Home / sim / おすすめsimフリースマホをご紹介

おすすめsimフリースマホをご紹介

近年は、携帯電話を持っていない方が珍しいと言うくらいまで携帯が普及していますよね。携帯が必需品となっている現代で、「最新のスマートフォンは持ちたいけど、料金も抑えたい」という方の多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが「simフリースマホ」というものです。「simフリースマホって何?」という方もいらっしゃると思いますので、そんな初心者の方でも分かるように記事を書きました。また「simフリースマホは知っているけど、種類が多すぎてどれを選べばよいか分からない」という方に向けても、おすすめの機種を紹介していますので是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

simフリースマホを選ぶときの基準


Simフリースマホを選ぶにしても、基本的なことを理解していないと選べないですよね。
そこで、スマホにあまり詳しくない方にも分かるように順に説明していきたいとおもいます。

まずは「simフリースマホ」の「sim」から学んでいきましょう。
simとは、スマートフォンやタブレットに内蔵されたICチップカード(simカード)のことを指します。このsimカードを端末(スマートフォンなどの本体)に入れることにより、インターネットや通話の使用が可能になります。またsimカードには、電話番号などの契約者情報が入っていますので、くれぐれも無くさないように気を付けましょうね。

次に「simフリー」について説明しますね。
simフリーとは、どの事業者が発行したsimカードでも利用できる端末ことを指します。よく勘違いされますが、simフリーはsimカードではなく、スマートフォンやタブレットなどの端末を指した単語で、「simフリー端末」とも呼ばれます。またsimフリー端末を理解する上で、重要になってくるのが「simロック」です。

simロックとは、他社の通信回線用のsimカードを読み込めないようにするため、制限をかけている状態のことを言います。大手キャリアから購入した通常の端末はsimロックがかかっています。しかし、近頃は格安sim(大手キャリア以外のキャリアが発行するsimカード)の需要が高まったことを理由に、ほとんどの通信事業者が提供しているスマートフォン端末でsimロックの解除(simロック解除)されるようになりました。このsimロック解除が行われたことにより、通信事業者の壁を超えて、好みのスマートフォン端末を利用できるようになったんですね。

そして「simフリースマホ」ですが、販売時からsimロックが掛かっていないスマートフォン端末を指します。こういった端末のみが発売される背景には格安simの普及が大きな要因だと考えられますね。

Simフリースマホについては理解して頂けたと思いますので、続いては選ぶときの基準についてお話しますね。詳しくない方からすると、どれも同じように見えて何を基準にしたらいいのか迷いますよね。基本的には料金、機能性、メーカー、OSの4つのポイントに注目して頂ければなと思います。こちらも順を追って説明していきますので参考にしてみて下さい。

まずは料金ですね。Simフリースマホの端末の価格もさることながら、月額料金も気になってはいないでしょうか?毎月掛かる料金であるからこそ、少しでも安く抑えておきたいそう思われる方が大半だと思います。MVNO(格安SIM会社)では、大手キャリアと比べると月額料金がかなり安くなっていますね。MVNO同士だと多少の料金の差はありますが、そこまで違いはありません。

次に気になるのが機能性だと思います。いくらSimフリースマホが安いと言っても通信速度が遅くて使いづらいなんてことがあっては困りますよね。また防水機能や操作の使いやすさなども考慮した上で、料金と照らし合わせましょう。

次はメーカーについてです。中国大手メーカーのHUAWEIや台湾PCメーカーのAcer、日本のSONYなど多くの有名企業が Simフリースマホを提供しています。サポート内容にもよりますが、やはり信頼性のあるメーカーを選びたいものですね。また、MVNOのそれぞれの特徴も紹介していこうと思います。

最後は、OSについてです。
OSについてはiphoneとAndroidの2つに絞り紹介していきます。

料金

Simフリースマホの端末の価格は様々で安いものでは1万円台から、高いものだと7万円近くします。もちろん高い端末の方が高性能になりますが、高性能でもあまり使わなければ意味がないので自分にあった機能の端末を選びましょう。

