Home / sim / 海外でもお得に通信!格安simを海外で使おう

海外でもお得に通信!格安simを海外で使おう

海外に旅行や出張に出かける際、連絡手段をどのようにすればよいのか迷ってしまいます。国際ローミングをして自分が使っているスマートフォンなどをそのまま使用するのがよいのか、海外用のsimカードを利用するのがよいのかは人によって異なりますが、格安に購入できるsimカードを利用することで、海外でのスマートフォンの使用もストレスなく行うことができるでしょう。

今回は国際ローミングと現地プリペイドsimの利用について各々の特徴を踏まえながら紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

国際ローミング


海外で自身が持つスマートフォンなどの端末を利用する際、日本で使用している料金プランをそのまま利用することはできません。利用しているキャリアと契約を結んだまま、海外の回線を使用し通話やインターネットの利用を可能にするのが国際ローミングです。

国際ローミングとは

携帯会社のパンフレットなどでよく見かける、『国際ローミング』という言葉は目にする機会はあってもその使用頻度は低いでしょう。そのため、実質この言葉が何を指しているのかわからない人も多いと思いますが、この国際ローミングこそ、海外に出かけたときの携帯の使用手段の一つとして使われるものです。

国際ローミングとは、海外などの普段使用している携帯会社の電波が届かない場所に移動したとき、現地の携帯会社の回線を利用し、電波受信を可能とするものです。すべての携帯会社の電波を利用できるわけではなく、自分が利用するキャリアと提携を結んでいる携帯会社に限られます。しかしこの国際ローミングは便利な一面を持ちながらも、概要をしっかり理解していないまま使用すると帰国後に多額の請求をされることにつながるので注意が必要です。

国際ローミングのメリット

国際ローミングは簡単に使用することができ便利です。国際ローミングを使用する際、必要となってくるのは自身が持つ端末の設定のみとなり、他に端末をレンタルする必要がなく、準備に時間をかけることがありません。事前に必要となる準備は、各キャリアが持つ国際ローミング専用の定額パッケージに加入することでしょう。加入せずとも使用することはできますが、使用状況により多額の使用料金が発生する可能性があるので定額制を使用することをお勧めされます。

国際ローミングを設定する方法は使用している端末により異なりますが、設定の中からモバイルデータ通信をオンにするだけで海外の携帯会社の電波を利用することができるのがほとんどます。この手軽さが国際ローミングのメリットと言えるでしょう。

国際ローミングのデメリット

国際ローミングはその料金にデメリットが見られます。手軽さが売りの国際ローミングですが、間違った利用の仕方をすると帰国後の携帯料金の請求が膨大な額になるでしょう。国際ローミングのメリットでも述べましたが、国際ローミングを使用する際、定額パッケージに加入することが望ましいです。しかし、キャリアによっては定額パッケージ自体を提供していない場合もあり、自身が使用した分利用料金を支払うことになり、高額な請求がくることが予想されます。特に、インターネットなどを利用する際はパケット料金に注意が必要でしょう。

国内ではパケホーダイなどに見られる定額制のパッケージを利用しインターネットを使用している人が多いと思います。この利用方法に慣れてしまっていると通信制限がかかる場合以外で、どれだけ自身がパケットデータを利用しているのかわからない人が多いと思いでしょう。国際ローミングによりつながった、渡航先の携帯会社の回線を使用する場合、使用しているデータ量を気にかけず使用すると、一回の動画視聴で数万円の請求につながることもあります。そのためこの高額になりやすい料金設定が国際ローミン利用の際のデメリットとなるでしょう。

国際ローミングのデータ通信料

国際ローミングのデメリットでも述べた通り、国際ローミングを使用した場合パケット料金は巨額になりがちです。しかし国内でもあるような、パケット定額制のプランに加入することで、通常よりも抑えた使用料金にすることができます。定額のパケットプランで見られるのは一日ごとに一定の料金を支払うものです。渡航先によって支払う料金は異なりますが、アメリカや中国などでは大体一日で1000円弱に抑えることができるでしょう。自身が使用している各キャリアのホームページで、端末の種類と渡航先を入力することによって設定金額を確認することができます。渡航先によっては1500円を超えるものや2000円ほどになる場合もあります。

