Home / IT / ocnモバイルoneとは?他社のsimフリーサービスと比較するとどうか?

ocnモバイルoneとは?他社のsimフリーサービスと比較するとどうか?

 

今やすっかりお馴染みとなった格安SIMや、格安スマホと呼ばれるMVNO。各社様々な料金体系や、色々な種類のSIMフリースマートフォンが存在します。そこで、今回は様々な企業が軒を連ねているMVNO(仮想移動体通信事業者)について、見ていきたいと思います。

MVNOと呼ばれる、格安simサービスが登場してから、スマートフォンユーザーの自由度は一気に高まりました。その自由度は料金であったり、プランであったり、端末であったりと、自分の利用スタイルに合わせて柔軟にベストなサービスを享受することが出来るようになったのです。

スマートフォンやガラケーと呼ばれる携帯電話の利用について、これまではキャリアと呼ばれるdocomoやsoftbank等の通信サービスを使うことが主流でしたが、スマートフォンの登場と、格安スマホと呼ばれる端末の登場により、通信サービスについても見直しをしようという試みにより、これまでキャリアが築いてきた通信インフラを利用して他事業者も通信産業に参加出来るようになりました。

これにより、我々のスマートフォン事情は次々に変わり、スマートフォンを使う上でのサービス提供をしている事業者をより自由に選ぶことが可能になったのです。

今回ここでは、そのMVNO事業者の中でも『OCMモバイルONE』を例に、他のsimフリーサービスとの比較も行いながらより自分のスタイルに合ったものを見つけられるように、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

ocnモバイルoneとは

ではまず、MVNOの例として紹介する、ocnモバイルoneについて詳しく見ていきましょう。

ocnモバイルoneとは

ocnモバイルoneとはどういった事業者なのか、どのようなプランが有り、どのようなオプションサービスがあるのか等について、見ていきましょう

ocnモバイルoneとは

ocnモバイルoneとは、NTTコミュニケーションズが親会社となりサービスを提供している、MVNOです。NTTコミュニケーションズがカバーしているスマートフォン等の通信事業と言えば、皆様御存知のdocomoです。ですがこのocnモバイルoneは、NTTコミュニケーションズがカバーしているプロバイダ企業『OCN』が提供する、スマートフォン向けのサービスです。

ですので、使う回線は当然NTTがカバーしているdocomo系列の回線となります。国内最大と言っても過言ではない回線強度を誇っているので、MVNOの利用を検討しているならば、是非視野に入れておきたい事業者です。

プラン内容

それでは、ocnモバイルoneば提供するプランの内容について、詳しく見ていきましょう。ocnモバイルoneでは、音声対応simとデータ通信専用simの2種類からまずは選ぶことが出来ます。特徴は、そのどちらもデータ通信上限を細かく設定出来るという点と、その料金の安さです。

まずは、大抵の方が選択するであろう音声対応simのデータ上限に関するプランと、それぞれに対応する月額利用料金からご案内致します。

・日あたり110MB上限・・・1,600円
・日あたり170MB上限・・・2,080円

・月あたり3GB上限・・・1.800円
・月あたり6GB上限・・・2,150円
・月あたり10GB上限・・・3,000円
・月あたり20GB上限・・・4,850円
・月あたり30GB上限・・・6,750円
・月あたり15GB上限(500kbps通信)・・・2,500円

となっております。大きな特徴は、日あたりと月あたりで選べるという点と、大量のデータ量を使用する方にも柔軟に対応しているという点です。音声対応ですので、通話をする際には当然通話料金が発生します。次は、通話料金について見ていきましょう。

・OCNでんわアプリを使用しての発信・・・30秒につき10円
・070、080、090を使用しての発信・・・30秒につき20円

となっております。MNP(ナンバーポータビリティー)を使って乗り換えをした時の電話番号を使って発信するよりも、OCNでんわを申し込み、そちらから発信した半分もお得なことがわかります。

また、ocnモバイルoneでは『10分かけ放題』というサービスも提供しています。こちらのプランは、月額850円で利用することができ、10分以内の通話であれば通話料金というものが月額料金以外に発生しないのです。そして、このサービスに回数制限はありません。なので、短めの通話が多い方であって、ひと月に42分以上通話される方であれば、10分かけ放題を契約された方がお得と言えるでしょう。

