Home / Android / 消えたラインのトーク履歴を復元する方法

消えたラインのトーク履歴を復元する方法

昨今の現代社会において、ラインは誰にとっても、もはや不可欠のツールと言えます。

ところが、スマホの相次ぐ新機種に私たちは機種変更を次々と行い、そのたびにラインのトークが消えてしまうことでとても残念な思いをしてきました。それが最近になって、そのトーク履歴を簡単に引き継いで、新しいスマホで利用できるように、移行したり復元することができるようになったのです。

これまでは、諦めてまたそこから新しいトークを始める、ということが当たり前だったのですが、今は完全復元する方法がいくつかあります。

パソコンへ一括バックアップし、そこから復元するという方法と、もう一つは、市販のデータ復元ソフトを使用して、バックアップがなくても復元できる方法です。

どちらも、古い端末と新しい端末に操作が必要となりますが、ごく簡単に解決できるので知識として頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

iphoneの場合

iponeを使用している人がラインのトーク履歴を復元する方法は、大きく分けて二つあります。
それは、バックアップ機能を用いて復元する方法と、バックアップをせずにラインのトーク履歴を復元する方法に分かれます。
バックアップを使う場合は、iPhoneのiTunesを使用する方法と、「dr,fone-LINE」のソフトを使用する方法があります。

また、通常考えると、バックアップしていないものを復元するのは不可能だと思われがちですが、「PhoneRescue – iOSデータ復元」というiphone向けのデータ復元ソフトを使うことで可能となります。

公式な方法がない

1phoneの機種変更やラインアプリを新しい端末にインストールする場合、トーク履歴を復元したい人がほとんどでしょう。しかし、iphoneではその復元方法を公式にサポートしている方法がありません。

そこで、ユーザーは自己責任で何らかの方法でラインのトークの復元を試みなければならないのです。
現在、iphoneのライントークの復元方法にはいくつかの方法が話題となっていますが、いずれも非公式なものであるため、失敗する可能性も考えて、他の大切なデータをどこかにバックアップしておく必要があることを覚えておきましょう。

iTunesを用いて復元する

まず、iTunesを使用して復元する方法について紹介します。

1、まずバックアップをします。iTunesが入っているパソコンにiphoneをusbケーブルを使ってつなぎます。
2、iphoneが認識されたら、「自動的にバックアップする」の項目の中から「このコンピュータ」を選びます。「iphoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。
3、バックアップを復元する際に使用するパスワードを設定し、バックアップが実行されます。iphoneのデータを全てパソコンに転送するので、長ければ1時間くらいかかる場合もあります。
4、バックアップが正常に終わったら、実際にデータを復元してみましょう。
5、端末の操作メニューの「主導でバックアップ/復元」から「バックアップを復元」を選び、先ほど設定したパスワードを入力すれば復元が可能となります。

「dr.fone-LINEバックアップ&復元」を利用

では、次にdr.fone-LINEを使った復元方法についての紹介です。

1、初めに「dr.fone for iOS(Win)」を公式サイトからダウンロードしましょう。「無料体験」ボタンからダウンロードできます。
2、画面の「LINEバックアップ&復元」機能を選んだら、iphoneをパソコンにつなぎます。
3、表示されている画面の「バックアップ」ボタンをクリックします。
4、OSデバイスにあるLINEのトーク履歴と写真などの添付ファイルデータのバックアップが始まります。
5、画面上の「確認」ボタンを押すと、バックアップされたデータの詳細を確認することができます。
6、LINEの全てのバックアップファイルが表示されるので、復元したいファイルを選び、iphoneデバイスに復元するかパソコンに復元するかを選択することができます。

「PhoneRescue – iOSデータ復元」を利用

では、バックアップを取っていなかった場合のライントーク履歴を復元する方法です。
これは、「PhoneRescue」と呼ばれるデータ復元のためのソフトを使います。

1、PhoneRescueをインストールしたパソコンとiphoneをつなぎます。
2、PhoneRescueを立ち上げ、「iosデバイスからリカバリー」の復元モードを選びます。次に右下の「→」ボタンをクリックします。
3、接続しているiphoneの分析が始まります。
4、プレビューに表示されたデータから復元したいデータを選び、「iosデバイスに復元」か「PCに復元」かを選択します。
5、データを復元したiphoneは復元後に再起動をする必要があります。

