Home / Mac / Macが重くなった人必見!デフラグに似たおススメアプリ3選

Macが重くなった人必見!デフラグに似たおススメアプリ3選

ビジネスでもプライベートでもかなりの活躍をしてくれるMacは、Windowsと並んでユーザーがかなり多いOSです。Macは動画編集を行ったり音源作成を行ったりというだけではなく、プログラミングにも適しています。

そんな、普段から親しみのあるMacですが、日々使用していると動作が重たくなることがあります。そういった時は、どのように対処したら良いのでしょうか。

こちらでは、Macが重くなった時の原因と対処法について、またデフラグのメリット・デメリットやおすすめのデフラグに似たアプリをご紹介致します。

スポンサードリンク

デフラグについてご紹介致します。

まずは、デフラグとはそもそもどういった機能のことなのかについてご紹介致します。

こちらでは、デフラグのメリットやデメリットについても触れ、さらにデフラグの注意点についてもご紹介致します。

データを整理してハードディスクの空き容量を確保する「デフラグ」

デフラグとは、簡単に言うとパソコン内の最適化のことを言います。WindowsなどのOSを使用してハードディスクの書き込みや削除を繰り返していると、ファイルやハードディスク内のディレクトリといった目に見える範囲の他に、ハードディスク内に細かなファイルが点在することがあります。

これは、ハードディスクの構造上データが順序よく整理されて並んでいるのではなく、データの隙間に断片化したファイルを保存する仕組みとなっているからです。

デフラグを行うことで、この断片化されたデータを整理してハードディスクの空き容量を確保する最適化のことをデフラグと呼びます。

Macは基本、デフラグが必要ない

実は、Macにはデフラグが必要ありません。というのも、Macにはデフラグと同等の機能がバックグラウンドで常駐しているからです。MacもWindowsや他のOSを起動する時と同様にハードディスクやSSDを搭載しているのですが、デフラグ機能がバックグラウンドで常駐しているためデフラグは自動的に行われます。

そのため、Macは基本的にデフラグを行う必要がありません。

デフラグのメリット「動作がスムーズになる」

デフラグを行うメリットは、なんと言っても動作が軽くなるということです。ファイルが整理整頓されてきちんと並べられるため、ファイルの読み込みだけでなく書き込みなども快適に行えるようになります。

また、ソフトウェアやアプリケーションの起動や動作もスムーズに行うことが出来るようになります。

デフラグのデメリット「ハードディスクの劣化が故障の原因に」

デフラグを行うことでのデメリットは基本的にはありませんが、ハードディスクが劣化していると故障の原因となってしまうことがあります。また、デフラグを行っている際はハードディスクの最適化を行っているため、他の作業を進めることが出来なくなってしまいます。

さらにハードディスクの容量が大きいと、それに比例してデフラグを行う時間が多くなってしまうため、他の作業を行えなくなる時間が多くなります。

デフラグを行う前に「事前に不要なファイルを削除」してあるか確認して!

デフラグを行う際の注意点は、ディスクのクリーンナップを行ってから行うという点です。不要なファイルが存在している状態だと、不要なファイルを含めてハードディスクが最適化されてしまうため、結果的にデフラグを行っても動作が軽くなることはありません。

そのため、事前に不要なファイルを削除してから行いましょう。

また、デフラグを行う際には動作しているソフトウェアやアプリケーションを全て終了させてから行いましょう。

Macで「動作が重い…」と感じる原因3つ

続いて、Macの動作が重くなる原因を3つにピックアップしてご紹介致します。

Macの動作が重くなってしまう原因は複数考えられますが、その中でも代表的なものを3つご紹介致します。

デスクトップ画面にファイルがたくさんある

デスクトップ画面にファイルを置いていたり、フォルダを置いていると、それだけでMacの動作は重くなります。Macに限ったことではありませんが、デスクトップ画面にファイルやフォルダのアイコンが多いと、それらを表示しているだけでメモリを消費することになります。

スクリーンショットや画像などをデスクトップ画面に残したままにしてしまうことが多いですが、Macの動作が重くなってしまう原因のため注意しましょう。

ディスクの容量が不足している

続いて考えられる原因に、ハードディスクの容量が不足しているという原因が考えられます。

つまり、内蔵ストレージいっぱいにファイルを保存してしまうと、起動する際に読み込む量が多くなったり、ハードディスクからファイルを読み込む際に探すべき場所が多くなるため、Macの動作が重くなってしまいます。

アプリによってFinderで見えない場所にもファイルが生成されるため、想定しているよりも多くの容量を使ってしまっているため注意しましょう。

メモリ不足

Macの動作が重くなってしまう一番の原因は、メモリが不足してしまっているという原因です。メモリとは、Macを含むパソコンで処理を行う際のデスクの広さだと考えて下さい。デスクの広さが広ければそれだけ並行して作業を行うことが出来ますが、狭いと並行して出来る作業が少なくなってしまいます。

例えばメモリが4GBだと、動画配信サービスを複数立ち上げるとそれだけでメモリが不足してしまいます。メモリは物理的に増やすしかありませんが、メモリを消費しないための工夫をすることでメモリ不足を解消できます。