しかも、10分を過ぎてしまった場合であっても、通話に関する料金は変わらず30秒あたり10円での請求です。ocnモバイルoneを使って通話をするならば、10分かけ放題のお申し込みをすることをオススメします。

また、あまり利用される方はいないかと思われますが、データ通信専用simのプランもございますので、こちらもご紹介致します。

・日あたり110MB上限・・・900円
・日あたり170MB上限・・・1,380円

・月あたり3GB上限・・・1,100円
・月あたり6GB上限・・・1,450円
・月あたり10GB上限・・・2,300円
・月あたり20GB上限・・・4,150円
・月あたり30GB上限・・・6,050円
・月あたり15GB上限(500kbps通信)・・・1,800円

となっております。やはりデータ通信専用だけですので、価格は音声対応simに比べると安い料金で月々利用することが出来ます。simカード対応のタブレット端末や、simロックの解除を行ったdocomo系列のsimカードに対応している端末を持っていて外でも通信を行い方には、オススメのプランです。

オプションサービス

プランの次に気になるのは、やはり補償等を含めたオプションサービスについてです。そちらについて、詳しく見ていきましょう。

まずは音声通話に関してのオプションサービスです。
種類としては、

・OCNでんわ
・050plus

があります。OCNでんわに関してはプランの項でご案内した通りとなっており、10分かけ放題等のかなりお得なサービスもお申し込みが可能なので、ぜひ利用したいサービスです。

次は、補償やセキュリティについてのオプションサービスです。
ラインナップは

・あんしん補償
・マイセキュア

となっております。

それぞれについて、『あんしん補償』については、月額500円の利用料金が発生します。ですが、この補償を利用することによって、12ヶ月に2回まで、上限を50,000円とする内容の画面割れや水濡れ等のトラブルに対応してくれます。50,000と言えばスマートフォンが1台買えてしまう金額ですので、これを補償してくれるのは利用者にとって大きな利点と言えます。

また、マイセキュアについても、大変魅力的で心強いサービスです。こちらは、簡単に言うとウイルス対策ソフトウェアの契約です。例えばウイルスバスターやノートン等のウイルス対策ソフトウェアを年間ライセンスで契約することと同じです。

これを契約することにより、例えばこのマイセキュアでは月額250円で1ライセンスと、月額500円で3ライセンスのラインナップが有り、スマートフォンだけでなくwindowsやMacOSにも対応しているので、自宅のパソコンもこのサービスでウイルス対策が出来てしまうのです。大変、心強いサービスと言えるでしょう。

また、これらを統括したオプションサービスが2017年7月からスタートしました。それが、『あんしんモバイルパック』です。

月額650円の利用料金は発生するものの、これまでにご紹介した補償やセキュリティ対策を行えます。さらに、128GBのクラウドストレージを用意してくれているため、スマートフォンを使っていく上でのデータのバックアップが簡単に行なえます。こちらも、ocnモバイルoneを使っていくなら是非利用を検討したいオプションサービスです。

ocnモバイルoneのメリット

それでは、ocnモバイルoneを使う上でのメリットについて、いくつかご案内致します。

データ量をたくさん使える

メリットはなんと言っても、そのデータ量上限の大きさです。少なければ3GBから契約することが出来ますが、その10倍である30GBを7,000円もせずに利用できるというのは、最大のメリットと言っても過言ではありません。

日頃から動画を閲覧したり、動画ファイルを作成しクライアントへ送信したり、ストリーミング形式の音楽配信サービスや動画配信サービスを利用する方にとっては、夢のようなプランを取り揃えています。通常の大手キャリアでは、この価格はまず有り得ません。

安心してデータ通信を行える

そして次なるメリットは、その電波強度です。親会社がNTTコミュニケーションズということもあり、電波環境に関して困ることはほとんどないでしょう。そのため、どこでも安心してデータ通信を行うことが出来ます。

また、docomoで購入した形跡のあるAndroid端末意外であれば、その大量のデータ量を、安心してテザリングすることも出来ます。そのため、複数名で外出した時に誰かがデータ制限で困っている場合には、問題なく安心してデータ量を分け与えることが出来ます。そのため、この電波強度によるメリットは大きなものとなるでしょう。

