Home / LINE / 円滑なID交換を!LINEでQRコードで友だち追加をする方法と注意点

円滑なID交換を!LINEでQRコードで友だち追加をする方法と注意点

LINEで相手と友だちになる方法は様々ですが、中でもQRコードを用いた友だち追加は、非常に簡単に友だち追加をすることが可能です。LINEを利用する機会が多い人は、是非ともその手順を覚えておくべきでしょう。

一方で、簡単な手順でできることから発生する落とし穴もあります。その危険性を知らないために、恐ろしい目に遭ったというケースも報告されています。その危険性についても、よく理解するべきでしょう。

本記事では、LINEでQRコードを用いて友だちを追加する方法と注意点をご紹介します。是非、ご覧ください。

スポンサードリンク

LINEでQRコードで友だちを追加する方法

LINEのQRコードを利用した友だち追加の方法は以下の手順となります。

1.「LINE」を開き「友だち追加」を選択

LINEのアプリケーションを立ち上げ、「友だち」画面の右上を見ると、人の形に「+」が付いたアイコンがあります。これが「友だち追加」のアイコンです。このアイコンは「その他」の画面にも表示されます。この「友だち追加」の画面をタップしてみましょう。

2.「QRコード」を選択し、相手が提示したQRコードを読み取る

「友だち追加」の画面の上部に、追加方法がいくつかアイコンで表示され、選択できるようになっています。この中からQRコードのアイコンをタップします。すると、QRコードリーダーが立ち上がりますので、相手が提示したQRコードを読み取ります。

3.友だち追加画面で「追加」を選択

QRコードを読み取ると、相手の名前とプロフィール画像が表示されます。名前の下にある「追加」をタップすると、相手を「友だち」のリストに追加することができます。

自分のQRコードを表示するには「QRコード表示」を選択

これまでの手順とは反対に、自分のQRコードを相手のスマートフォンやタブレットで読み取ってもらい、相手に「友だち追加」をしてもらう方法もあります。

自分のQRコースを表示するには、「友だち追加」からQRコードリーダーを立ち上げた後、右下にある「マイQRコード」のボタンをタップします。すると画面中央にQRコードが表示されます。このQRコードを相手に読み取って貰えばいいのです。

QRコードをライブラリから読み込んで友だちを追加する方法

1.QRコードをメールで送信

友だちに追加したい相手が目の前にいない場合、相手に自分のQRコードをメールで送って、あるいは相手からメールでQRコードを送ってもらって、メールを受け取った側が友だちに追加する、という方法があります。

自分のQRコードを相手に送る場合は、自分のQRコードを表示した画面の右上にあるボタンをタップし、「メールで送信」を選択します。すると、そのQRコードの画像を添付したメールを相手のメールアドレスに送ることが可能となります。

2.受信したQRコードをライブラリに保存

反対に相手からQRコードが添付されたメールが送られてきた場合は、まずその添付されたQRコードの画像を端末内に保存します。保存した先を覚えておくことが大切です。そして「友だち追加」からQRコードリーダーを立ち上げて、右下にある「ライブラリ」のボタンをタップします。

3.QRコードをライブラリから読み込み、友だち追加

保存した端末内のQRコード画像を探して選択し、LINEのアプリケーションがそのQRコードを読み込むことができれば、相手の名前とプロフィール画像が表示されますので、「追加」のボタンをタップすれば、友だちへのリストに相手が追加されます。

この方法は、相手がQRコードを表示した画面をスクリーンショットで撮り、そのスクリーンショット画像をメールで送ってきた場合でも対応可能です。

LINEでQRコードで友だちを追加する際の注意点

あなたのQRコードが拡散される恐れがある

メール等でQRコードの画像を送るということは、自分のLINEに関する情報を自分の端末以外の場所に送信することになります。受け取った相手がその画像を大切に取り扱ってくれれば、全く問題はありませんが、その画像が知らない第三者の端末に渡ってしまう危険性もゼロとは言えません。

こうしたメールを送り、相手が友だちへの追加を済ませた後は、QRコードを更新し、第三者がそのQRコードを使って、自分を友だちに追加しないようにする方が安全です。

QRコードの更新は次の手順で行うことが可能です。メールでQRコードを送った後は、この対応を忘れないようにしましょう。

送った後はQRコードの更新をするのがおすすめ

1.「LINE」を開き、「設定」を選択

LINEのアプリケーションを立ち上げたら、「その他」の画面に移動して、右上にある歯車のアイコン(設定)をタップします。

2.「プライバシー管理」から「QRコードを更新」

「プライバシー管理」の画面に「QRコードを更新」という項目がありますので、タップするとQRコードが新しいものに変わり、古いQRコードは利用できなくなります。この更新は送ったQRコード画像で相手が友だち追加をした後に行うようにしましょう。その前に更新してしまうと、相手はせっかく送ったQRコードで友だち追加ができなくなってしまいます。

まとめ

LINEで誰かを友だちに追加する方法は、他にも端末内のアドレス帳に保存されている電話番号を利用する方法や、LINEのIDを利用する方法などがあります。しかし、このQRコードを利用する方法が最も簡単であることは言うまでもありません。

しかし、インターネットの世界で「簡単なもの」というと、セキュリティ面で何らかの落とし穴が用意されている危険性もその近くに潜んでいるかもしれない、ということは自覚しておくべきでしょう。

QRコードでの友だち追加は、その相手が目の前にいる時だけにして、QRコードリーダーを利用する場合のみ、とマイルールを作るのもひとつの方法です。また、自分のQRコードをメールで送る場合は、信頼できる相手だけとすべきでしょう。

自分のQRコードを相手に読み取ってもらうより、相手のQRコードを自分が読み取る側に回った方が安全だ、という声もあります。必ずその立場になることができる訳ではありませんが、セキュリティ面から覚えておいた方がいい話でもあります。

もちろん、相手からメールなどでQRコードを受け取って、友だち追加をする場合、追加を完了した後のQRコード画像の取り扱いに十分に注意する必要があります。別の第三者の端末に取り込まれてしまう、という事態は絶対に避けなければなりません。

第三者に渡ってしまったために、相手に迷惑をかけてしまう事態に陥る危険性も十分に頭に入れておくべきでしょう。

LINEのアプリケーションから発行されるQRコードは、大切な個人情報であり、大切な端末情報でもあります。その管理を適切に行い、親しい友だちとのLINEでのやり取りを楽しみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

意外と知らないlineの使い方と類似アプリ「カカオトーク」についてご紹介!

今日常に欠かせないコミュニケー …