになりますが、iOSのアップデートでsimロック解除ができなくなったり、再起動などでsimロック解除が外れてしまうなどの不都合も問題とされています。

このように様々な形で、キャリアのスマホのsimカードを入れ替えて、格安スマホに変換するのがsimフリーなのです。

こんな人におすすめできる

大手キャリアのスマホの通話料金は、基本的には30秒で20円と割高です。どのキャリアもかけ放題プランを設定していますが、かけ放題にするほど、電話を利用しない人にとって、そのプラン自体が必要ないわけです。

通常、LINEの無料通話などを利用している人や、電話をめったにかけない人にとっては、通話料金が節約できる格安スマホはかなりお得なスマホと言えます。

LINEなどを多用していて、携帯会社のメールをほとんど使わない人にとっては、格安スマホはおすすめです。また、家族割などの携帯会社が設定する割引プランが必要ない人には、格安スマホの方がメリットは多いでしょう。

データ通信量は人によって、かなりの差があります。格安スマホは自分でデータ通信料を選ぶことができるので、データ通信量が少ない人はかなり金額が変わってくるはずです。また、仕事用とプライベートをわけたいなど、2台スマホを持ちたい人には特におすすめです。その時のシーンに合わせて、使う方をチョイスすると良いでしょう。

性能や機能は?

ここ数年、simフリーの格安スマホの進化は止まりません。様々なユーザーに向けて、性能や機能も多様化しています。もちろん、端末価格もそれに乗じているのが事実です。まず、ヘビーユーザーか、ライトユーザーかによって、求めるsimフリーの端末の機能が決まってきますね。

まず、ヘビーユーザーにも人気が高い機種、ASUSから発売されたZenfone3で、その機能を探ってみましょう。

カメラにはレーザーオートフォーカスが搭載、レーザーは周囲が暗くても、しっかりとピントを合わせてくれ、その速度も0,03秒と高速です。スマホカメラでも4k動画の撮影が可能となっていて、この小さなデバイスにも搭載されています。

そして、もう一つの新機能として、DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)が搭載されています。これは、2枚のsimカードを差し入れできる機能で、2枚のSIMカードを音声通話とデータ通信で使い分けることができるというものです。

おすすめ最新格安スマホは?

現在では、多くの会社から格安スマホが販売されていますね。まず有名なのが楽天モバイルです。ここは、ドコモ回線を使用しています。月額1250円からの利用が可能なので、注目を集めています。イオンモバイルも最近、人気です。ここでは、スマホがなんと、キャンペーン価格で5000円から販売されています。とりあえずスマホを持ちたいという人にはおすすめかもしれません。

また、DMMモバイルも人気です。ここもドコモ回線を使用しています。こちらは、余った通信量を翌月に繰り越せるメリットがあります。

そして、J-COM MOBILEも徐々に注目されてきました。ここは、インターネットにwifiを付けて、スマホをセットにして、月額2780円からと、魅力的な金額を提示しています。では、実際にいくつか最新の格安スマホを見てみましょう。

楽天モバイルarrows M04

このスマホの特徴は、「かんたんセット」という設定がついており、ホーム画面や良く使う電話、電話帳、メッセージなどの基本アプリの操作がわかりやすく、文字も見やすくなるので、初心者や高齢者にも使いこなせるということです。

料金は、データsimで申し込んだ場合、分割払いで月に1566円×24回、一括払いだと34800円(税込37584円)となっています。防水防塵 おサイフケータイ、ワンセグ、VoLTE、節電機能、デザリング、Bluetooth、GPSなどの様々な機能がついていて、この価格はかなりお得ですね。

イオンモバイルHUAWEI P10 lite

このスマホの特徴は、高性能カメラにあります。高速フォーカスで、取りたい瞬間を逃がさず、キャッチすることができます。また、くらい場所での撮影での手ぶれを最小限に抑えて、表情や動きを鮮明にとらえることができます。

また、ナックルジェスチャーといって、指の第2関節で操作ができる便利な機能がついています。2回ノックすれば、スクショが撮れたり、「C」「W」等を画面に描けば、設定したアプリの軌道を可能にする機能です。価格は、体価格 29,980円 (税込価格 32,378円)、分割24回払いで月々1,349円(税込)となっています。