他デバイスにsimを使うと便利

最後に、またしてもデータ量のお話ですが、ocnモバイルoneで最大のデータ量上限である30GBを契約しても、7,000未満で利用することが出来るのです。そのため、例えばsimカード対応のノートパソコンで通信を行う場合にも、大変役に立ちます。

資料を作成し提出したり、必要に応じてIP通話で会議を行ったり、作業が終わったら動画配信サービスを利用し余暇を楽しんだりと、スマートフォン以外での活躍にも大きな期待が出来るのです。

こういった点も、ocnモバイルoneを利用する大きなメリットと言えます。

ocnモバイルoneのデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあるものです。次は、ocnモバイルoneを利用する上でのデメリットについて、いくつかご案内致します。

即日受け渡しカウンターだと、できない契約がある

即日受け渡しカウンターでは、当然音声simの契約や他者からの乗り換え、データ通信専用simの契約が行えます。各種手続きや、サポートも行えます。出来ないことなんてないように見えますが、実は、行えない手続きもあるのです。

それは、データ通信専用simを音声simに切り替える手続きや、simカードのサイズ変更、解約といったような手続きです。

即日受け渡しカウンターでは、基本的に新たにocnモバイルoneと契約をする方向けのカウンターとなっているので、既に契約している方が何か変更をしようとカウンターへ持ち込んだ場合でも、それに対応できないことが有ります。これはMVNO全体に言えることですが、大手キャリアで実現できることが出来ないという、デメリットの一つです、

即日受け渡しカウンターだと、simカードを当日に受け取れないことも…

これも、特別ocnモバイルoneだからということではありませんが、やはりカウンターが混み合っていたり、閉店時間が迫っていると、即日受け渡しカウンターへ足を運んでも、当日にsimカードを受け取れないといったことが発生します。

これは、そもそもMVNO自体が格安でサービスを提供するために、例えば代理店を通して店舗を拡大したり等、大きくカウンターや店舗を設けないことに原因があります。その分お安く使えるので、当然と言えば当然の話です。ですが、やはりカウンターの絶対数が少ないために、こういったデメリットがあることも事実です。

お問い合わせ電話が繋がりにくい

最後にご紹介するデメリットは、何かわからないことがあった時のお問い合わせ電話番号に繋がりにくい、またはかなり混雑しているというデメリットです。大手キャリアであればインフラを厚く整備しているため、こうした問題はあまりこうした問題は起こらないのですが、カウンターの絶対数や対応するスタッフの絶対数が少ないMVNOでは、こうしたデメリットに遭遇しがちです。

利用をする際には、事前によく調べて内容を頭に入れた上で、契約と使用をするようにしましょう。

比較

ここまでは、ocnモバイルoneについて詳しく解説して参りました。ではここで、他MVMOのサービスや格安simとの比較を行ってみたいと思います。

他MVNOとの比較

では例として、UQmobileと比較をしてみましょう。まずUQmobileでは、ocnモバイルoneに比べて圧倒的にデータ量上限に対応したプランが少ないです。ですが、UQmobileは通話に関してを大きくカバーしていることが特徴です。ですので、比較すると、データ量を多く使う方はocnモバイルone、通話を多くする人はUQmobileといったような位置づけになります。

そして何より決定的に違う点は、UQmobileは親会社がKDDIの、au回線のインフラを利用したMVMOであるという点です。ですので、通話品質に関してはdocomo系のMVNOよりも品質のよいものとなります。

他MVNOの格安simとの比較

次は、IIJmioのsimカードと比較をしてみましょう。IIJmioのsimカードの特徴は、docomo系とau系の2種類を選んで契約出来るという点です。料金プランはocnモバイルoneと比べるとシンプルなものの、通信インフラをマルチに使うことが出来るのは、ocnモバイルoneにはない利点と言えます。

片方の通信が気に入らなければ、もう片方の通信インフラに変えれば良いのです。これは大きなアドバンテージと言えます。ですが、docomo系のsimカードであれば様々な端末で動作が行えるので、料金プランが豊富でdocomo系、かつ系列会社が運営するocnモバイルoneのsimカードは、やはり魅力的です。

ONEで買えるおすすめの格安スマホ

最後に、ocnモバイルoneで購入できる、オススメの格安スマホをいくつかご案内致します。どれも特徴がありオススメな端末ばかりですので、是非購入時の参考にしてみて下さい。

