Home / IT / MacのIPアドレスとは?MacのIPアドレスの確認・変更する手順

MacのIPアドレスとは?MacのIPアドレスの確認・変更する手順

日々MacやWindowsなどのパソコンを使用していると、一度はIPアドレスという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。ですが、IPアドレスにはたくさんの種類があります。

インターネットに接続できない時などは、こうしたIPアドレスについて知っていることでご自分で問題を解決できることもあります。そこでこちらでは、そもそもIPアドレスとはどういったものなのかといったところから、IPアドレスの確認方法や変更方法についてご紹介致します。

スポンサードリンク

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレス

IPアドレスには、プライベートIPアドレスとも呼ばれるローカルIPアドレスと、グローバルIPアドレスというIPアドレスの2種類があります。ですが、そもそもIPアドレスとは一体どんな役割を果たすものなのでしょうか。

こちらでは、IPアドレスの役割とその種類についてご紹介致します。

IPアドレスとは

IPアドレスは、インターネット上でご自分の使用している機器を識別するための役割を果たします。そのため、インターネット上での住所と考えていただくと分かりやすいです。

このIPアドレスがないと、インターネットに接続することが不可能となっています。普段から見ているWebページにもIPアドレスが割り当てられていて、URLを入力したりリンクを踏んだりしてWebページにアクセス出来るだけでなくIPアドレスを入力してもアクセスすることが出来ます。

ですがIPアドレスは桁数が多くてかなり覚えにくいため、人間が分かりやすいようにURLに変更されています。また、通信機器であればこういったIPアドレスは必ず割り当てられています。

ローカルIPアドレスとは

ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレスは、似ているようで役割がかなり異なってきます。基本的には機器を識別するためのものですが、ローカルIPアドレスは家庭内やオフィス内で機器を識別するために使用されます。

インターネットに接続する際に必要となるルーター等に機器を複数接続する際に必要となる番号で、ユーザーによってIPアドレスを変更することが出来ます。ローカルIPアドレスは飽くまで機器を識別するための番号なので、ローカルIPアドレスだけではインターネットに接続することが出来ません。

グローバルIPアドレスとは

ローカルIPアドレスだけではインターネットに接続することが出来ませんが、これをグローバルIPアドレスに変換することでインターネットに接続できるようになります。グローバルIPアドレスは、インターネットに接続する際に使用するIPアドレスとなります。

その役割は、ルーターなどが担ってくれます。家庭内やオフィス内で使用している機器を一つのルーターなどに接続することによってグローバルIPアドレスに変換され、インターネットに接続することが可能となります。

このグローバルIPアドレスは契約しているプロバイダなどによって割当がされるため、ユーザーの意志でグローバルIPアドレスを変更することはできません。

動的IPアドレス

ローカルIPアドレスにもグローバルIPアドレスにも、動的IPアドレスと固定IPアドレスが存在します。それぞれで役割は異なり、ローカルIPアドレスでの動的IPアドレスはDHCP機能によって自動的にIPアドレスが割り当てられます。

そのため、ユーザーによってIPアドレスを変更する必要がなく、IPアドレスの管理も不要となっています。このDHCP機能は、主にルーターに搭載されていることが多いです。

この動的IPアドレスは、一定周期で自動的に変更されます。

またグローバルIPアドレスでは、一般的に動的IPアドレスが使われます。インターネットに接続するたびにプロバイダによってIPアドレスが変更されるため、その都度違ったIPアドレスとなります。

プロバイダが自動的に都度設定する動的IPアドレスは、インターネットに接続する際に主流となるIPアドレスで、固定IPアドレスと異なり別途費用が発生することがありません。

しかし一方で、インターネットに接続するたびにグローバルIPアドレスが異なったものとなるため、万が一不正ログインがあった際に履歴をたどることが難しくなっています。

固定IPアドレス

ローカルIPアドレスで使われる固定IPアドレスは、ユーザーによって手動で設定する必要があるため、IPアドレスについての専門知識が必要となります。

ですがルーターなどによって自動的に一定周期でIPアドレスが変更されることがないため、どの機器がどのIPアドレスかということをきちんと把握することができます。

サーバーやNASを管理している企業ではローカルIPアドレスで固定IPアドレスが使われることが多いです。

グローバルIPアドレスでの固定IPアドレスは、プロバイダから事前に割り当てられるIPアドレスで、動的IPアドレスのように接続するたびに変動することがありません。

一般のプロバイダ契約にさらに固定IPアドレスを付与してもらうため別途費用が発生しますが、Webサーバーなどを構える場合には有効です。

次ページ:ローカルIPアドレスを確認・変更する手順

ローカルIPアドレスを確認・変更する手順

それでは、ローカルIPアドレスを確認する方法や変更する手順について見ていきましょう。ローカルIPアドレスを確認する方法はWindowsとMacで異なりますが、こちらではMacで確認する方法について解説します。

