Home / LINE / 意外と知らないlineの使い方と類似アプリ「カカオトーク」についてご紹介!

意外と知らないlineの使い方と類似アプリ「カカオトーク」についてご紹介!

今日常に欠かせないコミュニケーションツールにLINEがありますが、このLINEには普段コミュニケーションとして使っているだけでは思いつかないワザが存在します。こんな使い方があったんだ、という目から鱗の使い方とLINEに似たアプリとして挙げられる「カカオトーク」についてご紹介します。

スポンサードリンク

意外と知らないLINEの使い方

グループライン機能

まずLINEにはグループライン機能があります。グループ開設者が指定したユーザーを集い、トークややり取りをする機能です。通常グループラインは複数人で構成されることが普通ですが、実はグループラインは一人で使うことが可能です。

グループ開設した状態ではグループ内には開設者、つまり自分しか加入していない状態です。この状態でトーク画面を開くと、自分しか見ることができないやり取りの完成です。では一人グループラインが如何にして活躍するか、例を2つ挙げることにします。

メモ機能として活用

1つ目はメモ機能として活用することです。急にメモが必要になった時や、単純に日常生活で書き留めておきたいことを記録しておく、等に便利です。何故ラインメモが有用かというと、LINEは一日に何回も起動をかけます。

つまり目に留まる回数が多い、メモしたこと自体を忘れることを防ぐことができます。勿論一人グループであるために誰にも見られる心配はなく、日常的に便利なツールに早変わりです。

データ転送手段として活用

2つ目はデータ転送です。例えばパソコンにスマートフォンから画像や動画をはじめとしたデータを転送したい時、いちいちケーブルを接続して転送することはとても手間です。ましてiPhoneだった場合、ライトニングケーブルを接続し、且つクラウドを通じて処理しなければならないなどとても面倒です。

しかしパソコン側にもLINEをインストールしている状態であれば、自分がスマートフォンで見ているトーク画面や履歴をパソコンでも閲覧可能です。作成した一人グループに画像や動画をあらかじめ投稿しておけば、パソコンからダウンロードボタンを押すだけでワンタッチで移動が可能です。

わざわざ有線で接続しなくとも転送処理が行える便利な方法です。

既読をつけない閲覧方法

LINEにおける便利ツールはこれだけではありません。次はLINEにおける既読をつけないトーク閲覧についても解説します。

相手から来たトーク内容を閲覧すると既読と表示が付きます。しかし既読システムは昨今様々な問題やトラブルを起こしがちで、人間関係の軋轢を生じるきっかけともなり得ます。

これに関しても裏技があり、既読をつけずにトークを閲覧する方法は存在します。それはiPhoneでもAndroidでも共通で、機内モード状態でトーク画面を開くことです。

機内モードはインターネット接続を一旦遮断するため、相手に閲覧したという情報が送信されません。トーク画面上で機内モード状態を解除してしまうとインターネット接続が始まってしまい、既読がついてしまうため注意を払う必要がありますが、どうしても既読をつけたくない時に有用です。

見知らぬ人からの電話番号登録を避ける方法

さらに今まさに旬な裏技も紹介します。近頃メディアで、よくわからないアカウントに電話番号で登録される、という事例が頻発しているという報道があります。実際かなり頻発している迷惑事例で、個人情報流出等を防ぐために対策が必須です。

本事例が起きる原因はLINEID検索です。IDは個々人がそれぞれ登録でき、本人確認にも使われます。IDは基本的に友好関係をもった相手と交換、やり取りが普通ですが、当てずっぽうでも検索できてしまいます。対策法は簡単で、ID検索にアカウントを引っかからないようにすれば大丈夫です。

やり方は運営が取り決めている正規手順です。LINE設定を開き、「ID検索を許可」という部分をオフに切り替えます。これだけで一切ID検索に引っかかることはなく、日常で使いたくなった時だけ解除すれば良いだけです。日常的に使うツールだからこそセキュリティを強めておくことが重要です。

ブロックされているか確認する方法

最後に自身のアカウントが特定アカウント相手にブロックされているかを知ることができる裏技です。ブロックされている可能性がある友達がいる場合、真偽は基本的に不明ですが、当裏技は確実に知ることが可能です。

それは疑いがあるアカウントに対してプレゼントを贈ることです。LINEは有料スタンプ等をプレゼントとして譲渡することができるサービスがあります。そしてプレゼント機能は、お互いが友達登録同士且つ、いずれか一人でも相手をブロックしていないことが条件です。

手軽に調べることができ、実際にギフトを贈ることもないため、ノーリスクで調べることができます。不安材料が残る相手にはこれをやっておくだけで安心です。

またブロックはせずに友達状態に留めるには「非表示」がオススメです。通知が来ない限りはトーク画面一覧から抹消され、トーク履歴は残ったままになります。ブロックと非表示は上手く使い分けることが大切です。