次に月額料金についてですが、MVNO(格安SIM会社)だと料金プランにもよりますが、月額2000円前後で収まります。大手携帯キャリアと比べると月額4000円ほど安くなりますよ。なぜMVNOはそこまで安く出来るのかは理由があります。理由は、ほとんどMVNOは自社の回線を設けず、ドコモやau、ソフトバンなどの大手キャリアの回線をレンタルすることにより、最小限のコストでの運営を可能としています。ただ回線を持っていないため、通話などの料金が割高になっている場合もあるので注意が必要です。また、通話・通信以外のサービスを絞り込みやオプションの数を減らすことでコスト削減なども図っています。

さらに、店舗を設けず、サポートセンターのみの対応など人件費をかなり削減しています。
ただし故障などの対応が全てネットになってしまい、中には不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。そういう方はワイモバイルなど店舗を構えている通信事業者もありますので、心配な方はそちらを利用するのをおすすめしますね。

数ある通信事業者の中でも、群を抜いて安いのが流通大手のイオングループと宅配CD/DVDレンタルのDMMになります。1Gプランなんと480円安すぎます。「携帯あまり使わないから一番安いのが良い」と言う方におすすめですね。ただインターネットを使いたい方には、不向きですのでおすすめは出来ません。

機能性

画面の大きさや使いやすさなども大切ですが機能性で最も重要になってくるのは、どれだけ高速でインターネットなどを利用できるかだと思います。よくMVNOは、大手キャリアと比べて速度が遅いと言われていますが実際はどうなのでしょうか?

前述していますが、MVNOは大手キャリアに回線をレンタルしています。回線が同じということは使っている基地局は同じなのだから、MVNOだからといって違いが生じることもないはずです。また、つながりやすい場所や繋がりにくい場所も同じはずですよね。

ではなぜMVNOと大手キャリアでは速度差が生じるのかというと、MVNOが大手キャリアからレンタルしている帯域は、他社のMVNOも使用しているため、回線の利用者が多くなる時間帯には混雑してしまい、速度が低下してしまうというのが要因でした。そういう場合、無線LANスポットに行くことをおすすめしますね。ほとんどのMVNOは、高速通信で使えるデータ量の上限が低めに設けているので、既定のデータ量を超えた場合は、速度が著しく低下してしまいます。大手キャリアからMVNO切り替える際は、その部分もチェックしておく必要がありますね。

次に端末についている機能についてだが、代表的な2つの機種「iphone」と「Android」を比べてみますね。

iPhoneは、操作が簡単なことや買い替えても復元が出来る、アプリ・ゲームが充実しているなどのメリットがあります。一方、おサイフケータイに対応していなかったり、防水対応していない、戻るボタンが無いなどのデメリットもあります。

Androidは、ワンセグ・フルセグが搭載や完全防水、おサイフケータイに対応した端末が多いなどのメリットがあります。一方でスクロールが使いづらかったり、音楽プレーヤーが使いにくいなどのデメリットもあります。

メーカー

どこのメーカーを使うか意外と悩みますよね。そういう方のためにおすすめのメーカーを3社紹介します。

  1. ASUS
  2. Apple
  3. LG

まずASUSからです。ASUSは台湾のメーカーで、格安スマホではかなりの人気を博しています。中でもZenFoneシリーズはかなりの高性能で価格も安く、デザインもかっこいいです。新機種も次々登場しています。

次はAppleです。かの有名なiphoneを提供しているメーカーです。やはり値段高くなりますが、それでも根強い人気があります。操作もサクサク使えますよ。

最後は、LGです。LGは韓国メーカーになります。高性能で画面が大きいのが特徴です。

MVNO

ここでMVNO(格安SIM会社)の紹介もしておきます。MVNOはかなりの数があり、LINEや楽天、BIGLOBEなどの多くの有名な企業も参入しています。自分で決めているMVNOがあるならいいですが、なければサービスやサポートなどを見てから決めることをおすすめします。