Androidの場合

では、Andoroidの場合のライントーク履歴の復元はどのような方法があるのでしょうか?
大切なラインのトーク履歴が消えてしまったら、愕然としますよね。
バックアップを取っていたらまだ安心ですが、バックアップがない場合は、諦めなければいけないのでしょうか?
いえ、そんなことはありません。

現在、とても便利な優れたソフトが出ていますので、そのソフトを使えば、バックアップがなくても完全に復元することができます。

公式の方法が公開されている

iphoneと違って、Andoroidの場合は、ライントーク履歴の復元する方法は、公式に公開されています。その方法がこちらです。

Google Driveを用いて復元する

まずは、Google Driveを使用して復元する方法を紹介しましょう。
Android版LINEアプリはGoogleドライブへのバックアップ機能が搭載されていることで知られています。
Googleドライブは、Google提供のクラウドストレージサービスで、写真や動画、ファイルなどを無料でアップロードできます。
使用するにはGoogleのアカウントを登録することが必要ですが、ユーザーであればだれでも使うことができます。

Andoroidスマホを利用している人は、Googleアカウントが登録されているので、特別な手続きは必要ありません。
手軽に利用できるので便利です。

では、その方法を順番に見ていきます。

1、LINEのその他のタブで「設定」から入り、「トーク・通話」に進むと「トーク履歴のバックアップ・復元」がありますので、選択します。
2、トーク履歴をバックアップする場所として、Googleドライブを設定しましょう。Googleアカウントをタップします。
3、Androidのスマホに登録済みのGoogleアカウントが表示されたらそれを選択して、「OK」を押します。
4、LINEがGoogleドライブにアクセスする許可を求めてくるので、「許可」します。
5、Googleのアカウントが表示されるので「、Googleドライブにバックアップする」をタップ。
6、バックアップが始まって、完了すると「前回のバックアップ」のところに日付と容量が表示されるはずです。

トーク履歴のバックアップが終わったら、LINEアカウントを引き継ぐための設定が必要となります。
「メールアドレス登録」と「アカウント引継ぎ設定」です。
LINEのアカウント引継ぎにはメールアドアレスの登録が必要なのですが、使っているLINEアプリにすでにメールアドレスを登録している場合はそれで問題はありません。

未登録の場合のみ、設定タブから「アカウント」へ進み、メールアドレスを新規登録します。

引き続き、「アカウント引継ぎ設定」を旧端末で行わなければなりません。
LINEその他から「設定」に入ったら、「アカウント引継ぎ設定」に進み、「アカウントを引き継ぐ」の項目をオンにします。
これで、準備は完了です。

次に新しい端末にLINEアプリをインストールしていきます。
その後、新端末からLINEにログインして、アカウントの引継ぎを行います。

1、LINEアプリを起動してログインします。
2、ログイン画面で旧端末で登録していたメールアドレスとパスワードを入力したのち、「確認」をタップします。
3、新端末の電話番号が自動で入力となりますので、「次へ」をタップします。
4、入力されている電話番号にSNSが届き、4桁の認証番号を知らせてきます。
5、LINEの画面に認証番号を入力したら、「次へ」をタップします。
6、いよいよGoogleドライブ保存しておいたLINEトーク履歴を端末に移行、復元しましょう。
7、新端末のLINEでその他のタブから「設定」「トーク・通話」から「トーク履歴のバックアップ・復元」へと進みます。
8、左上の画面の「復元する」をタップ。Googleアカウントを選択して「OK」をタップします。
9、データの読み込みがスタートし、トーク履歴がドライブから復元されたら「確認」をタップして完了です。

Lineの機能「keep」を用いて復元する

もうひとつ、LINEユーザーにお勧めなのは、登録なしで使えるクラウドストレージ機能「Keep」です。これは、LINEのトーク履歴をバックアップ・復元できます。
旧端末を使って、トーク履歴を「Keep」にバックアップし、LINEアカウントの引継ぎを行った後、新しい端末で「Keep」からトーク履歴ファイルをダウンロードする方法です。

