Home / sim / simフリーガラケーのメリット、デメリット、おすすめ格安simを紹介!

simフリーガラケーのメリット、デメリット、おすすめ格安simを紹介!

この2017年現在において、時代はすっかりスマートフォン時代となりました。ほんの数年前に登場したスマートフォンですが、今や世の中の大半の人間がスマートフォンを当然のように使いこなしています。これまではパソコンで行うことが当たり前だった作業を、ワンストップにスマートフォンで行うことが出来るようになり、人と人の関わりを広げるツールとしても多種多様に活用されています。

しかしこういった現状の中でも、やはりスマートフォンには中々慣れないかたが多いというのも事実です。それを表すように、大手キャリアもメインはスマートフォンを販売しているものの、ガラケーと呼ばれる折りたたみ式携帯電話をメーカーは新たにリリースし、キャリアで販売を行っております。

この流れは、例えば電話に特化しているという点でビジネスパーソンに好まれる傾向が強いことからも影響しています。そのため、未だガラケーの人気は衰えていないのです。そしてそんなガラケーに、今話題の格安simを挿入して使うことができるのです。さらに、simフリーガラケーというデバイスまで登場しました。

ここでは、そんなsimフリガラケーを活用するメリットやデメリット、上手な活用方法について、ご案内致します。

スポンサードリンク

ガラケー、simガラケーについて


ではまず、ガラケー・simフリーガラケーとはどんな存在なのか、というところから、ご案内していきます。以前はガラケーを使用していた方も、現在のガラケー事情がどの様に変化してきているのかについて、まずは見ていきましょう。

ガラケーの現状

ガラケーといえば、以前は様々な形状でリリースされることで、とてもワクワクさせられたものです。見慣れた、家庭様電話の子機を小さくしたような形状や、最も一般的な折りたたみ式のもの、ヒンジ部分のボタンを押すことでワンタッチで画面の開閉を行えるもの、上下にスライドし物理キーを隠すことが出来るもの、縦開きだけでなく横開きをするもの等々、紹介しきれないほどたくさんの形状のものがリリースされ、カタログを見ているだけでも楽しむことが出来ました。

ところがスマートフォンの登場により、ガラケー産業は一気に勢いを失っていきました。はじめは恐る恐る使っていたスマートフォンも、多くの人が使うようになり、それに釣られてまたさらに多くの人がスマートフォンに移行していくようになりました。現状、ガラケーの立ち位置としては、「スマートフォンを使ってみたがやっぱり使いづらかった」という方や、「バッテリー持ちがよく丈夫なため、仕事用として使っている」という2択になっております。

一部、お歳を召した方やお子様はガラケーを使う傾向もあるようです。ガラケーの現状は、ここ数年でガラッと大きく変わりました。ガラケーはバッテリー交換も自分で行うことができ、電池持ちもよく落としても画面割れと等の心配もいらず、防水性能も兼ね備えているため、電話をするだけならば現状最強の携帯電話機と言っても過言ではありません。

ですが、ここ数年で、携帯電話に求める需要が異なってきたのです。それにより、ガラケーは一部の方にのみ好まれて使われているといった現状です。

simフリーガラケーとは

simフリーガラケーとは、その名の通り、キャリアの縛り無く自由に通信事業者を選び使用することが出来るガラケーのことです。simフリースマートフォンの、ガラケーバージョンだと考えて頂けると、まさにそれです。正式にsimフリーガラケーとしてリリースされている機種はまだまだすくないのですが、以前のガラケーのsimロックをキャリアに持ち込み、simロック解除を行うことで、simフリーガラケーとして使うことが出来ます。

これにより、特にビジネスシーンでガラケーを必要としているビジネスパーソンにとって、通話料に関してやサービスに関して、様々な通信事業者を自由に選ぶことが出来るようになったため、これからのsimフリーガラケーの発展に注目が集まっています。

スマートフォン時代の次に到来するのは、simフリーガラケーの存在かもしれません。

simフリーガラケーのメリットデメリット

ここまでは、simフリガラケーとは一体どのような存在なのかについてご案内して参りました。ここからは、実際にsimフリーガラケーを活用していく上でのメリットや、デメリットについていくつかご案内致しいます。

simフリーガラケーのメリット

それでは、simフリーガラケーを活用する上でのメリットからご案内していきます。simフリーガラケーを使うことで、一体どのようなメリットを享受できるのでしょうか。

操作がシンプル

初めにご紹介するメリットは、なんといってもその操作性のシンプルさにあります。スマートフォンはiOSやAndroid、Windows等の少し込み入ったOSを搭載することにより、様々なことを行えるようになっております。ですがその反面、操作性がガラケーに比べるとどうしても劣ってしまいます。