まず私が一番におすすめするのは「mineo」というMVNOです。mineoではau回線を使用する「auプラン」とドコモ回線を使用する「ドコモプラン」、両社の通信網を提供しています。ソフトバンクの方は残念ですが、auかドコモの端末を使っている方ならわざわざ買い替えなくてもそのまま使用できます。面倒なSimロック解除も必要なしで初心者におすすめです。また「マイネ王」というユーザーコミュニティサイトがあり、そのサイト内の「フリータンク」というサービスは余ったパケットをうまく活用できるシステムになっています。

次におすすめなのが「楽天モバイル」になります。楽天モバイルは楽天運営であるため、楽天スーパーポイントなどの特典があり、ポイントで料金も支払えるなどのメリットも多くあります。またサービスも充実しており、大容量のプランを低価格で提供するなどお得感満載です。

OS

OSの種類は様々ありますが有名な2社のOS「ios」と「Android」のどちらかをおすすめします。「iOS」はAppleが提供しているOSでiPhoneに搭載されています。一方「Android」はGoogleの提供しているOSで「Android」に搭載されています。「ios」を使用出来るのはiPhoneだけになりますが、「Android」は多くの端末で使用されています。

低価格なおすすめsimフリースマホTOP5

【1位】freetel priori4

4,000mAhバッテリーを搭載しているため、かなり長持ちする。厚さ0.9cmという驚きの薄さ。取り外しが出来る6色のバックカバーがついている。

【2位】ASUS Zenfone Go

高性能なクアッドコアプロセッサーと搭載している。しかもドコモ・au両回線に対応しているためVoLTE通話も出来ます。丸っこいデザインがかわいらしい。

【3位】ヤマダ電機 EveryPhone EN

お手頃価格で購入できるヤマダ電機のスマホ。軽量コンパクトボディ。日頃スマホをあまり使わないという方おすすめ。最低限の機能は備わっていますよ。

【4位】富士通 arrows M02

おサイフケータイに対応しており、SuicaやEdy決済なども出来る。防水・防塵の機能までついている。5.0インチの大画面。

【5位】ASUS Zenfone 3 MAX

「Zenfone」シリーズ。4,100mAhバッテリーを採用しており、かなり長持ちする。給電機能も搭載している。

高価格なおすすめsimフリースマホTOP5

【1位】HUAWEI P10

カメラ性能にこだわったハイスペック機種。ドイツ老舗カメラメーカーのライカとの共同開発により、生み出されたダブルレンズを搭載している。背面カメラは、1200万画素のカラーセンサーを搭載。インカメラにもライカレンズを搭載さているので、自撮りにこだわる女性の方におすすめです。

【2位】iphone7

やはり最新のiPhoneですね。ドコモ、au、ソフトバンクいずれの格安simを入れても問題なく使えるため、切り替え時の心配がいりません。念願の防水機能も装備していますので、待っていた方にはおすすめです。日本向けモデルではFeliCaチップを内蔵することにより、モバイルSuicaなどの電子マネーにも対応出来るようになっている。

【3位】Zenfone3 Ultra

プロセッサにはQualcomm Snapdragon 652を採用している。画面6.8インチと大きく使い勝手も良い。人気もあり、デザインもスマート。

【4位】シャープAQUOS nini SH-M03

ドコモAQUOS Compact(SH-02H)が元になっている端末。VoLTE、ワンセグ、防水防塵、おサイフケータイなど機能が豊富。

【5位】ファーウェイHUAWEI Mate 9

価格は高いが高性能スペックで、5.9インチの大画面。人気も高い。デュアルレンズ仕様のカメラを搭載。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「sinフリースマホ」で好みの端末が見つかったのなら、後はご自身でお店に行き、購入して頂ければなと思います。また月額料金を安く抑えたい方や古くなった携帯を新しい機種に変えたいという方は、是非この機会に切り替えをおすすめします。もちろん無理に変える必要もありませんのでじっくり検討して自分に合うものを選びましょう。

携帯は常日頃から一緒にいるパートナーのような存在ですから、値段に関わらず大切に扱って頂ければなと思います。あまり粗末に扱うと画面が割れたり、故障するなどして余計な出費にも繋がりますので気を付けて下さいね。


スポンサーリンク

Check Also

simフリーとは何か?simフリースマホの相場価格はどれくらい?

simフリーとは、ひとつの端末 …