Home / Mac / アップル社の高性能製品、Macbook AirとApple Watch Series 2についてご説明

アップル社の高性能製品、Macbook AirとApple Watch Series 2についてご説明

アップル社が誇る高性能ノートパソコンといえばMacbook Airを思い浮かべる方も多いことでしょう。

また最先端の時計としてApple Watch Series 2もリリースされましたね。

これらの購入をご検討されているみなさんにこれらの特徴をご説明いたします。

スポンサードリンク

Macbook Air

特徴

非常にスタイリッシュで洗練された薄いボディが特徴です。薄くて軽量でありながらバッテリー駆動時間はおよそ12時間と、同サイズのノートパソコンと比較してもとても長くなっています。スタンバイ状態であれば最大30日も持ちますので、前回の作業時からすぐに続きを始めることが出来ます。

搭載されているmacOSは、iPadやiPhoneをお使いの方ならすでに馴染みのあるオペレーションシステムでしょう。シンプルで直感的に使用することが出来るようになっていますので、初めてパソコンをお使いの方にもおすすめです。iPadやiPhoneなど、他のApple製デバイスと簡単に連携させることが出来ます。iCloudを使えば写真や連絡先、リマインダーやカレンダーといったアプリケーションを共有することはもちろん、それぞれに保存したデータに他のデバイスからアクセスすることも出来るようになります。

また標準装備のアプリケーションも実に豊富で、動画を編集したり、音楽を作ったりすることも出来ます。もちろん、仕事に必要な書類作成なども簡単です。App Storeから気になるアプリケーションをダウンロードすることも出来ますので、さらに使いやすい、自分好みの仕様に出来るのです。

Thunderbolt2が使えるので、他デバイスやディスプレイとの接続もさらにスピーディに行えます。さらに2つのUSB 3ポート、SDXCカードスロットに、イヤホンやヘッドホン用のポートも搭載されています。コンパクトでありながら必要な機能はしっかりと抑えてありますので、購入したその日からすぐに使い始めることが出来ます。

ディスプレイ

macはそのディスプレイの美しさも魅力的です。1,440×900ピクセルという高解像度で、細部までしっかりと表示されますので、写真や動画、映画をよりダイナミックに楽しむことが出来ます。FaceTimeを使えば、友達や家族とのビデオ通話も簡単です。

よりクリアな画面で映像を見ることが出来、ディアルマイクが搭載されていますので、こちらの声をしっかりと伝えられるようになっています。通話時には周囲の雑音を軽減させてくれる機能もついていますので、思う存分おしゃべりを楽しみたい方には非常におすすめです。

Multi-Touchトラックパッド

macbook airには、Multi-Touchトラックパッドが搭載されています。指先を使った簡単な操作でウェブサイトのスクロールやページの移動、画面の拡大・縮小などが出来るようになっています。マウスとは全く違った便利な操作性に驚くことでしょう。

Multi-Touchトラックパッドがついていながらも、フルサイズキーボードを搭載しています。小さくてもキー同士には十分なスペースが設けられていますのでキーを正確に押すことが出来ます。バックライト機能付きですので、暗い場所での操作も全く問題ありません。内蔵されている環境光センサーによって自動的にその時適したディスプレイの明るさに調節してくれるので、いつでもどこでも快適さを損ないません。

Siri

更に嬉しいのはSiriが搭載されていることです。環境設定によってショートカットキーを決め、簡単にSiriを呼び出すことが出来ます。いちいちアプリケーションを立ち上げることなく必要なファイルを開いたり、リマインダーにメモをとったりすることが可能ですし、気になる情報や地図などを調べてもらうのもSiriに話しかけるだけです。

OS

パソコンを選ぶ際に気になるのがオペレーションシステムでしょう。オフィスや学校などではWindowsを使用しているところが非常に多いため、時にはWindowsのソフトが必要になるという方も少なくありません。

しかし、BootCamp機能を使えば、macでもWindowsを使用することが出来る様になるのです。あらかじめメモリを割り当て、Windowsをインストールするだけですので、Windowsにしか対応していないソフトを使いたい方でも安心です。

値段

気になる購入価格はAppleの公式ホームページであれば1.8GHzプロセッサ、128GBストレージタイプが98,800円(税別)〜となっています。必要に応じてプロセッサやストレージを変更したり、さらにオプションを付けられるカスタマイズも可能です。マウスや外付けのHDD、USBドライバなどのアクセサリも充実していますので、併せて購入しておくのがおすすめです。

持ち運びをする機会が多い場合には、専用のプロテクタやケースを使用するのがおすすめです。飲み物をこぼしたり、ホコリが溜まったりするのを予防するためには、キーボードカバーを付けておくとより安心です。それぞれ適応するサイズやキーボードの種類によって規格が異なりますので、必ずしっかり型番等を確認の上購入するようにしましょう。