まず決定的にスマートフォンと異なる点は、物理キーの数です。スマートフォンの物理キーは通常、電源ボタンと音量の上げ下げのみです。機種によってはホーム画面に戻るボタンも存在しています。ですが、文字入力の物理キーがほどんどのスマートフォンでは存在しておりません。BlackBerry等の一部のスマートフォンでは文字入力の物理キーも配置されておりますが、一般にリリースされているほとんどのスマートフォンはほぼ画面上でのフリック入力によって文字入力を行います。

これが、中々に面倒なのです。何が面倒なのかというと、まずノールックでの文字入力を行えない点です。ガラケーであれば、文字入力の物理キーを何回押し込んだかによって、打ち込んでいる文字を見なくても文字入力をすることが出来るので、文字入力の観点ではガラケーの方がシンプルでとてもわかり易いです。

そしてOSの構造も簡単なため、すぐに設定ややりたいことにアクセスすることが出来ます。

利用料金が安い

続いてご紹介するメリットは、スマートフォンに比べ月々の利用料金が圧倒的に安いという点です。大手キャリアでガラケーを契約したとしても、スマートフォンの月々の利用料金はかなり安いです。そもそもガラケー用の料金プランとスマートフォン用の料金プランがそれぞれ用意されており、キャリアで契約した場合、スマートフォンは安くても月々約6,000円はしますが、ガラケーであればキャリアで契約しても2,000円もせずに月々運用することが出来ます。

また、端末の本体代金も圧倒的にガラケーの方が安いです。格安スマホを購入しても、安くて約20,000〜ですが、simフリーガラケーに関しては10,000円を切ります。本体代金も利用料金も、スマートフォンに比べ圧倒的に安い価格で運用出来るのは、simフリーガラケーの大きなメリットです。

スマホと併用でバッテリーが長持ち

最後にご紹介するメリットは、主にビジネスパーソンの方向けかもしれません。例えば、ビジネスシーンでは電池持ちの良いガラケーを使い、プライベートではSNS等を楽しめるスマートフォンを使う、といった使い分けをすることで、プライベートシーンで利用するスマートフォンの電池持ちも良くなります。

スマートフォンの電池持ちを良くすることで、充電回数を減らすことが出来ます。この充電回数を減らすことで、バッテリーの消耗を軽減し、バッテリー寿命を伸ばすことが出来るため、より安心してスマートフォンとガラケーを共に使うことが出来るようになります。

simフリーガラケーのデメリット

メリットがあれば、残念ですが当然のことながらデメリットも存在します。先程のメリットとは違った視点からsimフリーガラケーを見た場合、どのようなデメリットがあるのかについて、いくつかご紹介致します。

データ通信が使えない

simフリーガラケーの場合、iモード等を使うことが出来ないため、通話に関してはかなりお得に活用することが出来ますが、データ通信を行うことが出来ません。こういった点に関しては、やはりデータ通信と通話の両方を一台で行えるスマートフォンにはかないません。

simフリーガラケーは、飽くまで通話に特化しているデバイスとして捉えた方が、良いのかも知れません。

結局のところ、スマートフォンとの2台持ちになる

上記でもご案内した通り、simフリーガラケーではデータ通信を行うことが出来ません。通話メインのビジネスパーソンだとしても、インターネットに繋ぐことが出来ないというのは大きな痛手となることでしょう。

となると、やはりスマートフォンとの併用となるため、管理するべきデバイスが2台になります。当然、電池持ちの管理や充電の管理を気にする手間が増えることになります。また、完全に使い分けてしまうと、自宅に忘れてきてしまったり、職場に置き忘れてきてしまうといった、紛失のリスクも高まります。

こういった、管理するべきデバイスが増えることによりリスクが高まるという点も、simフリーガラケーのデメリットです。

大手キャリアとそれほど料金が変わらない

MVNOで契約した格安simを使っても、大手キャリアのガラケー用の料金プランを利用しても、実際には月々の利用料金にそれほど大きな違いは生まれません。

よほど多く通話をする方であれば変わってきますが、大抵の場合、大きな変化がありません。なので、simフリーガラケーだけでなく大手キャリアのガラケーを使うことを検討するのも、一つの手段です。

MVNOとキャリア契約どちらがお得か 

MVNOの格安sim契約をしてsimフリーガラケーを運用するか、それともキャリアでガラケーの契約をして運用するかで、どちらがお得かと言うと、利用料金だけで言えば上記でもご案内したように、それほど大きな違いはありません。

