Home / Mac / macとwindowsの違いは?おすすめ機種もご紹介!

macとwindowsの違いは?おすすめ機種もご紹介!

一昔前は、ほぼほぼMicrosoft社のWindows一強でしたが、いつの間にかApple社のMacが台頭してきて、『MacとWindows買うならどっち』のような贅沢な悩みを検索する人が増えてきました。

※そもそも「Mac」はハードウェアの名前で、「Windows」はMicrosoft社製のOSの名前です。Macに搭載されているOSは、Apple社製の「macOS」といいます。(OSとは、パソコンが動く時の基本ソフトのことです。)
あえてその関係を示すとしたら、
ハードウェア : Mac − Surfaceシリーズ
搭載OS : macOS − Windows
という事になります。

パソコンを選ぶ時のポイントは人それぞれです。価格、性能、デザイン、操作性、携帯性。

どういった特性に自分が重きを置くかで、使う機種を絞り込んでいくことになると思います。
買い物中のこっちもいいけどこっちもいいなぁ・・・と考えているときは、とても楽しいですしテンションが上りますよね。パソコンは安い買い物ではないので、できれば後悔したくありません。テンションあげつつも、冷静に、自分のニーズとそれぞれのマシンの特徴を把握することが大事です。

今回は、MacとWindowsの違いをメリット・デメリットに分けてご紹介します。

スポンサードリンク

Macのメリット、デメリット、おすすめMacPC

 

スタイリッシュでおしゃれというイメージのMac。iPhoneやiPadなどと並び、Appleを代表する製品ですが、その歴史は意外に古いです。しかし、デザイン性・操作性は一貫して変わっておらず、OSのアップデート、ハードウェアのアップデートともに着実にパワーアップしてきています。
最近、OS Xシリーズが「10.11 El Capitan」を最後にmacOSシリーズに変わり、さらにiOSとの連携が強化され便利に使えるようになっています。iPhone/iPadをお持ちの方は、パソコン購入時の選択肢には入れておくのがよいでしょう。

メリット

操作性

ノートパソコンには通常マウスの代わりになるデバイスが付属しています。

マウスを持ち運ばなくて良いように携帯性が考慮されていますが、操作性を考えるとマウスでの操作にまさるものはなく、小さいマウスを一緒に持ち歩いていると言う方は多いのではないでしょうか。
Macbookシリーズのマウス代替デバイスであるトラックパッドは、ただのマウスの代わりという役割を超えて「Macを操るデバイス」といっても言い過ぎではありません。
トラックパッド上の指の動きだけで、様々な直感的な操作ができます。一度経験したら戻れないというのも決しておおげさではないのです。

バッテリーが長持ちする

Macbookシリーズはバッテリ持続時間に定評があります。外に持ち歩いて、出先でまとまった時間作業ができる安心感がいいです。外出の多いビジネスマンの方には嬉しいメリットと言えますね。

最近は、電源のある喫茶店などが増えてきてはいますが、すべての席にあるわけでありません。外で必ずしも電源が使えると考えないほうが、まだ良いと思われます。どれくらいバッテリが持つかということには、しばらくは気を使ったほうが良いでしょう。

ウィルスの標的になりづらい

シェアがWindowsに比べるとその絶対数が少ないことが、逆にウィルスの標的になりづらいというメリットに。ただ、Windowsよりは感染のリスクが低いというだけで、ゼロではありません。

ウィルス対策をしないという選択肢はありませんので、Macだとしてもかならずアンチウィルスソフトの導入は必要です。当然、怪しいサイトやメールに対しては最新の注意を払うことは、どんなパソコンを使っていても同じことです。

デメリット

値段が高い

Macは高いというイメージはどうしても拭えませんし、実際ラップトップは一番安い物でも10万弱。少しでも良いものをと考えると、それなりに出費が膨らみます。決してお安いとは言えません。

頻繁に新しいものに買い換えたいという方には手を出しづらいところではあります。ただ、長く使えるようにOSのアップデートが無料で提供されるなど、同じマシンでも継続して使っていけます。

使えるソフトウェア、ハードウェアがWindowsに比べて少ない

少し前まで周辺機器がMacに対応しているケースは多くありませんでした。最近でこそwindows、mac両対応という周辺機器は増え、あまり困ることはなくなりましたが、外付けBlu-rayドライブなどはmac対応がなかなか出なかったことは記憶に新しいです。
ソフトウェアに関しては、Windowsに比べると、特にゲームソフトの分野では圧倒的に少ないです。ただ、Office系のソフトなどはMac用がでていますし、ビジネス面ではまったく困らないレベルです。ゲームが目的の方にとっては、Macが選択肢に入ることは難しいでしょう。Macにはどんなゲームがあるのか、あらかじめリサーチして、Macを選択肢に含めるか検討してみてください。

おすすめのMacPC

Macbook

もともとは、MacbookProの廉価版として2011年頃まで発売されていましたが、それ以降は販売終了。そして2015年に新しいMacbookとして生まれ変わりました。ディスプレイは12インチRetinaディスプレイ、3色のカラバリ、Apple製品初のUSB-Cポートを搭載し、限りなく薄く・軽くしています。

ファンレスで静か。ただ、接続ポートがUSB-Cポート1個という少なさには、若干の心もとなさがあります。そのあたりは無線接続やアダプタでカバーすることになります。これからはワイヤレス化がどんどん進んでいくと言われていますので、これからの標準になる可能性もありますね。アーリーアダプターとして、今から先取ってみるというのも良いかもしれません。新しもの好きな方はいかがでしょうか?

MacbookAir

上述のMacbookには劣りますが、ほぼ同等の薄さ、軽さを実現しています。これまでのMacシリーズの中で、11インチMacbookAirが最小の画面サイズでしたが、販売が終了してからは、12インチMacbook が現在で最小となります。
Macbookシリーズの定番で、画面サイズは13.3インチと1種類のみです。

Macmini

Macシリーズのデスクトップモデルは、iMacが有名ですが、とにかくiMacは高い!でもMacがほしい!という方には、安価なMacminiがおすすめです。動かすためにはディスプレイやキーボード、マウスが別途必要ですが、それほど難しいものではありませんし、Macmini自体のスペックは申し分ないものです。

Windowsのメリット、デメリット、おすすめWindowsPC

パソコンと言えばWindowsというイメージをお持ちの方がほとんどかと思います。
さまざまなバージョンを経て、現在Windows10が最新OS。タブレットとデスクトップの融合にむかっており、MacとiPhone/iPadの関係と同じような道に進みつつあります。Macが台頭しきたと述べましたが、まだまだWindowsのシェアトップは続きそうな勢いです。そんなWindowsマシンのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

機種が多い

多くのメーカーが多くの機種を出しているため、選択の幅広さはMacの比ではありません。それだけ、使う人の様々なニーズに応えられるということになります。自分にあったパソコンが絶対に見つかるはずです。
ただし、機種が多いということはピンからキリまであるということ。その中から1台を探すのは一苦労だと思いますし、
情報を入手するのも大変です。そのあたりをどうクリアするかですが、やはり電器専門店の店員に選んでもらうなど、「情報を知っている人」にアドバイスを貰うのが良いでしょう。

無料ソフトの豊富さ

いわゆるフリーソフトが多く出回っているのも、Windowsの世界ならでは、です。いろいろな作業をやるにしても、まずフリーソフトがないか探すのが一般的ですし、フリーソフトで事足りることもたくさんあります。

対応ソフトウェア、周辺機器が多い

Macと比較したときの大きな違いの一つです。基本的にWindowsを基準に作られることが多いので、まずWindowsで使えない周辺機器というのは見当たりませんが、Macではそうはいきません。Windowsにとっては、シェアが圧倒的に大きいことの強みとも言えます。これはソフトウェアも同様です。

デメリット

ウィルスの標的になりやすい

シェアが圧倒的に大きいことで、ウィルス感染のリスクがあるということは肝に銘じておかなくてはなりません。

ウィルスソフトなどの対策は当然の事ながら、OSの定期アップデートによるセキュリティパッチを確実に当てないと、取り返しのつかないことになります。逆に言えば、そのあたりをしっかりおさえて、怪しいメールやサイトに注意すれば、恐れることはありません。
デメリットと言う意味では、このOSの定期アップデートが頻繁に発生することも、大事なこととはいえ、ユーザにとっては煩わしい作業といえます。

OSのメジャーアップデートが高価

定期アップデートの煩雑さに加えて、メジャーアップデートが基本有料で、しかもお安くないというのはユーザにとっては痛いです。それが普通かもしれませんが基本無料のMacと、どうしても比較してしまいます。

最近ではWindows10への更新は期間限定ではありますが、無料で行えていました。今後の改善を期待しましょう。

おすすめのWindowsPC

Surfaceシリーズ

特徴的なキックスタンド、電磁誘導式のタッチペンが付属されています。キーボードカバーを買えば、ラップトップにもなるし、はずせばタブレットにもなる。Microsoftが開発した、いわゆる2in1PCの代表格です。

VAIOシリーズ

もともとはSonyのパソコンブランドでしたが、いまはVAIO株式会社として独立、同社が開発しています。日本のメーカにしては珍しくスタイリッシュでデザイン性が高く、テレビや映画でよく使われていたり、クリエイティブな仕事をなさっている方々はVAIO率が高いですね。

Dynabookシリーズ

TOSHIBA製のノートPCシリーズです。ここ最近のニュースはともかく、電池持ちの良さはビジネスユースPCの中でも定評があります。また、映像のTOSHIBAと言われるだけあって、液晶の美しさは特筆すべきものがあります。

まとめ

MacとWindowsのメリット・デメリットを上げてそれぞれの特徴を引き出してみましたが、いかがでしたでしょうか?どちらを買えばいいか迷っている方は、まず、自分がパソコンでしたいことはなにかをしっかり考えてみてください。そのうえで、MacとWindowsのスペックや機能を比較して選択しましょう。
Windowsがおすすめの人
・ビジネスユースが目的で、仕事上Windowsを使っている人が多い
・MicrosoftOffice系の書類をやり取りする機会が多い
・映像、音楽などのマルチメディアを扱うクリエイティブな仕事をされている方でWindows一筋の人(VAIOがおすすめ)

Macがおすすめの人
・映像、音楽などのマルチメディアを扱うクリエイティブな仕事をされている方でMac、Windowsにこだわりがない
・ITエンジニアの方
・iPhoneやiPadのヘビーユーザ


スポンサーリンク

Check Also

movie3

iMovieの使い方からmacのおすすめ動画編集ソフトを紹介!

Macユーザーならお馴染みの動 …