Home / Mac / Mac初心者でもできる!安くExcelを使う方法と代替ソフト3選

Mac初心者でもできる!安くExcelを使う方法と代替ソフト3選

Macではどのようなオフィス製品を使えるか知っていますか?

Office製品と言うと、Microsoft Officeをイメージするかと思いますがそれ以外にもOffice製品は存在します。

本記事では、Macで使えるOffice製品は一体どのようなものがあるのか、そしてExcelのWindows版とMac版での違いなどのついて、紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。MacユーザーがExcelを使用する際の役に立ちますよ。

スポンサードリンク

Macで使えるofficeはコレだ!

サラリーマン 男 男性 会社員 ビジネスマン ビジネス 日本人 20代 仕事 スマホ スマートフォン 座る 女 女性 屋内 室内 テーブル 書く PC ノートパソコン パソコン 検索 操作 おしゃれ 男女 30代 レトロ 働く 会社 打ち合わせ キャリアウーマン オフィス 同僚 チーム 仲間 ミーティング 会議 男の人 女の人 アジア人 タブレット オシャレ 会議室 ノートPC ipad 使う ミーティングルーム レトロビル ラップトップパソコン ラップトップコンピュータ インスタ映え mdjf065 mdjm033 mdjf064 mdjm035

まずはMacで使えるOffice製品を3つほど紹介していきます。

Microsoft OfficeforMac

1つ目は、Windowsユーザーにとても人気のあるMicrosoft OfficeのMac版であるOffice for Macです。

こちらはWindows向けに開発されたMicrosoft OfficeをMac向けに移植したもので、Word・Excel・PowerPointといったソフトウェアを利用することができます。

LibreOffice

LibreOfficeは無料で使うことができるOffice製品です。無料ではありますが、非常に人気のあるオフィスソフトであり世界中で利用されています。

元々はOpenOfficeというオフィスソフトが開発されていましたが、OpenOfficeの開発が止まった後、その開発を引き継ぐ形でフォークし、LibreOfficeが誕生しています。

無料とは思えないほどの機能が用意されていますが、他のオフィスソフトと比べて少し重いのが欠点です。

iWork

iWorkは、Appleがリリースしているオフィスソフトです。iWorkはブラウザから利用することができ、WindowsとMacでも利用することができます。

マイクロソフトオフィスのWordに相当するPagesや、Excelに相当するNumbers、Powerpointに相当するKeynoteなどが用意されています。

一見、Microsoft Office同様に有料なのでは?と思った方もいるかと思います。ですが、iWorkは無料で使用することが可能で、Macを持っていない人でも利用できるのが大きなメリットです。厳密には、iWorkはもともと有料でしたが2017年に無料化されています。

Mac版とWindows版でExcelを使う違いとは

若い 人物 日本人 白バック 悩む 女性 女子 屋内 ポーズ 迷う カジュアル 私服 上半身 明るい かわいい 子供 女の子 小学生 勉強 学習 表情 少女 困る わからない 疲労 悩み コピースペース 腕組み 白 10代 1人 学生 考える スタジオ撮影 疑問 生徒 中学生 高校生 女子中学生 モデル 腕を組む 普段着 不思議 不安 質問 ? アイディア はてな なぜ どうして

先ほども紹介しましたがMicrosoft OfficeはMacでも使用することができます。ではMacで使えるExcelはWindows版と何が違うのでしょうか?

Mac版の方が動作が遅め

Mac版のExcelは、Windows版のExcelに比べて少し動作が遅いという結果が出ています。

Macの仕様上の問題なのか、意図的に動作を遅くしてるのか分かりませんが、Windows版に慣れている人は少し遅く感じるので注意しましょう。

稀にレイアウトが崩れる

Windows版とMac版のExcelは、基本的な機能やシステムは同じですが、稀に違う動作を起こして、レイアウトが崩れてしまうことがあります。

これはWindowsはMacの仕様が関係していることが多く、複数のWindows環境やMac環境を利用してExcelファイルを共有すると、印刷範囲やセルの幅や高さが、意図せず変更されてしまうことがあります。

これに関しては仕様としか言いきれないので、このようなレイアウト変更を確認できた場合は、何か別の策を練るしかありません。

キー操作が少し異なる

Mac用のキーボードには、OptionキーやCommandキーが用意されており、キーボードにあるべきALTキーやスタートキーがありません。

そのためMacユーザーがExcelの操作方法を調べても、上手くMacユーザー向けの操作方法を調べることができなかったりしてしまうことがあります。

また根本的な操作が異なることもあるため、Windows版のExcelに慣れてるから大丈夫という方も、念のためにショートカットキーなど確認しておくことをお勧めします。