次ページ:「Macの動作を速くしたい」と気に試したい事5つ

「Macの動作を速くしたい」と気に試したい事5つ

 

5番 5 五 5位 5等 五等 五位 思いつく 助ける 発見 女性 五個 五つ 爪 5個 5つ アイデア 正解 解決 天才 勉強 セミナー 光 ピンポン 仕事 アップ 思いつき 閃き ジェスチャー ひらめき 切り取り 切り抜き 背景白 男性 指のカウントダウン 注意 危ない 危険 ストップ ヒント ポイント メリット 利点 要点 考える 思考 間違い ビジネス コンサルト ビジネスマン 問題 びっくり 感嘆符 プレゼンテーション 営業 サラリーマン 課題 広告 ゆび 指 人差し指 人間 人 手 パー

次に、Macで動作が遅くなった際にどうしたら良いのかという対処方法についてご紹介致します。上記でご紹介した原因を解消することができれば、Macの動作はこれまでよりも軽くなります。

「メモリ不足解消にも繋がる」Macの再起動

Macの動作が遅いと判断したら、まずはMacの再起動を行ってみましょう。これはメモリ不足解消にも繋がります。というのも、メモリは一時保存領域として使われていて、使っていないと認識している作業もメモリに残ってしまっていて動作を遅くする原因となってしまうからです。

ですが、Macの再起動をおこなうとメモリはクリアになるためこの点は解消されます。

不要なファイルを削除して「ディスク領域を確保」

次に試して頂きたい対処法は、不要なファイルを削除するという方法です。不要なファイルは、見えるだけでもスクリーンショットや画像を含めて実際は多く存在している事が多いです。

これを行うことで、ディスク領域を確保することが出来ます。

不要なアプリをアンインストールで「目に見えない不要なファイルを削除」

不要なアプリがある場合は、そちらもアンインストールしましょう。不要なアプリを起動するためのファイルは、不要なファイルということになります。ですが、可視化されないため消すことが出来ません。

ですが、不要なアプリをアンインストールすることで目に見えない不要なファイルを削除することに成功します。

ゴミ箱を空にする

不要なアプリやファイルを削除した際にゴミ箱を活用したら、もちろんゴミ箱も空にしましょう。ゴミ箱は、ゴミ箱という名前のフォルダでしかありません。そのため、ゴミ箱にファイルを移してもフォルダにファイルを移動させただけになってしまうため、削除することは出来ていないということになります。

意外と見落としがちなポイントのため、ゴミ箱に捨てた覚えがある方はゴミ箱も空にしてディスク領域を確保しましょう。

ソフトウェアアップデートを行う

最後に試して頂きたい対処法は、ソフトウェアアップデートです。ソフトウェアが以前のままだと、アプリとMacの連携が上手くいかなくなってしまいMacの動作が遅くなってしまいます。

MacのOSのソフトウェアアップデートを行っていない方やアプリのアップデートを行っていない方は、最新のものにアップデートするとMacの動作が速くなること可能性が高まります。

デフラグ相当のフリーアプリ3選

人物 日本人 女性 若者 若い 20代 かわいい 清楚 ロングヘア 長髪 ブラウス シャツ 白 屋内 スタジオ撮影 背景 緑 グリーンバック おすすめ ポーズ 表情 上半身 指さす 指差し 上 ポイント 案内 アドバイス 説明 注目 笑顔 スマイル mdjf009

最後に、Macのフリーアプリでデフラグ相当の機能をもつ便利なアプリを3つご紹介致します。基本的にはデフラグを行う必要がないMacですが、これからご紹介するMacの最適化を行ってくれるアプリを使用することで、Macの動作がさらに快適になることに期待できます。

メモリの解放もできる「magican」

初めにご紹介する「magican」は、Windowsやその他OSのようにデフラグに似た機能を搭載しています。使用していないアプリを検知してメモリの解放などを行ってくれるため、常に最適化された状態でアプリを使用することが出来ます。

人気の高い「onyx」

続いてご紹介する「onyx」は、Macの動作が遅いと感じたと時にインストールするアプリとして人気の高いアプリです。magicanと同じようにメモリの解放やアプリの最適化を行ってくれるため、使いやすい方を選んで使うと良いです。

アプリのアンインストールを手助け「App Cleaner」

最後にご紹介する「App Cleaner」は、アプリのアンインストールを手助けしてくれるアプリです。

Windowsやその他OSではソフトウェアのアンインストールが簡単と鳴っていますが、Macの場合はインストールする際に使用したプラグインなどが残ってしまっていて完全にアンインストールすることが出来ないということがあります。

それを手助けしてくれるのが「App Cleaner」です。不要なアプリを削除する際には、App Cleanerを使うと効率的にディスク領域を確保することが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

基本的にデフラグの必要がないMacですが、使い方によってはMacの動作が重くなり遅くなってしまうことがあります。今回こちらでご紹介した原因は代表的なもので、これらの原因を解消する対処法を試すことでほとんどの場合はMacの動作が軽くなります。

それでもMacの動作が重かったり不安定だったりする場合は、デフラグ相当の機能を果たしてくれるアプリを使用すると良いです。常にMacを最適化してくれるため、常に快適にMacを使えるということに期待出来ます。


スポンサーリンク