ですが、simフリーガラケーであれば、端末だけの購入をすうことが出来ます。キャリアで契約をしようとすると、スペックと値段の高いガラケーを一括もしくは分割で購入することになります。そのため、端末の購入はsimフリーガラケーを購入し、simカードの契約はMVNOでもキャリアでも、月々にどれくらい通話をするかといった、自分のスタイルに合わせて契約をした方が良いでしょう。

おすすめsimフリーガラケー

さて、ここからは、これまでにご案内してきたsimフリーガラケーについて、オススメの端末をいくつかご紹介致します。是非、simフリーガラケーを購入する時の参考にして下さい。

FREETEL Simple

まずオススメするsimフリーガラケーは、FREETELというMVNOがリリースした『Simple』という機種です。こちらの機種のオススメポイントはなんといってもその軽さとコンパクトさにあります。

MVNOがリリースした初めてのsimフリーガラケーという存在です。simフリーガラケーは、まさにここから始まったと言っても良いでしょう。データ通信を行えないsimフリーガラケーでは、やはりスマートフォンとの併用になることが想定されるため、持ち運びに関してはコンパクトであることが求められます。

毎日、通話をメインにモバイル端末を使いたい方にとっては、かなりオススメの一台です。

AQUOS SH-N01

続いてオススメするsimフリーガラケーは、なんとAndroidOSを搭載している、ガラケーならぬガラホと呼ばれる機種です。形状や物理キーに関しては従来のガラケーと全く同じなのですが、搭載しているOSがAndroidであるため、データ通信を行いテザリングをすることも出来ます。

その代わり少し価格は高くなりますが、ガラケーというスタイルでAndroidを搭載しているため、入力や操作に関しては非常に使いやすいです。そしてガラケーの特徴でもある、バッテリー交換を自分で行える点、電池持ちが良いという点、画面サイズが小さく頑丈で壊れにくい点、といった多くの利点を兼ね備えています。

さらに防水・防塵機能も兼ね備えているため、Androidの機能は使いたいけどまたガラケーに戻りたいといった方は、是非こちらの機種を検討してみてはいかがでしょうか。

docomo P-01F

こちらは、2013年にdocomoから発売された機種になりますが、未だその人気は衰えません。その人気の理由はやはりガラケーといって誰もが想家浮かべる二つ折り式のガラケーであり、価格が約6,000〜7,000円という低価格で購入できるという点です。

防水・防塵性能も兼ね備えていて、さらに低価格ということもあり、とっても気軽にsimフリーガラケーとして導入することが出来ます。現在は新品での販売は行っていないため、中古での購入になりますが、一度格安simでガラケーを使ってみようと検討している方にとっては、手に取りやすい機種です。

simフリーガラケーの登場による未来


こうした、simフリーガラケーという新たなデバイス、スタイルが登場してから、まだそう何年も経っていません。例えばFREETELのSimpleの様なコンパクトで、通話とSMSに特化しているデバイスを持つことで、スマートフォンは動画視聴や写真撮影や、それらのメディアの加工やSNSを楽しむ端末として使うことが出来ます。

また、PDFの編集やオフィス資料の編集や作成、もちろんゲームを楽しむことだって出来ます。つまり、ここ数年はスマートフォンとタブレットの2台持ちが主流でしたが、こういったsimフリーガラケーの登場によって、我々の持ち物やデバイスはもっとコンパクトにすることが可能になるのです。

そしてなにより、月々の利用料金を抑え経済的にもシンプルにすることが出来ます。もっと場所を選ばずに仕事をすることが出来るようになり、もっと色々な場所へ足を伸ばすことで、もっと色々な人と出会うことが出来るようになります。

デジタルが発展することにより、アナログである我々の行動範囲が広がり、新たな発見や感動を味わうことが出来るのです。この先、simフリーガラケーがどのような発展を遂げていくのか、まだ誰にも分かりません。ですが、こういった新しいデバイスの登場により、我々の未来がより良い方向へ変化する可能性が高いということは事実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まだあまり耳慣れないsimフリーガラケーという存在は、少しずつその存在感を拡大しています。それによる我々の未来にも、期待が高まります。

スマートフォンだけでは電池持ちに不満があったり、スマートフォンとタブレットの2台持ちにストレスを感じている方、ビジネスシーンでよく通話をする方は、是非この機会に、simフリーガラケーの導入を検討してみては、いかがでしょうか。


スポンサーリンク

Check Also

格安simをiPhoneで使うなら!おすすめポイントまとめ

携帯電話を持っている人のほとん …