イオンモバイル SHARP AQUOS SH-M04-A

このスマホはシャープ製で、IGZO液晶ディスプレイを使用しています。「液晶アイドリングストップ」は、アプリやコンテンツに応じながら適切なものに変えていくことで、電池消費量を抑えることができます。

コントラストやシャープネスを自分好みに調整することにより、思い通りにアーティスティックな写真が撮れるのも魅力です。また、防水、防塵対応なので、水濡れにも安心です。価格は、本体価格29,800円から27,300円(税抜)と値下げされています。分割払いは1,451円×24回です。

はじめてsimフリースマホを買う方におすすめできる機種

では、はじめてsimフリースマホを買う方に特におすすめの機種を探してみましょう。はじめてスマホを使う人にとっては、まずは操作が簡単なこと、そして、料金がわかりやすく、シンプルで格安なものが適切ですね。

TSUTAYAのスマホTONEモバイル

このスマホのメリットとして、年末年始以外休日でも対応してくれる電話サポートや、須磨の遠隔操作サポートが無料で行われていることが挙げられます。また、無料のスマホ教室が開かれています。また、わかりやすい画面設定になっていることと、初期設定済みて配送してくれるので、到着後すぐに使うことができます。

このスマホは、端末とsimカードとセットで購入するスタイルになっていて、端末は一括、分割払いのどちらも可能です。

価格は、インターネット使い放題 + IP電話通話基本料で月額基本料金1000円となっています。これにIP電話のかけ放題プランやSMSプランなどのオプションをつけることができます。端末は現在のキャンペーン料金で、TONE m15が29,800 円と格安です。TONEモバイルは、まさに初心者に優しいスマホと言えますね。

楽天モバイル ZenFone™ Go

バッテリー容量は3,010mAhと大容量!一日中インターネットやゲーム、動画にどっぷり浸かることができる安心の電池持ちのスマホなのに、一括払い19,800円(税込21,384円)、分割払い(24回)891円(税込)という低価格が何よりものメリットと言えますね。

まずは、この価格で買う安スマホを試してみるのも良いでしょう。

ワイモバイルGRAND X LTE

スタイリッシュなデザインで、最高の仕上がりとなっている機種です。また、GRAND X LTEの8MPメインカメラで、ハイクオリティな写真撮影が可能になります。気になる価格は、プランにより様々ですが、通常で、月額3280円くらいになります。

simフリースマホの注意点やデメリット

注目を集めているsimフリースマホですが、料金が安いことには、それなりの注意点があります。また、大手キャリアのスマホに比べて、デメリットがあることも事実です。simフリーのスマホを契約する前に、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

サポート対応が悪く故障に弱い

格安sim会社のほとんどは、「ドコモショップ」のような十店舗を構えていません。そのため、商品の販売、手続き、サポートはすべてネットや電話で完結しています。商品の受け取りなどに時間がかかることもあり、様々な質問を直接店員に問いかけることもできません。

ネットでの対応や、電話対応も増やしているとはいえ、まだまだ追い付いていないのが現状で、故障などのトラブルにも迅速に対応してもらえないこともユーザーの不満として挙げられています。

公衆wi-fiが対応していない場合も

コンビニや公共施設では、「wifi対応」とされているところが増えていますが、無料wifiを設置している格安sim会社はほとんどありません。外出先の通信は、sim頼みとなります。唯一、公衆wifiを利用するには、wifiモバイルルーターを保持することです。このことは、大手キャリアのスマホと大きく違うので、格安スマホのデメリットと言えるでしょう。

使い方や用途を良く考え、simフリーのスマホを賢く使うことをおすすめします。

まとめ

昨今では誰でもがスマホを持つ時代となりました。しかし、その費用はかなり高額となり、あまり通話をしない人や、ゲームなどをしないライトユーザーにとって、無駄な価格のように思えてしまいます。

そんな時代に、画期的ともいえるsimフリーの格安スマホが登場し、多くの人々が関心を寄せています。そんな格安スマホのメリットとデメリットを正しく知り、上手に使いこなすことで、快適なスマホライフを楽しみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

simフリーとは何か?simフリースマホの相場価格はどれくらい?

simフリーとは、ひとつの端末 …