Home / Webサービス / 時代はEC!楽天に出店するメリット・デメリットと各プラン比較

時代はEC!楽天に出店するメリット・デメリットと各プラン比較

開業をして店舗を構えようと検討する時、いまやインターネット環境の整備がかなり行き届いているため、実店舗を構えて運営される方よりも「ネットショップ」という形態で店舗を構えて運営をする方がほとんどです。

それは、店舗を運用していく上で発生するランニングコストをネットショップだと実店舗に比べて圧倒的に抑えることが出来るからです。さらにそのコストの低さから、実店舗とネットショップを同時に運営しているショップも多くなってきています。

ネットショップを運営する上で、自分でWebサイトを作成したり作成ツールを使ってオリジナルで展開していくという方法もありますが、「楽天」という場所を借りることでより「速く」そして「多く」の集客に成功しやすいです。

そこで今回は、楽天を活用してネットショップを出店する方法やメリット・デメリット、プラン別の初回費用等についてご紹介します。

スポンサードリンク

楽天に出店するメリット・デメリット

まずは、楽天で出店をするメリットからご紹介していきます。メリットは沢山ありますが、その中でも大きな要素であるものを3つに絞ってご紹介します。

メリット①利用者が多いため、安心感ができる

まず挙げるメリットは、何と言っても「利用者が多い」という点です。現時点で楽天会員として登録している人数は9,000万人以上とも言われているため、国内においてかなりの利用者数となります。

何気なく気になっているアイテムをインターネット上で探していると、楽天で出店されている店舗にたどり着くことも多いです。会員登録をしなくても購入が出来るにも関わらずここまでの会員数がいるのは、ネットショップ以外にもクレジットカードサービスやテレビCMでも多くの人の目に触れ信頼を得ているからです。

つまり、楽天で出店するということは9,000万人以上の利用者がいる大規模なショッピングモールに出店することと同じです。さらにそのショッピングモールは既に大きな信頼を獲得しているため、出店する側にとっても利用する側にとってもかなり信頼感があります。

メリット②サポートが充実している

楽天では『楽天大学』といった、マーケティングや顧客対応、商品の撮影方法やショップページの構成方法等について勉強できるサービスも展開しています。動画配信という方法で教えてくれる「RUx」というサービスでは、2,500本以上のレクチャー動画を見て勉強することが出来ます。

これを上手に活用することで、本を読むよりも短時間でより深くそして分かりやすく知りたいことを知ることが出来るため、ネットショップをこれから立ち上げる方にとってはとても心強いサポートです。

メリット③ECコンサルタントによる援助

楽天で出店をすると、なんと専任のコンサルタントがついてくれます。コンサルタントはまさにネット販売を行うプロで、扱う商材のジャンルごとに担当が分かれているためとても安心して相談をすることが出来ます。

楽天が持つ他店舗の成功事例等の情報やノウハウを教えてくれるため、店舗運営で行き詰まった際の相談相手として最適です。今後の展開方法や、マーケティングについても相談に乗ってくれます。

ご自分でネットショップを立ち上げると、競合他社との差別化を図るマーケティングの相談に乗ってくれる相手は中々おらず、運営に行き詰まってしまいがちです。また扱うアイテム数に関しても実際に運営しながら様子を見るといったことしか出来ません。

ですが、楽天で出店することでこの点について教えてくれるコンサルタントがついてくれるため、安心して出店することが出来ます。

デメリット①楽天に出店するデメリットは出店料の高さ

サポートも手厚くコンサルタントもついてくれ、その上多くの利用者と信頼を獲得しているサービスを活用できる楽天への出店はメリットが多いですが、デメリットもあります。それは、出店料の高さです。

楽天は他のネットショップを立ち上げるサービスの中でも、出店料が高いという特徴があります。そのためネットショップのメリットでもある「ランニングコストが低い」という特徴を打ち消してしまっているようにも感じますが、このコストは実は考え方次第です。

通常、こうしたコンサルタントやレクチャー動画を配信して店舗運営の成功へ導いてくれるサービスやサポート体制はここまで整っていません。整っていないどころか、用意されていないということの方が多いです。

実店舗を構えても出店費用は飽くまでそのためだけのコストです。しかし楽天で出店するとマーケティングや店舗運営について相談が出来たり、自ら成功事例を勉強することが出来たりと、付加価値として付いてくるモノがかなり大きいです。

費用を抑えられることがメリットでもあるネットショップですが、楽天等のインフラを活用するならば「集客がしやすい」というメリットも付いてきます。そのメリットを最大限に活かすためのコストとして考えると、そこまで出店料が高いという印象は薄くなってきます。

楽天出店までの一連の流れ

ではここからは、楽天に出店する方法について出店の申し込みから運営がスタートするまでを解説していきます。

1.出店の申込をする

楽天で出店をするためには、まず楽天に出店申込を行う必要があります。これは楽天にアクセスし「出店申込」というボタンをクリックすることで先に進むことが出来るのですが、先に成功事例が掲載されている資料のみを請求することも出来ます。

さらに、楽天に設置されている新規出店窓口担当へ相談をすることで新規出店の不安を解消することも出来ます。まずは資料に目を通してから分からない点や不安な点を相談し、出店申込ボタンをクリックすると安心して申し込めます。