カカオトークの特徴と使い方

カカオトークというのは主にスマートフォンで使われているアプリの名前で、無料での通話やチャット形式でのコメントのやり取りが出来ます。同じような機能をもったものは他にも大きなもので二つあるのですが、カカオトークだけの特徴や使い方を見て行きましょう。

使い方は簡単です。プレイストアからアプリをインストールして電話番号を登録し、使用開始となります。電話帳が強制的にアップされてしまうのでそれは知っておく方がよいでしょう。

つながりたい相手が同じアプリを使っていれば、無料の通話やチャットなどで会話をすることが出来ます。スタンプなどの可愛い機能もあり、若者を中心に爆発的な広がりをみせています。

5人同時の通話が可能

スマートフォン上でチャット形式のコメントのやり取りや無料通話が出来るというアプリは大きなものでカカオトークを含めて3つありますが、カカオだけが出来るというものには何があるでしょうか。

大きな特徴としては、5人同時の通話が出来るということです。グループ通話では5人が同時に会話出来るのは、カカオだけです。例えば学生のクラブの打ち合わせや練習への待ち合わせ、文化祭の話、会社員でも別部屋にいる同僚同士でのちょっとした会議や通話などに重宝します。

ちまちま文字を打つのは面倒くさい、という場合などに5人まで同時に通話することが出来る機能があれば助かるでしょう。

既読がつかない

また、このアプリのメリットとしては、既読がつかないということが挙げられます。他の有名なコミュニケーションアプリでは送ったコメントを相手が読むと、既読というサインが出ます。

これが出るために「読んだのに返信してくれない」と傷付いたり、「まだ読んでないのか」とイライラしたりする人が多く出て、社会問題として取り上げられます。

既読がつかないことで今までつかってきたメールと同じ立ち位置で見ることができ、送ることが出来たということだけが判ればあとは相手の都合で読んだり返信したりが出来るということなのです。

「既読スルー」という言葉が流行ったりしていますが、それはこのアプリに関して言えば、起こり得ない現象となるわけです。

それともう一つ、既読のサインがつかないということにメリットがあります。それは相手をブロックした時。他のアプリにもブロック機能はありますが、どれもが共通しているのは基本的にブロックした相手にブロックしたことが伝わらない、ということです。

しかし他のアプリでは仮に知り合いをブロックして後に解除した場合、ブロック中に相手によって送信されたコメントが既読にはならないため、ブロックしていたことが相手にバレてしまうことがあるのです。

更にSNS機能をもつものでは自分がホームに出していた内容がそれまで相手のタイムラインに流れていたにも関わらず、ブロックした瞬間に相手からは見えなくなるのでこれらの機能を使っている場合にはブロックしていたこと、現在していることが相手にバレてしまうのです。

知らない人であったり出会い目的のナンパユーザーをブロックする場合であれば二度と解除しなくていいので気楽に使える機能ですが、再び解除する可能性がある知り合いをブロックする場合には他のアプリであれば気を遣ってしまうのが当然かもしれません。

これらはかなり細かい点ではありますが、人間関係を気にする人であれば外せないポイントと言えるでしょう。しかしカカオトークだけが既読表示を出さない仕様であるため、ブロック機能をどんどん使っていけるということなのです。

使用する上での注意点

では使用する上での注意事項は何があるでしょうか。まずはこのアプリは強制的に電話帳が登録されてしまう、ということがあります。通話アプリですから電話番号をアップすることは必要なことで間違いないですが、問題は電話帳の中身がまるごとサーバーにアップされてしまうことです。

電話帳の中には積極的につながりたくはない、つながる気はない相手も書かれていることがある人も多いでしょう。例えば、上司であったり前の会社の同期であったり昔の恋人であったり。

そんな相手を電話帳から消していない場合、自動的にアップされてしまうので相手がアプリを使っていて電話帳をアップしていると自分がアプリを開始した時にはそれが相手に通知されてしまうのです。相手に選択権があり、自分には拒否する方法がないということが不満に思うユーザーもいるようです。

そしてこの電話帳は会社のサーバーにアップされます。ですから、アプリを削除すると全てを消すことが出来るアプリとは違い、アンインストールの前に「退会」の手続きをしなければなりません。登録する前には退会の方法を先に確認しておくことが望ましいでしょう。

また、このアプリは非ユーザーでも直接電話をかけることが出来ますから、ある日知らない人からいきなり電話がかかってくるといったケースも起こり得るのです。それらの危険性をも理解しておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。通常使っているだけでは中々知ることができないLINE裏技についてご紹介してきました。当記事で挙げた裏技を活用してLINEを使いこなしましょう。

また、カカオトークに関しては5人通話が可能、既読がつかない等、メリットが多いアプリですが、注意点にもしっかりと目を配って有意義に使用しましょう。


スポンサーリンク