Home / Mac / mac初心者必見!起動音を消す方法とキーボードの選び方

mac初心者必見!起動音を消す方法とキーボードの選び方

macはwindowsとは操作方法が異なります。今までmacユーザーではなかった人は初めは操作やセッティングに戸惑うこともあるでしょう。

今回はmac初心者の方のためにmac 起動音を消すにはどうしたらよいか、macキーボードはどれを使ったらよいか、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

mac 起動音を消すにはどうしたらよいか

非常にスタイリッシュなデザインと、薄くてコンパクトでありながら高性能なmacは幅広い層に支持されています。特にiPadやiPhoneが広く普及したことでアップル製品は更に知名度を上げ、利用者数もドンドン増えてきています。

macと言えば、起動した時の「ジャーン」という音が特徴的です。iMacなど大きめのデスクトップタイプであればそれほど気にする必要はありませんが、Macbookのように外出先で利用することが多い場合、人がたくさんいるときに大きな起動音が鳴るとなかなか気まずいものです。

起動音は最後にシャットダウンした時の音量で鳴るため、例えば前日大きな音量で映画や音楽を楽しんだ後に起動すると、思った以上に爆音が鳴り響いてしまうことも少なくありません。人に迷惑をかけてしまうこともありますので、出来ることなら無音で起動させたいものです。

F10キーを押して音を消す

起動音消す最も手軽な方法は、シャットダウン時にあらかじめ音量を絞っておくことです。F10キーを押すことですぐに音を消すことが出来るので、毎回シャットダウンをする前にはF10キーを押す習慣をつけておくといいでしょう。

イヤホンかヘッドホンを差し込んでおく

しかし、人間ですのでうっかり押し忘れてしまうこともあるでしょう。その為、この方法は確実とはいえません。起動時にあらかじめイヤホンかヘッドホンを差し込んでおくという方法もあります。そうすることによって音がイヤホンなどから出るようになりますので、極力音を出さずに済みます。

ただしこの方法でも何故か起動音だけ鳴ってしまうこともあるため、確実ではありません。

サウンドの設定によって消す

これら以外にも起動音を消す方法にはいくつかあるので紹介していきましょう。まずは、サウンドの設定によって消す方法です。まず、システム環境設定から「サウンド」を選択します。表示されているバーから「出力」を選択すると下部に主音量調整用のバーが表示されます。

その右横に小さく「消音」ボタンがありますので、それにチェックを入れておくと起動時に音を消すことが出来ます。

ターミナルを使って消す

次にターミナルを使った方法です。Launchpadを開き、その中から「ターミナル」を開き、『sudo nvram SystemAudioVolume=%80』と入力するだけです。この際、パスワードの入力が求められるので、起動時に設定しているパスワードを入力してリターンキーを押せば完了です。

このコマンドの『80』の部分を調整すると自分の好みの音量に設定することが可能です。大きな音で鳴るのは困るけれど、完全に消したくはないという方におすすめです。ただし、この数値は単純に音量を示す数値ではありませんので、適当な数値を入れてみてお好みの音量を見つけてみて下さい。

今現在の設定音がどれ位なのかチェックしたいという場合は『nvram-plgrepSystemAudioVolume』と入力すると確認することが出来ます。場合によっては再起動しないと設定が反映されないこともありますので、一度再起動しておきましょう。その際音量が設定通りになっているかも確認しておくといいでしょう。

もちろん、後で起動音が鳴るように設定し直すことも可能です。その場合も同様にターミナルを開き、『sudo nvram-d SystemAudioVolume』と入力し、パスワードを入れてリターンキーを押せば元通りになります。

もしもこの方法で元に戻らない場合にはmac起動時に「command 」+「option」+「P」+「R」を押してNVRAM/PRAMリセットを行うと元に戻ります。

専用のアプリケーションを使う

中には、ターミナルを利用するのに抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。そういう場合には専用のアプリケーションをダウンロードして利用するという方法があります。専門の知識がなくても手軽に使用することが出来るのでパソコン初心者の方でも安心です。

有名なものにはMuteConというアプリがあります。MuteConをダウンロードした後ステータスバーにMuteConのアイコンが表示されるようになります。右クリックで「環境設定」を選択しましょう。

すると設定ウィンドウが表示されますので、「起動後にミュートを解除」と「終了前にミュート」、「起動後に音量を調整」のボタンにチェックを入れてcloseボタンを押します。これだけでは音を消すには不十分です。

今度はシステム環境設定から「ユーザーとグループ」を選択します。そこから「ログイン項目」を開きましょう。「+」キーをタップします。左側にあるスクロールバーから「アプリケーション」を選択し、その中から「MuteCon」をクリックして「追加」ボタンをクリックすれば完了です。