 Apple Watch Series 2

初代apple watchが発売されてから約1年半経過した2016年9月に、次世代型モデルとなる「Apple Watch Series 2」がリリースされました。製品名としては「apple watch」のままですが、世代を示す「Series(シリーズ)」といったナンバリングが採用され、新モデルでは「Apple Watch Series 2」に名称が変わっています。

見た目

見た目としては、旧モデルと新モデルを比較した際に大きな変化は見つけられませんが、背面を比べると新モデルでは左側面に点状になっているマイクの穴が二つになっています。また、両者を比較すると、apple watchの新モデルの方が旧モデルやや分厚くなっています。

その理由はバッテリー容量の増加。新型モデルではバッテリー容量が273mAhになり、初代のものより23%もアップしているため、増量した分だけ本体サイズが厚めになっているという訳です。もちろん、増量されたということはバッテリーの持続時間についても従来モデルよりも大幅にアップしています。

性能

まず最初に挙げられる最大の特徴が、iPhone 7と同様に「FeliCa」に対応している点です。ポケットやバッグからiPhoneを取り出すことなく、watchで触れるだけで自動改札を通過できたり、電子決済が可能になる点は、ユーザーにとって非常に便利と言えるでしょう。

また、時計としての性能だけでなく、活動量計という面でも重要な耐水機能が備わった点も、取り上げるべき重要ポイントです。「Apple Watch Series 1」に関しても防沫性能は備わっており、実際に使用してみると多少濡れたくらいでは壊れることはありません。皮脂汚れなどが付いてしまった時には、軽く洗ったりする分には問題ありませんが、日常的にランニングをして汗をかくような方には、新型モデルに備わった耐水機能が心強い味方になります。

従来の防沫機能では水泳には耐えることができませんでしたが、新型モデルでは50メートル防水がサポートされています。なお、apple watchの新型モデルにはプールスイミングに加えてオープンウォータースイミングの二種類のワークアウトが追加されました。タッチパネルは水中で誤動作しないようにロックがかかるので、デジタルクラウンを回すことでロック解除が行える仕組みになっています。

続いて、初代モデルには搭載されていなかったGPS機能が搭載された点も注目すべきポイント。ウェアラブル端末を日頃から使っている方は、ライフログと呼ばれる生活記録を付ける方が多いですが、GPSの搭載はそうしたユーザーに嬉しい効果をもたらします。もちろん、初代モデルに関してもiPhoneとセットにすれば利用することが可能、という仕組みになっていました。しかし、初代Apple Watchの場合にはiPhoneとペアリングする状態で使う必要があったので、ランニング時にもポケットやバッグの中にiPhoneを携帯する必要があった訳です。

一方、新型モデルではランニングする際にペアリングしたiPhoneをわざわざ持ち歩かなくても、走行距離、経路などが記録できるようになっています。先程触れた50メートル耐水性能とGPSの両方を備えたことにより、水泳時にラップタイムなどを自動的に計測することができ、消費カロリーも記録できます。こうした特徴から、apple watchの新型モデルは本気でスポーツやアクティビティに取り組みたいユーザーには最適なウォッチとなるでしょう。

デザイン

さらに、フランスの高級ファッションブランドとのコラボに加えて、有名スポーツブランドとのコラボモデルも登場したことにより、選ぶ楽しみがアップした点も見逃せない特徴の一つです。人気が高いスポーツブランドとコラボしたモデルでは、軽量化された上に耐久性に優れたバンドが採用されているため、ランニングに励みたいユーザーに最適な仕様になっています。ファッションブランドとのコラボモデルにも新モデルが発表され、新しくデザインされたバンドやダブルバンドで新色が追加されています。

新モデルと言えば、セラミックモデルもリリースされており、ステンレススチールの4倍を超える硬度を保ちながら、軽量化したセラミックを採用し、美しい光沢仕上げが注目されています。

ゲーム

ちなみに、幅広い年代のユーザーから支持されているモンスター系の大人気ゲームアプリがApple Watchに対応していることも話題になりました。大人気アプリがWatchアプリでリリースされることに伴い、iPhoneで操作をしなくてもゲームにアクセスできます。

このように、Apple Watchの新モデルには、スポーツに取り組みたい方に加えて、ゲームアプリを楽しんだり、ライフログを付けて健康管理を行いたいユーザーに向いている性能が数多く搭載されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアップル社の製品であるMacbook AirとApple Watch Series 2についてご説明いたしました。

皆さんがこれらを購入される際に役立つ情報となっていることを祈ります。


スポンサーリンク

Check Also

Mac向けInkscapeの使い方と特徴

個人でブログをしていたり、仕事 …