Macの場合

MacのIPアドレスを確認する方法は、いたってシンプルです。システム環境設定から「ネットワーク」を開くだけでポップアップ画面にIPアドレスが表示されています。

システム環境設定の見方

Macでシステム環境設定を開くには、タスクバーに表示されているAppleマークをクリックします。するとメニューに「システム環境設定」が表示されるため、そちらを選択します。

システム環境設定を開くと「ネットワーク」という項目があるため、そちらをクリックします。

IPアドレスを確認・変更しよう

「ネットワーク」をクリックすると、接続しているネットワークが表示されるため、画面右下の「詳細」をクリックします。すると、ご自分のIPアドレスを確認することが出来ます。

この時、IPアドレスを変更したい場合は「TCP/IP」タブをクリックして「IPv4」の設定を「自動」から「手入力」に切り替えます。するとIPアドレスを変更できるようになるため、そちらから変更をします。

グローバルIPアドレスを確認・変更する手順

グローバルIPアドレスを確認する方法は、基本的にはグローバルIPアドレスを確認するためのWebページから確認を行います。これはMacに限らず、Windowsなどでも同様の方法でグローバルIPアドレスを確認することが出来ます。

プロバイダの契約が必須

グローバルIPアドレスはインターネットに接続する際に使用するIPアドレスであるため、グローバルIPアドレスを確認するためにはプロバイダの契約が必須となります。

グローバルIPアドレスはプロバイダが自動的に付与したり固定IPアドレスを付与したりするもののため、プロバイダ契約は必須です。

動的IPアドレスのみ変更可能

グローバルIPアドレスの固定IPアドレスは、プロバイダから付与されて変わることがないIPアドレスであるため、ユーザーによって手動で変更することは出来ません。

そのため、動的IPアドレスのみが自動で変わるようになっています。

グローバルIPアドレスから個人情報は特定されない

基本的には、グローバルIPアドレスだけで個人情報を特定することは出来ません。というのも、一般的には動的IPアドレスを使用していることが多く、動的IPアドレスはインターネットに接続すると自動的に変わってしまうからです。

また、個人や企業がプロバイダにIPアドレスと契約者の開示を求めたとしても、プロバイダはそれに応えることは不可能とされています。警察などに開示を求められた際にのみ開示できるようになっているため、一般的にグローバルIPアドレスだけでは個人情報を特定することは出来ないようになっています。

IPアドレスを変更する際に注意したいこと2つ

最後に、IPアドレスを変更する際に注意しておきたいことについて見ていきましょう。IPアドレスは機器を識別する番号であるため、これを変更する際にはいくつか注意点があります。

重複するとインターネットに接続できなくなる

ローカルIPアドレスの固定IPアドレスが重複すると、機器を識別できなくなりインターネットに接続することができなくなります。そのため、手動でIPアドレスを変更する際には他の機器とIPアドレスがかぶらないように注意しましょう。

現時点でのIPアドレスをメモしておこう

IPアドレスに変更を加えてからまた元に戻そうと思った時、これまでに割り当てられていたIPアドレスが分からなくなってしまうと元に戻すことが出来ません。そのため、変更を加えてインターネットに接続できなくなってしまった際などに元に戻せるよう、現時点でのIPアドレスをメモしておきましょう。

まとめ

IPアドレスにはいくつか種類があり、多少役割や機能が異なります。ですが、基本的にはインターネットに接続する際の住所だと考えていただくと分かりやすいです。

IPアドレスは手動でユーザーが設定を変更することも出来ますが、同じLAN内にある他の機器とIPアドレスが同じになってしまうとIPアドレスを識別できなくなり、インターネットに接続できなくなってしまいます。

IPアドレスはルーターやプロバイダによって自動的に付与されているため、そちらを使うのが一般的です。ですがもしIPアドレスを変更する際には、役割や機能を確認した上で注意点に気をつけながらIPアドレスの変更を行いましょう。


スポンサーリンク