ログイン項目の中に「MuteCon」がきちんと表示されていれば、次回の起動時からジャーンという起動音がならなくなります。他にも起動音を鳴らなくする、音量をリセットするためのアプリは色々ありますので、ご自分が使いやすいものをさがして使っていきましょう。

macキーボードはどれを使ったらよいか

ショートカットキーを駆使することによって、文章・テキスト作成はもちろん絵画や動画編集、音声編集ソフトなどさまざまな作業の高速化に貢献するキーボード。macを使用する上で、快適なキーボード選びは作業効率を左右する大事なファクターです。

Apple純正はもちろん、社外にもすばらしい製品が数多くリリースされているなか、どういった基準で選べば良いのかを解説していきます。

「接続方式」で選ぶ

まず「接続方式」で選びましょう。パソコン本体のUSBポートを介してUSBケーブルで繋ぐ「有線」と、レシーバーを介したりBluetoothを使用して繋ぐ「無線」の2種類に分かれます。有線タイプは、USBケーブルを通じて電源を得るバスパワー方式であるため、電池が不要で軽く値段も安価です。

一方、無線タイプは電池を入れるため少し重くなりますが(充電可能なバッテリータイプもあります。近年のAppler Wireless Keyboardはバッテリータイプ)、煩わしいケーブルがなくデスクの上がすっきりとまとまってスタイリッシュ。持ち運びも有線タイプと比べてスムーズでスマートなのも利点です。

捕捉として、Appleからリリースされているワイヤレスキーボードは、OSのバージョンによって対応・非対応が分かれてしまいます。厳密に言えば、macに搭載されているBluetoothのバージョンによって製品が対応するか否かが分かれます。

古い機種を使用している方は、キーボードを購入する前にBluetoothのバージョンがマッチしているかどうかを先に確認するようにしましょう。旧型は公式では販売していませんが、各種大手通販サイトや電気店にいくつか残っています。

その際、ファンクションキーの操作や対応するキーが異なったりと、バージョン・年式によって細かく違いがあります。欲しい機能と対応バージョン、よく使う操作をきちんと調べて違いを把握した上で選ぶようにしましょう。

「キー配列」で選ぶ

次に注目したいのが「キー配列」です。Appleからリリースされているだけでも日本語(JIS)と英語(US)の2種類が存在します。言語だけでなく、「option」キーや「fn(ファンクション)」キーの配列・位置が微妙に変わり、操作感が異なってきます。

それぞれの差異は微妙なものですが、ショートカットで複数のキーを駆使する状況の場合、その少しの差が効率化の大きな妨げになることも多いです。できれば量販店やアップルストアでしっかりと製品を試した方が良いでしょう。

また、Apple以外からリリースされている製品の場合も、キー配列が少しずつ異なっていたり、キー同士の間隔が異なるためそこのクオリティにも目を向けた方が良いです。mac専用ではなくWindowsにも併用したい場合は、両方に対応しているモデルを探すことも大切。

logicoolなど、PCの種類を切り替えるスイッチがついている製品を使うと便利です。

テンキーの有無で選ぶ

そして、テンキーの有無も大事な要素です。無線(ワイヤレス)タイプは、現在はテンキーが付属していない製品が増えてきています。ノートタイプはもちろん、タブレットやスマートフォンなどの登場により省スペース化・ミニマリスト化が進み、テンキーを省く傾向にあるのです。

MacBookProやMacBookAirなどのシリーズでも、登場当初からテンキーが存在していないことから、業界全体的にモバイル環境を想定した製品からはテンキーを省くことが通例となりつつあります。

しかし、扱う業種や作業によってはテンキーが非常に重要となる場合ももちろんあります。ショートカットキーを割り当てて作業を高速化することができるのは強みなので、テンキーが必要な場合はこちらも条件として忘れないようにしましょう。

オプション機能で選ぶ

この他、搭載されているオプション機能で選ぶのも良いです。中でも需要が高いのは静音性にすぐれた製品。夜中に作業をする機会が多い、人が多い中でパソコンでする作業は自分だけなどタイプ音が気になる状況下で作業している方には必須機能です。

また、ワイヤレスキーボードの中でも会社によっては充電する手間を省くために、ソーラーパネルを搭載しているモデルもあります。部屋の中でも十分バッテリーの充電は可能なので、とことん使いやすさを追求する方にはもってこいのモデルです。さらに、最近は折りたたみが可能なミニマムな製品までリリースされています。

モバイル環境を最小限まで追求したいという方にはおすすめのモデルです。他にも、USBポートが複数搭載されていて給電ポートの代わりを担ってくれる製品や、トラックパッドが付属しているためマウスいらずの生活になる製品まで、さまざまな種類の製品がリリースされています。

Apple純正品の他にも、社外のさまざまなmac対応の製品がリリースされているので、欲しい機能や条件を考慮しつつ最適のキーボードを選んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。mac 起動音を消すにはどうしたらよいか、macキーボードはどれを使ったらよいか、紹介してきました。macの操作やセッティングに初めは戸惑うこともあるかと思いますが、自分好みにセッティングできるのがmaの良いところでもあります。

是非、macを有効活用してください。


スポンサーリンク

Check Also

Mac向けInkscapeの使い方と特徴

個人でブログをしていたり、仕事 …