この出店申込には2週間〜1ヶ月程度かかるため、出店する日取りは先に決めないほうが良いでしょう。これが終わると、楽天の店舗運営システムである「RMS」を使うことが出来るようになります。

2.開店の準備

お申込手続きが完了してから使えるようになるRMSを活用して、出店をするためのショップページを作成します。この準備の段階では例えば決済を方法を定めたり配送方法を決定したりといった作業を行います。

ここでは、楽天の店舗アドバイザーがRMSの操作方法やショップページの作成方法等について分かりやすく教えてくれます。是非相談してみましょう。

3.開店前に審査を受ける

出店をする前に、楽天のオープン審査を通過する必要があります。この審査が無事に通れば、楽天でのネットショップ運営をスタートすることが出来ます。開店準備から審査が通るまでに、おおよそ2週間〜1ヶ月程度必要となります。

4.開店・運営

審査を無事に通過すると、いよいよ運営をスタートすることが出来ます。この時点で、上記でご紹介したご自分のネットショップのジャンルに合った専任のコンサルタントに相談することが出来るようになります。

ネットショップを運営していく上で何か分からないことや不安なことがある時は、積極的に相談しましょう。専任コンサルタントが親身になって一緒に販売戦略を練ってくれます。

楽天出店にあたるプラン別初回費用

では最後に、楽天に出店するにあたって選ぶことが出来る4つのプランをご紹介します。各プランとも初回登録費用は60,000円で統一されており、その他のシステムサービス利用料金や決済サービス利用料金については統一されています。

しかしプランによってランニングコストや使えるサービスが異なるため、これから楽天にネットショップを出店していくにあたって確認しておきましょう。

お手軽【ライトプラン】の場合

まずは契約期間が短いライトプランのスペックからご紹介します。

  • 登録可能商品数/5,000商品
  • 画像容量制限/500MB
  • 契約期間/3ヶ月間
  • 月額出店料/39,800円(3ヶ月分一括払い)
  • システム利用料/パソコン経由月間売上高の3.5%〜5.0%
  • モバイル対応サービスシステム利用料/モバイル経由月間売上高の4.0%〜5.5%

ライトプランであるため契約期間が短く、利用料金も他のプランと比べると高いことが特徴です。自己資本があり、限られた期間だけ出店したいといった方にはオススメのプランです。

【がんばれ!プラン】の場合

続いて、月額料金が割安なこれからネットショップを展開していく方向けのプランをご紹介します。

  • 登録可能商品数/5,000商品
  • 画像容量制限/500MB
  • 契約期間/1年間
  • 月額出店料/19,500円(年間一括払い)
  • システム利用料/パソコン経由月間売上高の3.5%〜6.5%
  • モバイル対応サービスシステム利用料/モバイル経由月間売上高の4.0%〜7.0%

登録可能商品数や画像容量制限はライトプランと変わりませんが、実店舗もまだなく手元の商品数も少ないといったこれから事業展開を進めていく方にはオススメのプランです。

楽天イチオシ【スタンダードプラン】の場合

こちらは楽天が一番オススメしているプランで、「月商132万円以上の目標」を目安に、低コストでネットショップを運営していけるプランです。

  • 登録可能商品数/20,000商品
  • 画像容量制限/5GB
  • 契約期間/1年間
  • 月額出店料/50,000円(半年ごとの2回分割払い)
  • システム利用料/パソコン経由月間売上高の2.0%〜4.0%
  • モバイル対応サービスシステム利用料/モバイル経由月間売上高の2.5%〜4.5%

商品数の上限や画像容量の上限も一気に増えました。しっかりとした売り上げを作りたい事業者の方にオススメです。

大規模運営に【メガショッププラン】の場合

最後にご紹介するのは、スタンダードプランでは補えない程の規模を誇るネットショップ運営していく事業者の方向けのメガショッププランです。既に実店舗を構えていて売上高と商品数がスタンダードプラン以上である事業者の方にオススメします。

  • 登録可能商品数/無制限
  • 画像容量制限/無制限
  • 契約期間/1年間
  • 月額出店料/100,000円(半年ごとの2回分割払い)
  • システム利用料/パソコン経由月間売上高の2.0%〜4.0%
  • モバイル対応サービスシステム利用料/モバイル経由月間売上高の2.5%〜4.5%

登録可能商品数と画像容量制限がそれぞれ無制限とされていますが、初期値はそれぞれ50,000円と5GBとされているため、それを超える際には都度申請を行う必要があります。

まとめ

楽天では、これからネットショップを展開していこうとする事業者の方にも対応したかなり手厚いサポート体制が整っています。他のネットショップと比べてランニングコストが多少高いとしても、それぞれの事業者に合った専任のコンサルタントがついてくれるのはとても心強いです。

実店舗で経験がある方でも、野球チームやクレジットカードサービスやテレビCM等で多くの人の目に触れ、多くの信頼と実績のある楽天に出店することでこれまで以上の集客や収益を見込めることは間違いないでしょう。

これからネットショップ運営を検討している事業者の方は、是非楽天での出店を検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク