Home / ビットコイン / mufgコインの特徴と開発経緯、メリット・デメリットを解説

mufgコインの特徴と開発経緯、メリット・デメリットを解説

テレビのニュースや新聞で「仮想通貨」という言葉に触れる機会が増えています。仮想通貨は世界中に広まっており、インターネットの通販サイトなどでも使用が可能になるなど、我々の生活にも既に浸透しています。

既に存在する仮想通貨は、海外でサービスが始まったものですが、日本でもいよいよ仮想通貨のサービスが始まります。それがmufgコインです。

mufgコインは日本のメガバンク、三菱東京UFJ銀行が発行元の仮想通貨です。既に存在する仮想通貨サービスは、海外で開発されたものであり、日本国内でサービス開始となる仮想通貨は、このmufgコインが初めてとなります。

現在、システム開発と三菱東京UFJ銀行行員による使用テストが行われており、2018年の春には一般向けにサービス開始となるとみられています。既に存在する仮想通貨が抱える問題点をクリアしつつ、その普及を目指すものとなっているため、そのサービス開始に期待が集まっています。

今回は、注目株であるmufgコイン開発の経緯、ビットコインの違い、そしてmufgコインを利用するメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

mufgコイン開発の経緯

ビットコインなどの仮想通貨のメリットは、送金に必要となる手数料が大幅に安い点にあります。この為、通販サイトなどでの商品購入の際、クレジットカードを使用するよりも安く商品が購入できる、といったメリットが生じます。この点が仮想通貨が普及した大きなメリットでした。

一方で、2014年のマウントゴックスによる事件のようなトラブルが、その信用性に疑問を投げかける結果となっていました。そこで「信用性の高い仮想通貨」への需要が高まり、日本のメガバンクが立ち上がる形で、mufgコインが開発されることになったのです。

コスト削減が主な目的

mufgコインやビットコインなどの仮想通貨が注目される理由のひとつに、運用コストが大幅に削減される、というメリットを挙げる人が少なくありません。コスト削減が可能となった大きな理由として挙げられるのが、「ブロックチェーン」という技術です。

ブロックチェーンは、使用者間の端末で情報を同期させることで、残高などの情報を管理します。そのため、ひとつのサーバーで全ての情報をまとめて管理する必要がありませんので、その管理に要する費用が大幅に削減できることになったのです。

運営費用が安くなるということは、仮想通貨を発行する側に大きなメリットが生じることになります。その仮想通貨そのものに要するコストが少なくなるという点でもメリットは大きいですが、現金に変わる決済手段となるため、銀行としてはATMなどの管理・運用に必要となるコストも軽減されます。

スマートフォンでも使用できますので、将来は現金が入った財布を持たず、スマートフォンが財布代わりに・・・、という時代がやってくるかもしれません。

電子マネーの大量なデータを入手可能

仮想通貨が普及する以前から「電子マネー」というものが存在していました。Suicaなどのように、現金をチャージすることで、電車に乗ったり、買い物をしたり、といったサービスです。電子マネーは個人の財布や銀行口座からお金をチャージさせることで使用できます。その利用履歴などをデータ化し、利用者に様々なサービス情報を提供する、という試みも行われています。

しかし、こうした電子マネーを利用していない人について、買い物履歴などのデータを集めることは不可能でした。しかし、仮想通貨はお金そのものですから、発行する金融機関がこうしたデータを集めることが容易になります。また、電子マネーとは比較にならない量の情報も集まることでしょう。これはマーケティングなどの観点から、発行元に大きなメリットが生じることになります。

mufgコインとビットコインの違い

仮想通貨と聞くと前述した「ビットコイン」をイメージする人が多いかと思います。mufgコインはそのビットコインの日本版と言っても良いかもしれません。ブロックチェーンを用いて取引を行う点も、ビットコインと同じです。しかし、ビットコインとは大きく異なる点もあります。

その違いは、次の2点にあると言われています。

1コイン1円と相場が固定されている

ビットコインは変動相場制を採用しており、常にその価値が変化しているため、相場によって価格が上下します。円だけではなく、ドルやユーロでも同様です。変動相場制を採用しているため、FXのような取引を行っている人もおり、アメリカや中国における投資家の影響を大きく受けて、その相場は乱高下しています。

一方、mufgコインは1mufgは1円と固定されています。相場によって、価値が上下することはなく、安定的です。そのため、円と同じような感覚で取引を行うことが可能です。mufgコインの相場が動くとすれば、それは円相場が動くことを意味します。従って、FX取引の対象とはなりません。

mufgコインには銀行の信用が反映されている

ビットコインはオープンソースによるサービスですので、事実上、発行元は存在しません。その為、信用性に疑問を持つ人が少なくありません。2014年に大手取引所のひとつ、マウントゴックスで発生したビットコインの盗難騒ぎは、その信用を大きく失墜させる事態に発展しました。

一方、mufgコインは日本の三菱東京UFJ銀行というメガバンクが発行する仮想通貨です。日本のメガバンクが発行する、という点で信用性の高さではビットコインを大きく上回るものとなりそうです。

mufgコインを利用するメリットとデメリット

mufgコインのメリットは「2つの安定感」と「決済の簡易さ」

ビットコインと比較して安定感がある

利用者にとって、mufgコイン最大のメリットは何と言っても「安定感」ではないでしょうか。mufgコインは2つの意味で「安定感」のあるサービスだと考えられています。

今、ビットコインを所有する人の中には、その理由を「投資である」と語っている人がいます。ビットコインは変動相場制を採用していますので、1ビットコインが日本円で何円に相当するかは、日々変化しています。つまり、FXと同じなのです。

FXと同じということは、ビットコインを所有することで利益を出す可能性もありますが、一方で損失を被る可能性も覚悟しなければなりません。FX取引をギャンブルだ、と言い切る人もいますが、ビットコインを所有するということは事実上、こうしたギャンブルに巻き込まれることを意味します。

一方、mufgコインは、1mufgコインは1円と決まっています。変動相場制ではありませんので、この価値に変化はありません。100円の商品を買うのに必要なのは100mufgコインです。価値が下がって、100mufgコインよりも多い金額を支払わなければならない、などという事態はあり得ません。

そしてもう一つ、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行が運営するという点も「安定感」を支える大きな要素と言えるのではないでしょうか。マウントゴックス事件のようなトラブルが発生したとしても、責任の所在は明確です。もちろん、そのようなトラブルを起こさないよう、セキュリティ面でも万全の体制を確保するものと思われます。

変動相場制ではなく、1mufgコイン=1円であること、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行が運営すること。この2点はビットコインにはない、mufgコインの大きなメリットであると言って、間違いありません。

スマホで簡単に決済可能

これはビットコインなどとも共通する特徴でありますが、mufgコインを使用しての支払いはスマートフォンのアプリを使って簡単に行うことができます。事実上、スマートフォンがお財布代わりと言っても良いかもしれません。これまでも電子マネーなどで同様の機能がありましたが、今回は日常で使用する通貨ですので、便利になる対象が全く異なる、と考えて良いでしょう。

ビットコインやmufgコインなどの仮想通貨が一般的になると、現金を持ち歩かなくても、スマートフォンさえ持っていれば、気兼ねなく外出できるというキャッシュレスの未来がやってくるかもしれません。「現金を持ち歩く」「現金を所有する」ということは、常に様々なリスクと隣合わせであることは言うまでもありません。普及すれば、セキュリティ面からも安心なサービスと言えるのではないでしょうか。

mufgコインのデメリットは「利便性の欠如」と「手数料の発生」

海外で利用できず、利便性に欠ける

mufgコインですが、1mufgコインは1円と決まっています。その価値はあくまで日本円で設定されています。つまり、日本円が使えない場所、つまり海外ではmufgコインは利用することができません。

一方で、ビットコインなどは特定の国の通貨により、その価値を設定されている仮想通貨ではありません。日本で使用している人は、同様に海外でも使用することが可能です。その点で、mufgコインはビットコインなどと比較して、利便性に欠けると言わざるを得ません。

海外に送金する場合に手数料を伴う

仮想通貨とはいえ、日本国内でしか利用できないということは、海外に送金をする必要がある場合は、日本円での送金と同様の手数料が生じる、ということになります。ビットコインのように、多くの国で使用される通貨の場合は、その手数料が発生しませんので、その点で利便性に欠けると言わざるを得ません。

mufgコインの将来性

日本の社会において、「現金」は非常に大きな意味を持っています。財布を持たずに外出する、ということを不安に思う人はたくさんいるでしょう。こうしたお金というものに対する心理的な概念を変えることができるのかどうか。スマートフォンが財布の代わりを果たすことができるのか。mufgコインの将来性を考える上で、この点が重要な要素となりそうです。

国民への普及率が課題

「財布を持たずに外出する」ためには、mufgコインでも現金と同様のサービスを受けることができる店舗が数多く存在しなければなりません。果たして、近所の八百屋さんでmufgコインを使うことができるようになるでしょうか。子供に小遣いを渡さなくても、スマートフォンを持たせれば、近所の駄菓子屋さんでmufgコインを使ってお菓子を買うことができるようになるでしょうか。

利便性や手数料だけではなく、お金の概念に関わる問題です。心理的な側面が大きいだけに、普及するのに時間を要する可能性もあります。こうした心理面でのハードルを、運営元の三菱東京UFJ銀行などがどうやって下げるのか。そのアイディアに注目が集まることは言うまでもありません。

まとめ

観光などで、日本にやってくる外国人が増えています。2020年の東京オリンピックに向けて、訪日する外国人旅行客の数は益々増えると思われます。

海外では、セキュリティ面から「現金を極力持ち歩かない」という文化を持つ国も少なくありません。インターネットが普及する以前から、チップも含めてクレジットカードで支払うのが当たり前、という教育を受けてきた人たちもいます。

日本の社会は、こうした文化圏で育った人たちを受け入れることが求められています。同時に、日本国内におけるセキュリティの状況も変化しています。こうした変化にいち早く気づいた人たちは、既にビットコインなどの仮想通貨に注目していました。そして、その利便性の高さを知ると同時に、マウントゴックスの事件で、その怖さも学びました。

こうした状況に対応すべく生まれたのが、mufgコインなのです。ビットコインなどの仮想通貨が持つ利便性を確保しつつ、現状の仮想通貨が持つ問題点に対し、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行がどのような対策をその答えとして提供するのか。多くの金融機関の関係者やインターネット業界の関係者だけではなく、生活者である我々も、その将来性を大きな関心を持って見守る必要があります。

恐らく、「mufgコインなんて、私には関係ない」と言える人はほとんどいないのではないでしょうか。日常生活とも大きく関わりのあるサービスです。ビジネスとして利用する人も、日々の暮らしに必要となる可能性がある人も、大きな関心を持つべきサービスではないでしょうか。


スポンサーリンク