ほかに定額のパケット料金設定がないキャリアの場合は3G使用で1㎅2円ほどの料金が発生します。繰り返しになりますが、これは各キャリアや利用する端末などで料金に差があるので各キャリアで問い合わせをするかホームページなどで最新情報を確認しましょう。

国際ローミングの通話料

国際ローミング使用の際の通話料金は発信者と受信者の位置関係によってかかってくる電話料金に差が生じます。滞在国内に電話をかける際、おおよそ120円の通話料がかかります。日本国内に対しての通話は一分で140円ほど日本以外の国外に電話をかける場合は200円を超えます。着信の場合も料金が発生し、大体170円ほどとなっています。こちらもデータ通信料と同様にキャリアや渡航先、自身が使用している端末によって料金が変化しますので利用の前に一度ご確認することをお勧めします。

国際ローミング対応のMVNO会社

MVNO会社とは、『仮想移動体通信事業者』のことを指します。通常のキャリアが通信サービスを提供する際、基地局などを保有し設置することで独自回線を作り、それを使用しサービスとして提供しています。対してこのMVNO会社はこのような基地局を持っているキャリアから回線を借り、利用者にサービスを提供することによって通話やインターネットを使用することを可能にします。

MVNOを利用することで、格安なsimプランを利用することができ、simフリーのスマートフォンを利用している方にとっては利用料金を定額に抑えることができる手段の一つとなっているのです。このMVNO会社が提供するsimフリーのスマートフォンは、国際ローミング対応のsimカードの使用か、現地の携帯会社が提要しているプリペイド式などに見られるsimカードを挿入することによって、国内同様に自身の端末の使用が可能になります。国際ローミング使用できるMVNO会社の例として、mineoや楽天モバイル、Y!mobileなどが挙げられます。会社によってはデータ通信の利用がパッケージに含まれていない場合もあるので注意が必要です。

国際ローミングはこんな人におすすめ

国際ローミングはその料金設定が比較的高額になりがちなため、長期滞在を予定している人には向いていません。短期で滞在する予定で、渡航時期が迫っていることで準備期間に時間を割くことができない方にとって利用しやすいシステムであることが言えるでしょう。また、自分の使い慣れた端末を利用したいと考えているかたにとっても設定が簡単な国際ローミングは利用するのに便利であると言えるでしょう。

現地でプリペイドsimを購入する


海外でスマートフォンを利用する方法として、国際ローミングを利用するほかに現地の携帯会社が提供しているプリペイド式のsimカードを購入する方法があります。現地の空港などに到着した際に、携帯会社と契約をすることで、そのキャリアの回線を利用しスマートフォンでの通話やインターネットを使用するのを可能にします。

現地プリペイドsimの通信の仕組み

現地でsimカードを購入する場合、または日本で入手して渡航先用のsimカードを使用する場合は、現地の携帯会社の回線やパッケージプランを利用します。現地の携帯会社と契約を結ぶので通話料金やデータ通信料はその会社の設定に沿ったものとなります。購入は現地の空港やコンビニなどで簡単にすることができます。現地での購入に不安を感じる方は日本での格安simを利用することもできます。現地でsimを購入し、端末に挿入するとAPN設定というものが必要になりますが、日本でsimカードを入手する場合は、出国前に設定をすることも可能です。もし現地のsimカードを利用する場合、APN設定にはwi-fiが必要となるので、渡航先で設定する場合、空港などのネット環境が整っている場所で設定をするようにしましょう。

利用端末がiPhoneの場合、sim会社の公式ホームページへアクセスをし、設定ページからプロファイルをインストールします。アンドロイドの場合は設定画面からモバイルネットワークを選択し、アクセスポイント名を選びます。通信サービス名を選択して設定が完了になります。simカードによっては構成プロファイルをダウンロードすることなく利用できるsimもあるので各キャリアのホームページなどで確認すると良いでしょう。

現地プリペイドsimのメリット

現地の携帯会社が提供しているsimカードによって得られるメリットはその料金設定にあります。現地の方が利用している料金のプランと同様のものがつかえるようになるので、国際ローミングのような多額な請求が発生することは考えられにくいです。また、プリペイド式のsimカードを利用することで自分がどのくらい通信料に割いているか管理がしやすいことも利点の一つでしょう。また、モバイルwi-fiルータなどを利用したインターネットの使用とは異なり、通話やSMSもでき、持ち物が減ることも一つの特徴です。

現地プリペイドsimのデメリット

最大の弱みとなるのは、使用端末が限られること、設定などを自分でしなくてはいけないことのふたつでしょう。海外の携帯会社のsimカードを利用し自身のスマートフォンを使用する際に事前に確認しておきたいのが、使用するスマートフォンがsimフリーのものであるかどうかと、滞在先の国の周波数にあった端末であるかどうかです。

使用しているスマートフォンが、日本国内の携帯会社等で契約をしたものの場合、simにロックをかけられている状態であることが多いです。ロックがかかっているものであると、他の会社が提供しているsimを挿入しても利用することができません。近年、徐々に各キャリアでもsimフリーのスマートフォンが販売されてきてはいますが、ロックがかかったものが多いのが現状です。そのため、simフリーのスマートフォンでない場合は新しい端末を購入するか、現在利用している端末のロック解除をしなくてはなりません。加えて、simフリーのスマートフォンであったとしても周波数がその国のものと合わないと、利用することができません。

自身の持つ端末の種類に加えて、simカードの設定が必要になることもデメリットの一つでしょう。simカード購入から設定に関してはすべて現地の言葉か英語での対応に限られてくることが多いです。言語に自信がない方は、インターネットの情報などを頼りに設定をすることができますが、不確定な要素が多くなるのは否めないでしょう。

現地プリペイドsimのデータ通信量

現地プリペイドsimを利用した際のデータ通信料は、国際ローミングを利用したときのものより低く抑えることができます。低価に抑えることができるこの海外用のsimカードの利用ですが、はっきりとした料金は滞在先の国や利用する携帯会社によるので、事前に確認しておくことが必要です。日本国内で購入できる海外用のsimカードの場合、100㎆のチャージで1500円ほどのものであったり、200㎆で2000円弱のものであったり、各社で異なります。日本にいる時からMVNO会社のsimカードを利用しているかたは自身が使用しているキャリアでの契約もできますが、選択の際は他の会社とも比較して自分が使用するデータ量を考慮に入れることが良いでしょう。

現地プリペイドsimの通話料

通話料金に関しては、データ通信料と同様で各社によって設定金額が異なります。スタートパックとして4500円ほどのパッケージのようになっているものに加入をし、使用限度を使い切ったのちにその都度チャージをするものや、使用範囲によって分数ごとに30円や90円など、通話料金に設定を加えているものもあります。また、通話100分以内とSMS100通以内で3000円、など区切られた使用範囲で値段が設定されているものもあります。通話をする頻度が多そうなのか、インターネットの利用が多そうなのか見極めたうえで、契約をする会社を決めた方が効率がよさそうです。

現地プリペイドsimはこんな人におすすめ

現地プリペイドsimは、海外を頻繁に訪れる機会がある人にはおすすめの方法です。他のスマートフォン利用に比べ、利用料金を格段に抑えることができるので国を越えた移動が多い方には適していると言えるでしょう。しかし、simカードを自由に差し替えするためには、自身が使用している端末がsimフリーであることが条件となります。利用中のスマートフォンにsimロックがかけられている場合は、ロックを解除しないかぎりこの方法は使用できないので、simフリーのスマートフォンを利用している人に限定された方法ということを知っておかなければならないでしょう。

まとめ

海外に旅行や出張で出かける際、国際ローミングを使用するか、現地のプリペイドsimを利用するかはその滞在期間やスマートフォンのどの機能を自分が利用したいか、または設定や契約のしやすさを考えるかによって異なってきます。多少の料金を支払ってでも設定に時間をかけたくない人には国際ローミングが、費用をなるべく抑えたい人には現地プリペイドsimがお勧めです。


スポンサーリンク

Check Also

simフリーとは何か?simフリースマホの相場価格はどれくらい?

simフリーとは、ひとつの端末 …