VAIO Phone A

まずオススメするのは、あのVAIOが手がけたAndroidスマートフォンです。元々はSONYのプロジェクトであったVAIOは、パソコンを主流に生産していました。ですがそのあまりの人気のために、VAIOプロジェクトは一つの企業として独立したのです。その後もパソコンを作り続けるのですが、昨今のタブレット、スマートフォンブームに伴い、ついにスマートフォンをリリースしたのです。

これまでに一度、VAIOはスマートフォンをリリースしております。ですが搭載したOSはWindowsであったために、中々大衆向けとは言えない存在でした。ですが、VAIOはついにAndroid搭載のスマートフォンをリリースしたのです。スペックは他のスマートフォンに比べ多少劣るものの、特筆すべきはコストパフォマンスの高さです。

スペックが高ければ、当然価格も高くなります。ですが、そのスペックの全てを使い切れている方は、ほとんどいないでしょう。安心のVAIOブランドで、調度良いスペックを搭載した格安スマホとして、オススメです。

HUAWEI P10 lite

次にオススメするのは、HUAWEIがリリースするHUAWEI P10 liteです。中々聞き慣れないメーカーかもしれませんが、格安スマホやsimフリー端末の業界ではかなり有名な海外メーカーです。

こちらをオススメする理由としては、そこそこのスペックを搭載しながら、価格が安いという点です。上記でも記載した通り、スペックが高くなれば当然価格も高くなるのですが、この機種に関しては価格を抑えることができているのです。

そして、何よりのオススメポイントは、急速充電にあります。メーカー公式によると、なんと10分の充電で2時間も動画を再生できるそうです。時間のない忙しい方にとっては、かなり嬉しい機能ではないでしょうか。

HUAWEI P10

以前から、simフリースマートフォン業界の中では有名な、HUAWEI P10です。価格は高くなるものの、そのスペックの高さには目をみはるものが有ります。

内蔵ストレージはなんと64GBを搭載し、作業領域と呼ばれるメモリはなんと4GBを搭載しているのです。そして、他の格安スマートフォンが対応しているmicroSDカードの最大容量が128GBなのに対し、こちらの機種は倍の最大256GBまで対応しているのです。

なぜこのスペックなのかというと、そのカメラ性能にあります。カメラはデュアルレンズを採用しており、より高画質で処理能力を必要とするカメラ性能なのです。多少価格は高くなるものの、スマホで撮影したとは思えないほどキレイな写真を撮影刷ることが出来ます。

ZenFone Live

次におすすめするのは、聞いたことがあるかもしれませんが、ZenFoneシリーズの、ZenFone Liveです。こちらはASUSという海外メーカーが製造しており、主にパソコンパーツを取り扱う企業として有名でした。

このZenFone Liveは、スペックや価格は格安スマホらしいコンパクトなものとなっているのですが、大きな特徴は無料で利用できるクラウドストレージの多さです。ASUSが提供するクラウドストレージは5GBを永久無料で使うことができ、さらにGoogleドライブというクラウドストレージがなんと100GBを2年間無料で使うことが出来ます。

ここまで、無料で使えるクラウドストレージが充実している格安スマホは少ないため、スマートフォンの容量で困っていた方にはオススメの機種です。

arrowsM04

最後にオススメする機種は、安心の日本製arrowsM04です。この機種のオススメポイントは、高い防水性能と高い防塵性能です。格安スマホながら、最新のブランドスマホと遜色ない堅牢性を誇っています。

また、特有の安心設計により、文字が見えにくい場合には大きくしてみたりと、初めてスマートフォンを操作する方にとってもわかりやすい作りになっているので、格安スマホでスマートフォンデビューをしたい方にはオススメの機種です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさんご案内して参りましたが、ocnモバイルoneの魅力はなんといってもその料金プランの豊富さとデータ量上限の高さにあります。

日頃から動画視聴が好きで外出先や移動中に動画を視聴したいという方や、パソコンに挿入しビジネスシーンで使いたいという方にとっては、とても心強いMVMOとなっております。

これから格安sim、格安スマホの利用を検討している方は、是非ocnモバイルoneを視野に入れて検討してみては、いかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

iPhoneとプロジェクターを接続するには?モバイル型からスマホケース型までご紹介!

新型iPhoneも続々と発表さ …