ただ、「Keep」でのトーク履歴の復元は、トークごとの個別のバックアップなので、一括バックアプリと比較するとかなり時間と手間がかかります。できれば、Googleドライブでのバックアップ・復元の方がお勧めですね。

では、「Keep」を使った復元方法を紹介します。

1、まず、バックアップしておきたいトーク画面で右上の「V」からメニューを開いて「トーク設定」を選択します。
2、「トーク履歴をバックアップ」をタップし、「全てバックアップ」を選択します。
3、このファイルをメールに送信するか聞いてくるので、「はい」をタップします。
4、共有先の候補が表示されるので、「LINE KEEP」を選択します。
5、「Keep」にバックアップされたトークの履歴ファイルは「マイプロフィールのポップアップから「Keep」を選択すると、一覧で確認ができます。
6、これでトーク履歴のバックアップが完了したので、他にもバックアップを必要とするトーク履歴がある場合は、この過程を繰り返すことになります。

「Keep」へのバックアップが終わったら、アカウントの引継ぎです。

1、新しい端末でLINEアプリを立ち上げ、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、「確認」をタップします。
2、新端末で使う電話番号を入力し、「次へ」をタップします。4桁の認証番号がSNSで送られてきたら、それを入力して「次へ」に進みます。
3、「Keep」に保存しておいたトーク履歴ファイルはアカウント引継ぎ後のLINEからアクセス可能です。これを新端末のストレージに一時ダウンロードしておきましょう。
4、「マイプロフィール」のポップアップを開いて、「Keep」をタップします。そこにバックアップしたトークの履歴ファイルが一覧で確認できるはずです。
5、各ファイルを長押ししたらメニューが表示されるので「保存」を選択しましょう。これでトーク履歴ファイルがダウンロードできます。
6、トーク履歴を移行してインポートするためのLINE_Backup」フォルダを作りましょう。
7、続いて「トーク履歴をバックアップ」で、「すべてバックアップ」を選びます。これでトーク履歴のバックアップデータは端末に保存されます。また、それと同時にLINE_Backupフォルダが作られます。

この後は、ファイル管理のアプリを使い、トーク履歴を「LINE_Backup」フォルダに移す作業へと進みます。
手軽に使えるのは、「Yahoo!ファイルマネージャー」などでしょう。
「Download」(→「LINE」)フォルダ内にダウンロードしてあるトーク履歴ファイルを、「LINE_Backup」フォルダへ移すだけなのです。

Yahoo!ファイルマネージャーで本体→Download(→LINE)と進むと、Keepからダウンロードしたトーク履歴が保持されています。
そして、その画面下に、もう一つのファイル管理画面が表示されているでしょう。
その下の画面の「LINE_Backup」フォルダをタップします。
今度は上の画面でその右上の複数選択ボタンを押し、すべてのトーク履歴ファイルを選択します。
なにかのファイルを長押しして、中身が空のLINE_Backupフォルダにドラッグします。
これで、トーク履歴をLINE_Backupフォルダへ移行することが完了です。
あとは、LINEアプリでトーク履歴をインポートすれば復元も完了となります。

「PhoneRescue-Androidデータ復元を利用」

最後に「PhoneRescue」のソフトを使って、Andoroidのデータを復元させる方法です。

1、Andoroidをパソコンに接続します。
2、復元するデータのカテゴリーを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
3、「PhoneRescue」がAndoroidをスキャンし始めます。スキャンが終わると復元可能なデータが表示されます。
4、復元したいデータを選択して「パソコンに復元」か「デバイスに復元」かを選びましょう。
5、これで復元が完了です。

まとめ

スマホの機種変更や水没などでデータが消えてしまった場合、何とか復旧する方法を模索しますね。
ラインのトークも大事なデータの一つです。そのトーク履歴をバックアップ・復元する方法を紹介しました。
iphoneとAndoroidでは多少、やり方に違いがありますが、大きく分けるとデータ復旧ソフトを使用するか、端末に付随している機能を使うかの選択になります。

一括でバックアップ・復元できるやり方の方が簡単で、手間もかからないのでお勧めです。
あなたの大切なデータを前もってバックアップを取っておくことはとても大切ですね。


スポンサーリンク

Check Also

iPhoneのホームボタンが動かないときの対処法と、ホームボタンが消えた新型iPhone Xについて

Apple社は「iPhone …