Home / ソフトウェア / たくさんあって悩む!そんなあなたにおすすめのLinux3つをご紹介

たくさんあって悩む!そんなあなたにおすすめのLinux3つをご紹介

Linuxは1991年にリーナストーバルズ氏によって開発・公開されたオペレーティングシステムです。

基本的に無料で利用することができるため、多くの企業や団体がカスタマイズした「ディストリビューション」が配布されており、目的や用途に応じて適切なOSを選んで利用することができます。

本記事ではLinuxに関する基礎知識、ディストリビューションの種類、おすすめOSについてご紹介していきます。

これからLinuxについて勉強していきたいとお考えの方は、本記事で概要を把握していってください。

スポンサードリンク

Linuxとは

Linuxはオペレーティングシステム

ITの勉強をしている方は「Linux」という言葉を見聞きしたことがあるかと思います。

Linuxはオペレーティングシステムのことを指しており、コンピューターの中で動作する基幹システムです。

1991年にリーナストーバルズ氏によってバージョン1のLinuxが公開され、以降MacOSを始め様々なOSに影響を与えてきました。

現在は市販のPCだけでなく、スーパーコンピューターや家電などへの組み込み用システムのオペレーティングシステムとしても活用されています。

多くのディストリビューションが提供されている

Linuxには大元となるLinuxをカスタマイズして提供されている「ディストリビューション」というものが存在します。

リーナストーバルズ氏によって開発された大元のLinuxをLinuxカーネル、その他をLinuxディストリビューションと名称を分けて区別しています。

Linux自体は汎用性が非常に高いため、用途に応じて各企業や団体がカスタマイズしそれを再配布している動きがあります。

プログラマの中で人気の高いOSである「Ubuntu」やAWS上で使いやすいようにカスタマイズされた「Amazon Linux」など種類は非常に豊富です。

実際にLinuxを使う場合は、用途に合わせて最適なディストリビューションを選択すると良いでしょう。

基本的に無料で利用することができる

多くのディストリビューションが開発・配布されている背景には、Linuxが基本的に無料で利用できることが挙げられます。

オープンソースで全てのソースを見ることができるため、再配布のための開発の用途だけでなく今後オペレーティングシステムの開発などの仕事をしていきたい開発者にも人気があります。

これからITの勉強をしていこうとされている方は、Linuxを勉強することでOSがどのように作動しているのかを理解することができます。

もし機会があれば是非挑戦してみてください。

スペックが低いPCでも軽快に動作する

LinuxはWindowsOSやMacOSと同様にGUI環境も構築することもできますが、基本的にてはCUI環境での操作を行うことになります。

そのためWindowsやMacといった一定程度のスペックをパソコンに要求するOSとは異なり、これらのOSで使うのが難しくなった古いパソコンであってもLinuxであれば軽快に動作してくれます。

もし古いパソコンを自由に使える環境があるのであれば、Linuxの勉強のためにOSを入れ替えてみてはいかがでしょうか?

Linuxディストリビューションの種類

LinuxのディストリビューションはLinuxカーネルを元に多くの会社・団体がそれぞれの目的や用途に合わせて開発し再配布しており、現在下記のような種類のものが存在しています。

  • RedHat系
  • Debian系
  • Slackware系
  • Arch系

それぞれの系統のディストリビューションについて特徴を確認していきましょう。

RedHat系

RedHat系のディストリビューションは、その名の通りRedHat社が開発して再配布しているものになります。

1995年の公開から現在に至るまで、Linuxの代表的なディストリビューションの一つとなっており、商用、プライベート用ともに大きなシェアを誇っています。

現在では有償版と無償版が提供されており、無償版は有名な「FedoraOS」や「CentOS」があります。

また、Linux自体はオープンソースのためセキュリティホールを先に悪質なクラッカーに見つけられると攻撃される危険性があり、ビジネスの用途で利用するのはあまり向いていません。

そのため、有償版でクローズドになっているRedHatのディストリビューションはビジネス利用にも非常に人気です。

Debian系

Debian系のディストリビューションは1993年から公開されており、長い期間の開発を積み重ねたことによって非常に性能に優れたOSになっています。

スペックの比較的低い小型のPCでも軽快に動く「Raspbian」や、エンジニアに人気の「Ubuntu」などがこのDebian系のディストリビューションになります。

Slackware系

Slackware系のディストリビューションは1992年に公開された最も古い歴史を持つOSです。Slackware系は他の系統のディストリビューションと比較して、セキュリティや安定性に優れています。

一方、これらの長所を担保するために、手続きが煩雑になる面もあり、サーバー管理者側からすると少し手間のかかるオペレーティングシステムです。

代表的なOSには「Puppy Linux」や「openSUSE」があります。

Arch系

Arch系のディストリビューションは上級者向けのOSです。

軽量にサクサク動くことが重視されており、インストールした時点では他の系統のディストリビューションと比較しても、必要なパッケージがほとんど入っていません。

そのため必要なパッケージを自分で把握管理することのできる上級開発者であれば、必要最低限のパッケージをインストールさせより軽快な動作が可能な状態でOSを作動させることができるようになります。

パッケージが最初から充実しているDebian系で操作に慣れたら、いつかはArch系のディストリビューションにも挑戦してみましょう。

次ページ:おすすめLinux3選

おすすめLinux3選

Ubuntu

UbuntuはDebian系統のディストリビューションであり、世界的にみても非常に人気と注目度の高いOSです。誰にでも分かりやすいOSであることを目標に開発が進められており、GUI環境も提供されています。

Ubuntuの使い方を解説しているサイトや本も多いため、初めてLinuxを使って開発を行うという方にはこのUbuntuを利用するのがおすすめです。

CentOS

CentOSはRedHat系のディストリビューションの無償版です。RedHat系の有償版のOSはビジネス用途にも利用することのできるセキュリティと安定性に優れたOSですが、利用するためには料金がかかり、個人利用だとなかなか手を出しづらい面があります。

CentOSはこの有償版である「RedHatEnterPrice」を100%互換した形で無償で利用できることを目指したOSのため、中で動くコードは異なる部分がありますが、基本的には同様の機能を利用することができます。

「RHEP」は仕事でLinuxを利用する場合の標準となっておりますので、標準をまず勉強していきたいという方には、このCentOSを利用するのをおすすめします。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise LinuxはLinuxOSのデファクトスタンダードとも呼べる代表的なOSです。RedHat社が開発している有償のOSとなっており、そのセキュリティの高さと安定性からビジネス用途にも広く使われています。

ビジネスでLinuxを使った大規模開発を行う場合は、基本的にRedHatを使うことになりますので、今後OS開発やサーバーサイドエンジニアとして仕事をしていきたいと考えている方は、こちらのOSを勉強していくと良いでしょう。

まとめ

Linuxは公開されてから現在に至るまで、世界規模で大きな影響を与えてきた偉大なOSです。

現在は豊富な種類のディストリビューションが配布されており、その目的や用途に応じて利用することができるため、車輪の再発明をすることなく多くの企業や団体が重要な開発に集中することができます。

OS選定は不可逆の面もあり、適切な種類とバージョンを選ぶことが大切です。

本記事でLinuxの基礎知識と各ディストリビューションの特徴について把握していただき、いざ利用される際には適切なOSを選べるようにしていきましょう。


スポンサーリンク