次ページ:MacでExcelを使う方法は1つだけじゃなかった

MacでExcelを使う方法は1つだけじゃなかった

パソコン マウス ノートパソコン PC PC ビジネス IT IT データ入力 作業 仕事 業務 オフィス 事務所 デスク マーケティング キーボード インターネット ウェブサイト ホームページ ウェブ素材 ブログ素材 web blog BLOG WEB クリエイティヴ 資料作成 プレゼン資料 タイピング

MacでExcelを使うことができることがわかりましたが、MacでExcelを使う方法は1つではありません。

Excelを通常購入する

まずは一番一般的な方法である、Excelを通常購入する方法です。Microsoft Office製品はWord・Excel・PowerPointといったソフトウェアを単体でも販売しているため、個別に購入することができます。

ですので、WordやPowerPointいらないけどExcelだけは欲しいという方はExcel単体を購入して利用するといいでしょう。

単体購入の場合は買い切りですが、Windows版とMac版それぞれ別で販売されているので注意してください。Mac版のExcelはExcel 20XX for Mac(XXは年)という表記になっています。

学生ならOfficeProffesionalアカデミック版を購入する

学生の場合は、Office製品がたくさんパッケージングされたOffice Professionalをのアカデミック版を購入することをお勧めします。Office Professionalとは、通常購入の場合は3万円以上するソフトウェア群であり、アカデミック版の場合は、1万円台で購入することができます。

さらに買い切り商品であるため、学生でなくなった後もずっと使用することができるのでおすすめです。

購入するためには本人確認や在籍確認などをするため、即日購入はできませんが、安く購入できるので学生の特権を有効活用してください。

Office365で月額利用する

3つ目はOffice365というMicrosoft Office製品を月額利用できるサービスに加入することです。このサービスは月額900円から加入することができ、900円のプランでもExcelを使用することができます。

Office365は、デスクトップ版をインストールして利用するだけではなく、ブラウザからExcelを利用することができるので、事実上どこでも使用することができます。

Office365はOneDrive1TBもついてくるため、バックアップも万全です。
WordやPowerpointなどの製品も利用できるので、Excel以外も使う予定がある方はOffice365が一番です。

Macで使えるおすすめの「Excel代替ソフト」を3つ厳選

日本人 メール 女 女性 OL 部屋 ライフスタイル 室内 ポーズ テーブル カジュアル 私服 主婦 リビング 見る PC パソコン インターネット ネットショッピング 机 30代 ジーパン ピンク ネット ジーンズ アジア人 デニム パンツ ピンクベージュ 部屋着 チュニック 閲覧 プライベート ハーフアップ mdjf013 副業 アラサー 在宅 在宅ワーク

Googleスプレッドシート

1つ目はGoogleスプレッドシートです。Googleスプレッドシートはブラウザから利用できるGoogle製Excelで、独自のスクリプトを組み込んだりマクロを動かすことも可能です。

操作方法もMicrosoft Excelとほとんど一緒なので、使い勝手もとても良いです。またブラウザから利用できるぶん非常に軽量なため、低スペックなパソコンでも使えるのが特徴です。

LibreOffice

2つ目は記事の前半でも紹介したLibreOfficeです。LibreOffice版のExcelはCalcという名称で、無料で利用できるデザインは少し安っぽいものの、利便性に関してはExcelに引けを取らない機能性を誇っています。

Numbers

NumbersはAppleがリリースしている表計算ツールです。ExcelやGoogleスプレッドシートなどの他の表計算ソフトと比べると非常に癖が強いものですが、無料で使用することができ、ブラウザから利用可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Microsoft Officeと言うと、結構高価なソフトウェアですが、その代替品となるソフトウェアはいくつか存在します。

その中にはGoogleスプレッドシートのような完全無料であるにも関わらず非常に便利な機能が用意されているので、Excelを使いたいけど購入費用を抑えたいという方は、Googleスプレッドシートで代用するといいでしょう。

Googleスプレッドシートの場合は、シートの変更がある度にGoogleドライブにバックアップされるほか、バージョン管理も自動的にしてくれるため非常に便利です。


スポンサーリンク